ガンダムビルドダイバーズ単語

ガンダムビルドダイバーズ
  • 25
  • 0pt
掲示板へ

ガンダムビルドダイバーズとは、2018年4月3日よりテレビ東京系列で放送されたサンライズ制作TVアニメである。

概要

模型戦士ガンプラビルダーズ ビギニングG』、『ガンダムビルドファイターズ』、『ガンダムビルドファイターズトライ』に続くガンプラバトルアニメ第四作(TVシリーズとしては第三作)。前三作同様歴代ガンダムシリーズから様々なガンプラが登場し、『ビルドファイターズシリーズでは著作権の関係上登場が難しいとされていた『機動戦士ガンダムAGE』及び『ガンダム Gのレコンギスタ』のメカも登場する。

世界観は一新され、今作は電間が舞台となる。これにより、ガンプラバトルも実物ではなく仮想間における物となった。また、電間という特性獣人マスコットといったそれまでのガンダムシリーズでは考えられなかったような個性的な姿を持つキャラクターも多数登場する。

2018年2月に行われた作品発表会と合わせてチャンピオンキョウヤ率いる「アヴァロン」とロンメル率いる「第七機甲師団」の戦を描いた「プロローグ」が公式サイトで配信開始(時系列的には2.5話に相当)。さらに一話と最新話(最新話は放映翌日から一週間限定)も公式サイトで配信されており、BS11でも2018年4月7日より放送開始された。

2019年現在は続編である「ガンダムビルドダイバーズRe:RISE」が制作されている。

なおタイトルリクたちの所属しているフォースの名前でもある。

あらすじ

仮想間でガンプラを使って多数のミッションを楽しむ「ガンプラバトルネクサスオンラインGBN)」。

ミカミ・リク、ヒダカ・ユキオGBNの住人「ダイバー」となり、電仮想間の世界に飛び込む。二人は少女サラ先輩ダイバーマギーと知り合い、強敵との出会いやトラブルに見舞われつつ、クラスメイトのヤシロモモカも加えGBNの世界を楽しんでいく。

