第21駆逐隊(第2代)単語

ダイニジュウイチクチクタイ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

第二一駆逐隊とは、大日本帝国海軍における駆逐隊の一つである。佐世保鎮守府所属。

  1. 初代。21駆としては1918年4月1日1932年4月1日
    駆逐艦)樺駆逐艦(樺・)による第17駆逐隊(初代)の称による編成。
    第一艦隊第一水雷戦隊(旗艦:音羽、出雲)のち第二艦隊第二水雷戦隊(旗艦:吾妻
  2. 二代。1933年9月30日1945年5月10日
    初春型駆逐艦初春子日若葉初霜)により第一艦隊第一水雷戦隊(旗艦:阿武隈川内阿武隈)隷下に編成。42年7月子日北方域にて戦没。4410月レイテ沖海戦にて「若葉」戦没。翌11月初春」マニラ襲により戦没。11月15日白露型時雨」編入。11月20日、第二艦隊第二水雷戦隊編入(旗艦:矢矧初霜)。452月10日夕雲型朝霜」編入。同3月10日満潮」編入。菊作戦(坊ノ岬戦)にて「朝霜」「」戦没。「初霜」は戦没した「矢矧」より二戦臨時旗艦を継承。4月20日戦解散及び「初霜」第17駆逐隊に転属。同5月」「朝霜」の除籍を以って解散。

本稿では上記のうち、2.を解説する。

第2代「第21駆逐隊」概要

第二一駆逐隊は、帝国海軍において佐世保鎮守府[1]に所属した駆逐隊の一つで、特に大東亜戦争において、初春型駆逐艦初春」「子日」「若葉」「初霜」によって結成された。(開戦時「第一艦隊第一水雷戦隊21駆逐隊」のち、第一水雷戦隊は第五艦隊に異動。)。

初春型駆逐艦がその特型駆逐艦以上の”詰め込み”による復元性不良正工事による性低下により6隻しか建造されなかったこともあり、初期編成が初春型駆逐艦のみで構成された一の駆逐隊である。残る2艦(有明・夕暮)は次級白露型との混成部隊となっている。(第九駆逐隊、のちに第二七駆逐隊

大戦中、一時的[2]連合艦隊附属となる以外一貫して一水戦第一水雷戦隊)の所属であり、一水戦解隊まで所属し続けた。(初期所属艦のうち一水戦解散時まで健在したのは「初霜」のみ。)多号作戦による第二水雷戦隊の壊滅による再編成で一水戦第十戦隊を解体して再編成された最終二戦にも所属。菊作戦(坊ノ岬戦)にも参戦した数少ない歴戦の駆逐隊である。昭和20年5月解隊。

初霜を除く初春型駆逐艦が全艦喪失した昭和19年末以降、再編によって姉妹艦を失った「時雨」(白露型)や「朝霜」(夕雲型)「」(朝潮型。戦没定により満潮)も所属した。(同様に広義吹雪型最期の生存艦(潮・)によって第七駆逐隊が維持されていた。マニラ襲以降坊ノ岬戦直前まで「」は同隊に所属している。)

戦史 第二一駆逐隊

駆逐隊司令

※文中、駆逐艦の艦長は本来「○○駆逐艦長」であるが、「○○艦長」と略して表記。 (  )は兼務。
 艦名・駆逐隊*は1941.12.8を基準日とする「先代」の艦・駆逐隊を示す。
   開戦(1941.12.8)時所属   在任中戦死   終戦時所属

