岩手競馬単語

297件
イワテケイバ
6.6千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

岩手競馬とは、岩手県競馬組合が開催する競馬地方競馬)である。

概要

盛岡競馬場(盛岡市)と水沢競馬場(奥州市)の2場を、時期を区切りながら一方ずつ利用し競馬を開催している。
ながらく原則として土日の週3日開催としていたが、2019年から開催を日月火とする時期が増えている。1月中旬から3月中旬は気の関係上休止する。所属騎手の中にはこの休止期間中に他場へ期間限定騎乗に行く者もいる。

催の「岩手県競馬組合」は、岩手県と、競馬場所在する盛岡市奥州市からなっている。

2018年7月14日よりニコニコ生放送での公式中継が開始。 - ニコニコ競馬チャンネル
exit_nicochannel
2023年4月3日からはYouTubeでの公式中継が開始。 - YouTube公式チャンネルexit

歴史

古くからの生産が盛んであった岩手では、西洋の競馬を受け入れるのもく、1871年(明治4年)にはすでに、盛岡に1周1000mのコースが設置されていたという記録が残っている。1903年(明治36年)には初代盛岡競馬場が開設され、1924年(大正13年)には水沢に1周1600mという大きさの競馬場が開設される。

1990年代初頭までは好気もあり順調な経営で「地方競馬優等生」とも呼ばれており、県都にありながらフルゲート8頭と狭かった旧盛岡競馬場を1996年には芝コースを設け、中央競馬に引けを取らない設備を有する新競馬場への移転を実現させたりと積極的な投資も行っていたが、レジャーの多様化による競馬人気の低下で2000年代にはそれらの投資が膨大な負債として圧し掛かり、苦に立たされた。2007年初頭には岩手県止が議決されようとする寸前だったが、運営の資投入という判断もあり存続が決定(参考1exit参考2exit)。
さらに経営革を進めるさなか、2011年3月東日本大震災により、水沢競馬場や一部の場外発売所が被災・長期休止に追い込まれるという更なる苦に立たされるも、震災からの復が進むにつれ岩手競馬も復調を見せている。
インターネット馬券販売の普及が進むにつれて岩手競馬の売り上げも伸び、2014年2022年JBCが盛岡競馬場で開催された。

競馬場

盛岡競馬場

OROパーク盛岡競馬場ガイド(岩手競馬公式サイト)exit

1周1600mは、地方競馬専用の競馬場としては門別競馬場大井競馬場と並ぶトップタイ
なお、1周1600mの競馬場では1600mのレースを実施できない場所が多いものの(スタート直後にカーブに差し掛かってしまうのを避けるため)、盛岡競馬場はこれを「第2コーナーに繋がる400mもの長い枝線exitを設ける」ことで対応している。これによりマイルチャンピオンシップ南部杯などの1600mレースが実施可になっている。地方競馬を実施する競馬場では一の芝コースである(かつては愛知県競馬組合が中京競馬場の芝コースを利用していたが撤退)。また、日本一の「外側がダート・内側が芝」の競馬場でもある(他はすべて外と逆)。芝コースの存在は盛岡競馬場の大きな特徴とされているが、コースの維持が難しく、芝の保全のために大雨などで馬場が悪化した際にはダートコースに変更になることが多く、施行レース数も限られている。

ダートコースの特徴

公式には直線からゴールまでの距離300mだが、実際には330mくらいはある。同じコース1周1600mのコース大井競馬場門別競馬場よりはゴールまでの直線距離は短め。これは盛岡競馬場のスタンド大井や門別とべてん中寄りに作られているためである。なおスタンドからはダート1600mのスタート地点が引き込み線の一番で見えない構造になっていて、スタンドからスタート地点が見えないコースがある内で数少ない競馬場でもある。

ゴール地点から1コーナーに入りかけたあたりから3コーナーまではゆったりとした上り坂が続き、3コーナーまでに2.5mの坂を上り、3コーナーから4コーナーまで一気に4mの勾配の下り坂、そこから直線はゴール手前50mくらいまで1.5mの上り坂になっており、地方競馬ではしいハッキリとした勾配があるコースになっている。

何よりの特徴は中央競馬を含めても全トップクラスで速い時計が出るダートコースである。2021年時点でダート1200m、1600mの日本レコードは盛岡競馬場で出ており、午前中の下級条件の競走でもダート1200mで1分13台が当たり前に出るほど速い。もともとは同じダート1200mでも1分16くらい時計がかかる競馬場であったが、近年は急速に高速化してきた。