主なキャラクター

ダイバーネーム本名は赤字で表記する。

リク / ミカミ・リク (小林裕介)
主人公。臨都市中学校に通う14歳。クジョウ・キョウヤのガンプラバトルの当たりにし、ガンプラバトル世界に飛び込む。ダイバー姿はに携えた短が特徴。
反射神経がかなり良いらしく、それによって度々ピンチを切り抜けている。
1話にて初GBNを経験し、偶然サラと出会う。また初心者狩りを行っていたドージをユッキーとの連携で撃退し、初勝利を挙げた。
2話では初心者向けを摘んでくるだけの簡単なミッションをやっている最中たまたまオーガに遭遇、オーガリベンジしようとするマスダイバーたちとの戦いになし崩し的に巻き込まれやむなく迎撃に入る。マスダイバーオーガとともに撃退したものの、その強さと動きからベテランと勘違いされオーガに戦いを挑まれてしまい、本気になってトランザムを使ったオーガに対抗してトランザムを使ったものの、ガンプラの出来が追い付いておらずオーバーヒートしてダブルオーダイバーは沈黙。とどめをさされそうなところをサラに救われる。
続く3話の連戦ミッションでは前回の敗北経験からトランザムしでも戦えるようになるため様々な武装を試すことに。そしてそのことを初心者と偽っていたキョウヤに尋ねられ、前回の敗北と自分の気持ちのモヤモヤを告白キョウヤからアドバイスを貰ったことで吹っ切れる。
4話ではキョウヤの強さと志に感銘を受けたことでより強くなろうと決心しマギーにその手段を訪ねた結果、タイガーウルフ紹介され修行を開始。現実とディメンションの違いを体に刻み込み、また今ある自分のと技量を最大限に活かすことを知りファイターとしてのレベルアップを果たす。
5話では本物のシャフリからガンプラを享受され、またシャフリとタイガーウルフからフォースに勧誘されるも今までの出会いや経験から自分たちのフォースを立ち上げることを決意する。
6話ではシャフリの言葉とナナミからの情報でコーイチフォースに勧誘。
7話では初フォース戦に挑もうとするものの自フォースの保有するガンプラの数を失念していたため、たまたま通りがかったアヤメを勧誘し、晴れて初フォース戦に挑む。初フォース戦ではコーイチの立案した作戦に従って奮戦、最後に残ったリーダー格を倒す等の活躍をみせる。
8話では7話の勝利を受けて新たなフォース戦に挑もうとしていたが、マギーアドバイスからフェスへの参加を決める。フェス内のクエスト終了間際、自分をフォースのお荷物だと思ってなんとしても役に立とうとしていたステアの妨に合う。ブレイクデカールまで使って勝利しようとするステアに自分の経験から仲間を信じることの大切さを説き、結果的にステアチームメイトとの和解につなげる。
第1クール終了までには、ブレイクデカールを巡る事件に関わり、これを解決。引き換えにダブルオーダイバーを失うが、そのコンセプトを引き継いだ新ガンプラダブルオースカイ」を生み出す。
(以下ネタバレ)
サラが一種の電子生命体「ELダイバー」であり、GBNのシステムを侵すバグとなってしまっていることを知る。だが、コーイチの発案でサラプログラム現実世界サルベージすることにより、サラGBN両方を救う可性に賭け、キョウヤたち有志連合を敵に回してでもサラを救おうとすることになる。
ユッキー / ヒダカ・ユキオ (藤原夏海)
リククラスメイト兼親友。ちょっと地味メガネ少年でいわゆるガノタガンプラビルダーとしての実は確か。ダイバー姿はさながら整備士。
モモ / シロモモ (稗田寧々)
リク同級生サッカー部所属。リクサッカー部に入れようとしていたがガンプラの楽しさを教えられ、リクたちとともにGBNの世界に飛び込む。ダイバー姿は猫耳が特徴的。可愛いは正義
サラ (照井春佳)
リクたちがGBNで出会った少女ガンプラに込められた想いを読み取るという不思議なを持っている。
7話にて初フォース戦でリクたちがもらったアクセサリープレゼントされる。
(以下ネタバレ)
その正体は、GBNのダイバーたちのわずかなデータのかけらが積み上がって生まれた一種の電子生命体「ELダイバーエルダイバー)」であった。ブレイクデカール事件時に「」で自らの因子をばらまいてしまったがために、本人は自覚のうちにシステムに多大な負荷をかけるバグ発生の原因となってしまう。GBN運営によってバグの元とみなされ、パッチによる彼女の存在を消滅させる措置が取られることになるが…?
アヤ (沼倉愛美)
シバと通じている忍者装束の少女そのバストは豊満であったシバからリク達の監視を命ぜられている。ダイアヤメ。
初登場は3話。連戦ミッション中、マスダイバーと戦うリクに横やりを入れたのち監視するかのような行動を取る。その後4話Cパートラストにて初めて発
5話では聖地ペリシアまでの距離を勘違いしていたリクたちの前にジープで現れペリシアまで運んであげたのち、偽シャフリを看破&論破する。しかし彼らがマスダイバー(=アヤメに示するシバの客)であったため「アフターケア」として自身を人質にさせるものの、最終的にマスダイバーシャフリの圧倒的なガンプラの前に敗北アヤメは解放される。
7話では初めてのチーム戦に挑もうとするものの保有ガンプラの数を失念していたリクたちにフォースへの加入を促され、意外とあっさり承諾している。なおGBN歴はフォース内では一番長いらしく、フォーネスト(フォースごとに1つ与えられる作戦ルーム)のことも知っていた。
フォース戦ではベテランらしい動きでリーダー格を奇襲・誘導し「本当に新人フォースのメンバーなのか!?」と驚かれていた。
8話ではフェスの参加に難色を示したり途中で帰ろうとしたものの、いざベアガイランドに着くとベアガイかせたりプチッガイにスリスリしたりと実は可愛いものが大好きなところが駄々漏れであった。アヤメ=サンカワイイヤッター!なお途中のモノローグから以前別のフォースに参加していたことが伺える。
(以下ネタバレ)
シバにかつて所属していたフォースの徴的ガンプラガンダム」を人質、いやガンプラ質に取られて従を強要されていた。やがて正体を表してリクサラと対峙するが、彼らの説得の前に撤退。リクシバから「ガンダム」を取り戻し、不和となっていたかつてのフォーメンバーとも和解、正式に「ビルドダイバーズ」のメンバーとなる。
コーイチ / ナナセ・コウイチ (田丸篤志)
ナナセ・ナナミのアバターは気だるげなエルフ耳
