セイレーン(アズールレーン)単語

セイレーン
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

「……人類って面白いカケラを授けただけで、またあの歴史を繰り返すとは」

「観察を続けようかしら。私、この子たちの将来には期待しているわ」

セイレーン初期艦選択

セイレーン(アズールレーン)とは、スマートフォンアプリアズールレーン』に登場するキャラクターおよび勢

概要

アズールレーン』に登場する人類の敵

本編の時間軸よりも数十年前に突如として出現した怪異であり、その圧倒的なで人類の制権を奪い陸へと閉じ込めた。日本版では詳細な被害られていないが、大陸版のストーリーによると当時の制権の9割をセイレーンによって喪失している。現代よりもかに進んだ技術科学を持ち、人類側は彼らが用いるいくつかの兵器鹵獲し研究しているが、未だに全容の解明に至っていない。

セイレーンという人類共通の敵の出現に、当時の世界はそれまでの各国家間で生じていた問題を棚上げして一丸となって対抗することを決定。最終的に連邦国家ユニオン」、王政国家ロイヤル」、軍事国家鉄血」、君主制国家重桜」の4大海洋国家を中心とした軍事連合《アズールレーン》を組織するに至る。アズールレーンらびKAN-SENたちの活躍により、人類は徐々に戦線を押し戻し、やがてセイレーンを人類の生存圏から退けることに成功。しかし全な殲滅までには至らず、突発的に現れるセイレーンへの警を続けながら現在に至っている。

その後、アズールレーンは対セイレーン戦における今後の方針の意見対立から内部争いを起こすようになり、ついには「鉄血」が連合からの脱退して新勢レッドアクシズ》の結成。「鉄血」の方針に賛同した「重桜」のレッドアクシズへの替えなども相まって、人類はセイレーンそっちのけで「人類の今後の在り方」を巡って二大勢の武衝突(事実上の戦争)を引き起こしてしまうセイレーンたちはそんな人類の在り方を「面白い」と評し、陰ながら両営の戦いの行方を観察することになる。

――――以上が『アズールレーン本編における大まかなストーリーであり、当初セイレーンは人類の抗争の裏で暗躍する存在として位置づけられていた。その後2018年2月26日から始まったイベント冽なりしの王冠」より本編への積極的な介入を開始。更にはボス格以外の量産型セイレーン(いわゆる雑魚敵)が登場、「駒」と呼ばれる量産型戦闘艦艇や、人格のない旧式の人セイレーン「エクセキューターシリーズ」など続々と種類を増やし続けている。SDグラに味方とは違った可さを感じた指揮官もいるようで、鹵獲出来ないことを残念がられているとか。

彼らは普段、その高い技術を用いてと呼ばれる実験場を作り出しており、何やら怪しい実験を日々繰り返している。勝手に人間同士が争っている好機にも関わらず、積極的な攻勢に出ることなく静観を決め込んでいる事から、彼女らの的は単なる人類滅亡ではないと思われる。

(以下ネタバレ情報が書かれております。秘密の深淵を覗くことを恐れない方のみ、この先をお読みください。)

その正体は作中の世界とは異なる平行世界未来から来訪した存在。かつて自分たちの世界過去で起きた「大戦」と呼ばれる戦争《記録/レコード》を有する。

作中では未来世界にて人類に侵略してきたの存在に対抗するべく、「審判者/ジャッジ」と呼ばれる存在により人工的に生み出された生体兵器であることが示唆されている。量産された体に人格プログラムインストールする形式で作られているため、体が滅んでも人格プログラム事であれば何度でも復活ができる。一部からは「アンチエックス」とも呼ばれており、人類にKAN-SENを生み出す「メンタルキューブ」をした本人。すなわち、全てのKAN-SENたちの造物である。

