ALTo生放送

アルト
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

ALTo(生放送主)とは、クイズマジックアカデミーDS2の対戦生放送を行っていた、男性生放送主である。
現在は様々なゲームプレイの様子を放送している。あらゆるコメントフラグにするをもつ。

概要

コミュニティを私立ニコニコ学園と称し、ニコニコ生放送クイズマジックアカデミーDS2(QMADS2)の対戦放送を行っていた。2011年4月27日Wi-Fiサービス終了に伴い、対戦放送は終了となった。

普段は日付が変わる前または深夜にかけて、約週六日といったペースで放送を行っている。

礼儀正しい口調が印的で、初見視聴者からコメントをもらうと自己紹介を行ったり、放送を休む際や、
放送を行った後には毎回お知らせを更新するなど、放送体制も整っている。

また、多数のグレートハイジン賢者ACQMAプレイヤー、さらには賢王の称号を持つ人までもが放送に集まり、
日々切磋磨している。
(なぜか視聴者に賢王称号を持つ人が日に日に多くなっていった。「けんおうのすくつ」というネタまで出来たほど。)

QMAの使用キャラセリオスを昔から使用している。

持ちネタは「キレてないッスよ!」「らんらんるー「ぼくドザエモン」ナンテコッタパンナコッタ」「イナ・ウボァー」「どうかしてるぜ!」。
ジャンクNEOGEOを直して使う程度の能力を持つ。

得意ジャンル

ジャンルは左寄りのジャンル(アニメゲームライフスタイル)が得意であり、逆に右寄りのジャンル(文系学問理系学問)を苦手としている。決勝で用いるのは芸ネルクイズアニメゲームランダムクイズ(ゲームおもちゃ)などが中心。

レトロゲーム好き

また、大のレトロゲーム好きでもある。アーケードクイズマジックアカデミー7のレトロゲーム検定ではSランクを取得、Twitter連動企画である「れとげのまち」にゲームの模様を放送しつつ参加するなど、非常にこだわりを見せている。
直近では、『ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣』のDSリメイク版の放送も行っていた。

もし義理のが出来るならば、けしからん胸よりも、けしからんレトロゲームの腕前と知識を持ったがいいとする程である。すごい漢だ・・・。

至言

「二択は外すためにある」

放送内容

クイズマジックアカデミーDS2において、視聴者友達コードを相互登録し、友達対戦トーナメントを開くかたちで対戦放送を行っていた。

ゲームの仕組み上、本人が決勝戦までいかなければ最後まで放送が続かないために、本人が予選や準決勝で敗退した場合は「放送事故」と称され、QMACloneを用いての対戦、もしくはQMAの検定の放送、雑談となる。ちなみに、その日ラストの結果には定評がなく、なぜか放送事故になってしまうことが多かった。(フラグ回収率は70ほど。)

ALTo氏の放送の対戦はただの対戦ではない。抽選ソフトによって、準決勝の出題形式や、決勝のジャンル縛りを付加する。以前は、その日の2に前優勝した視聴者にくじをひいてもらう形式で縛りを決定していた。

また、本人が(放送内で)優勝するごとに、名に表記されている「生主〇段」の階級が上がっていく。現在は級を上げ終え、昇段をし始めているが、宝石賢者ならぬ宝石生主となるには予選、準決勝、決勝で1位を取得しグランドスラムを達成しなければならない条件が設けられている。・・・だが、現在はほぼ陳腐化した様子。

その他の放送内容

QMADS2の他には、視聴者と対戦というかたちでキャッチフィーリングドラゴンクエストモンスターズジョーカーテトリスなどの放送を行ったこともある。機会があれば、桃太郎電鉄ポケットモンスターボンバーマンマリオカートなど、その他のゲームの対戦放送も行っていく予定らしい。(現在は、東方幻想麻雀の放送も時たまに行なっている。)

また、ブログにおいてポケモンバトルレボリューション桃太郎電鉄DSボンバーマンWiiマリオカートWii友達コードを募集している。

放送内用語という名の伝説たち

13112

放送内で頻発するWi-Fiエラーコードである。サーバーとの通信エラーで起きる。その正体は24時間常勤のアルバイターだという説や、 KONMAIアンサー協会に雇われた放送潰しのプロファイアーエムブレム放送において犠牲になったジェイガンゴードンであるという説も。似た数字の兄弟もいる。

りけいおん!!&ぶんけいおん!!