GBNが始まる以前はGPD(GPデュエル)でガンプラバトルを行い、またその高い技術コンテストに入賞するほどだったが、GBNが始まったことで少しずつ仲間たちが離れていき、それをきっかけにガンプラ作りもガンプラバトル引退してしまう。そのせいで一時はかなり落ち込んで引き籠もり生活をしていたがナナミから展示用・貸し出し用のガンプラ制作を頼まれてガンプラ制作に復帰。ただしコンテストには出場していない模様。
6話にてリクたちからフォース加入を依頼されたが、前述のことが理由で拒否。ただし内にはいまだにガンプラがくすぶっており、以前GPD用に作っていたガンプラを修復するリクたちの姿と思いに打たれて最終的に加入を承諾する。ただしずーっとログインしてなかったためランクがFのままでありフォース加入条件(ランクD以上)を満たしていなかったため即座にランクアップへと連れ出される。
フォース結成後の初フォース戦ではGPDで培った知識と経験を基に作戦の立案を行い、結果チームの初戦を勝に導いている。
ナナセ・ナナ (伊藤かな恵)
「THE GUNDAM BASE」の店員リクユッキーとは長い付き合い。ガンダムの知識は壊滅的。ナナセ・コウイチがいる。あと屋上の菜園で野菜を育てている。
マギー (村田太志)
初心者におせっかいを焼くことが好きなオカマダイバー。その妙なキャラとは裏ワールドランキング23位を誇るかなりの実者。リクたちを気に入り、彼らの水先案内人となる。
トップランカーだけあって他の多くのトップランカーと知り合いらしく、リクたちに他のランカー紹介したりもしている。
クジョウ・キョウ (笠間淳)
フォース「アヴァロン」を率いるGBNの現チャンピオン。穏やかな性格だがガンプラに対する情熱はよりも熱い。『機動戦士ガンダムAGE』のキャプテン・アッシュのものに酷似したコートを着用している。
近頃連戦ミッションマスダイバーが出没するという噂を聞き、初心者を装ってリクたちの連戦ミッションに同行する。
初心者を騙る割にっ先に囮を買って出る、ダイバーとしての在り方に悩むリクに熟練らしいアドバイスをするなどイマイチ初心者になりきれていなかった。
ガンダムヘッドの攻撃からサラ達をかばったことで偽装ダークハウンドのアウターパーツが壊れてついでになぜか仮面割れ正体を現す。
その後は(本人たちは全く気にしてかったが)リクたちを騙すような行為を謝罪し、彼らの活躍とダイバーとしての心構えを認めフレンド登録を申し出る。
おそらくガンダムシリーズでもっとも仮面バレしたキャラクター
ロンメル (速水奨)
フォース「第七機甲師団」を率いる強ダイバー。智将と呼ばれるほどの戦略であり、ガンプラの操縦技術も確か。ミリタリーチックな人物でありながらその外見はどこぞのマスコットと見紛うほどに可愛いキョウヤは親友にして宿敵。肉球ぷにぷにしている。
7話では第七機甲師団の新人部隊の支部である「第七士官学校」の応援に登場。ロンメル隊としての教育おこなっていたものの、GPDベテランであるコーイチGBN熟練者のアヤメ、そして成長したリクユッキーモモの強さに新人部隊は敗を喫し、放心してしまう。
タイガーウルフ (諏訪部順一)
アジアン・サーバーエスタニアエリアに拠点を置くフォース「虎舞」のリーダーなんでもないようなことが幸せだったと思う。近接格闘術を極めることを標にしている。そのためGガンっぽい表現が多々ある。そして女性免疫さ過ぎる。
劇中ではマギー紹介リクたちと会うも一旦は勝手にやれと突き放すが、上述の通り女性に弱すぎるためサラモモに押し切られリクユッキーの申し出を受け入れる。
最初は電世界では意味な修行を行わせGBNと現実世界は違うということを認識させ、その後現実GBNの世界の違いをより明確に体に覚えさせるようアドバイスを行う。
最終的にはガンプラしの状態でもリーオーNPDに一撃を与えられるほどに2人を成長させる。
そして偶然テキーラガンダム改造機に乗った場破りがやってきたことで一旦はその場から退場。リクユッキーガンプラバトルにおいても成長したことを見届けたのちに高ランカーテキーラガンダムを圧倒的なで打ち破る。
その後シャフリとともにそれぞれのフォースに入らないかとリクたちを誘うが、リクタイガたちの戦いを見て自分なりのスタイルを見つけたいと考えたためそれを断っている。
ドージ (松岡禎丞)
青鬼のような姿をした肥満体の少年ダイバー初心者狩りをしてポイントを稼ぐなど卑劣な手段を好むも、リクに初を献上してしまった。オーガ
オーガ (羽多野渉)
赤鬼のような姿をした筋肉質の青年ダイバー。とにかく強さと強者をめるストイックな性格で、「獄炎オーガ」なる異名を持つ。ドージの
ドージよりは気のある性格だが戦いに関してはかなりストイックな戦闘狂
シャフリヤール (逢坂良太)
称はシャフリ。シャフリヤールとは千夜一夜物語に登場する女性不信が原因の悪辣な王の名前だが、本人はいたって穏やかでちょっとキザったらしい程度。
ガンプラに関しては常に""という尺度で見る節があり、何の理念も情熱もリスペクトい作品に関してはいと吐き捨てる一方、拙くてもその想いが伝わってくる作品にはがあると褒めたりする。また自身の作品に関しても「まだまだが足りない」と言い切るなど妥協を許さない性格。
劇中1,2を争うビルダーである自分の名を騙る偽物がペリシアに現れるという噂を聞きその出現を待ち伏せていたが、リクのこぼした言葉とアヤメの論破で本人が出るまでもなく偽物はそそくさと退散。 しかしその後アヤメを人質に逃げ偽物リクたちが追撃するために自身のプトレマイオスアームズを貸し出す。 最初はガンプラの出来で圧倒するもブレイクデカールリクたちが追い詰められたところでついに正体を言し、セラヴィーガンダムシェヘラザードにてマスダイバーを撃退する。
その後タイガとともにそれぞれのフォースに入らないかとリクたちを勧誘するが、リクはシャフリたちの戦いを見て自分なりのスタイルを見つけたいと考えたためそれを断っている。
シバツカサ (八代拓)
非公式ツールブレイクデカール」をばら撒き、不正プレイヤーである「マスダイバー」を生み出している元アヤメにリク達の監視を命じている。
過去にコーイチと関係があったようだが…?
(以下ネタバレ)
かつてコーイチとともに現実世界でのガンプラバトル「GPデュエル」のプレイヤーであったが、仮想世界でのバトルであるGBNを憎悪し、それを破壊するためにブレイクデカールを作り出した。リクとの己の信条を賭けた勝負に破れ、一旦姿を消すが、そのブレイクデカールの技術が思わぬ形でサラGBNを救う鍵となる。

