ストライクフリーダムガンダム単語

ストライクフリーダムガンダム
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

ストライクフリーダムガンダム(Strike Freedom Gundam、形式番号:ZGMF-X20A)とは、テレビアニメ機動戦士ガンダムSEED DESTINY」に登場する機動兵器で、同作のラスボス機体。

概要

元々はフリーダムガンダムの直系の後継機として、前大戦時から量産を前提に開発されていたザフト軍の機体。開発時期は先代フリーダムとほぼ同じで、双子機に近い。当時の最新技術を投入し、量産機ながら性フリーダムの数倍に引き上げられている。しかし、ドラグーンシステムと新の高機動スラスターの開発が遅れたため、先に戦争が終結してしまった。加えて戦後結ばれたユニウス条約によって現存するデータは全て封印。開発了を前にして闇に葬られた。……ように思われたが、秘密機関「ターミナル」に設計データが奪取され、クラインのもとで開発が続行された。セカンドシリーズデータDSSDが開発した惑星間航行用パルス推進システム(ヴォワチュール・リュミエール)、その他新技術を大量に盛り込み、機体を魔改造大な開発費と時間をかけ、物語中盤頃に完成キラ・ヤマトの専用機となった。

この機体には宇宙世紀でいうムーバブルフレームに近い機構が搭載されており、防御視してパイロットの反応速度に対応できるだけのフレーム構造(装甲の分割、内部フレームの材質にVPS装甲を用いる)が採用されている。

キラの持つ反応速度は半端ではなく、機体の可動構造を出来る限り人体の動きに近い可動構造にしており、このシステムを採用していなければストライクフリーダムがキラの操縦に追随できなかったのがわかっている。ただでさえ高性であったフリーダムガンダムに今までの戦闘データと新世代の機体データ融合することにより、キラ・ヤマトのみが扱える専用機が完成したのである。

劇中では、フリーダムを喪失したキラの新たな専用機として引き渡される。そしてデビュー戦では、ナスカ級3隻と多数のザク及びグフ戦闘不能に追いやる魔神の如き強さを見せ付けた。オーブ攻防戦ではデスティニーガンダムと交戦。フリーダム時代の不殺を捨て、殺意満々で襲い掛かった。闘のすえ、エネルギー切れとなったデスティニーは撤退。その隙を突いて、他のザフト軍機を相手に無双ジブリールの脱出までオーブを守り、オペレーションフューリーを失敗へと追いやった。 

しかしよくよく考えると、量産前提で開発されていたと言っても、フリーダムの時点で性を十二分に扱えそうなザフトレッドパイロットを挙げるとすると、

ぐらいである。「量産を前提とした試作機」から「実際の量産型」になる際のスペックダウン調整があるとしても、とても一般兵が扱えるレベルになるとは思えない。1stシリーズで例えるならば「最高レベルスペックを持つνガンダムを1ランクや2ランク落としたような程度のもの」でしかなく、依然として一般兵が扱う量産型MSジムジェガンよりもかに高性である事には変わりない(RX-78ガンダムジムの量産化ですら、再設計を要している)。

[※1] フリーダムは本来、ザラNo.2のエザリア息子であるイザーク、あるいは特務隊「FAITH」のかが搭乗する予定であった。

ストライクフリーダムの設定について

ストライクフリーダムの設定については錯綜している部分が多い。機体の性などといった基本的な設定は決まっていたものの、それに対する細かな設定についてはあいまい部分が多く、ガンプラの説明書などでも食い違いが見られることも。

当初、本機の名称は雑誌や公式HP等のメディアにおいてスーパーフリーダムガンダムといういかにも安直過ぎる名前で呼称されていたが、諸般の事情2003年に起きた「スーパーフリー事件exit」から時間が経っていないこともあり、ネットではかなりの批判が起きていたようである)により現在の名前に変更されたという経緯がある。
また、正式発表以前にはデルタフリーダムνFREEDOM/Mといった名前も各媒体で散見された。

