ウォルフガング・ミッターマイヤー単語

ウォルフガングミッターマイヤー
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

ウォルフガング・ミッターマイヤー(Wolfgang Mittermeier / Wolfgang Mittermeyer)とは、「銀河英雄伝説」の登場人物。

オスカー・フォン・ロイエンタールと並び、物語の中で銀河帝国側の重要人物として描かれている。

概要

CV森功至石黒監督版)、小野大輔Die Neue These)。座乗艦は「人狼(ベイオウルフ)」。蜂蜜色のやや癖のあるおさまりの悪い頭髪が特徴的。オスカー・フォン・ロイエンタールとは二の友人。

艦隊官としてのは、艦隊の機動を十分に活かした高速移動を得意とする。同盟軍の帝国領侵攻の際、ミッターマイヤー艦隊はその機動の高さ故に、追撃していたアル・サレム中将率いる同盟軍第9艦隊の後尾を追い越してしまったほどで、それ以来彼は「疾風ウォルフ(ウォルフ・デア・シュトルム)」の異名を持つようになった。また、揮や戦術・戦略の内容は、速かつ合理的である。ロイエンタールは、その用兵ぶりを「神速にして、しかも理にかなう」と評価する。

兵戦の腕も、同盟軍ワルター・フォン・シェーンコップと互に戦ったロイエンタールに並ぶ量を有している。

人格は、大変に清廉で明正大な人物と評される。その正さゆえに軍規に厳しく、ブラウンシュヴァイクの縁者コルプト大尉殺し、門閥貴族の恨みにより謀殺されそうになったことがある。その際に、ロイエンタールラインハルトに救援をめ、釈放された。後年でも、フェザーン侵攻の際にも、民間人を暴行した兵を極刑に処した。また、異例の速度で出世したものの、貴族に叙せられる意思がない、元帥に昇進した後も一般的なで暮らすなど、名誉や出世に対する欲はなく、贅沢に身を委ねることもなかった。

物語の中では、夫婦の間に子どもかった。その為、ロイエンタールの死後、彼の遺言もあり、彼の遺児をフェリックス・ミッターマイヤーと名づけて引き取った。その際、少年ハインリッヒ・ランベルツの保護者にもなっている。 

双璧の争覇戦」こと 第二次ランテマリオ会戦では、二の友人であるオスカー・フォン・ロイエンタール火を交えた。ミッターマイヤーは戦闘を回避しようとロイエンタールに働きかけるものの決裂。「ロイエンタールの大ばか野郎!」と昂し、感情的になった。しかし、感情的になったとはいえ、用兵としてのが鈍ることはく、ロイエンタール軍に信頼できる部下がいないことなど弱点を看破していた。実際の戦闘ではバイエルライン分艦隊が大打撃を負うが、ビッテンフェルト上級大将ワーレン上級大将などの合流による数において優位に立つ、グリルパルツァー艦隊の裏切りによってロイエンタール軍を敗走させ、ハイネセンポリスの執務室で親友の死を眼で確認した時、金獅子旗(ゴールデンルーヴェ)を肩にかけた。このときばかりは、「疾風ウォルフ」も親友の死に間に合わなかったのである。

反乱鎮圧後帰途につくベイオウルフの隅で、ミッターマイヤーは肩を震わせ嗚咽を漏らしていた。部下のバイエルライン大将の次の言葉がこの出来事の重大さをよく表わしている。

「おれは一生、このを忘れられないだろう。疾風ウォルフが泣いているぜ……」

後世、第二次ランテマリオ会戦勝利者と呼ばれたが、本人は「にはワーレンビッテンフェルトがいた、ロイエンタールにはいなかった」として勝利者としての評価を否定していた。

年表

帝国(年齢) 階級 出来事
459年(0歳) 8月30日民階級の造園業者ののもとに生まれる。
475年(16歳 士官学校入学(兵役不可避のため、士官として従軍したいという志望動機)。
476年(17歳 エヴァンゼリン(当時12歳)がミッターマイヤーに引き取られる。
ウォルフガングは、初めてエヴァンゼリンと出会う。
479年(19歳) 少尉 士官学校卒業後、准尉任官。少尉昇進。
480年(21歳) 中尉 イゼルローン要塞ロイエンタールと出会う。
同年 大尉 イゼルローン要塞から離れる。
483年(24歳) 少佐 エヴァンゼリン結婚
(このときのプロポーズは、7年がかりであって後の異名である「疾風ウォルフ」とは、
かけ離れたものであった。しかも父親にその現場をはっきり見られている。)
484年(25歳) 中佐 惑星カプチェランカ戦闘ロイエンタールと共に敵中に孤立したものの、
奇跡的に生還する。
485年(26歳) 准将 第6次イゼルローン要塞攻防戦。150隻を揮。
486年(27歳) 少将 クロプシュトック事件原作)。
・事件中、略奪のため民間人を殺した貴族を軍規に基づき射殺。
・その貴族ブラウンシュヴァイクの縁者であったために謀殺されそうになる。
ラインハルト麾下に付くことになるきっかけ。
487年(28歳) 中将 アムリッツァ会戦。同盟軍第9艦隊と交戦し「疾風ウォルフ」の異名をとる。
488歳(29歳) 大将 リップシュタット戦役。討伐軍先鋒を務める。
アルテナ会戦ての士官学校の教官であったシュターデンを撃破。
レンテンベルク要塞攻防戦オフレッサーを捕縛し、当要塞を占拠。
ガイエスブルク要塞の戦いに参加。
489年(30歳) 上級大将 神々の黄昏作戦に参加。
490年(31歳) 上級大将 レヴィ域制圧。
ランテマリオ域会戦に参加。
エリューセラ域制圧。
ハイネセン制圧。同盟政府に停戦命を出させることに成功。
帝国1年(31歳) 元帥 宇宙艦隊長官に就任。
帝国2年(32歳) 元帥 ”大親征”に参加。
・マル・アデッタ域会戦を前線揮。
・「回廊の戦い」に参加。座乗艦に被弾し、戦死の誤報がブリュンヒルトに届く。
ロイエンタール元帥叛逆事件への討伐を総揮。
第二次ランテマリオ会戦揮。ロイエンタール火を交える。
ロイエンタールの遺児フェリックスを養子に迎える。
帝国3年(33歳) 元帥 シヴァ域会戦に参加。
皇帝ラインハルトの崩御後、帝国首席元帥に叙される。

