リゾット・ネエロ単語

リゾットネエロ

リゾット・ネエロとは、漫画ジョジョの奇妙な冒険」の登場人物である。

CV根岸朗PS2ゲーム黄金の旋風」)/黒田崇矢PS3PS4ゲームアイズオブヘブン」)/藤真秀テレビアニメ

知りたいぞ、お前の概要を・・・ お前が何者なのかを・・・ッ!

リゾット

ジョジョの奇妙な冒険・第5部「黄金の風」の登場人物。
ギャング組織「パッショーネ」内「暗殺チームリーダー28歳。

長身男性で、反転した眼が特徴。ファッションも全身モノクロ調で統一されている。

性格は冷静沈着、洞察に長け、不測の事態においても端然と対処する非常に優れた暗殺者である。

作中では一度きりの戦闘での出番だったが、強敵いであった暗殺チームリーダーに相応しい優れた判断戦闘により、プロシュート兄貴などと並んで高い人気を受けるキャラクターである。

暗殺チームメンバーでは一、過去の経歴が明かされている。

14歳の時、いとこの子供が飲酒運転に巻き込まれ死亡社会犯人を数年の刑で済ませるが、それを許せなかったリゾットは4年後の18歳の時、ドライバーを暗殺する。それ以後、裏の世界で生きていく事になる。

やがて21歳になりスタンドが発現すると、組織に仕える暗殺者として敵対する者をことごとく始末してきた。任務を失敗したことは一度もなく、腕利きの暗殺者として、組織の暗殺者を束ねるリーダーになる。

しかし「暗殺」という仕事内容ゆえ、組織内では具として利用されるのみでボスの信頼は得られず、重要な縄りは決して与えられなかった上に、得られる報酬も任務のリスクに反してわずかであったりと、冷遇を受けていた。

ボスへの反感を募らせていた暗殺チームでは、とうとうソルベジェラートの2人が組織内のタブーとされた「ボスの正体」を暴くために行動を起こしてしまう。後日、暗殺チームの元へ「生きたまま足先から輪切りにされ額縁に収められた遺体」(→輪切りのソルベ)が届き、組織へ反逆した者の悲惨な末路を見せつけられたリゾット達は、不本意ながら組織の飼い犬として隷従することとなった。

しかし、ボストリッシュ)の存在発覚により契機が訪れる。からボスへ繋がる手掛かりを暴き、ボスを暗殺して組織と麻薬ルートを乗っ取るべく、リゾットは残る6人のメンバーと反旗を翻した。そしてボスの命によりを匿うブチャラティチームとの抗争に至る。ブチャラティ達とは動機こそ異なるものの、「ボスを始末する」という同じ的を持つ者同士が殺しあう皮な状況であった。

ボス(ドッピオ)との邂逅

共にボスを裏切った仲間全員討死し、残るは自身のみとなった状況においてもリゾットは諦めていなかった。ブチャラティ達がボスと決別した後も単独での追跡を行っていたが、その折にヴィネガー・ドッピオという少年と遭遇する。はじめは彼を一般人少年だと思っていたリゾットも、周辺を飛んでいたエアロスミスの飛行音に感づいた事で彼がスタンド使いと察知し、戦闘体勢を取る。

不審な動きを取るドッピオに対し、リゾットは磁を操るスタンドメタリカドッピオの体内の血液中の鉄分物へと作り変え、身体の内側から突き破らせるえげつない攻撃を仕掛ける。ドッピオも何者かの示を受けながら応戦し、磁を逆利用してリゾットの右足を切り飛ばす。しい攻防を経て、ついにリゾットボスの正体がドッピオの裏人格であることを確信する。

思いがけぬ最終標的との遭遇に、この機を逃すまいとドッピオの息の根を止めにかかるリゾット。だがその復讐心が僅かな油断を招いた。ボスの素顔が顕になろうとするその時、ボスが誘導したエアロスミスの機で背後から全身を撃ち抜かれてしまう。

命運尽きようとする今際の際、ディアボロに取引を持ちかけられるがリゾットは聞き入れず、自らのスタンド憑依させたエアロスミスにより連れを図る。だがを発動させた「キング・クリムゾン」には通用せず敗北死亡した。