未来の人類はKAN-SENセイレーンを生み出して侵略者に対抗しようとしたものの既に遅かったらしく、結果として人類は滅亡、KAN-SENもほぼ全滅してしまったようだ。そして人類の生き残りとなった審判者は「人類が弱すぎたのが敗北の原因」と考え、セイレーン達を過去タイムトラベルさせて「人類の進化/KAN-SEN覚醒」を促すことを計画。自分たちを本来の存在意義とは逆の「人類種の敵」に位置付けて人類に攻撃を仕掛け、同時にメンタルキューブKAN-SENの技術を拡散させた。

結果として作中時間軸の人類はセイレーンに対抗するべく科学技術を磨き上げ、々の世界で言うところの20世紀中盤の段階で、近未来レベルにまで発展させることに成功。拡散させたKAN-SENについても、技術的には理解できずとも人間社会に溶け込むまでになる。その頃合いを見計らってセイレーンは各上層部に対立工作を行い、アズールレーンの内部分裂を画策。KAN-SEN覚醒に必要な環境を構築するべく、「大戦」の再現的としたアズールレーンレッドアクシズによる戦争を勃発させた。

現在は「大戦」の再現を経験したKAN-SENの反応をモニタリングしながら、自分たちが構築した「域」内での「大戦」再現実験を並行して行っており、KAN-SEN覚醒を今か今かと待ち続けている状態である。作中では既に何名かのKAN-SEN覚醒反応を示しているため、計画は彼女らの思惑通りに進んでいるようだ。しかし最近になって「コードG」が率いる「余燼」の妨を受け始めたため、今はその対応に追われているようである。

ちなみにセイレーンにもプロトタイプに当たるものが存在し、「コードG」と呼ばれている彼女が正にそれである。セイレーンコードGの具体的な関係性は不明だが、今後のイベントで明かされることを期待しよう。

(以上、ネタバレ終了)

 

「こうでもしなければ、私たちがこの時代に戻る意味なんてないもの。  ふふふ……」

セイレーンのタイプ

セイレーンはこれまで、様々なタイプのものがゲーム上に姿を表している。ボス格のセイレーンの大まかな共通点は、みがかった銀髪色にく瞳、漆黒である。人間セイレーンは、それぞれにモチーフとなった生物を思わせる装を所持している。

量産型戦闘艦艇

通常域などで登場する量産型艦船に相当する存在。艦種の他にⅠといった種類がある。ベースとした艦体にといったラインの意が施されている。

エクセキューターシリーズ

人格を持たない人セイレーン。通常域の敵KAN-SENに相当し、生物モチーフとした装を所持している。こちらも量産型戦闘艦艇と同じく艦種の他にⅠの種類分けがあり、それぞれに応じて色合いが異なる。

エンフォーサーシリーズ

コンテンツセイレーン作戦」の実装に伴い登場したシリーズ。正式名称は「仲裁支援機構」。後述の中層端末「アビータ」達を補助する役割を持つと思われ、「アビータ」と同じタロット番号が名前の最後に付けられている。

モチーフは他と違わず生物が元となっており、ゲームシステム上、登場する際は巨大なSDキャラとしてKAN-SEN達に立ちふさがる。

下位端末

これまで最も多く姿を見せているセイレーン。放射状に大きく広がった大砲のような装は、まるで像の背を思わせる。モチーフイトマキエイマンタ)。

実験である人類の現戦を測る役割を持つ。自身の実行端末(体)を複数所持しているようで、それを同時に操ることで相手の戦に応じて自身の戦を調節することが可。初期においてはαβといった記号名前の最後に付けられていた。アニメではアズールレーン連合艦隊に対し、大量の実行端末を投入することで戦の拮抗を図っていた。


タコを思わせる生物的な異形の装を持つ。生足魅惑のマーメイド

実験である人類をモニターする役割を持つ。またゲーム世界のみならず、限定的ながらも平行世界の観測・干渉を行うも有しており、演算リソースを利用して未来予測に近い高い計算を行使することが可。用いることができる演算リソースが多いことから、下層端末の中でもリーダー的な立場にある。

