ダイナナホウシユウ単語

ダイナナホウシユウ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ダイナナホウシユウ(Dainana Hoshu)とは、1951年まれの日本競走馬

非常に小柄な体ながら、逃げ切るスピードと酷量に打ちパワーを兼ね備えた戦後の名
読みは「ダイナナホウシュウ」だが、当時は名に促音拗音を使えなかったため「ダイナナホウシュウ」が正式な表記である。
「ホウシユウ」が冠名で、九州の炭鉱経営者で上田清次郎の所有馬ウシユウに由来し、期待にはダイニ、ダイサンと番号を割り振って命名を行っていた。ホウシユウは多分「豊州(豊前・豊後)」から。

齢表記はレース名や表名を除き、全て現表記で記載

生い立ち

シーマー、:レヴユーオーダー。血統表の中にいるは皆戦前・戦中生まれ。

シーマーは戦中戦後の名種セフトに持ち、天皇賞を僅差で逃げ切った。は全く分からん。レヴユーオーダーは1925年のデューハーストS(英国最高の2歳戦)を制したらしい。系は日本で最も古いシルバーバットン系に属し、11連勝を達成したウイザードは本の大伯父である。

ダイナナホウシユウをる上で欠かせない事だが、非常に小さいである。一説には体重380kgという小柄な体であると言われている。チビの代名詞であるステイゴールドツインターボ410~430kg程度であり、非常に小さいことが分かる。幼名に「タマサン」と名付けられたが、上田清次郎の所有になって以降もタマサンの名前がそのまま競走名となった。つまるところあまり期待されてなかったのだ。

弾丸列車「第七豊州号」

そのタマサンは1953年8月小倉1000mでデビュー上に生産牧場である飯原農場にいた事がある石崎騎手(バシシューじゃないよ)に任せ、デビュー戦をクビ差で逃げ切る。
するとここからレコード勝ちを含む7連勝。レースは全て10001200m。先頭に立ち続けて逃げ切るという強い競馬で8戦8勝のまま2歳シーズンを終える。

3歳になるとタマサンは「ダイナナホウシユウ」へと名され、騎手上田調教師の養子で、厩舎所属の上田三千夫へ乗り替わりとなった。3月に復帰し連勝、2戦とも後続に大差をつけており、この頃には「褐色弾丸列車」という異名を奉られた程、彼の快速は有名となった。皐月賞は前年3歳王者タカオーと僅差の2番人気に支持され、スタートから逃げると直線で後続を突き放し、2着オーセイに8身差をつけて圧勝。タカオーの11連勝を止めた一方で、本が11連勝を達成した。

しかし、ダービートライアルNHK杯で3着に敗れ、連勝記録は11でストップ。続くダービー本番でも4着に敗れる。ダービーでは隣のとぶつかって大きく出遅れたのが敗因のようだ。

夏休みを挟んで9月に復帰。初戦のオープン(60kg)こそ勝つが続く京都杯とオープンを連続2着に落とす。しかし11月神戸杯(今の神戸新聞杯、斤量64kg、次に重いとのハンデ差6kg)では3身突き放して勝利。さて、菊花賞では2番人気となったがここでダイナナホウシユウは大逃げを打つ。1番人気ミネマサの追撃を全く気にせず6身差で逃げ切り、ここに二冠を達成した。因みに1949年トサミドリから6年連続で二冠が誕生している。

当時まだ有馬記念かったので年末のオープン競走へ出走。66kg背負って3身半突き放しました。テンポイント以前の斤量は半端ない。啓衆社による年度表において最優秀4歳に選出された。
3歳時の成績は11戦7勝。その中には皐月賞菊花賞が入っている。

邁進する、褐色の弾丸列車

4歳

4歳になりオープンを連勝するが3戦に敗れる。この時屈腱炎を発症し、以後脚部不安がつきまとうことになる。標としていた天皇賞は諦め休養に入る。

当時の古レース天皇賞である。本が4歳だった1955年には宝塚記念有馬記念はまだかったので、みんな酷量を承知の上でオープンや重賞に出ていたのだ。
9月に復帰しオープン(66kg)を快勝、続く京都記念(当時年2回やってた)では65kgを背負いながら2分164レコードタイム勝利。参考までに初版作成時点での京都2200レコードトーセンホマレボシ(56kg)の2分100である。斤量や当時の馬場状態を考慮する必要があるので一概には較できないが。

当時の天皇賞東京3200mであり、東上し前戦のオープン(55kg、前戦のマイナス10kgって何だよ)もレコード勝ち。中山2000を2分022。
天皇賞論一番人気。脚部不安からごく軽い調教がなされ、レースでは逃げるが最後の直線でフアイナルスコアが並びかける。しかし差し返してハナ勝利し、天皇賞となった。因みに上の上田左千夫はハナ差でも勝ったと確信があったらしい。
もちろん、最優秀5歳以上に選出。4歳シーズンは7戦6勝で終えた。