主なメカ

ガンダムダブルオーダイバーガンダムダブルオーダイバーエース
ダブルオーガンダム改造したリクガンプラコーンラスター基部にバーニアウイングを追加したことで予想外の機動を獲得している。トランザムシステムも発動できないことはないが、かなり不安定で短時間しか使用できない。
7話にてリクの考えた強化プランをもとに、これまでのゲームで得られたパーツデータを使ってダイバーエースユニットを作成、ガンダムダブルオーダイバーエース修される。元々優秀だった機動性がさらに向上し、また武装も大幅に強化された。
ガンダムダブルオースカイガンダムダブルオースカイメビウス
大破したダブルーオーダイバーの魂を受け継ぐ機体としてフルモデルチェンジしたもの。
ダブルオーに別シリーズガンダム要素をミックスするというコンセプトらしく、全体的なデザインは結構マッシブ。リクスケッチにも「脚太く!」と記述されており、雄々しいイメージを元にビルドされているらしい。
武装はビームライフルビームサーベル2本に加え、大バスターソードに長距離用のロングライフル等とバランス良くまとまっている。続編「ガンダムビルドダイバーズRe:RISE」でも修機である「ダブルオースカイメイビウス」として登場。シルエットに変更はないがカラーリング及び各部が変更されている。
ジムIIIビームマスター
ジムIII改造したユッキーガンプラ。脚部を強化し、多な攻撃を繰り出すチェンジリングライフルを装備した後方支援
モモカプル
カプル改造したモモガンプラモチーフアデリーペンギンアヒルではない。可愛いは正義に従って改造した結果攻撃減少と引き換えに機動と強度が増している。内部にはマトリョーシカのようにミニカプルを内蔵している。モモだけど水色部のピンストームソニックブラストはおビームという身も蓋も名前にされているが、威かわいいどころかえげつないレベル
ガルバルディリベイク
コーイチが使うガルバルディβベース改造ガンプラどう見てもグシオンリベイク。版権の関係で登場させられない鉄血MSの代わりに要素を詰め込みまくった機体。肩とマークとかまんまバルバトスのそれ。武装は実弾兵器と大ハンマー。このハンマーはグシオンリベイクフルティのように開いて相手を挟むことができる。い話が鉄血ペンチ。
RX-零丸
アヤメの用いるユニコーンガンダムモチーフとしたSDガンダムガンプラユニコーンガンダムとは逆にガンダムフェイス時が通常モードシノビ形態、ユニコーンフェイス時が隠密モードカクレ形態となっている。カクレ形態では光学迷彩も使える。
ガンダムAGEIIマグナム
ガンダムAGE-2改造したキョウヤのガンプラ武装のハイパードッズラフルマグナムの他にもFファンネルを装備、さらにウイングシグルシールドにまで攻撃機を付加させている攻撃的なガンプラ
グリモアレッドベレー
グリモア改造したロンメルガンプラグリモアの機コンセプトで、脚部クローなど様々な武装・ギミックを内蔵している。名前のごとくな頭部が特徴。むせる
オーガ-X(ジンクス)
GN-XIV改造したオーガガンプラのごとき外見が特徴で、接近戦特化のガンプラトランザムを持っており、発動時には頭部バイザーが下がり一つとなる。
ガンダムジーエンアルトロン
タイガーウルフが使用するアルトロンガンダムベースの近接格闘特化機。右肩に、左肩に虎の顔がついている。必殺技ロード十四章まであったりはしない
セラヴィーガンダムシェヘラザード
セラヴィーガンダム改造したシャフリヤールのガンプラ。シェヘラザードとは千夜一夜物語に登場するり部の女性名前。外見にそぐわぬ高機動と高火力を両立している。なにやら隠しギミックがあるらしいが…?

