イース セルセタの樹海単語

イースセルセタノジュカイ
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

冒険心を呼び覚ませ。

『イース セルセタの樹海』とは、日本ファルコムより発売されているアクションRPGである。

イース4の詳細については専用記事を参照のこと。→イース4

概要

2012年9月27日PlayStation Vitaソフトとして発売中。

本作の副題となっている「セルセタの樹海」はイースシリーズ主人公アドルの冒険日誌の題名にもなっており、シリーズ4作の『イース4』と同じくセルセタと呼ばれる地方舞台としている。
時系列は、め「フェルガナの誓い」の間となり、アドルの年齢は18歳

従来の『イース4』はファルコム以外の複数メーカーから発売されていたが、セルセタ地方舞台にしたタイトルファルコム自ら制作するのは今作がとなる。ゆえに公式からは「全新作」として扱われている。

PlayStationAwards2012 ユーザーチョイス賞を受賞。

XSEEDにより、Steam版が2018年7月26日に発売されている。
海外では「Ys: Memories of Celceta」というタイトルに変更されている。

また、細部を善した「イース セルセタの樹海:改」がPS42019年5月16日に発売予定である。

以下、公式サイトより抜・一部変。

世界観

セルセタの樹海

ロム帝国領・イスニア北東部に位置する、広大森林地帯。
場所によっては木が鬱蒼とし、一度足を踏み入れるとく間に方角を見失う。
また、暴なたちも多く生息し、事に帰って来たものは少なく、キャスナンの住民やエウロペの人々からは禁忌の地として恐れられている。
そのため、この地域には今も空白地帯が多く存在する。

ロムン帝国

エウロペ大陸に巨大な版図を敷いている一大帝国。その強大な軍事によってさらに土を広げるべく、アフロ大陸アルタゴとの交戦中だが、現在はこう着状態にある。
様々な技術・文化・芸術の振に対しても貪欲で、最近では古代の文明についても軍部が独自に調を行っている。

キャスナン

イスニア東部にあるロム帝国属州。数年前版図を広げんとするロム帝国と争い、その軍門に下った。
属州であるために自治権・外交権は認められず、直接統治されているため、住民たちからのロムンに対する反感は小さくない。
この度、新任の総督が本に赴任することになっているが、帝国の内情から到着が遅れているようで、治安維持に支障をきたしている。

セルレイ

キャスナンから遠く、アルゴン大河流域にある、漁によって生計を立てている水上の集落。
急流でも泳げる有スパーダ」を飼いならして漁を行う習慣がある。

コモド

キャスナンから樹海北上した地域にある、大の上の集落。
樹海における採集狩猟によって生計を立てており、厳しい自然を相手にしながらも平和に生活してきた。
ここ最近、住民が姿を消す事件が起きていて、隠しと騒がれている。

ハイランド

小高い丘にたたずんでいる
樹海にあるにもかかわらず、近代の町並みをしている。

ダナン

陽の届かない樹海地に存在するとされる集落。
ここで暮らす人々は、か昔からとある使命を受け継いでいるというのだが……

登場人物

注意!
以下、習得スキルや一部キャラストーリー上での行動など、微ネタバレがございます。

アドル・クリスティン(CV:梶裕貴)

染み赤毛の冒険にして主人公
毎回、で溺れたり、に打ち上げられたり、時の彼方に飛ばされたりと様々な災難にあっている彼だが、今回は記憶喪失となって登場する。
「昔の女の事は忘れて、心置きなく新しい彼女を作れるじゃないですか!やったーー!」
また、今作にて彼が《冒険》と呼ばれるようになった経緯が判明するとのこと(Falcom Magazine、近藤社長へのインタビューより抜・意訳)。

スキルドラマCDでのアドルCVは長く草尾毅さんが務めてきたが、今回では梶裕貴さんが務めることとなった。

武器はもちろん属性オンリー
全体的にバランス良く育つタイプで、飛び道具スキルや突進系スキル、対技や中連携、長射程の乱舞技なども覚えるため、どんな組み合わせでも活躍できるスペックを持つ、さすがの主人公
記憶を取り戻すごとにステータスが強化される仕様を持ち、機動も高いため、実数値はなかなかのものがある。
だが、今作ではアドルパーティから外せるので、終盤まで使わない人もいるという報告もある。

特筆すべきスキルとして、最終習得スキルである「オーラフェンサー」があるのだが……これを覚える前と後では全くの別キャラである。
敵の固定+広範囲撃+発生直前まで無敵+隙の少なさ+アドルの最大火力スキルなど、これと「スタンレイド」(スタン値稼ぎ用)さえあれば、大体のボス雑魚問わず渡り合えるほど高性である。
欠点として、初段が外れると次が続かず、SPを最大40最低でも20駄にするため、しく動き回る敵にはよく様子を見た上で使うよう、お勧めする。