ALTo本人が苦手なジャンルである理系学問と文系学問を有名アニメになぞらえたもの。
人によっては軽くて楽しいジャンルである。

安西先生

ALToに辛辣な言葉を残していく、『SLAM DUNK』に登場するおなじみのキャラクター。普段と違う、裏人格であるとされる。 放送内でALToに不手際があった場合、やたらと降格をする。

粋乙、アノレ卜さん

であり、ALToの注意を鍛えるでもある。

カイル柱

QMAキャラクターのひとりである、カイルを使用している視聴者が複数人放送に参加した際に、予選や準決勝で一人づつ脱落していき(カイル犠牲になったのだ・・・)、最後に残ったカイル使いが優勝するというジンクスである。放送内におけるすべてのカイル使いのを結集すれば、ブルーアイズアルティメットドラゴンならぬ、アルティメットカイルが誕生するという。なお、各カイル戦隊シリーズのように系統オンリーの色分けがされており、ブルーからアニメイトの袋の色までカイルが存在する。

ハーバー・ボュシッ

もしかして→ハーバーボッシ

ウボァー

断末魔

ブリーフ

セリオスの賢者水着姿。

ニテール

マリオ決してルイージではない。由来は2010年9月22日深夜コミュニティ限定のテストで放送された、『クイズ 殿様の野望』で出題された、「ファミコンソフトスーパーマリオブラザーズマリオは?」という問題の選択肢より。余談だが、2続いたこのテスト放送では、何故か衆道系の問題が何度も出題されていた。なお、放送206にて「あの~、時間ですよ?」と残り時間を知らせる萌え声名前に何故かニテールが採用された。

ぺんぺらぺん

固くなって縮こまること。 本来の意味は三河弁でとても薄いことをいう。

フラグである。立つと何か(に悪い方向に)が起きる。家族に戸とかとか尺とかがいるらしい。

ンンンンンン現象

太陽表面で起きた爆発が原因で、間の地域で短波線通信が数十分にわたり妨げられる現
前文はQMA問題文より引用。正しくはデリンジャー

放送内でのエピソード

放送初期のエピソードは「なつかしいシリーズ」としてられることが多い。

カイル5事件

放送1482にてカイル使用者が4人集まり、全員準決勝進出でカイル杯を期待させた対戦。
この時の決勝で対戦者が理系ネルを選んだはずなのにライフスタイルランダムが選ばれてしまう事件が発生。そして決勝進出者および順位も人によって異なるなど大混乱を巻き起こした。そして悪いことはさらに重なり、QMACloneサーバーが落ちている文系討伐挑戦→13112の妨に遭遇。そしてその後ので、普段は丁寧な言葉遣いのが「おお!ヤヴェエ!!」と籤のを破ってしまうなど、まさに最難続きであった。

私立さくらんぼ小学校伝説 

誕生

放送1733にて、コメント番号32番が「アルトが8位・7位になったら 私立さくらんぼ小学校名前変更!」と発言。案の定フラグ回収。ALTo氏がが8位になってしまい、私立さくらんぼ小学校名することとなった。その後のQMACloneでは「」と、さくらんぼと言う名のプレイヤーがやってきた。その翌日、私立さくらんぼ小学校という学校名で、アロエを使用して対戦放送を行った。

復活

放送2234のこと。「次8位でさくらんぼ小学校復活」というタグが出現。
案の定ALTo氏は8位を獲得し、さくらんぼ小学校が約50日ぶりに復活した。5の対戦で54コメが「ネタバレアロエが予選敗退」とフラグを立て、参加していたアロエ2人が準決勝ハモリとなった。泣きのもう一戦でアロエ4人が参戦し、見事に全員決勝進出。番組史上初の純正アロエ杯となった。(アロエ杯自体は2回)

100日記念放送

100の放送の記念と称して、QMADS2フェニックス組での英雄の間到達をし、
2010年6月12日22時30分から4時間以上の長時間の放送を行った。

最初の放送1つにおいて、いきなりアクセスポイントの不調により新しいエラーコードである「51300」、「52000」を呼び寄せてしまう。エラーコード兄弟が記念放送を祝いに来た、有り難くないが心温まるエピソードである。

普段と違う点として、skypeを用いて視聴者と会話をしながら対戦を行ったことが挙げられる。フェニックス組から落ちてしまった際も、組を上げる間に高難易度のキャッチフィーリングの放送を会話を交え、行った。

結果としては本人の英雄の間到達はなかったものの、放送外での到達、ALToが参加している裏でまた別に全トーナメント視聴者同士のマッチング、新規放送視聴者の参加など大いに盛り上がった。