本機の動についても機体情報開当時は「新エンジン」としか表記されておらず明確に設定されていなかった。後に本機の動デスティニーレジェンド同様のハイパーデュートリオンであると発言したことにより、現在ではこれが公式設定として受け止められているが、その後に発売されたガンプラの説明書の解説等にも依然として本機の動について言及された資料はなく、スペシャルエディション「自由の代償」の初回特典カバー、COSMIC REGIONの付属の解説においては本機の動レーザー核融合炉との記述が存在している。

SDガンダム GGENERATION PORTABLE」等のゲームにおいても本機の動機関は「ハイパーデュートリオン」とされていなかったが設定を担当している森田氏がストライクフリーダムとインフィニットジャスティスハイパーデュートリオンを搭載していると答えたため「SDガンダム GGENERATION」のWARSWORLDではハイパーデュートリオンとなっている。なお、ハイパーデュートリオンはデュートリオンと核エンジンの両方を積んでいるエンジンである。

本機の特徴の一つでもあるスーパードラグーンについても設定が二転三転し、現在では第二世ドラグーンを独自良し特異な間認識が必要とされている。開当時は普遍化した第二世ドラグーンとされていたが、ガンプラの説明書の解説で特異な間認識が必要なタイプや第二世ドラグーンベースに独自良していると書かれるようになり、その後に発売された設定本などでは独自良し特異な間認識が必要と書かれている。

スーパードラグーンを射出したあとは機動兵装ウィングからが発生するのだが、これも放送当時にフレッツスクウェア内で配信されていた帰ってきちゃったSEED120!内でについての質問がされた際に「高出であることを視覚的に表現しただけ」という回答がなされている。つまりただの見栄ということになる。現在ではヴォワチュール・リュミエールの近縁種という設定になっている。

設定は所謂後付け設定で度々追加されていき、同作のデスティニーガンダムも設定上ありえないエネルギー危険域等の場面があったりするがそれ以上に情報が錯綜している機体である。
機動戦士ガンダムシリーズ史上情報が錯綜しすぎて本当の設定はどれなのかが判別できない機体」かもしれない

ガンダムの先輩方や後輩方の反応

アーケードゲームガンダムvs.ガンダムNEXT』(12月3日PSP移植予定)において、ストライクフリーダム+ミーティアαアジールエルメスらとともに強ボスとして登場する。そのため、全てのキャラにこのMSに対する専用コメントがついている。そのうち、機体についてコメントしているものの中で、特筆すべき台詞を紹介する。

刹那・F・セイエイ「あれは…ガン…ダム…!!」
訳が分からないのでこのゲームのネタ用wikiにあった内容exitを要約して紹介する。
若かりし頃に、刹那リボンズ・アルマークが搭乗していたソレスタルビーイングの第1世代MSOガンダム」の姿を見ており、そのときのOガンダム背中からのように放たれる緑色のGN粒子の姿が、ヴォワチュール・リュミエール展開時のストライクフリーダムの姿に重なったのだろう。
ガロード・ラン「あきらかに強そうなんですけど…。けど、高く売れそうだな!」
少なくとも、ハイパーデュートリオエンジンドラグーンシステムだけで地球連合に売る価値はあるだろう。OZやジオンとか宇宙革命軍相手でも、ヴァリアブル・フェイズシフト装甲の技術は大を積んで買う価値のあるものに違いない。
エマ・シーン「まるで天使のよう…」
VSシリーズ新規参戦のEW版ウイングガンダムゼロゼロカスタム)とストフリへの専用セリフ

関連動画

関連商品

HGストライクフリーダムは上の画像を見ると他と遜色カッコ良さだが、実際に組み立ててみるとパッケージとの差に驚く者も少なくない。パーツ色のチョイスが一部微妙(水色ライフル較的有名(?)だろうか)で、実際の機構を再現した結果稼動域が狭くなりポージングが非常に取りづらい。同時期に発売された他HGべても出来が劣ってしまっているといわざるを得ない。