地方競馬ダートコースとしては全捌けを誇り、雨上がり不良馬場でも場のでは最終レースのころには良馬場にまで回復する。同じく不良馬場になると次の日までやや重が続く門別競馬場とは桁違いにきが速い。芝コースとの間に道路が作られている関係で、ダートコースの路盤が土手のように盛り上げて作られているためか、大雨が降ってもで排が詰まることがいためではないかと考えられる。

芝コースの特徴

ダートコースの内側に作られていることから、1周1400mで直線は300m程度である。

コースの特徴は何と言っても日本最大のアップダウンコースであり、最大で下り4.6m、上り3.6mもの勾配がある。ゴール地点からスタートすると、1コーナーから2コーナーにかけて1m前後の下りがあり、2コーナーから3コーナーにかけて2mの緩く長い上り坂、3コーナーを頂上に4コーナーまで一気に4.6mの急坂を下り、直線は残り200mからゴール地点まで続く最大3.6mもの強な勾配を誇る上り坂が待っている。この勾配の大きさはダートコースよりも大きく、芝コースの中では4コーナーカントがかけられている関係で外よりも内の方がゴール前の急坂の勾配が大きくなる。スタンドからでは見えないが、ダートコースの1コーナー地点では芝の残り200mハロン棒がほとんど見えなくなるほどである。両コースの勾配の一番下にあたる4コーナーではダートコースより芝の方が低いのがゴール地点ではダートコースよりも芝コースの方が1m以上高くなるほどでゴールの高さを見ればスタンドからでも一瞭然である。このためゴール寸前で全が密集して順位が入れ変わる大接戦が起こることがザラにある。

もう一つの特徴が芝コースとしては中央競馬の芝とは較にならないほど時計が掛かるタフコースと言う点である。前述のコース1周で2回にわたる上り下り4.6mの強な勾配にくわえ、オール洋芝で芝長も芝の成長促進と維持のためか15cm前後と長め、しかもダートコースの内側に作られているため小回りな点が挙げられる。その違いは単純較であるが同じ芝2400mの重賞では東京競馬場が2分24台が普通なのに対し、盛岡競馬場では芝2400mの重賞のせきれい賞は2分32前後であり、同じ芝2400mでも日本ダービーイギリスダービーの勝ち時計ほどの差がある。

コースに使われている芝はオール洋芝で、ペレニアルライグラストールフェスク、ケンタッキーブルーラスが使用され、ペレニアルライグラス深緑がもたらす美しい芝の色は必見で、薄暮開催の最終レースのころにはナイターのカクテル線で芝の深緑が浮き上がってキラキラる。日本では盛岡競馬場でしかる芝は見られない。残念ながら2021年現在では芝コースにはナイター照明が届かないことから、午後4時30分くらいまでしか芝コース競馬が出来ず、芝のメインレース重賞でも午後4時くらいでダート重賞よりもい時間に行われる。

なんちゃってナイター

インターネット投票の普及により地理的条件からになると日の関係でレース施行が可な時間が短くなることが(特に中央競馬と開催が被ると)不利であるため、2018年照明施設を新設して薄暮開催を導入。これにより日ギリギリの16:40発走だった「マイルチャンピオンシップ南部杯」の発走時刻を17:30まで下げられるようになった。薄暮開催導入後の盛岡競馬は18時過ぎに最終レースを行うことが増えている。そのため日まる10月ごろになると、盛岡競馬の最終レースのころはっ暗であり、気分は薄暮どころかナイターさながらである。

爆竹ハーフタイムショー

盛岡競馬場は元は岩山という山を切り崩して造成して作った競馬場で、立地としては全に山の中である。現に競馬場コースの外は原生さながらであり、特にダートコースの2コーナー手前の引き込み線のコースの向こうは山肌で、ダート1600mのスタート地点はゲートの向こうはである。

こんな構造のため競馬開催中ですらコース付近へのシカカモシカ乱入しくなく、日まる口になるとダートコースの向こう正面はナイター照明に誘われてシカがやってくる。レース中にコースシカがやって来たら大変なことになるので、場内にシカ乱入してきた際には大量の爆を一斉に鳴らしてシカを追い払うことがあり、出走が少ないパドック周回中にコースの向こう側で大量の爆爆音が聞こえてくることがある。レースの合間のハーフタイムショーと言えよう。