5歳

当時の天皇賞は「勝ち抜き制」と言って、一回天皇賞を勝つと以降の天皇賞には出られなくなる。天皇賞戦前室御賞典は種選抜の為の競走として、クラシックのような扱いを受けていた。オープンや重賞に挑戦する事も出来るが、天皇賞に対する斤量は60kg台後半、下手すれば70kgをえる。
というわけで天皇賞を勝ったはその年限りで辞めちゃったり、1950年天皇賞オーエンスのように地方競馬に転出するケースもあった。戦後地方競馬の創設ラッシュでが不足してたし。

はと言えば、年末の中山野球オールスターを模した競走、中山グランプリ(現在有馬記念)が新設される事を受け、それを標に調整が進められた。11月まで休養の後、オープン阪神大賞典を連勝。ただファン投票上位10位には入らなかったらしい。
2番人気に推されたが、「四本脚のうち三本がいかん」と言われたほど脚部不安が深刻化しており、実際のレース中に故障発生。入線こそ果たしたが11着に敗れ、ここで引退となった。

弾丸列車から牽引列車へ

引退後種入りしたが、はっきり言うと種としては全くで、地方重賞の勝ちを数頭送り出したに留まった。1966年に種引退として、70年代アングロアラブの名アイズムサシを出した。

その後、育成牧場にて若駒達の先生やったり、札幌大学術部で術競技となったり、最終的には九州高校に寄贈された。1974年死亡享年23歳だった。

通算成績29戦23勝、2着2回、3着2回という圧倒的な成績を残しており、特に八大競走として定義される皐月賞菊花賞天皇賞を制している。脚質はスタートを決めてから一歩も譲らず逃げ、そのまま突き放し、り込みを決める。生産牧場である飯原農場はスパルタトレーニングで知られており、脚質も含めてミホノブルボンタニノチカラなどに近いと思う。
65kg背負ってレコードタイムで勝ち、不良馬場も気にしないなど、スピードパワーを兼ね備えたまさに「弾丸列車」であった。

顕彰に関する一悶着

1984年に、中央競馬の発展に多大な功績を収めたを顕する、JRA顕彰馬が制定された。
当時は選考委員の4分の3の賛成をもって選出されることとなっていた。1984年の初年度の審議においても選出は濃厚と見られていた。そりゃ八大競走3勝してるし、そもそも出られる大競争もかったし。

が、選外。理由として選出委員の一人(当時何人で選出してたかは不明)が、

「小柄な体がサラブレッドとしての品格に欠ける」

という理由で強硬に反対。それで選外になるって事はどんだけ反対したんだよ。憶測ではあるが、反対した人はサラブレッドなどの良に携わってきた人だったんだろう。上田清次郎は選外という事を聞いて激怒競馬ファンの有識者からも異論が出たが結果は変わらず。
1990年に再度選考が行われ、テンポイントメイヒカリが選出された中でもやはり選出されず。
ダイナナホウシユウさんが何やったんですか。

これだけは言わせて。タケホープグリーングラスフジノオーやバローネターフと共に顕彰馬に。
JRAは本を後世にり継ぐ義務と責任があると思う。事文化の発展を望むのなら、過去の名ホースマンを軸とした歴史を編纂する必要があると、自分は思う。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%8A%E3%83%9B%E3%82%A6%E3%82%B7%E3%83%A6%E3%82%A6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ダイナナホウシユウ

1 ななしのよっしん
2018/07/28(土) 19:44:56 ID: RQjEl2NTw2
顕彰馬入りできなかった点については、憶測だけど、上田清次郎氏の持ちだった点も影していように思う。
文献を調べると「ダービーでは買えぬ」のエピソードに代表されるように、昔ながらの俺様だったように感じる。反対した選考委員が、氏と仲が悪かった可性もあるし。

論、に罪はないから、そのような理由で選考から落とすのは論外だが、自分が選考委員だったら、やはり嫌いなヤツのを選ぶのはしてしまうかもしれない。

とは言え、本歴史的名であるのは疑いないので、本文中にもあるように、今からでも顕彰馬入り出来ることを、切に願う。
2 ななしのよっしん
2018/11/09(金) 23:31:41 ID: 0LvnLmNuaZ
顕彰馬が今みたいな記者投票(実質人気投票)じゃなくて選考委員会のままだった&その委員がずっと残り続けていたとしてディープやオルフェにもチビチビだとケチをつけたのかは気になる
人数が少なければ率の関係でクソコテが幅をきかすし、多ければ多いで裾野にアホや当代の実績視していつまでも古いのに執着するのもどうなのか…って感じのタケシバオー軍団や、制度編・引退当初にそいつらとぶち当たったのも一因とはいえ見事にそれの2世になってしまったスペシャルウィーク軍団みたいなのができるし
最良の顕制度はどうすれば出来るのか、難しいな

急上昇ワード

2020/02/25(火)09時更新