/発 職位 職歴 備考
1 佐藤慶蔵
(38期・秋田)
1933/9/30
大尉 艦長心得 初春子日
にて21駆編成

74/4/25逝去
少佐 艦長-第1号[=]駆逐艦(波)艦長-艦長-艦長
-睦月艦長-
中佐 叢雲艦長-吹雪艦長-艦長-艦長-21-<給油艦>艦長-
大佐 <タンカー>監督
2 坂野民部
(38期・山形)
1934/7/10
少佐 第10号[=朝顔]駆逐艦長-第16号[=]駆逐艦長-江風*艦長-浜風*艦長-朝風艦長-艦長-弥生艦長- 初霜若葉
編入
第一艦隊
一水戦
(阿武隈)隷下
中佐 艦長-5駆-24駆*-21
大佐 防備隊-愛宕艦長-第1砲艦-五監督官/艦長-北陸監督官→第8砲艦
3 大森太郎
(41期・熊本)
1935/11/15
大尉 *艦長-学校教官- 第一艦隊
一水戦
(阿武隈)隷下
少佐 学校教官-第一艦隊兼聯合艦隊参謀-波()艦長-
中佐 艦長-学校・通信学校教官-16駆*-
大佐 21-丸艦長-学校教頭-伊勢艦長-一水戦官-
少将 一水戦-第五戦隊官-学校長-
中将 特攻部長-第七艦隊長官-予備役
4 木村昌福
(41期・鳥取)
1936/12/1
大尉 艇長-第3掃海艇長-夕暮(如月)艇長- 第一艦隊
一水戦
(川内)隷下

*駆逐艦
 初霜初春

60/2/14逝去
少佐 槇艦長-追(凪・萩)艦長-帆艦長-堅田艦長-
中佐 艦長-朝霧艦長-16駆*-21-
大佐 8駆*-香久丸艦長-知床艦長-神通艦長-鈴谷艦長1)-休職-
少将 警備隊官(舞団長)-三水戦2)-一水戦3)-4)-対潜学校長-防府通信学校長
中将 -予備役
1937/12/1 佐世保鎮守府予備艦
5 西岡茂泰
(40期・高知)
1938/8/5
大尉 時雨*艦長-白露*艦長-日進長-椿艦長- 63/5/28逝去
少佐 樅艦長-山風(榎)艦長-第8掃海艇長-弥生(卯月)艦長-
中佐 東雲艦長-狭艦長-13駆-23-休職-28駆(21)-
大佐 22駆(30駆・23駆)-北上艦長-富丸艦長-鳴戸艦長-出雲艦長
少将 対潜訓練隊-51戦隊-予備役
6 井原美岐夫
(40期・福岡)
1938/10/20
少佐 艦長-艦長-凪(追)艦長-如月艦長-睦月艦長- 42/11/25戦死
少将
中佐 22-25-21-
大佐 21(28駆)-防備隊(同港務部長)-佐伯防備隊-厦門警備隊
7 島崎利雄
(44期・福井)
1938/12/15
少佐 (萩)艦長-磯風*艦長-学校教官-菊月艦長- 第一艦隊
一水戦
(川内)隷下
第二遣支艦隊
第15戦隊転属
44/11/21戦死
中将
中佐 要港部兼津軽要塞参謀-浦波艦長-16駆*-21-
大佐 16駆-川内艦長-要港部参謀長-高雄警備部参謀長-金剛艦長
少将 金剛艦長
8 阿部俊雄
(46期・愛媛)
1939/11/15
少佐 文月艦長-伏見(隅田)艦長-学校教官- 第一艦隊
一水戦
(阿武隈)隷下
44/11/29戦死
少将
中佐 山雲装員長-朝霧艦長-第一根拠地隊参謀-21-
大佐 8駆-10駆-学校教頭(研究部長)-大淀艦長-信濃装員長/艦長
9 清水利夫
(46期・山口)
1941/9/1
少佐 艦長-卯月艦長-学校副官- 第一艦隊
一水戦
(阿武隈)隷下
42/11/30戦死
(高波) 任少将
中佐 艦長-羽艦長-神威副長-鹿航空隊副長-後艦長-29駆-21
大佐 -31駆
10 天野
(47期・大阪)
1942/8/31
少佐 疾風艦長-有明装員長/艦長- 子日」戦没
「薄」編入
44/10/25戦死
(初月)任少将
中佐 綾波艦長-学校副官-陽炎艦長-13駆-第1-
大佐 第1掃-21-10駆-61駆(涼月艦長)
11 脇田喜一郎
(48期・鹿児島)
1943/8/20
少佐 栂艦長-夕月(望月)艦長-村雨艦長-朝潮(荒潮/大潮)艦長- 第五艦隊編入
聯合艦隊附属
44/11/25戦死
(霜月)任少将
中佐 吹雪艦長-朝雲艦長-雪風艦長-21-佐世保防備隊副長-1駆(沼艦長)
大佐 1駆(沼艦長)-21-41駆
12 山本
(51期/32
鹿児島)
1944/5/25
少佐 艦長-第二艦隊参謀-
45/4/7戦死
(大和)任少将
中佐 第三艦隊参謀-聯合艦隊参謀-
大佐 21-第二艦隊参謀
13 石井
(50期・千葉)
1944/8/5
少佐 艇長-沢艦長-艦長-夕立[3]艦長 第五艦隊
一水戦
(阿武隈)編入
中佐 22-21
14 久雄
50期・千葉
1945/3/25
少佐 艦長-千歳装員/航長-足柄長-羽黒長-衣笠長-熊野- 45/4/7戦死
(朝霜)任少将
中佐 日向長-伊勢長-伊勢副長
大佐 -21
1945/5/10 解隊 (※4/7以降駆逐隊なし)

