伊41単語

1件
イヨンジュウイチ
8.9千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

伊41とは、大日本帝國海軍が建造・運用した40/巡潜一の2番艦である。1943年9月18日工。数々の困難な輸送任務を成功させた他、撃で軽巡洋艦リノを大破させる戦果を挙げた。1944年11月18日フィリピンで対潜攻撃を受けて沈没

艦歴

伊41が結んだ人の絆

1941年8月15日に実行が決定された戦時急造計画(通称マル急)において、一等潜水艦第371号艦の仮称で建造が決定。第79及び第81帝国議会で予算が成立し、建造費2049万7200円が捻出される。

戦後1942年3月18日姉妹艦の40や42とともにで起工、8月20日に伊41と命名され、11月20日に進、そして1943年9月18日工を果たした。初代艦長に吉松田少佐が着任するとともに訓練部隊の第11潜戦隊へ編入され、瀬戸内海西部で慣熟訓練を行う。11月24日横須賀へ回航。12月15日、様々なエピソードを持つ快男児板倉(いたくらみつま)少佐が二代艦長に着任。彼の卓抜した手腕は伊41艦長時代にも遺憾く発揮される事となる。12月20日に第1潜戦隊第15潜隊へ転属し、いよいよ実戦投入される事に。

12月28日横須賀を出港して前進基地のトラックに向かう。

1944年1月4日トラックへ入港した後、翌日に伊41は南東方面艦隊第7潜戦隊へ転属。5、42、伊169、171180182とともに輸送任務の増援に送られ、1月7日に南東方面艦隊参謀長より「伊41、171180はもっぱら前線輸送に従事せしめらるる予定につき、搭載量増加を計るため地出撃前及び弾薬を陸揚げの事に取り計らいを得ば好都合なり」との電文が入った。このため後部14cm単装魚雷11本全てを陸揚げして即席の補給用潜水艦変わりする。かつて南東方面への輸送任務はニューギニアに限定されていたが、敵軍の侵攻で水上艦艇の行動範囲が狭められてからは、潜水艦輸送が逐次増加していたのである。1月10日に第15潜隊の旗艦を伊36から継承、1月15日には第1潜戦隊が解隊し、第15潜隊は第6艦隊直轄となる。

1月15日トラックを出港してラバウルに向かう。翌16日、南太平洋大海原を進んでいると突如としてが発生し、しいスコールが甲叩き始めた。そしてすぐにが止むと同時に左方向からB-24爆撃機が低より突っ込んで来ているのが見え、見り員が絶叫。敵機はスコールが降っている時からレーダーで伊41を発見しており、全に奇襲を受けた形となった伊41に急速潜航する猶予は残されていなかった。このままではやられる!板倉艦長は咄嗟に「敵機に手を振れ!」と命じ、手すき要員が艦から身を乗り出して決死に帽子を振った。苦し紛れの策なので見破られればそれまでである。だが運命の女神は伊41に微笑んだ。敵機はこの策に引っかかり、バンク(両を振って味方だと示す信号)したのだ。防を開けてパイロットも手を振っている所を見るにどうやら全に騙されていると見て間違いない。この好機を逃すはずがなく伊41は急速潜航、遅れて騙された事に気付いたB-24は慌てて4発の爆雷を投下するが、既に深45mまで潜っていた伊41には届かず頭上で炸裂するだけに終わった。奇策を以って難局を脱した間だった。

敵襲を掻い潜った伊41は1月19日ラバウルへ入港、現地で物資の積み込み作業を開始する。そしてラバウルを拠点に厳しい輸送任務へ臨む事となる。

絶望の輸送任務の先で

1944年1月23日ニューブリテンルミへ向けてラバウルを出港。1月25日19時、闇に紛れてスルミに到着。発信号で陸上の友軍と連絡を取り、送られてきた大発動艇に物資を移送して8名の陸軍関係者を収容。敵に見つかる事1月27日ラバウルへ帰投した。

伊41が輸送任務に励んでいる間にも敵機とPTボートが厳しくなり、ガリへの輸送中に181が失われ、イボキとブインには機が敷設されて輸送そのものが困難になりつつあった。板倉艦長は171艦長の島田武夫少佐とのくじ引き勝負に負け、複雑な路と機で輸送が困難ブインに割り当てられてしまった。だがブイン基地官を務める鮫島具重中将板倉艦長にとって縁のある人だった。


