がんばれゴエモン きらきら道中 ~僕がダンサーになった理由~単語

ガンバレゴエモンキラキラドウチュウボクガダンサーニナッタワケ
  • 3
  • 0pt
掲示板へ
がんばれゴエモン > がんばれゴエモン きらきら道中 ~僕がダンサーになった理由~

きらきら道中 タイトル画面

がんばれゴエモン きらきら道中 ~僕がダンサーになった理由~とは、KONAMIから発売されたアクションゲームである。

ストーリー

がんばれゴエモン きらきら道中 ~僕がダンサーになった理由~
基本情報
ジャンル アクションゲーム
対応機種 スーパーファミコン
開発元 コナミ
発売元 コナミ
発売日 1995年12月22日
価格 9,980円
その他
ゲームソフトテンプレート

からくりじいさん98歳の誕生日を祝いに向かった、ゴエモンエビス丸ヤエ、そしておみっちゃん
サスケも加わり和気藹々のムードだったのだが、そこに来客が…。
なんと、その来客とはインパクトであった。元はからくりじいさんの作ったロボットだったはずが、実は惑星インパクトインパクト人だったのだ!彼く、ふるさとがセップク丸という悪いスポーツマンに荒らされており、助けに行かないといけないのだった。
論そんな話を聞いて黙っていられないゴエモン達は惑星インパクトを救うため、一緒に行くことになった…。

操作キャラクター

今作から、ヤエちゃんをはじめ本格的に声優を起用。様々なアクションなどに応じてが出るようになった。

概要

対応機種はスーパーファミコンSFC)で、1995年12月22日に発売され、がんばれゴエモンシリーズとしては実質4作

前作はアクションアドベンチャー形式だったが今作はマップからのステージ選択制に戻った。最初から好きなエリアを選べる方式となっている。
エリアは初期の4つの惑星+最終エリアの5つ。各惑星ごとに担当のキャラクターが割り当てられ、4惑星全部クリアしないと他の惑星で別キャラを選択することができないという仕組み。
今作では2人プレイの時に片方がひょうたんになれるシステムが復活している。

惑星には担当のキャラクター以外でないとクリアできない仕掛けも用意されており、ライフアップアイテムである招き猫を合流前にえられるのはゴエモンのみ。他の3人の担当惑星には必ず1つは他のキャラクターを使わないと抜けられない仕掛けがあり、とあるステージに至っては合流後でないとクリア不可能となっている。招き猫を回収する、イベントをすべて消化するなどクリアしたステージマップマーキングされるため、やり残したことがあるステージは一瞭然になっている。
また、各惑星ごとにイベントが存在し、スキヤキ刊配達・ナンパイベントなど面いものが多い。

今作のおなじみゴエモンインパクト戦は各惑星ボス戦であるミニゲーム戦となり、前作までおなじみのロボットロボット戦はなくなってしまった。
しかし、そのミニゲームボタン連打であったりタイミングがシビアであったりと、いつも通り難易度が高い。単なるボタン連打ではなく、ABを交互に連打という仕様が更に拍をかけた。
ちなみにそのミニゲームタイトル画面の「遊技場」から遊べるようになっており、4人対戦が可
それとは別に、ゲーム本編クリアで「惑星インパクトを救え!」、達成率100%で「タイムパイロット95」が開放される。なお、惑星インパクトを救え!」のシステムビシバシチャンプシリーズで恒例のミニゲームとして収録されている。

今作のテーマは「スポーツ」。一部を除いた敵キャラクターデザインや各惑星ボスステージであるギミックなどは、ほぼスポーツに関連したもので構成されている。中には著作権的にアウトに限りなく近いものも。カバディカバディカバディ(ry

OVA地球救出大作戦」という名前で、ゴエモンシリーズの中でアニメ化された作品である。
ちなみに、サブタイトル「僕がダンサーになった理由」については物語ラストでやっとわかるようになる。

ゲームオーバー画面がおそらく日本ゲーム史上他に類を見ないハイテンション極まりないものとなっており、一見の価値あり。これ以降の作品のゲームオーバー画面はこれを踏襲している。コンティニューすればハイテンションのまま画面が終了するが、ゲーム終了を選ぶと一転して寂しい演出になる。この際のドットの作りこみが凄まじく、爆笑するプレイヤーもいる反面、リアルすぎてトラウマになった子どももいたとか。

余談だが、本作の初期ロットには「プロローグデモの後にいきなり最終エリアマップに飛ばされる」というバグが発生することがある(本来ならゴエモン担当の惑星バーマップになる)。当然だがルートが開通していないため一切の操作ができずリセットするしかない。ゲーム開始直後なので実はほとんどないのが救い。