座乗艦ベイオウルフ(人狼/Beiowolf)

石黒監督OVA設定ではトリスタンの姉妹艦で、彼のシンボルカラーであるラインが入っている。艦尾にある垂直尾翼状のフィンが特徴的。推進が強化されており、ミッターマイヤーの乗艦らしく機動性に優れている。その分、艦首門数は少なめ。

イオウルフは多くの戦いに参加し、同盟軍将兵がその姿を確認した際に狽するほどの存在である。
その戦歴の中で、アムリッツァ星域会戦にて左舷を、「回廊の戦い」にて右舷を損傷している。

戦闘の履歴

 アムリッツァ前哨戦-アムリッツァ星域会戦

帝国487年10月10日、同盟軍第9艦隊(官:アル・サレム中将)を急襲した。その際にアル・サレム中将に重傷を負わせ、艦隊を敗走させた。 

同年10月14日、同盟軍はアムリッツ恒星系にて集結・再編し、ラインハルト率いる帝国軍の艦隊は10万隻余りを投入した。ミッターマイヤー艦隊は、アムリッツ恒星系の地形効果を利用した第13艦隊(官:ヤン・ウェンリー中将)によって奇襲を受け、ベイオウルフも左舷を損傷するなど多少の損を受けた。

リップシュタット戦役

アルテナ会戦帝国488年4月19日~)で、シュターデン艦隊16,000隻に対して14,500隻を率いて迎え撃った。ミッターマイヤーが600万個の核融合を敷いて相手の心理的動揺を誘う。3日間機原を挟んで対峙したのち、れを切らした門閥貴族たちの圧を前にシュターデンが艦隊を本隊と別働隊の2手に分けて挟み撃ちにしようと動いたが、その動きを読んだミッターマイヤーが先に動いて別働隊8000隻を攻撃。さらに機原を時計方向に回してシュターデン本隊を背後から急襲した。ヒルデスハイ伯爵率いた別働隊は機に誘い込まれ、ヒルデスハイムは戦死し、会戦でシュターデン艦隊は全軍の70を失った。

士官学校では、ミッターマイヤーはシュターデンに戦術論を学んでいた。戦術論の教官としては、ミッターマイヤーは「シュターデン教官は知識は豊富でしたが、事実理論が対立する時は理論を優先する傾向がありました。学生は、『理屈倒れのシュターデン』と呼んでいたものです。」と評価している。

レンテンベルク要塞攻防戦では、ロイエンタールと共に攻略部隊の揮を執った。レンテンベルク要塞の第6通路はオフレッサー上級大将揮しており、その兵戦の実の高さに対しては侮蔑を込めつつも評価している。ロイエンタールに「もし一対一でオフレッサーに出会ったら卿ならどうする」と尋ねられた際には、「すっとんで逃げるね」と肩を竦めた。第9回の突入で、ロイエンタールとミッターマイヤーが囮となってオフレッサーを捕獲した。

人間関係

家族 

部下

ニッセンとのコラボ

2014年銀英伝ファンであるニッセンの中の人のつぶやきがきっかけでexit銀英伝とニッセンのコラボが20分で決定。コラボ商品の一つとして、シャープロボット掃除機COCOROBOexit」に新録ボイスが入ったものが作られた。非売品で、キャンペーン期間中の購入者から抽選で10名に送られるとのこと

何で売ってくれないんですか! シャープがミッターマイヤーの声でしゃべるロボット掃除機「COCOROBO」疾風ウォルフモデル(非売品)を作るexit

なのでラインハルトロイエンタールミュラー画伯、ビッテン(黒色)、ワーレンなどの各モデルを作り、艦隊を編成して協調制御で掃除するようなのが欲しい。当然、ヤンやアッテンボローのボイスが入ったルンバと会敵すれば部屋で艦隊決戦となり、これに元帥ねこ)がじゃれついて吸われそうになるわけである。