板倉艦長が少尉だった頃の1936年重巡最上の艦長を務めていた鮫島大佐(当時)の帰りが予定より1時間も遅れた。下士官や兵の遅刻には厳しいのに将校には甘い海軍の内情にを立て、に酔っていた事も手伝って彼は鮫島大佐を殴り飛ばしてしまったのである。少尉大佐を殴るなど本来あってはならない事。免職の結末も十分ありえ、酔いから覚めた板倉少尉は自分のしでかした事にざめた。実際近藤中佐に呼び出されて大目玉を喰らい、言い返す言葉もいまま、言われた通りに官給品と私物を分ける。その作業が終わった更け、ベッドに横たわる板倉少尉に一筋のが伝った。鮫島艦長に呼び出された板倉少尉近藤中佐同様怒に見舞われると覚悟していたが、鮫島艦長は無表情のまま

板倉少尉をやめられないか?」

と穏やかな口調で問いかける。続けて板倉少尉

「はっ、禁を決意しましたが、おそらく続かないと思います」
「そうか…ならの量を減らす事は出来ないか?」
「はっ、そのつもりでいますが、おそらくをやめるより難しいと思います」
「そうか、もうよろしい」

との会話を経て板倉少尉は艦長室から出た。もはや免職の未来は変えられないと、諦観に染まり切っていた板倉少尉のもとに再度鮫島艦長からの呼び出しを受けた。相変わらず無表情鮫島艦長がり掛ける。

「どうにも腑に落ちない。何か考えがあっての事ではなかったのか?」
「別にありません。ただ申し訳ないと思っています」

鮫島艦長からは板倉少尉を憎む感情が見られない。むしろ憐れみのようなものさえ感じる。そんな彼の様子に板倉艦長も本心を打ち明けようと思い、「栄えある海軍のために時間厳守をしてもらいたかった」とく。すると鮫島艦長は納得したように柔和な表情を見せ、板倉少尉を返したのだった。その後、板倉少尉に下ったのは免職ではなく重巡青葉への異動命と疑うほどの温情に満ちた処分に彼は喜びのを流した。すぐさま鮫島艦長のもとへ訪れると「青葉に着任したら平岡粂一(くめいち)艦長によく導してもらいたまえ」と一言。とめどなく溢れる嬉し、礼すら言えなくなるほど感動と恩義で胸がいっぱいになる板倉少尉。どうやら鮫島艦長が長谷川海軍次官に掛け合ってくれたらしい。こうして、より深い慈悲によって海軍生命を絶たれずに済んだのだった。


ブイン輸送に発つ前、部を訪れた板倉艦長は南東方面艦隊鹿任一中将から「ブインでは鮫島中将がお待ちかねだよ。しっかり頼んだぞ」とをかけられ、ハッとなる。再び鮫島中将との縁が結ばれた間だった。体中に電流が走るとともに「恩返しの時が来た」と胸が熱くなり、ラバウルを出港する前に大枚をはたいてサントリーウィスキータバコを購入。かつての恩に報いるため絶対に輸送を成功させると誓った。

1月31日に3名の陸軍将校を便乗させて伊41はラバウルを出港、ブーゲンビルブインに向かった。遠く離れたブインは連合軍の包囲下にあり、数kmに渡って敷設された機原や、数の敵哨戒機及び魚雷艇が航路を支配。だが板倉艦長は間は水上航行、間は潜航という裏をかいた策を取り、これが見事結実して敵哨戒機から逃れた。

2月4日ブインへと到着。補給に来る艦が途絶えて久しかったためブイン基地の第8艦隊連絡参謀岡本中佐は泣きながら出迎えたという。甲上へ上がってきた岡本中佐と固く握手を交わした後、板倉艦長はラバウルで購入したウィスキータバコ、そして鮫島中将宛ての一通手紙を手渡した。物資と便乗者を降ろした伊41はブインを出発し、2月7日ラバウルへ帰投。するとブイン基地から感謝電報と伊41を名しした輸送要請が届いた。これを受けて二度ブイン輸送が決定。ちなみにくじ引き勝負に勝った171はブカへの輸送任務中に駆逐艦ハドソンゲストに襲われて撃沈されてしまった。負けた方が生き残るとは運命は読めないものである。伊41が届けたウィスキーで薄めて全将兵に飲ませ、タバコ全員で分け合った。鮫島中将ウィスキー空き瓶を死ぬまで大切に扱ったという。