アクセス

盛岡駅から出ている無料優待バスに乗って約30分。半ばからは何もないガチの山となるため、初めて乗った人からは「本当に競馬場があるのか」「山にさらわれてるだけじゃないのか」と大好評。

からかなりの距離があり、タクシーだと3000円ほどかかるためあまりお勧めできない。

水沢競馬場

水沢競馬場へようこそ(岩手競馬公式サイト)exit

ダートコースの特徴

日本一速い時計が出るダートコースの盛岡競馬場にべ、水沢競馬場は日本有数の時計のかかるダートコースである。その差は盛岡競馬場にべると同じダート1400mでも4~5ほど時計が掛かるほどで、特に凍結防止剤がかれる水沢になると更に時計が掛かるようになる。そのため大回りで時計の速い盛岡ではスピードについて行けなかったり、不足でゴール前の直線で差されてしまう水沢になると小回りコース重いダートを味方につけて勝つようになったり、逆に水沢になると勝てなくなるが少なくない。

雪中競馬

水沢競馬場の開催期間はに開幕する3月5月季、11月から1月季で、12月ともなると岩手県奥州市では積雪普通である。そのための開催では大馬場の中までが積もることがしくなく、ダートコース凍結して硬くなってくるのとが解けないギリギリの温度になると、馬場が積もった状態で競馬開催が行われることがある。水沢競馬場よりも北で寒冷な門別競馬場11月上旬で開催が終わってオフシーズンになることから競馬開催中に積雪することは少なく、ラチにが積もるほどの積雪の中で競馬が行われる可性があるのは日本では水沢くらいのものである。

アクセス

新幹線なら水沢江刺駅、鈍行なら水沢が最寄り。距離的にはどちらのからも大体3km弱で、タクシーなら5分(約1000円)で着く。水沢江刺駅からは競馬場近くを通る路線バスが、水沢からは無料の優待バスが出ているが、どちらも本数は少ないためあまりあてにはならない。のない時期なら最悪歩けないこともないので、タクシーが見つからなければ頑ろう。

主な競走

Jpn●」は内格付け(中央競馬や他の地方競馬所属も出走可)。

マイルチャンピオンシップ南部杯[JpnI]

毎年10月に盛岡競馬場のダート1600mで開催される、競馬の始まりにおけるダートマイル頂上決戦JBCクラシックJBCスプリントへの前戦の一つでもあり、優勝はどちらかに優先出走できる。

詳細は「マイルチャンピオンシップ南部杯」の記事を参照。

マーキュリーカップ[JpnIII]

毎年7月に盛岡競馬場のダート2000mで開催される、ダート距離競走。

かつてはここから8月下旬のエルムステークスJRA札幌競馬場ダート1700m)へ向かうという手が使えたのだが、2014年以降はエルムステークスマーキュリーカップの1週間後の開催になるため、この手を使うのが難しくなっている。

2017年からは岩手に在籍し地方競馬所属初の中央GI競走優勝を果たしたことで地方競馬史に残るメイセイオペラ2016年)の名を冠し「メイセイオペラ記念」の副題が付けられている(メイセイオペラが初めてダートグレード競走を制したのが1998年の本競走であった)。

クラスターカップ[JpnIII]

毎年8月に盛岡競馬場のダート1200mで開催される、ダート距離競走。
以降のダート距離重賞を見据えて出走するが多い。

ダービーグランプリ

1986年に創設された岩手競馬の3歳地方競馬交流競走。当時各地でバラバラに行われていた地方4歳(当時)の強の決定戦のさらに上を行く、地方全体での4歳最強の座を争う趣旨で創設された。施行時期によって水沢開催だったり盛岡開催だったりと実施場は変動している。

1996年から2007年中央競馬所属も出走が可であり、GI2007年JpnI)に格付けされていた。ジャパンダートダービー創設以前はこれが全の3歳ダート頂上決戦として機していた。
しかし2007年をもって一旦休止、2010年に再度地方競馬所属のみの競走として復活している。

2017年からはNAR全体で行われるシリーズ「3歳チャンピオンシップ」の最終戦に位置付けられており、各地区の定された3歳重賞優勝ジャパンダートダービーのみ地方最先着)が本競走に出走し優勝すれば馬主に所定のボーナスが贈呈される仕組みとなっている。