スタッフ

役職名 担当名
企画 サンライズ
原案 矢立肇
富野由悠季
監督 綿田慎也
シリーズ構成 木村
キャラクターデザイン原案 ハラカズヒロ
キャラクターデザイン 井田
アクション監督
チーフメカアニメーター 木信弥
美術 スタジオなや
メカニックデザイン 大河原邦男
海老川兼武
阿久津潤一
石垣純哉
形部一
寺岡
寺島慎也
柳瀬敬之
鷲尾直広
音楽 木村秀彬
企画 バンダイホビー事業部
製作 テレビ東京
サンライズ
創通

主題歌

1stオープニングテーマ【Diver's High
歌:SKY-HI / 作詞作曲SKY-HI
2ndオープニングテーマInfinity
歌:SWANKY DANK / 作詞作曲YUICHI
1stエンディングテーマ明日へ】
歌:Iris / 作詞KAO / 作曲之介
2ndエンディングテーマスタートダッシュ
歌:スピラ・スピカ / 作詞:幹葉、高橋久美子 / 作曲寺西裕二

関連動画

関連商品

外部リンク

関連項目

ガンダムシリーズ映像作品)
1st - Z - ZZ - V - G - W - X - - - 種運命 - 00 - AGE - BF - Gレコ - BFT - 鉄血 - BD - BDR
CCA - F91 - 0080 - 0083 - 08 - G-SAVIOUR - EVOLVE - IGLOO - STARGAZER -
UC - GPB - ORIGIN - サンダーボルト - Twilight AXIS - NT

【スポンサーリンク】

  • 25
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0%E3%83%93%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%BA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ガンダムビルドダイバーズ

4289 ななしのよっしん
2020/08/22(土) 19:49:53 ID: o/hvDsy+V4
>>4288
GBDだとフェイズシフト適応させたストライクとかいたし対ビームは基本中の基本。
GBNでも反映される。ビグザムのIフィールド突破できないから接近しないとって第一次有志連合でやったし。
ただやっぱり作り込みが重要ってのは変わらない。
4290 ななしのよっしん
2020/08/27(木) 03:25:30 ID: rxB4Cj3QGx
まだ見た事なかったんで
トライを一ヶ位かけてダイバーズは三日間で一気に見たんだけど
心に刺さったのはダイバーズだったな

コーイチの単一エピソードが欲しかったなぁ、6話だけってのは寂しい。
もうちょっと彼のスキだった過去(GPD)を掘り下げて欲しかった。

リクは順当に強くなっていって共闘とはいえ頂点になったり
途中で師匠に負けたりとネトゲを題材とした物語として出来すぎでもなく良い塩梅だったかもしれない。
でも13話の初GPD決闘で勝ったりと要所要所で奇跡を起こしてるんだよなぁ。