2月12日に物資を満載してラバウルを出港し、再び窮地に立たされているブインへと向かう。中の2月14日ブイン近で敵哨戒機の襲撃を受けて潜航退避を強いられ、2日間耐え抜いたのち再度ブインへの接近を試みる。だが敵哨戒機とPTボートの警が厳しく接の機会を得られず苦戦。2月17日午前3時20分よりブインに接近しようとするも、またしても敵の厳重な警に阻まれて翌18日午前2時1分に引き返す。それでも板倉艦長はり強く機会を待ち続け、苦に立たされる恩人に物資を送り届けようと神経を研ぎ澄ます。2月19日午前0時5分、4回の接近を開始。洋上には連合軍の機がびっしりと敷き詰められていたため、の沿に程近い浅瀬をすり抜けなければならないのだが、これはまさに針に糸を通し続けるかのような難しさだった。もし1回でも触すれば伊41の艦体は一で木っ端微である。を振り下ろす寸前の死神と戦いながら慎重に進む中、2月20日13時39分にオツアで未知の暗礁に乗り上げる不幸に見舞われる。もはやこれまでと思われたが、地獄か、離礁に成功。

遂に的地のブインへ接し同日18時59分より揚陸作業を開始する。出迎えに現れた岡本中佐から手渡されたのは、鮫島中将からの手紙とヤシの木で作られた7本のパイプだった。手紙読み上げているうちに板倉艦長はまぶたをで濡らしていく。そして7本のパイプを1本は自分の物とし、残りの6本を部下たちに分け与えた。か一人でも生き延びれば、鮫島中将の形見として遺族に渡せると考えたからだ。22時6分に敵機から爆撃を受けたがタウで潜航退避して難を逃れた。物資を全て揚陸し終えた伊41は2月21日ブインを出発。の僅かな隙間を抜けて2月24日ラバウルまで生還、見事困難な輸送任務を遂させた。

敵機動部隊によるトラック大空襲で在泊艦艇、基地施設、航空隊、資材に大打撃を受けて丸裸にされたトラック基地を守るためラバウルから航空隊を引き上げる事になった。また重タンク代わりに使用されていた特務艦鳴戸が撃沈されてラバウル方面の燃料事情が急に悪化。加えて襲に現れる連合軍機が潜水艦を狙って爆撃するようになり、長期の停泊及び2~3隻以上の停泊は危険と判断。南東方面の駆逐艦潜水艦は可な限りトラックを補給基地にするよう命じられる。

2月27日、第501航空隊のや搭乗員、基地要員98名を乗せてラバウルを出港。3月2日廃墟と化したトラック環礁へ到着して便乗者たちを揚陸させる。だだっ広い環礁内に威容を誇った連合艦隊の姿はく、殺風景のみが広がっていた。3月7日に一度トラックを出発するも、3月9日反転を受けて翌日トラックへ帰投。3月15日、第15潜隊の旗艦を伊16に変更して再度トラックを出港。3月19日未明、ラバウル北方水上航行中、伊41の見り員が自艦に向かって伸びて来る2本の線を発見。すかさず板倉艦長が取り一杯を命じて急旋回し、跡は艦前方50mを通過していった。3月20日、敵潜の襲撃を振り切ってラバウルへ入港。連合艦隊より伊41、2、42の3隻は南東方面の補給任務に協するよう命される。

3月21日午前3時トラックに後退する第7潜戦隊部と航空隊員98名を乗せてラバウルを出港。3月25日午前9時トラック南方へ到着。139トンの特設監視艇第一宝丸に誘導されながら南を通過し、第7潜戦隊部と便乗者を揚陸させた。

4月1日、食糧や物資50トンを積載してトラックを出発し、三度ブイン輸送に挑む。敵の監視網を突破して4月7日ブインへ到着し、物資を揚陸するとともに航空基地要員73名を収容。そして4月9日ブインを出発、4月13日トラックへと帰投して輸送任務を成功させる。このブイン輸送が南東方面における最後の補給成功となった。伊41とともに輸送任務を行っていた2はヒクソン湾の第17師団への食糧輸送こそ成功したが、帰路のハノーバ西方潜水艦ソーフレイ撃を受けて沈没42はパラオからラバウルへ向かう中で敵潜タニーの撃で沈没。損失の埋めで送られた伊16伊176も失われ、伊41は魔の南東方面から生還した数少ない潜水艦となった。

4月17日、先遣部隊第1潜部隊に編入された事で輸送任務から攻撃任務へ変わり、取り外した後部の14cm単装を再装備。これまでの功績により板倉艦長は第6艦隊高木武雄中将より恩賜のタバコ1を受け取った。過酷な任務を終えた伊41には本土での整備と竜巻作戦の参加が命じられ、4月19日トラックを出港。4月25日へと入港して整備を受ける。