また、アズールレーンクロスウェーブでは「タコレディ」の異名を持つ。


イベント冽なりしの王冠」で初登場したセイレーンなんだかモビルアーマーみたいなメカメカしい装を持つ。モチーフシュモクザメ

実験に際して障となる存在を排除するのがな役割。場合によっては陽動の役割を負うこともある。非常に好戦的で、KAN-SENたちとの戦いも「遊び」として戯れることを楽しんでいるようだ。ビーム兵器を持ち、射程による時間差のない攻撃をしてくる。

イベントシナリオ爆発オチ担当。


  • オミッター

イベント「凍絶の北海」で初登場したセイレーン。口のような形の巨大な口を覗かせる装を背負っている。モチーフウバザメ

セイレーン作戦の最前線である北海域に突如出現し、指揮官一行&北連営に襲いかかった。ピュリファイアーと同じくやたらとテンションが高い性格で、「無駄無駄無駄!」とどこかで聞いたような台詞を叫んだり、「アイウィルビーバック…!」と言いながら親を立てて撃沈したりとネタ性が高い。色々な意味で他のセイレーンとは一線を画した存在であり、実際に相対したアヴローラも直感で「ほかの上位個体とは違う」と評している。指揮官の間ではホロライブとのコラボイベント幻想真実の二重奏」で登場した人格プログラムバグった駒のピュリファイアーを新たな体に埋め込んだのではないかと噂されているが相は定かではない。


イベント「闇靄払う」で初登場したセイレーン。巨大な装の中央に鎮座しており、装からは長い触腕が伸び、全体をバリアが覆う形となっている。モチーフダイオウグソクムシ

アズールレーンの拠点の一つである運河要塞を襲撃。身を隠しながらを操り、ボルチモアエンタープライズといったKAN-SEN達を次々と異間へと閉じ込めていった。、艦載機、相手の撃を防ぐバリアを兼ね備え、更には潜水艦のように中を潜行するを持つなど、「お前のような艦船がいるか」と言いたくなるような出な性を有している。しかもこれだけ性を盛っているのに戦闘は不得手な部類らしい。システム上の艦種は輸送艦なので、当然といえば当然なのだろうが…。お前のような輸送艦がいるか。

なおピュリファイアーの言葉から彼女は子機であることが判明しており、彼女よりも強いであろう親機が存在していることが示唆されている。


中層端末

オブザーバー達より上位の「中層端末」と呼ばれる個体。名前の先頭のアービタは「仲裁者(Arbiter)」を意味し、後に続く形でタロットの大アルカナの名称が付属する。「闇に堕ちた」で存在が示唆され、「開かれしの砂」で「アビータ・EmpressIII」のビジュアル開された。その後「セイレーン作戦」の実装に伴い、その他のアビータが続々と登場している。

オブザーバーと同じくを基調としたデザイン。「セイレーンプロトタイプ」とされる存在ながら、彼女達とは全く異なる的で活動する「コードG」と呼ばれる存在への対抗策としてオブザーバーが起動した。

???

全てのセイレーンを統括する最上位個体とされる存在。下位端末たちからはレイ)」と呼ばれている。クラゲを思わせる生物的な異形の装を持つ。

審判者」に最も近い存在であり、彼からの示に応じて下位のセイレーンに命を下す役割を担っているようだ。高い演算を持つオブザーバーでも考えを読むことはできず、その思惑はに包まれている。現在のところボスとしての登場はない。

余談

名前の由来はギリシャ神話に登場する半人半怪物セイレーン」。

ゲーム中に登場するセイレーンには海洋生物を思わせるフォルムをした者も存在するが、これは元ネタセイレーン中世以降「辺に住まう怪物」ということから半人半人魚)として描かれるケースが現れるようになったため。

さらに蛇足であるが、叙事オデュッセイア』においては主人公オデュッセウスを誘惑できなかったショックからに身投げするセイレーン姉妹が登場し、この姉妹のうち最も美しい美貌と歌を持っていたパルテノペー海神ポセイドンからその死を惜しまれ、死の間際に現在イタリア沿に流れ着き、同地の人々の手によって葬られた。