ちなみに、予約を延長し続けることにより、来場者数470、総コメント1361を記録。

NEOGEOの『クイズ大捜査線』をプレイする企画もあったが、次回の節の放送に持ち越しとなった。

コミュ200人突破記念放送

コミュニティの人数が200人をえた記念として、2010年9月25日23時から4時30分の放送を行った。

しかし放送開始直後にパソコンブルースクリーンになり、恒例(?)のしりとりになった。

パソコン復旧後、QMADS2の対戦放送を開始。今回も本人の英雄の間到達はなかったが、裏での対戦で英雄の間に到達。 また、裏でのフェアリー組トーナメントが2戦とも6人集まり、恐怖フェアリー組となった。

NEOGEOの『クイズ大捜査線』ではskypeで何人かの視聴者を募集し、会話をしながらストーリーモードプレイした。
イヌおじさん内田裕也にめり込んでいる男、女タモリアントニオ猪木丹波哲郎等妙なキャラクターが多数登場。そして問題や選択肢に多くのツッコミが入った。
20年ほど前のゲームなので、アニメや芸の問題がQMAべて難易度が高くなっており、苦戦を強いられたが最終的にはエンディングを見ることに成功した。次回の節放送では『クイズ大捜査線』の続編をプレイするらしい。

放送タグまぐるしく変わる中、なぜかニテールだけは最初から最後まで残り続けた。

最終来場者数395、総コメント2631を記録。

私立ニコニコ学園 QMADS2修了式放送

エンディングまで、吹くんじゃない」

2011年4月27日16時QMADS2のWi-Fiサービスが終了することを受け、最後のQMADS2放送として、
26日の22時30分から翌27日の3時まで、4時間半に渡る大放送が行われた。

以前の記念放送にあったような放送開始直後のトラブルはほとんどかった。あら不思議
いつものトーナメント戦のほか、ALTo氏以外全員賢王(七賢王)というとんでもない面子での対戦も行われた。
そのハイレベルすぎる戦いに、ALTo含め、視聴者皆が然とした。

タグいつものように酷いことになり、魔法少女まどか☆マギカひっかけたもの、イチローネタいつものネタなど、
とにかくカオスタグまぐるしく変化していった。以下のタグ放送終了時に生き残っていたタグである。

そして放送も終盤になり、最後の1戦となったところでまさかの13112が登場。
その存在感と絶妙なタイミングで、視聴者腹筋を大変なことにしていった。

最後はWi-Fiイベントラストダンジョン視聴者と共に挑み、危なげながらも討伐成功で締め。
視聴者がこの放送に対する想いをぶちまけ、QMADS3が将来発売されることを祈り、
QMADS2 Wi-Fi対戦放送は盛大に幕を閉じたのである。

最終来場者数549、総コメント2796を記録。

400日記念放送

福留「そんなわけねーだろ!」

400日の記念放送として、PS2版アメリカ横断ウルトラクイズ」の実況プレイが行われた。
延長ではクリアできなかったものの、次のでは見事優勝を果たした。

主な登場人物

エスパーALTo

コメント番号806番が双子神経衰弱を見事的中し、リスナーエスパーがいることが判明。
その後、ALToが奇跡的に幼女の三つ子を的中させ、エスパーであることが判明した。

○×泥んこクイズ

関連動画

視聴者と行ったアーケードクイズマジックアカデミー7においてのオンオフ会映像アップロードされている。

既に大賢者となっているALTOセリオスだけでなく、サブカードとしてライラぽいどマヤ13112リック、Hないあまこメディアも存在する。

なお、マヤにはセクハラ(優勝絵画面でのπタッチ)をして、ふぅ・・・。状態であった。1発で標を達成できて良かったとコメントしている。ふぅ・・・

アーケードプレイヤー視聴者には多くいるため、視聴者同士でマッチングすることも稀によくある

パセリ賢者が楽しくプレイ動画 Part7にて、カン勝負の○×問題を全て外すという快挙を達成。
まさに二択は外すためにある。

 

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/l/alto

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ALTo

1 そんさく
2011/01/07(金) 02:58:12 ID: eijDqFQHbY
いつの間にこんなんできてたんだろうか・・・・
2 ななしのよっしん
2015/12/14(月) 06:30:59 ID: uofqiSV+ca
なんか情報が古いなと思ったら最新版2011年じゃねーか

おすすめトレンド