5月3日、「あ」号作戦の一環として竜巻作戦要領が発される。内容は特四式内火艇各2隻を搭載した伊41、伊3638、伊44伊53の5隻が、マーシャル諸島の泊地に停泊する敵空母を狙って特四式内火艇を強行上陸させて奇襲するというものだった。第6艦隊は準備と訓練のため旗艦丸と潜水艦5隻を瀬戸内海西部へ回航させ、5月6日より共同訓練を開始。間での襲撃に重きを置きながら、停泊艦襲撃、発射教練、特殊浮舟による長距離航行などを行ったが、板倉艦長はリーフを乗り越えられない、騒音しい、低速といった特四式内火艇の致命的な欠陥を次々と摘。海軍期待の作戦だったため上層部の怒りを買い、一時は第6艦隊から銃殺刑を言い渡されるほどだったが、艦長の腕を買われて不問に付された。結局第6艦隊も「現行の性では作戦実施は困難」との結論に至り連合艦隊作戦中止を具申。5月12日作戦期延期とされた。

生きて帰れぬ「あ」号作戦

5月14日アドミラルティ・ウェワク間の敵情偵察を下され、5月15日伊44伊53とともにを出撃。5月29日に配備地点へ到着して遊を行う。先遣部隊作第136号により6月4日から8日にかけて一時的に第7潜戦隊揮下に入る。

6月11日アドミラルティ西方中に機動部隊マリアナ諸襲。板倉艦長の独断で伊41はマリアナ方面に向かうが、6月14日22時50分に発された先遣部隊作第150号により、グアム南方への急行を命じられる。6月15日サイパンへの敵軍上陸が確認された事から連合艦隊長官は「あ」号作戦決戦発動を下。既にサイパンへ進出していた第6艦隊は地上戦闘に巻き込まれて揮が執れなくなり、代わりにトラック在中の第7潜戦隊揮を執る。

6月21日22時38分、連合艦隊から「グアムサイパンにそれぞれ潜水艦1隻を派遣し、孤立した搭乗員を可な限り収容して瀬戸内海西部へ輸送せよ」と下され、第6艦隊はグアム方面には伊41を、サイパン方面には伊10を充てた。翌22日、伊41へ搭乗員100名を収容して大分基地に輸送するよう命が下り、グアムへの移動を開始。6月24日午前11時グアムアプラ港近に到着。日を待ちながら乗艦に適した場所を探して潜望偵察を行う。日後、浮上した伊41は大発2隻に分乗してやってきた搭乗員107名と第3戦隊参謀伊藤少佐を収容。その直後にB-24爆撃機が接近してきたため、これ以上の収容作業を断念。急速潜航して逃げ切った。ちなみにサイパン方面に向かった伊10駆逐艦から対潜攻撃を受けて未帰還となっている。6月30日大分に到着して搭乗員を揚陸。敵の包囲下から重な搭乗員を連れ帰る任務を遂した。「あ」号作戦に参加した潜水艦36隻のうち半分以上の20隻が失われ、伊41はかろうじて死地から生還したのだった。7月1日へ帰投して入渠整備を受ける。

7月2日、「あ」号作戦での甚大な被害を鑑み、太平洋方面の潜水艦作戦を停止するとともに全ての潜水艦に電探と逆探装置の装備、防探塗料の塗布、防振ゴムの設置、レーダー波を乱反射させる斜行の設置、呂500の解析結果から艦の必要部に夜光塗料の塗布などを実施。8月5日板倉艦長は回天部隊指揮官へ異動となり、近藤文武少佐三代目艦長に着任。8月23日を出港して湾に集結し、他の大潜水艦集合訓練を行ったが、大した効果が得られていない事が判明。行き詰まった潜水艦戦の打開策として回天による特攻作戦が提案され、この時点で生き残っていた大潜水艦に順次回天の搭載工事を施す事に。伊41は9月1日から27日にかけて装工事を実施。9月28日を出港して回天との合同訓練を開始。10月9日にはから大津回天搭乗員と整備員を移送している。

10月初旬、機動部隊パラオのコッソル及びマリアナ諸を出撃したとの報を受け、新たな侵攻作戦を企図していると判断した連合艦隊部は、玄作戦に参加する艦を除いて潜水艦の出撃準備を急ぐよう示を出す。この時点では伊41は玄作戦に参加する予定だった。10月17日アメリカ軍レイテ湾スルアン上陸を受けて捷一号作戦を下され、午前8時48分発の電作第352号により回天に関する作業が全て中止。すぐにへ回航し、回天を搭載しない通常潜水艦として出撃準備を開始する。