カーナ(CV:石原夏織)

上集落コモドで生活する少女。明けっ広げで快活な性格をしているが、厳しい生活環境下を生き抜くための容赦のさを併せ持つ。
狩り戦士としての腕前は一流で、集落でも一置かれる存在。長女なのも手伝い、かなりの世話好きや気遣いを見せる一面もある。

イース4キャラとしては機種ごとにキャラデザがかなり違う人であるが、それは今回も同じである。

武器ナイフで、投擲や突きをな攻撃手段として戦う。属性は射撃。

以下、詳細はカーナ(イース)の記事にて。

デュレン(CV:平田広明)

キャスナンにて情報屋を営む、銀髪の屈強な青年。記憶を失う前のアドルとは宿場で知りあい、今作では成り行きで共に行動している。
面倒くさがりで奔放な性格だが、困っている人を放っておけないタイプ

こちらもやはり、旧作から大きくキャラデザが変わった人。武器は拳で、属性は打撃。……と見せかけて脚技多め

以下、詳細はデュレン(イース)の記事にて。

カンリリカ(CV:小倉唯)

リーザを慕う、好奇心旺盛な少女
子供っぽく見えるが理路整然としていることも多く、時には周囲を黙らせてしまうこともある。

武器メイス(?)と系術を使う鈍器少女である。属性は打撃。

詳細はカンリリカの記事にて。

オズマ(CV:浪川大輔)

水上都市セルレイで、聖獣スパーダを育てる一族の一の生き残り。
そのさと熱心さで、集落の住人たちには慕われている。

武器。射撃属性キャラにしては、男性キャラらしくかなり高めのステータス……というか、強化ならばアドル以上のSTRとDEFの持ち武器補正も加われば、パーティ火力を手に入れることが出来る。
足が意外と速い。

詳細は、オズマ(イース)の記事にて。

フリーダ(CV:甲斐田裕子)

ダナンの女戦士であり、り部の役も務める女性
人造人間ホムンクルス)であるニナパートナーとし、ハルバードを操る。属性撃。
――ってあれ? その組み合わせって、どこかで見たような……

詳細はフリーダ(イース)の記事にて。色々ネタバレ多めなので注意。

リーザ(CV:白鳥由里)

ハイランドで生活する、金髪少女
普段は物優しいが、大切なものを守るために敢然と立ち向かう意志も秘めている。ファルコムもこの表現好きよね。

今作で彼女には、ある『とんでもない設定』が付与されている。

グルーダ(CV:寺島拓篤)

ロムン本からの命を受けて、セルセタへとやってきた眼鋭い短身の男。グリゼルダ総督の補佐としてロム帝国正規軍の揮を執ることになる。

旧作では下記の二人とトリオ組んでたけど、今作では如何に行動するやら……。
と思ったら、特典絵で三人セットだったでござるストーリーでもばっちり三人組である。

ガディス(CV:玄田哲章)

冒険の途中でアドル達と出会う、《使い》を名乗る大男。
すさまじい怪力の持ちで、とにかく常軌を逸した言動や行動を取る、とても粗暴な人物。

 「ぶっ殺してやるぅ!!!!」(裏

……のボイスと連呼と顔芸インパクトで、一部では有名なお方。出度くこの台詞は、デモムービーでお披露となった。惜しむらくは(裏)でかったことだが、玄田さんもお年だから仕方ない。
そして、問題の「ぶっ殺してやる」ボイスは……溜め攻撃限定になりました。しかも「燃え尽きやがれ!!」とランダムで発生するので、初見で聞くのはなかなか難しい。

バミー(CV:日野由利加)

冒険の途中で出会う妖艶な姿の女魔道師。心を見透かし、操る秘術を持つ。
ガディスと共に何らかの行動を起こしているようだが……まぁ、上記の通りである。

グリゼルダ

ロム帝国より派遣された若き女性提督
新任ながら、セルセタ周辺の交通や諸制度の整備を精的に進めている。
キャスナンの坑に出現した魔獣を倒したアドルの腕を見込み、《セルセタの樹海》の捜索と地図作成を依頼する。

エルディール(CV:田中秀幸)

≪始原の地≫にそびえ立つ屋上で一人暮らしをしている有人。
アドルは記憶を失う前に、どうやら彼に会っている様なのだが……。

機種ごとに役回りがかなり違う人。果たして今作ではラスボスか、謀殺か、それ以外の何かか。

システム

基本システムは『イース7』を踏襲しつつ、新たな要素を取り入れている。

スキルフィニッシュ・エクセレントキル・エリアルコンボ

スキルフィニッシュは、スキルを使って敵を倒すと消費したSPの半分を回復するシステム。発生時スローモーションになり、演出も程よく爽快感を味わえる。

エクセレントキルは、パーティメンバーか自身の弱点属性スキルで倒した場合に、多くのゴールドなどをゲットできる代わりに敵の遺体がすぐに消えるシステム。処理を軽くするには良いのだが、死体殴りで素材が出ない欠点(特にゴールドメーカー持ちのカンリリカは深刻)も抱えており、一長一短である。