初心者用のようで実は塗装を強いられる上級者向けのキットなのである。

2016年に発売されたHGCEストライクフリーダムは設計が大幅に見直され、可動域の広域化、成色の見直し(特に関節部分のや前述のライフル)、パーツの細分化により素組みでも高い完成度を誇るキットとなっている。購入の際にはパッケージに気を付けよう。

 

PGストライクフリーダムはPGの名に恥じないクオリティなのだが、バックパック羽接続部の強度が低く、羽根そのものもギミック内蔵していて重いこともあり 「組み立て中に折れた」 「飾っていたらいつの間にか折れていた」等の破損報告が多く見られる。

購入の際は接着剤や補強用のプラ棒も用意しておいたほうが良いかもしれない。

 

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%A0%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ストライクフリーダムガンダム

1467 ななしのよっしん
2019/07/14(日) 00:47:29 ID: h1DEjUGjDK
放送当時の小学生じゃなくてもデスティニーは(ストフリも展開できるけど色的に運命のほうが近い)V2イメージさせるヴォワチュールリュミエールシャイニングイメージさせるパルマF91イメージさせるミラコロ使った残像で過去ガンダムリスペクトした全部乗せに恥じない機体のように思えるけど
1468 ななしのよっしん
2019/07/14(日) 08:36:00 ID: ysU32+wVHI
運命はインパルスシルエット3種盛りの、いわは種ガンの集大成+過去作の手な武装全部乗せ、ストフリは過去作の射撃系武装全部乗せって感じで、ベクトルは違うけどどっちも全部乗せガンダムいいんじゃないかな
1469 ななしのよっしん
2019/07/20(土) 10:11:14 ID: WMCcDcnULT
立体化だとどうしてもフリーダムの方がかっこいいんだけど、EXVSシリーズみたいなゲーム作品だとストフリの方がかっこいいと思える、理由はわからんけどそう思う
1470 ななしのよっしん
2019/08/07(水) 10:50:35 ID: dqRFUAfG0E
クロバットな動きが映像媒体で映えるんだと思うよ
1471 ななしのよっしん
2019/09/15(日) 10:04:35 ID: 2xuQW+pS1P
seedの文明レベルって宇宙世紀べるとかなり劣るよな
1472 ななしのよっしん
2019/09/16(月) 03:39:08 ID: g0TshPeNDx
核融合発電ができないのは確実に劣るわな。

NJ周りは、世界観考えろってレベルすごいが。
あと、反物質兵器を実用化してるのもCEのほうがすごい
1473 ななしのよっしん
2019/09/16(月) 04:01:54 ID: 3C332zpsw5
進歩の速度は滅茶速いだろう
本編開始時が同じくらいとしても、そこから1年経たずに自由正義3馬鹿機体とか飛行可で高出兵器を使えるMSが出てくる
一年戦争時に自飛行が出来るMSグフフライトタイプ位な事考えると驚異的だと思う

その2年後に飛行可量産機とかMSビームシールドの搭載が出来てたりUC130レベル準になってるし
1474 ななしのよっしん
2019/09/16(月) 15:43:14 ID: dqRFUAfG0E
MSの飛行は高めの世界観だよね
元々航空系の技術は高かったのかな
1475 ななしのよっしん
2019/10/04(金) 00:46:54 ID: ncIWNmgz+s
>>1472
初代ガンダム 1380kw
νガンダム 2,980kW
ユニコーンガンダム 3,480kw

フリーダム 8,826kw

ニュートロンジャマーなんて代物を作り出すだけあって、核分裂関連の技術がヤバいことになってる感
フリーダムのは出じゃなくでコンデンサ容量だ! とか一時期言われてたけど、
コンデンサ容量の単位はkw(キロワット)じゃなくてf(ファラド)だから見当違い
1476 ななしのよっしん
2019/10/04(金) 21:38:46 ID: ysMUtVbsRw
ガンダムνの間にいるSガンダム7000
Ex-Sガンダムに至っては12000えという
も118万2000と測定不能を除けば破格のパワー
100年以上先のGセイバークラス

急上昇ワード

2019/12/11(水)06時更新