和月伸宏単語

ワツキノブヒロ
  • 7
  • 0pt
掲示板へ

和月伸宏とは、日本漫画家。本名:西脇(にしわきのぶひろ)。東京都西東京市在住。
 代表作に『るろうに剣心』『武装錬金』『エンバーミング』がある。

概要

高橋陽一小畑健などのアシスタントを務めたのち、週刊少年ジャンプにて初連載作品である『るろうに剣心』が大ヒット。『ドラゴンボール』『SLAM DUNK』『幽☆遊☆白書』の三大タイトル亡き後、発行部数で一時はマガジンに抜かれるなど、“暗期”と称された当時のジャンプを支える看作品としてアニメ化され、絶大な人気を得る。
2012年には実写映画版が開され大ヒットを記録し、2014年には前後編の続編『京都大火編』『伝説の最期編』も開された。

1999年の『るろうに剣心』連載終了後、2001年ガンマン漫画『GUN BLAZE WEST』を連載するが、ヒット作を出した後に2作コケることの多いジャンプ漫画家の例に漏れず、全3巻で打ち切りとなってしまった。

2003年から2005年まで『武装錬金』を連載。掲載順位は常に低飛行だったが、少年漫画らしい王道展開とアクの強いキャラクターネット上で人気を博す。結局連載そのものは打ち切りに終わったが、のちにマルジャンプにて二度に渡る完結編が掲載、さらに連載終了後にコミックス描き下ろしで後日談が描かれ、アニメ化も果たした(その際の反応は「今更ァ!?」と少々複雑なものだったそうだが)。

武装錬金』の連載終了後は活動の場をジャンプスクエアに移し、2007年より2015年まで『エンバーミング -THE ANOTHER TALE OF FRANKENSTEIN-』を休載を挟みつつ連載していた。また、同誌にて2012年6月号から2013年7月号まで、『るろうに剣心』のリメイク作品『るろうに剣心-キネマ版-』を連載していた。
2017年10月号からは『るろうに剣心』の正式な続編となる『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編-』の連載が始まったが、後述の事件により一時休載となった。翌2018年7月号から再開。

自画像が擬人化で「和野ブヒ朗」という名前がついていることからも明らか(?)な通り、本人は割と肥満気味の体である。かつてジャンプ本誌は新年号において連載中の漫画家集合写真を表に使っていたが、1997年を最後にそれが使われなくなったのは、自分の体を気にしている和顔出しを嫌がったからだとか、作品のイメージとかけ離れた和の外見に女性読者層が拒否反応を起こしたからだとか散々に言われていた(実際は1998年からデザイナーが変わったためである)。
アシスタントをやっていた武井宏之く「チューバッカの奇みたいなあくび」をするらしい。

自他共に認めるアメコミフリークで重度のゲーマーである。

武装錬金』『エンバーミング』でストーリーとしてクレジットされている小説家黒崎(現・)は妻。

るろうに剣心』時代のアシスタントはのちにジャンプ人気作家になった者が多く、「和組」と呼ばれており今でも定例会が行われている。和組と呼ばれる作家に、尾田栄一郎武井宏之鈴木信也いとうみきお、しんがぎん等がいる。

2017年の児童買春・ポルノ禁止法違反について

2017年11月21日、和氏は別の児童ポルノ事件の捜の関係から児童買児童ポルノ禁止法違反(単純所持)容疑で書類送検になった。容疑は「10歳代前半の女児の裸が映った動画を収録した複数のDVDを所持した疑い」。
氏は警視庁からの事情聴取で「小学校高学年から中学2年生くらいまでの女の子が好きだった」と供述、和氏の自宅からは複数の関連DVDが発見された。

こので発行元の集英社は先述の『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編-』の休載を発表した。 更にCS放送では「映画チャンネルNECO」で同年11月25日に予定していた実写映画版「るろうに剣心シリーズ3作の放送を取りやめ、「テレ朝チャンネル1」で放送中のアニメ版「るろうに剣心明治浪漫譚―」の放送が休止になった。

『るろうに剣心』連載復帰について

事件の翌年の2018年3月には実写映画の第2作第3作が再び地上波で放映され、翌4月には『北海道編』の同年6月からの連載再開が発表され、[1]2018年7月号から連載が再開された。

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』連載再開のお知らせexit

【スポンサーリンク】

  • 7
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%92%8C%E6%9C%88%E4%BC%B8%E5%AE%8F

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

和月伸宏

931 ななしのよっしん
2020/08/08(土) 21:41:08 ID: ZK+PnpLAno
ロリコン案件のたびに蒸し返されるしまぶーと和カワイソス(´・ω・`)
932 ななしのよっしん
2020/08/09(日) 14:08:47 ID: XdXvufaZJa
行為に及んでない和が同一扱いされてるのは草生えた
933 ななしのよっしん
2020/08/09(日) 14:45:15 ID: zrwllWtzql
そもそも和は書類送検であって逮捕まではされてないんだよなあ・・・
934 ななしのよっしん
2020/08/09(日) 14:47:33 ID: onRHoMjdp2
マジ
てっき逮捕されたとばかり思ってた
935 ななしのよっしん
2020/08/10(月) 20:48:54 ID: KLQ+dfjkB1
今回のアクタージュ原作者の件は今までの不祥事の中ではぶっちぎりの悪質さだからな
しまぶーと和みたいに復帰も不可能だろうね
936 ななしのよっしん
2020/08/10(月) 21:02:00 ID: xP7BRZGnnr
こっちは被害者がいないけど、アクタージュの場合は「被害者に理矢理」だしね
示談で済ますとしても、それだけの貯蓄があるかどうか
937 ななしのよっしん
2020/08/10(月) 21:10:48 ID: M9R2L0q1d0
民事は示談で済ませても刑事は…。悪質性高いだろうし、多分警察だって起訴までいけると見込んでの逮捕だろうし。
そもそもるろ剣レベルの支持があってこそ連載続けられたという、商業的な面の話もあるからな。
938 ななしのよっしん
2020/08/10(月) 21:20:02 ID: F6Fj/7mCXe
流石に不起訴の和と、お互い遊んでたのが法に触れたしまぶーべると…通り魔痴漢の常習犯はちょっとなぁ
動機もさっぱり分からんし
939 ななしのよっしん
2020/08/11(火) 07:53:43 ID: MMiznsYSBb
の時がどういう商業的事情でも、将来「和以下」は復帰可という先例となる気はする
例の件は「和以上」だから復帰不可だろうけど
940 ななしのよっしん
2020/08/11(火) 17:51:43 ID: bcYWNC0bBV
刑事以外のペナルティは、和と同じ案件でアゲられた官僚とかも懲免職とかにはなっていなくて、
長くて停職6ヶ程度だったそうなので、和が約半年あけての連載再開は妥当な範囲のペナルティだったんだろう。

被害者感情の問題とか色々あるのは分かるが、法治国家の建前上、実刑でも執行猶予でも法に基づくペナルティを与え終わった後になっても元罪人だからという理由でペナルティを科そうとする考え方はよろしくない。社会復帰を妨げるからな。

だからマツキも適切なお勤め終えた後なら脚本書こうが漫画原作やろうが構わんと思うが、組んでくれる出版社や作画者が現れるか、それで商業需要があるかどうかとかの問題をクリアできるかは現段階では全く分からん。
一般企業で懲解雇になるレベルの悪質さだったら元サヤは理って可性は十分ある。

急上昇ワード改