エリアルコンボは、一部スキルで敵が浮くのだが、着地までにスキルや通常技などを挟んで攻撃すると発生。エナジーボールやSPを回収しながら、通常より大きなダメージを与えることが可になる。巨大かつ鈍重そうな敵も、スタン+EXスキルで浮かせることが出来るものもいるため、色々試行錯誤すべし。

閃きシステム

今作では、スキル習得に必要なもの武器によるものでもキャラクターレベルアップでもなく、敵のレベルに因るものとなる。

強い敵・レベル差が大きい敵と戦い、その敵にダメージを与えると閃きレベルの低いスキルから確率覚えていく非常に面倒なシステムである。スキル閃きレベルの詳細は、アドル以外は各キャラクター記事、また攻略本攻略サイトを見るべし。

なお、熟練度システムに関しては最大レベルが3になり、引き継ぎ復活も合わせて、スキル強化に関しては容易くなった。

武器強化

倒した魔獣採集した植物などを素材にして鍛冶屋提供し、武器の性を強化するシステム

は、
武器:攻撃(与ダメージ上昇、武器STRは強化されない)、吸収(与ダメージの最大10%回復)、必殺(一定確率で攻撃にクリティカル判定)、SP(溜め攻撃・スキルフィニッシュなどでのSP回収量増加)、麻痺・燃焼・凍結(一定確率状態異常付加)

防具:防御(被ダメージ減少、防具のDEFは強化されない)、回復(3ごとに体回復)、回避(敵の攻撃を確立で回避)、速度(基本移動速度up)、麻痺・燃焼・凍結(これら状態異常の受付時間を大幅減少)

となっている。

通常ガード

フラッシュガードタイミングがシビアになった(7/30F)代わり、通常ガードが付加された。
オルタナティブサーガのようにガードクラッシュすることは(一部技を除き)ほぼなく、ガード中は常時ダメージが大きく減るため、フラッシュガード失敗した場合でもそのまま押し続けることで、被害を大きく減らせる。
ただし、通常ガード中でも状態異常の受付はあり、さらには多段ヒット技による削りも懸念されるため、やはり使いどころが肝心である。

フラッシュムーブ

敵から攻撃を受ける間(4/30F)に×ボタンを押し、発動に成功すると約70/30F=ほぼ2の間、敵の動きがスローモーション+味方が無敵状態になり、攻撃や離脱が可になる。
もちろん、敵の攻撃にフラッシュムーブ→攻撃→フラッシュムーブ→攻撃→フラッシュムーブ……ということも、敵の攻撃判定が続く限り可だが、攻撃がクリティカル判定になるわけではない+敵の攻撃がいつまでも続くわけではないことから、連続で狙う価値はほぼだろう。大人しく敵の攻撃範囲から離れよう。

仲間への指示

背面タッチパッドを操作する事で、仲間への簡単な示=AI変更が出来る。

パーソナルアクション

ターゲットサークルになるキャラクターが、フィールドボタンを押すと発動する。
ボタンガードを置いておかないと発動しないバグがあったので、必ずアップデートすること。

アドル:記憶の欠片に触れて、記憶を取り戻す。エメロードガルヴァシリーズトドメを刺す。

デュレン:簡易な鍵をかけられた宝箱を開ける。

カーナ:高台の上に立った時に発動るされたターゲット投げナイフで切り落とし、フィールドに変化をもらたす。

オズマ水中にいる時に発動。ひび割れターゲットで破壊し、フィールドに変化を(ry

カンリリカ電気で動く仕掛けに球を放つ。仕掛けを動かし、フィールド(ry

フリーダ:瘴気や蒸気の吹き出るを氷ので塞いで、フィー(ry

パーティアビリティ

前作では個人が受け持っていたが、今作では人数が少ないことや新しい取り組みが多いためか、以下の二種類に限られている。

全員違う属性(斬+打+射)

序盤から終盤までの基本パーティレアアイテムの発生率が大きく上がり、武器強化やクエストクリア策に必要な重品の収集に貢献する。

同じ属性持ちがいる(例:斬+射+斬、斬+打+打、打+射+射)

ダメージを×1.1倍にする。少しでもダメージを多く与えたい巨大雑魚ボス戦、特にタイムアタックで重宝する。

タッチスクリーン

セルセタの樹海:改

PS42019年5月16日発売予定。
パッケージ版3,980 円(税抜) 、ダウンロード版3,500(税込)