捷一号作戦

10月19日を出撃し、呂41、呂43、呂46、38、伊5346とともに部隊を編制。当初は台湾沖航空戦で敗走中の敵艦隊を捕捉するため台湾東方の配備地点に向かっていたが、敵艦隊がレイ東方を中心に活動している事から翌20日に配備点の変更が下され、第三散開配備となる。事故で引き返した伊44を除いて潜水艦11隻がフィリピン東方の配置に就く。レイテ沖海戦が始まった10月24日、先遣部隊より「全軍突撃に転ず。各艦は強行進撃、敵を撃滅せよ」と突撃命が下された。翌25日にレイテ湾北東400里に到着する。10月27日14時5分、甲潜部隊へと転属。翌日にミンダナ東方区への移動を命じられたが誤ってサマー北東に移動。10月31日午前0時、スルアン北東220里で3隻の空母を伴う敵機動部隊の発見報告を行うが攻撃の機会を得られず。同日午前9時40分、新たな配備点であるC散開線へ移動。最南端へ配置された。

11月3日、マニラから約600里離れたサンベルナルジノ水上航行中に第38.3任務部隊空母を発見、23時30分に九五式魚雷6本を発射し、このうち2本がアトランタ軽巡洋艦リノの左舷に命中。起爆したのは1本のみだったが大破へと追いやる。潜水艦による高速空母部隊への撃成功は実に2年ぶりだった。乗組員46名が死亡、多数の負傷者を出して右舷へ傾斜しながら艦尾が沈没しかかっている手負いのリノ掛けて3本の魚雷を発射したが、いずれも命中せず。撃沈には至らなかったものの、伊41が負わせた傷の修理に11ヶも掛かり、リノ戦争が終わるまで復帰する事はわなかった。実質撃沈に等しい戦果と言える。伊41は「エセックス級空母撃沈確実」を報じた。実際にはエセックス級は沈んでいなかったが、クラークフィールドから飛び立った第763航空隊所属の陸上攻撃機銀河が戦果確認を行い、正式に認められた事で近藤艦長は昭和天皇から特別な御言葉を戴いている。

11月4日にE配備を命じられて北東方向へ移動し、11月8日にミンダナ方面の西南西へ移動。11月12日午前3時40分、敵機動部隊発見報告を最後に消息不明となる。

最期

1944年11月18日深夜サマー東方250里で中のハンターキラーグループこと第30.7任務部隊に「作戦区域内で日本潜水艦が活動している」との警告が入る。護衛空母アンツィオから対潜哨戒機アベンジャーが飛び立ち、底的な潜水艦狩りが始まった。

午前3時30分、レーダーによりスコールの中に隠れて水上航行している伊41を発見。アベンジャーから数発の照明弾が投下されたが、Mk24ホーミング対潜魚雷が放たれる前に速な潜航を行って逃走に成功。標を見失ったアベンジャーは周囲の僚艦に支援を呼びかけ、ソノブイを投下してから同時に対潜攻撃を仕掛けようとする。午前4時17分、現場域に護衛駆逐艦ローレンス・C・テイラーメルヴィン・R・ナウマンが出現。上には2機のアベンジャー印のように旋回している。午前6時5分よりテイラーが2回のヘッジホッグ攻撃を仕掛け、伊41はこれを回避。午前6時16分、今度はナウマンがヘッジホッグ攻撃をするがこれも回避。

しかし午前6時30分、テイラー三度のヘッジホッグ攻撃を行った時に伊41の命運は窮まった。遂に致命傷を受けたらしく、水中から3回の小さな爆発音が聞こえた後、大爆発音が発生。間もなく面に大量の燃料とデッキの破片等が浮かび上がった。これが伊41の最期であり、乗組員111名全員が戦死した。

一号作戦における潜水艦の戦果はLST戦車揚陸艇撃破(伊56)、護衛駆逐艦エヴァソール撃沈(伊45)、そして伊41が挙げた軽巡リノ撃破の三例に留まり、伊41、伊2638、伊4546、54の6隻が未帰還となった。帝國海軍12月2日フィリピン方面で亡失と判断し、1945年3月10日に除籍。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

VOICEROID (単) 記事と一緒に動画もおすすめ!
提供: リュウ
もっと見る

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

伊41

1 ななしのよっしん
2024/03/01(金) 11:05:35 ID: qoHThUVU4w
艦これ伊41が来た様子
同時に伊36
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2 ななしのよっしん
2024/03/07(木) 22:01:48 ID: 7bx0V1KbDB
1000時報で「艦娘志望?」とか物凄く艦娘の設定に関わる発言をしてたりする(ちなみに第一~第三まで潜水艦

陽炎抜錨世界観が公式設定の可性が出てきたわ
👍
高評価
0
👎
低評価
0