やがて人々は彼女女神としてり、彼女を葬った地に彼女名前に因んだ都市パルテノペ」を建設。自らをパルテノペ人と名乗るようになった。

この都市・パルテノペこそが現在イタリア海洋都市ナポリであり、パルテノペ人が現在イタリア人の先祖であるという。

アズールレーン』において第二次世界大戦枢軸国に相当するレッドアクシズが「セイレーン由来の技術を取り込んでいる」という設定を持つのは、もしかしたらここから来ている可性がある。

ちなみにKAN-SEN進化させる存在「ブリ」はセイレーン仲間という説が浮上している。基になった艦が存在しない、セイレーン同様に魚介類が名前、色合いがセイレーンに酷似(Mk-2は知らなーい)、いつのまにか港にいたという情報が根拠である。

関連動画

関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%B3%28%E3%82%A2%E3%82%BA%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%B3%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

セイレーン(アズールレーン)

102 ななしのよっしん
2020/01/30(木) 10:34:38 ID: 2IYcPQs/3n
エンプラが鍵みたいな雰囲気出してるけどやり方が某財団が収容違反起こす時のそれだからむしろ余計な揉め事起こしそう
アベルを利用しようとして崩壊したオメガ7や緋色のを見つけたつもりで食い荒らされたニッソみたいに
103 ななしのよっしん
2020/02/29(土) 15:17:12 ID: ZwGff7KIzs
どうも、生物装は個別に『人類の脅威』として存在していて、それにセイレーン達を制御装置としてねじ込む形で理やり支配下に置いてる感じに思える。
それが人類の滅びそのものかどうかはわからないけれど……
104 ななしのよっしん
2020/03/01(日) 13:02:30 ID: QVPQVyhxEm
オミッターは引きこもりすぎて中二病になったのか
105 ななしのよっしん
2020/03/05(木) 22:35:33 ID: ZwGff7KIzs
オミッターは妙にピュリファイアー臭いというか、むしろホロライブコラボバグった状態のピュリっちに近いノリの良さだと思うのよね。
ピュリっち本体からオミットされたバグ部分をせっかくだから分けして作ったのかもしれないとか妄想している。
106 ななしのよっしん
2020/03/15(日) 08:37:11 ID: R/xsRm0V7F
オミッターちゃん、まかり間違ってジュウスタに投稿してくんねぇかなぁ。で、数時間でゲーム本体の更新が来たと思ったらタコレディによって『削除済み』にされている…とか。スクショを撮っといたピュリっちによって再(?)投稿されてそうだが。

もしくはKAN-SEN投稿背景に「おわかりいただけただろうか」的に登場してもいいなぁ。
107 ななしのよっしん
2020/05/13(水) 07:10:39 ID: n88KqnIMJM
メインストーリー第四章の追加で、アズールレーンレッドアクシズの抗争はセイレーンが暗躍して意図的に作り出した結果とようやく明言されたな
『駒』の話を含めて、これ本来は一年で出すべき情報だろうに何故こんなに遅れたんだ
コードGも含めてネタバレ項の更新が必要だな
108 ななしのよっしん
2020/06/04(木) 17:40:37 ID: 0ZilTSKzZV
CWのDLCアンチエックスセイレーンって明言されたらしいな
109 ななしのよっしん
2020/09/17(木) 22:47:03 ID: fvW9AvOSRG
スマホ側でも今回のイベントでようやく明確になりそうだな
110 ななしのよっしん
2020/09/17(木) 23:07:28 ID: TSrbIhVl3N
余燼の正体というか余燼になる経緯も微妙に明かされそうではぐらかされそうな
111 ななしのよっしん
2021/01/06(水) 23:24:07 ID: w5iBV2xjBm
オブザーバー(タコ)とアビータ達って別々の思惑で動いてるのか?