基本的にはPSVita版の移植だが、フルHDリマスター60fps対応、高音質化、PS4に合わせた操作方法の変更などの変更点がある。

シリーズ一覧

イース(Ys)シリーズ
ナンバリング作品 イース1 / イース2 (イースI・II) / イース3 (フェルガナの誓い)
イース4 (イース セルセタの樹海) / イース5 / イース6
イース7 / イース8 / イース9
外伝作品 イース・オリジンイースvs.空の軌跡 オルタナティブ・サーガ
イースオンライン / イースストラテジー

関連動画

関連商品

やはり、イースもといアドルといえばが一番であろう。未購入の人はぜひともセット購入をお薦めする。

イース セルセタの樹海:改

関連コミュニティ

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%82%B9%20%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%82%BF%E3%81%AE%E6%A8%B9%E6%B5%B7

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

イース セルセタの樹海

158 ななしのよっしん
2019/09/04(水) 16:45:59 ID: 5/C+4UaZQI
ファルコムのグラは、PC88の頃はともかく、その後は長らく最先端ではないな。
セルセタをVitaで出した頃もグラは結構貶されてたと思う。
ゲームを評価する上ではグラは重視しないけどな。

ボリュームについては、昔のイースはむしろボリューム軽めなのが売り、みたいな所があった。
だが、8が好評だったからもう昔には戻れねーなw
個人的には巨大ボリュームにされると困るなぁ。忙しくてく終わらせたいからw
軌跡シリーズもボリュームの話だけ聞いて怖気づいて買ってねーしw
159 ななしのよっしん
2019/09/24(火) 02:38:27 ID: JKo3ZRBbyY
>>156
元々旧イース4でのリーザは、メインヒロインというには微妙な立ち位置だったんよね
美女萌えキャラではあったがwメインヒロインと呼ぶのに最も相応しいのはリリアだった
かしこれが不評だったようで、セルセタにはリリアは出ていない。メインヒロインリストラ
…と、こんな背景があるのさ。まあでも結局はシナリオ構成の問題だけどね
160 ななしのよっしん
2019/09/24(火) 03:20:06 ID: I4oJ0835r0
>>159
リリアがストーカーのように出てくるのがね....
どうせハドソン行った山根氏や宮崎氏達が勝手にやった事、
ファルコムからはい事にされている
161 ななしのよっしん
2019/09/25(水) 02:30:33 ID: JKo3ZRBbyY
>>160
ファンを喜ばせたくての事だとは思うのだけど、裏に出てしまったよね
ハドソン版のイース4は、1・2の女神2人が再登場してるのも裏なんだよなあ
イース2での「時々でいいから…」が台しにw
微妙スレチすまぬ
162 ななしのよっしん
2019/10/07(月) 01:41:03 ID: CGfepwayvz
何だかんだ言って、色々あるイース4の中ではセルセタが一番気に入ってるよ。
特にレオが良いキャラしてる。
曲も、一部の既存曲が使われてなかったのは寂しいが、新曲はとても良い感じだし
既存曲のアレンジは「燃ゆる」とか「古代の伝承」とか「レファンス」辺りが特に好き。
163 ななしのよっしん
2019/10/15(火) 04:51:21 ID: 37Ro1WwiR8
イース9の終盤でまさかレオさんの話が出てくるとは思わなかったなぁ
アドルに少し遅れてとはいえ樹海を踏破する実もあるしあんな堅な要塞をく間に包囲できるのはさすがと言わざるを得ない
164 ななしのよっしん
2019/12/22(日) 02:14:08 ID: 5/C+4UaZQI
>>160
ストーカー」という言葉が日本で普及したのは1996年だそうだ。
しかしPCEイース4の発売は1993年ストーカーというものの存在が世に広まる前だったわけだ。
だから当時、あのリリアの行動は迷惑とかドン引きされるとか、そういう意識が低かったんじゃないかな。
(それを差し引いても、リリア推しのスタッフ暴走してるのは間違いないけどw)

まあ何にしろ、セルセタでリリアがリストラされたのは正解だね。やっぱりイース2でこそのキャラだからね。
メインヒロインエルディールってことでw
165 ななしのよっしん
2019/12/22(日) 08:53:00 ID: 8KBwmqr00q
リリアがセルセタまで追いかけてきてメインヒロインになるのはSFC版だよ
166 ななしのよっしん
2020/01/03(金) 02:45:50 ID: 5/C+4UaZQI
そーだっけ?なんか記憶が混乱してたわ、スマン。
でもSFC版4の発売も1993年やね。
167 ななしのよっしん
2020/04/26(日) 22:53:49 ID: Tv6bkehrSM
セルセタはなんで「」ってつけてないんだろ?との時系列が逆だから矛盾を回避したのかな?