関連動画

ニコニコ動画では、宇宙艦隊長官で多忙の中、精的になった年下の女性に絡まれたり、同盟軍第2艦隊官に良く似た社長スカウトされ、アイドルプロデュースを行う姿が確認されている。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ウォルフガング・ミッターマイヤー

148 ななしのよっしん
2019/01/03(木) 20:17:44 ID: U0MOR/tf24
疾風ウォルフの人だし状況と責任が許すなら、
黒色騎兵艦隊よりも常に一手先で艦隊を動かす判断ができる印
ビッテンさんがたびたび守勢に回らされてやらかす面を考慮すると、
ロイエンタール同様に被害はともかくまず負けることはないと本人は自負しているんじゃないかな
149 ななしのよっしん
2019/06/02(日) 00:59:17 ID: 3pKsgtCjnV
何気にラインハルトの後ろを得る前から20後半で少将にまで昇進するという偉業を成し遂げてたりする。
民出身でコネもないのにどうやって出世したんだ?
150 ななしのよっしん
2019/06/02(日) 06:35:02 ID: 9+akJe9AUM
二次ティアマト会戦から続く人手不足解消しきれてないし、佐官クラス(特に現場を実際に切り盛りする実務担当)まではそこそこ出世しやすいイメージ
バカ息子どものお守り役」というか、名ばかり将官付の軍事顧問みたいなを歩いてたんじゃないかなぁ、って気がする。「生意気な金髪の孺子」にべれば人当たり良いし、言うとおりにしてればある程度の戦果は上がる、コネがない民というのは裏を返せばかの手つきじゃないってことだから使い勝手がいい。
ついでに本人も補給の失敗とかのエピソード多いし、妙に苦労性だし。
惑星カプチェランカみたいな、貴族将校とかまずいかなそうな経歴もあるけど)
151 ななしのよっしん
2019/06/04(火) 20:49:11 ID: 3KpyYGdxfc
クロプシュトック事件までは双璧ってブラウンシュヴァイク閥だったのかもしれない。
系統上の直接の上官が、ブラウンシュヴァイク従兄弟さんの3番旦那とかだったとかで。
それにしても将官まで昇進というのはなかなかだて思うけど、アンスバッハやシュトライトあたりが推薦もしてたかな。
152 ななしのよっしん
2020/03/21(土) 11:13:10 ID: ujnqPCLCsQ
>>150
ミッターマイヤーの出世ぶりって本人も非なんだろうけど、士官学校ルートで本人が
有能なら民でも佐官クラスまではそれなりの速度で出世できる印があるね。
貴族士官は安全な後方勤務希望が多いだろうから民士官は必然前線に向かい
分かりやすい武勲に恵まれる機会がある(戦死率は高いけど)から。
ただ将官以上の話となると帝国貴族への政治配慮という独特の論理が作用するから
爵位による抑えが利くという点で貴族が優先されるのはある意味正しいのかなあとも思う。
153 ななしのよっしん
2020/03/22(日) 08:23:57 ID: 9+akJe9AUM
貴族でないから昇進できなかった、(第二次ティアマト前だが)民にも関わらず登り詰めた、と明確に書かれてるのはシュタインメッツコーゼル大将位だな。ローエンラム体制だと分艦隊クラスだが、本来なら一個艦隊クラスってところな気がする。
佐官までなら出世しやすいってのと同じような理由で、艦隊部にも実務担当者を置く必要があり、将官章付けといてもらわんと見栄えが悪いという、逆に貴族社会論理准将少将あたりまでは民でもギリギリ手が届くのかもしれん。
154 ななしのよっしん
2020/05/22(金) 17:25:36 ID: 6RhnI5No4c
>>150
フレーゲルのおもりやっていたシューマッハ大佐みたいなもんかね
155 ななしのよっしん
2020/05/24(日) 08:44:59 ID: 9+akJe9AUM
>>154
歴史歯車がちょっと狂ってたら「皇帝誘拐の手際も撤退も何という速さだ。これは麾下に加えておくへき人材だったのではなかったか」となってたわけか……
156 ななしのよっしん
2020/07/05(日) 17:59:10 ID: U0MOR/tf24
ミッターマイヤーが武勲で昇進するとなると、その上官になってた貴族も昇進ということになるとすれば
その時々の貴族上官に「民ごときのおかげで昇進したなんて思われてたまるかどっか行けペッペッ」
と昇進するたびに別の貴族のとこに送られてはまた武勲を立てて、という感じで
気に入られたりコネはないけど出世はできました、とかかもしれない
ラインハルトも立場は違えど出世の経緯はそういう厄介者のたらいまわし的な感じじゃなかったっけ
157 ななしのよっしん
2020/07/05(日) 18:37:44 ID: eXjCu/ucnv
ミッターマイヤーの出世に関してはロイエンタール推薦とかも効果が有ったかもしれないね。
軍も二人を組ませると効果的というに認識していたみたいだし。
階級を逸ろえておかないと連携も取りにくいしね。

急上昇ワード