ボスへの反逆わずに暗殺チーム全滅となったが、「暗殺チームの誇りは失わずに命を断った」と、ディアボロも彼の壮絶な戦いぶりには敬意を表していた。

作中ではしい主人公チーム以外のキャラ同士の戦闘であり、組織のボスと暗殺部隊リーダー一騎打ちという熱い展開もさることながら、戦闘を通して作中初めてボスの正体を見抜いてみせたことや、暗殺者が復讐者になってしまったがゆえ初めて殺しを失敗したこと、対立しながらも的は同じだった主人公チームリゾットにとって最悪の形で三つが交わったこと、ナランチャの横がなければリゾット勝利していたかもしれないがナランチャがいなければボスの正体には気づけなかった皮など、総じて運命を感じさせる展開が多く支持を受けている対決カードである。

『磁力』を使っているスタンド能力・・・ 『当たり』だ・・・

メタリカ
【破壊:C / スピード:C / 射程距離:5~10m / 持続:A / 精密動作性:C / 成長性:C】

を操作するスタンド程度のとても小さな姿で、本体であるリゾットの体内に数多く群生している。スタンド像としてはかなりしいタイプ。蠢きながら「ロオオオオオ――ド」と鳴く。

により相手の体内に存在する鉄分を操り、体内で物(カミソリ、ハサミ、ナイフ等)を精製し、内から身体を切り裂く。磁を用いるため、相手に接触する事く攻撃が可。体内からの攻撃であるため、物理攻撃に非常に高い耐性を持つイエローテンパランスホワイトアルバム相手だろうと有効であり、いかなる防御も意味を成さない。

攻撃を受けた相手は裂傷のダメージに加え、血中の鉄分の欠乏により血球が機不全を起こし、酸素欠乏症でやがて死に致る。

また、砂を身にう事で周辺の色に擬態し光学迷彩のように姿をませる事もでき、高い攻撃と隠密性を兼ねえたまさに暗殺特化のスタンドであるといえる。

の応用として、切断された自身の右足を磁で接合するという治癒法も見せたほか、大地(土砂)や植物、湧きなど自然中の物質に含まれる鉄分から大量にナイフを精製し対へ集中火を浴びせるなど、多くの利用法が描写された。“磁”という汎用性のあるゆえに、暗殺や戦闘のみならずあらゆる用法を見出せるスタンドである。

第3部でも磁を用いるスタンドバステト女神」が登場していたが、バステト女神人間自身を磁体質に変えてしまうであり、同じ系統ではあるが攻撃方法も攻撃も大きく異なる。

名前の由来はアメリカヘヴィメタルバンドmetallica。作品中でスタンドが発している「ロオオオオオ――ド」という呻きも、同バンドアルバムLoad」に由来する。

余談

各メディア作品におけるリゾット・ネエロ

恥知らずのパープルヘイズ

第5部の後日談を描いた小説恥知らずのパープルヘイズでは、組織の構成員であるムーロロ(小説オリジナルの登場人物)がソルベジェラートの事をディアボロへ密告した一方、リゾット達がディアボロ復讐戦を挑むよう仕向けたり、ペリーコロが焼却処分したライオン像の写真を復元するなどして暗殺チームに手を貸す事で、どちらが勝ってもいいように仕向けていたとされている。

黄金の旋風

PS2ゲームソフト黄金の旋風」でも登場…するのだが、ゲーム主人公一行視点で展開する事情もあり、敵キャラ同士の対決であったリゾット戦はまるまるカットされ、死体でのみの登場となってしまっている。一応ギャラリーモードドラマCDサウンドトラックCD)にて、彼の見せ場を音でのみならば楽しむ事ができる(かなり端折られているが)。

ディアボロの大冒険

ジョジョファンの有志によって製作されたフリーゲームディアボロの大冒険でも敵キャラの1人として登場。
原作と同様に不可視状態でディアボロに接近しながら、離れた間合いから磁攻撃でカミソリやハサミなどを吐き出させ一定量のダメージを与える攻撃を繰り出してくる。この攻撃はリゾットの射程距離内(3マス以内)にいる限り何度でも発動し、さらに防御に関係なく常に一定量のダメージを受けるのでヘタな敵よりも視できない存在となる。加えて常時不可視状態であり、しかも不規則に移動するので敵の位置の特定が難しいのも厄介
ちなみにリゾットの磁攻撃を防ぐには、こちらもメタリカDISCを装備して対抗するか、原作と同様でエピタフDISCを用意するかしかない(時々、磁攻撃を予知で自動回避してくれる)。特に前者のメタリカDISCを装備すると、「透明な敵が見えるようになる」アイテムを使用しなくてもリゾットの姿が常に視認できるようになるので便利である。