サラみたくガンプラ徴のような子に好かれるのはリクみたいな性格の少年
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
4291 ななしのよっしん
2020/08/27(木) 03:56:02 ID: rxB4Cj3QGx
後、リクが綺麗過ぎたから
アヤメやシバやコーイチみたいに曇ったリクを見たかった気もするが
それらのキャラが一度バッドエンドになったからこそ
僅かな可性でもトゥルーエンドを諦めないリクスタッフさんは見せたかったのかもなぁ、とも思った。

いや、でも好きなものを喪失したらリクがどうなるか見たかった気もするな。
13,14話のダイバーエースの時みたくも憎まず立ち直れるのかな。
4292 ななしのよっしん
2020/08/27(木) 08:54:18 ID: rxB4Cj3QGx
後、ダブルオースカイの傷も良かったな。
最後まで見るとダブルオースカイ製作時からある傷をガンプラという形に残したいが為に
アニメスタッフさんはGPDからGBNへ娯楽の進化というややこしい設定を作って
13話のたった一度のGPDダブルオーダイバーを傷をつけて破壊したのかもと邪推する位に。

私みたいな「ガンプラはいつも新品」と勘違いしている視聴者は忘れがちだったが
ビルドシリーズの作品内では壊れたらいつだってその都度キャラクター達が自ら直してたんだよなぁ、傷がい新品のように璧に。
でも忘れちゃいけない傷や痛みの記憶もある訳で。
14話のダブルオースカイお披露回の時は傷を残した意図が良く分からなかったが
最後まで見るとリクやこの作品のテーマらしくて良かったな。

を出した時にも傷がカットインされるし
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
4293 ななしのよっしん
2020/08/28(金) 00:59:32 ID: 7XDdKjqrzY
偽シャフリアールがまさかの援軍として出てきたり、チャンプがもう好き勝手やりまくりだったりで楽しそうで何よりです
ビルド系は最初険悪だったキャラも続編とか終盤で楽しそうにしてるの見れるのいいよね
4294 ななしのよっしん
2020/08/28(金) 12:48:14 ID: 4zI0L61GSJ
エピソードや体験がビルドに反映されるというのは大事な要素だよね

リライズ最終話でもチャンプはチャンプでした…
4295 ななしのよっしん
2020/08/29(土) 14:26:47 ID: hicRbmyMnM
>>4291
公式キャラ紹介にもあるんだけどリクは元々何でも出来る人なんだけどそれ故に何かに本気でのめりこむって事が出来なかった人なんよ
だから自分より圧倒的に強い人たちが居て自分が成長しても更にその上を行ってくれるチャンプみたいな人が居るGBNは満たされない思いを満たしてくれると諦めずに挑戦し続ける=好きを諦めないという考えに繋がったんだと思う

フィジカル的にはうしおととらの流ちゃんみたいな設定してるから教えてくれて上を行く大人たちが居なかったら割とガチで危なかったかも
4296 ななしのよっしん
2020/08/29(土) 15:22:08 ID: op3h+Twvz+
偽シャフリだけじゃない、ステアアークエンジェルズも
画面に居ないけどきっと援軍来てくれてたと思う。
そしてナナミさん、前作じゃフェードアウトしたザクレロ
まさかああなって帰ってくるとは・・・・
流石と血が通ったガルバルディを作る男の
4297 ななしのよっしん
2020/09/01(火) 02:17:51 ID: XejE34JrPK
運営は大変だな。ガンプラで戦えるVR世界を作ったはずが気づかないうちに
情報生命体の住処にされてて、しかもそので新たな知的生命体まで生まれ続けるという
ついでに知的生命体の存在する遠く離れた他系との交流も達成
4298 ななしのよっしん
2020/09/12(土) 02:29:55 ID: uWMvFlEaCd
トライまで見てて、ダイバーズ系統見てなかったけどリライズの好評をにしてトライから実に6年ぶりにダイバー無印から試聴してみた、ファイターズ系統はもう記憶げだけどストーリーの繋がりはないっぽいから安心。

とりあえずダイバー25話まで見てみての感想だけど少し説明がわかりづらく感じたところがあったもののネトゲあるある過去キャラとの関わりは刺さったので後半にいくにつれ面く見れた
あと優勢時のBGM気持ちいい

おすすめトレンド

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

樫野(アズールレーン) ボトルマン MMDまほやく ヒックス