新宿のアサシン単語

シンジュクノアサシン

新宿のアサシンとは、ソーシャルゲームFate/Grand Order」に登場するサーヴァントである。

Fate関連作品のサーヴァントについてはサーヴァント(聖杯戦争)の記事を参照。

CV:岡本信彦

概要

2017年2月24日より配信された第1.5部「亜種特異点Ⅰ新宿幻霊事件」にともない実装。恒常サーヴァントレアリティ4。キャラクターデザインは縞うどん

新宿のアサシンは名隠し用の名称。新宿クリア前に召喚した場合やイベントではこちらの名称で登場するが、公式exitから2019年1月以降配信のメインシナリオや新規イベントでは名が表示されるとアナウンスされている。

なお、考察班にはキャラデザスキル名、FGO公式サイトの紹介テキストexitモロバレだった模様。

名は新宿メインシナリオ12節クリアで判明し、それまではマテリアルも閲覧できない。判明前でもレベルはあげられるため、判明後にその分のマテリアルが解放される。また、召喚時などの一部セリフが変わり、荊軻所持時にマイルームボイスが追加される。

プレイヤー間での呼び名・略称は「新シン」「新アサ」「新殺」など。

特徴的な刺青の全身図は公式資料集「Fate/Grand Order materialⅤ」に掲載されている。

2018年10月17日に幕間の物語実装。解放条件は新宿メインシナリオクリア、再臨3段階レベル5以上。クリアスキルが強化され、名称も変わる。本人以外の幕間では李書文(ランサー)ケツァル・コアトル(ライダー)シナリオに登場している。

2018年11月27日メインシナリオ第2部3章「Lostbelt No.3 人智統合シン 美人」配信に合わせて蘭陵王呂布奉先所持時のマイルームボイスが追加された。

5ランサーブリュンヒルデの宝具「死がふたりを分断つまで」のする者特効対。覚えておけばいつか役に立つかもしれない。

TYPE-MOON公式コミック「ちびちゅき!」には第5巻収録の40時限(執事回)の1コマおまけページに登場している。

人物像

飄々とした態度を崩さない頼の男。享楽を第一とするような悪く言えばチャラ男然としている。
一方で通す筋をしっかりと通すことを旨とした悪としての生きざまを心得ている。
また、一拳法として滾るものがある様子。

しかしてその本質は短く言えば“忠臣”である。
人たるマスターの危険を直接・間接問わずに避けるべく全を尽くし、時には厳しい陳言・強硬手段も辞さない。
マスターに対しては甘やかしてくれるお兄さんのような態度だが、どこか軽薄なのはかつての人のことがトラウマであるということをめかす。
公式エイプリルフール企画アプリFGOGOにおいて「ダメ人に仕えていたためか、今のマスターは良き人であってほしいし、むしろ自分が鍛えるべきだと思っている」という旨のフレーバーがつけられるほど。

名が判明すれば、そのでありながら忠義の男という矛盾した2点が繋がるだろう。

真名

第1.5部「亜種特異点Ⅰ新宿幻霊事件」ネタバレ注意

名は中国四大伝奇小説水滸伝」の登場人物「」。梁山泊の義賊たちを描いた物語後半に登場するの一人。優れた武術の腕や楽器演奏に長けている。

元々は孤児であったが資産である俊義に拾われ育てられた。そのため、彼に対して絶対的な忠を誓っている。

小柄ながら肌い端整な容貌の青年に成長したである俊義と共に梁山泊へと入山。

俊義ものことを可がっているようだが、如何せん自信な性格故の意見を視して行動、結果として俊義は失敗するという流れが作中多々あり、最後には置手紙を残して俊義の元を立ち去っている。

は架の存在であったが、後に中国拳法の流の一つ「拳」の開祖として水滸伝から外れた場所においてその名が知れ渡ることになる。論、開祖というのは虚偽であるのだが、拳法の開祖として名高きを押し上げるのは箔付けとしての意味合いもあった。

聖杯セリフの死ぬより酷いにあわせたい「蹴野郎」とは俊義や梁山泊の統領である江を暗殺した敵役「高俅」のこと。

メインシナリオ内でボスとして登場した際に使用するスキル名も水滸伝の登場人物に由来している。

全身の刺青は原典由来だが、背中の義の字はキャラデザ担当の縞うどん氏が「自分なりに彼の生い立ちを一文字で表したもの」と説明している。

小説由来の英霊ではあるが、他サーヴァントのような「Fate世界では架の人物ではなく実在人物」や「モデルとなった人物」、「Fate世界でも実在しないが、その殻を被るのに相応しい人物」という設定ではなく、「架の存在」と明言されているしい例。

どういう人物かをよく知るためにはやはり水滸伝読んでみたほうがいいのは確かだが、これといった書籍がいのが難点である。

多才な人物での達人でもあるため他クラス適性もありそうな上に、公式名隠しサーヴァント名を表示していく方針になったため、今後別バージョンで登場するかもしれない。

だけではサーヴァントになれないため幻霊であるドッペルゲンガーを取り込んでおり、他者の外見を投影するを身に着けている。霊基はカルデアの観測でも見破れない程に精巧に再現されるが、内面の方までは投影できないため自身の知識でなんとかしなければならず、会話や行動に違和感が生じる。エコとか(2017年水着イベ脱獄編参照)。

「他者の姿と記憶を投影する」という性質故にドッペルゲンガーが英霊に昇されることはない。

また、投影した人物の記憶を残してしまうというデメリットがあり、メインシナリオ内ではチンピラや成金呪腕のハサン記憶が混じり自己が曖昧になって苦しんでいた。カルデアに召喚された際も幻霊が取り込まれた状態なのだが、この辺に関しては幕間で掘り下げられる。

能力

宝具

十面埋伏・影の如く(じゅうめんまいふく・むえいのごとく)

ランク:A / 種別:対人宝具 / レンジ:1~3 / 最大補足:1人

独特の歩法による分身打撃。魔法の域にこそ達していないものの、第三者の視覚ではまず捉えられぬ高速歩法による連撃。その様はまさに影すら地面に映らぬ有様だったとか。

ゲーム内では「敵単体にな攻撃&敵単体のクリティカルダウン(3ターン)」という効果のQuick宝具。強化未実装

クリティカルダウンは他サーヴァントがあまり持っていないしい効果。

性能

コマンドカード構成:Quick3、Arts1、Buster1

スキルが全てスター関連で、特に自身のスター集中度を制御することに長けており、自身がクリティカルを狙うだけでなく、「」によって味方にスターを渡すことでクリティカルを打たせるという変則的な支援を持っていることが最大の特徴。状況に応じて「中国武術」と使い分けることでスターの流れを操作していくことになる。

ステータスはかなりのHP偏重で、固有クラススキルを加味しても火力は控えめ。また、ダメージカットや回避・無敵といったダメージスキルいため、クエストによってはマシュなどの他サーヴァントマスター礼装でサポート必須。

そのままではアタッカーとしてもサポーターしても不足のため、プレイし始めたばかりで第1部クリアが遠いという場合でなければ新宿&幕間クリアで攻撃面強化推奨。

最終再臨とスキルレベル上げの途中までは新宿でしか入手できない素材は不要なため、イベント報酬や日々のフリクエ周回等でなんとかなるはず。

関連動画

関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%96%B0%E5%AE%BF%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%82%B5%E3%82%B7%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

新宿のアサシン

1 ななしのよっしん
2019/03/25(月) 17:44:06 ID: /UrTOSxBIr
「いいよぉ」、好き