なお、2018年までは「岩手3歳三冠」の最終戦との位置づけもされていたが、2019年からは「東北優駿岩手ダービー)→ダイヤモンドカップ不来方賞」を3歳三冠競走とする体系にめており、岩手の3歳三冠競走には含まれなくなった。

競馬場グルメ

盛岡競馬場はジャンボ焼き鳥が名物。だいたいもも1/2枚程度のサイズで食べごたえは十分。味も数種類用意されているが、どれもに合わせるのにぴったりな濃いの味付けとなっている。バカでかい焼き鳥をかじりながらの観戦は盛岡競馬場の醍醐味。

水沢競馬場はホルモン(モツ煮)が名物。昭和火場の雰囲気を色濃く残すスタンドでつつくモツ煮は、近代のきれいで明るい中央の競馬場では味わえない強な郷愁を誘う。またマイナーな名物としてラーメン(ぬるめ)がある。ごく普通醤油ラーメンを50度くらいのスープで作ったもので、急いでいるときにもパッと食べられるので便利らしい。ちなみに水沢競馬場でもジャンボ焼き鳥は食べられるが、味付けは+七味のみとストイック。

関連動画

ファンファーレ。岩手競馬…じゃなくて「岩手競艇」の記事を参照。

かつての岩手競馬の名たち

関連生放送

ニコ生中継初日の

関連項目

リンク

関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

岩手競馬

23 ななしのよっしん
2022/11/06(日) 18:40:57 ID: /l24S5l/Ti
コースで好走した人気して元中央人気くてよく荒れるから馬券的には美味しいレースが多い
👍
高評価
0
👎
低評価
0
24 ななしのよっしん
2022/12/16(金) 10:56:24 ID: lt9N0AvMUk
2024年ダービーグランプリ不来方賞と統合され止が決定……
何が地方競馬の活性化だ…
👍
高評価
0
👎
低評価
0
25 ななしのよっしん
2023/03/02(木) 10:15:19 ID: bQzx2Jk5vi
ダービーグランプリ自体がなんか蛇足気味だったからなぁ
不来方賞一本にしてJDC前戦にした方が標が定まりやすい
👍
高評価
0
👎
低評価
0
26 ななしのよっしん
2023/04/03(月) 12:52:13 ID: fRQRmmVnFw
>>24
そもそもダービーグランプリなんて不人気GIで一度くなって
ひっそり復活させただけのローカルレースじゃん
何を今更w
👍
高評価
0
👎
低評価
0
27 あつあげ
2023/07/21(金) 01:45:44 ID: j20xF5bMeZ
マーキュリーカップの時のニコ生で「岩手競馬ファンファーレが変わる」ってコメがあったんやけど何か詳しい話知ってる人おらんか
👍
高評価
0
👎
低評価
0
28 ななしのよっしん
2024/02/15(木) 22:27:57 ID: TYYX+xNea7
https://www.iwatekeiba.or.jp/news/240215n01exit
2024年岩手競馬の日程

ダービーグランプリと統合されるJpn2不来方賞の賞が双方足し算して4000万は大方の予想通りだけども
23年に歴代最高賞だった南部杯まで更に増額して7500
👍
高評価
0
👎
低評価
0
29 ななしのよっしん
2024/02/15(木) 22:52:35 ID: +gcUt2QMVp
トーホウエンペラーも上がってたけど何かあった?
👍
高評価
0
👎
低評価
0
30 ななしのよっしん
2024/02/19(月) 16:09:20 ID: hFrGOJaYNF
https://www.iwate-np.co.jp/article/2024/2/16/158328/ampexit
> 岩手競馬黒字3億円見通し 2023年度、4年連続で融資返済へ

順調に経営回復しているみたいで良かった

👍
高評価
0
👎
低評価
0
31 ななしのよっしん
2024/04/07(日) 12:20:42 ID: eRFZhtJgN1
>>27
亀レスだけど
2024年シーズンは全ての競走で岩手競艇になる前のファンファーレが使われることになった
👍
高評価
0
👎
低評価
0
32 ななしのよっしん
2024/04/10(水) 15:42:18 ID: JAxTryjsRE
岩手競馬×アイドルマスター ミリオンライブ!
岩手競馬 in ニコニコ超会議2024 -60周年記念コラボ-ブース」にてノベルティ配布

幕張ノベルティ配布して第2弾のコラボ南部杯?)でグッズ販売予定
ニコ生水沢競馬の中継してるから超会議は分かるんだがミリオンとのコラボだな
👍
高評価
0
👎
低評価
0