敵キャラクター

セップク丸
本名「ハラキリ=セップク丸」。ありとあらゆるスポーツを極めた宇宙人であり、今回の騒動の本人。
なぜか、セップク(切腹)を「も極めたことのないスポーツ」と勘違いしており、それを習得しようとしている。
最終ステージにおいて、「惑星インパクトを救え!」のミニゲームで勝負を挑んでくる。
ストーリーラストリアクションは、当時最後までプレイしたTVの前のチビっ子達を大爆笑させたに違いない。
つじぎり四人衆
セップク丸の配下であり、セップク丸のセップクを阻止させるためにあらゆる妨手段を講じている。
ゲーム中では名前はかったが個別の存在として描かれ、アニメ版ではちゃんと名前がある。

関連動画

最古の動画

プレイ動画

再生数のもっとも多いプレイ動画実況
最古のプレイ動画(これまた実況

BGM・音源集

惑星毎に分けているBGM

その他

懐かしい人には懐かしいCM
アニメ版。教育テレビ臭がするのは気のせい。

MAD

手描きMADり+セップク丸達のウマウマ

MMDによる再現動画も近年では増えてきている。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%8C%E3%82%93%E3%81%B0%E3%82%8C%E3%82%B4%E3%82%A8%E3%83%A2%E3%83%B3%20%E3%81%8D%E3%82%89%E3%81%8D%E3%82%89%E9%81%93%E4%B8%AD%20%E3%80%9C%E5%83%95%E3%81%8C%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%9F%E7%90%86%E7%94%B1%E3%80%9C

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

がんばれゴエモン きらきら道中 ~僕がダンサーになった理由~

87 ななしのよっしん
2018/07/03(火) 03:38:15 ID: 9VmbwlhLmC
ゴエモンインパクトは実は宇宙人だった!
彼の故郷インパクトは、複合スポーツ施設宇宙戦艦スポーツマン・シップ号」を乗っ取った悪のスポーツマン、ハラキリ=セップク丸に侵略されている!
ハラキリ=セップク丸は究極のスポーツ「セップク」を極めようとしている!だけどには爆弾が埋め込まれていてセップクしたら宇宙が滅になってしまう!

クスリでもキメてたの?
88 ななしのよっしん
2018/07/11(水) 12:24:06 ID: qf4P2mie+2
そうやってツッコまれると笑ってしまうからやめろ
89 ななしのよっしん
2018/07/20(金) 11:19:42 ID: c5mnj2yw+E
「さて、美人4人ナンパしたし出口に向かうか」

画面右端まで来た間、画面外からブスが現れて即捕まる
90 ななしのよっしん
2018/08/30(木) 13:37:50 ID: Vy6yhA3QZI
アニメ化された作品ってあるけど、登場キャラが一部流用されてるだけで内容は全然別もんだから、ゲームアニメ化されたっていうのは不正確だぞ。
91 ななしのよっしん
2018/12/31(月) 11:26:12 ID: z32QUSPpNe
ゴエモンサッカーボールロボットとか、サスケボクシングロボットマジ鬼畜だったな
アレを自で突破できた人はおそらく少ない
92 ななしのよっしん
2019/01/04(金) 01:54:51 ID: YMxm4uBeS/
鬼畜サッカーロボを倒した直後に
巨人の星みたいなBGMが流れ出して、笑うより先に困惑した思い出
93 ななしのよっしん
2019/03/08(金) 20:57:06 ID: gKfomVefQ+
意味不明サブタイトルの意味がエンディングで回収されるわけだが、
伏線自体はオープニングの段階でられてたりする。
94 ななしのよっしん
2019/04/22(月) 05:01:16 ID: AkWGq9gYhb
クソゲーとは言わないけどやっぱり出来が過去作にべて甘いんだよなぁ

その割に独自の面さが少ない(ミニゲームが売りとはいえ連打ゲーばっか)ので、これやるくらいなら過去作やるわって感じになっちゃう
95 ななしのよっしん
2019/06/19(水) 22:01:36 ID: cLApRzNcbB
独自の面さって、あの世界観に集約されていると思うんだが
ゴエモンは中身荒いのがデフォだし気にしたら負け
96 ななしのよっしん
2019/10/14(月) 17:14:26 ID: XToMhAcVCN
フォレス系のBGMエビス丸らしく全体的におちゃらけてるけど、一転してシリアスな雰囲気全開のフォレスBGMガチれる。
ああいうアレンジができる作曲センス本当に羨ましいわ。