通常のダンジョンで登場するならともかく、敵が限に強化されていきながら登場する隠しダンジョンではリゾットの磁攻撃の威もフロアの進行状態に例して天井知らずに上がっていくので、深層まで探索する頃には原作さながらのシャレにならないダメージ量になる。そのため、隠しダンジョンでは同じ暗殺チームギアッチョプロシュート兄貴以上に「要注意な敵キャラ」の筆頭補にリゾットの名を挙げるプレイヤーも少なくない。
要するに、本作でも原作同様でディアボロを大いに苦しめてくれる敵キャラに仕上がっている。

オールスターバトル

PS3ゲームソフトオールスターバトル」では、スタンドの「メタリカ」のみが登場。
登場するシーンローディング画面。理由はもちろん、鳴き「ロォォォ―ド」だからである…。

アイズオブヘブン

PS3/PS4ゲームソフトアイズオブヘブン」ではサブキャラクターとして登場。
CV黒田崇矢は担当。

だが既に、おまえのアカウントは・・・ 出来あがっているのだからな!

買ったッ!商品を買いあさるッ!トドメだ、くらえ!『メタリカ』ッ!

入っていた・・・ オレはコミュニティに入っていたのに・・・

今度はオレが・・・利用する番だ・・・ッ! 関連項目を・・・ くらえ・・・!

ヴィネガー・ドッピオ

チョコラータグリーン・デイ)→

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AA%E3%82%BE%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%8D%E3%82%A8%E3%83%AD

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

リゾット・ネエロ

501 ななしのよっしん
2019/05/16(木) 15:05:22 ID: VGGmjkvcKP
鉄分ほうれん草やレバーに多く含まれる(だから好き嫌いせずちゃんと食べるんだぞ)
502 ななしのよっしん
2019/05/17(金) 20:09:12 ID: su3f7DxPlZ
普通漫画家だったら2週も3週もかけてねちっこくやるところを
さらっと扉絵コメントだけして読者に想像させるところが
荒木先生の美学だよなぁ
書けばそれまでだけど、書かなければ限にシーンは広がるじゃない
503 ななしのよっしん
2019/05/18(土) 17:52:23 ID: fu4K8sb+nb
こいつらが勝利して麻薬ルート手に入れてたらどうなってたんだかなあ まあ現実にもある普通マフィアに成り果ててたのかな 夢見て死んでいったあたりは幸せだったか
504 ななしのよっしん
2019/05/19(日) 16:58:30 ID: Lg5BWg+yiV
扉絵プロフィールに書かれてた過去話は
リゾット本人がとっくにケリをつけてるいとこの事件がお涙頂戴みたいな感じになったりとか、スタッフのちょっとズレた解釈を入れられてコレジャナイみたいなことになるより
触れないままにしてくれた方がマシ
505 ななしのよっしん
2019/05/19(日) 20:31:46 ID: iDH98AwpQe
>>500
ずっと放置しててようやく出てきたと思ったら
すぐラストバトルだし、どういうかを
手っ取り読者に理解させるための苦の策
という印がある
シリアンって設定も復讐者である記号付けだろう
506 ななしのよっしん
2019/05/22(水) 12:44:49 ID: H+QZYcaWvJ
何が悲しいって仮にあの戦いでボスに勝てたとしても、勝利によってもたらされた栄を分かち合う仲間がもう一人として残ってないところだな。
エアロスミスを警してたにも関わらず途中から戦闘に夢中になって「楽しみだぞ!」って笑ってるところは自暴自棄になってるようにも見えた。
507 ななしのよっしん
2019/05/23(木) 19:03:48 ID: DHJ4u+A+qU
スタンド自体に防御ゼロ
かつ最悪の場合最低限の動作で自決ができる
どんな精の持ちだったか想像すると痛々しい。
と演技も良すぎてなんかもう色々と痛い。
508 ななしのよっしん
2019/05/23(木) 21:39:41 ID: g8rw5nJVWV
なんというか哀しい男だよな
冷静沈着な暗殺者にしきれなかったところも人間臭くてやりきれない
アニオリで膨らませてくれた分余計に辛かった
509 ななしのよっしん
2019/05/25(土) 10:14:26 ID: uDJGEUde3I
過去カット過去リゾット本人やいとこの姿が描写されてないってのも大きいのかも
暗チアニオリメンバー全員の姿や性格が判明してるからやりやすかっただろうし
510 ななしのよっしん
2019/05/25(土) 13:06:20 ID: bAGePf2FY9
リゾット過去編はなくて正解だと思う。仲間復讐に燃える暗殺者、というシンプルシャープイメージで終われてる。むしろブチャラティの闇社会が絡み、どうしようもなく巻き込まれていったエピソードべて飲酒運転はちょっとチンケな気がするんだよな…w