1) 開戦時からMI攻略戦に関わる。命視し三隈乗員救助を試みる。
2) 第81号作戦(「ダンピールの悲劇」(ビスマルク戦))を揮。
3) キス撤退作戦(「阿武隈」座乗)、第2次・第4次多号作戦(「」座乗)を揮。
4) 礼号作戦(「」座乗)を揮。

所属駆逐艦の変遷

艦名 原所属 異動先 喪失日 喪失した戦/状況
初春 初春駆逐艦 第二一駆逐隊
(初期所属)
--- 1944/11/13 ニラ
子日 --- 1942/7/4 北方作戦任務中
若葉 --- 1944/10/24 レイテ沖海戦
(別働隊輸送任務中)
初霜 第十七駆逐隊 1945/7/30
に接(大破着底)
時雨 白露型駆逐艦 第二七駆逐隊 --- 1945/1/24 87船団護衛任務中
潜「ブラックフィン
朝霜 夕雲型駆逐艦 第三一駆逐隊
第二駆逐隊
--- 1945/4/7 坊ノ岬
朝霜-爆により沈没
-爆により大破自沈処理
朝潮型駆逐艦 第十八駆逐隊
第九駆逐隊
第七駆逐隊
---

初春【はつはる】(初春型駆逐艦1番艦)

【造船所】佐世保工 【進1933.2.27 【就役】1933.9.30 【籍】佐世保鎮守府
【戦没】1944.11.13(襲・マニラ湾) 【除籍】1945.1.10

艤装員長/駆逐艦長

氏名 着任日 略歴・備考 ( )は兼職で務は前置
装員長 田原 少佐 1933.5.1 ()艦長-太刀()-沼艦長-初春装員長/艦長-浦波艦長-青葉副長-第11-10駆*-29駆-2駆-那珂艦長-長良艦長-青葉艦長(大淀装員長)-能代装員長/艦長-山艦長(病死)
初代 1933.7.1
2代 丸安 少佐 1935.10.31 艦長-朝風艦長-二見艦長-初春(子日)艦長-学校教官
3代 吉田正少佐 1936.12.1 春風艦長-初春艦長-野艦長-江風艦長-荒潮艦長-風雲装員長/艦長-大湊警備府参謀-43駆-41-(終戦)-鳳翔艦長
4代 新谷喜一 少佐 1937.12.1 艦長-睦月艦長-子日(初春)艦長-薄艦長-谷風装員長/艦長-24戦隊参謀-17
5代 前川新一郎 少佐 1938.11.15 如月(睦月)艦長-順要港部副官-第4艦隊副官-初春艦長-艦長-黒潮艦長-兵学校教官-谷風艦長-横須賀防備隊参謀-大島防備隊(第22輸送隊長)-沖縄方面根拠地隊参謀(自決)
6代(兼) 中脩一 少佐 1939.11.20 菊月(初春)艦長-菊月(初霜)艦長-山風艦長(戦没時戦死、中佐)
7代 横山喜一 少佐 1940.4.24 ?-初春艦長-?
8代 牧野少佐 1940.9.27 鵲艇長-初春艦長-横須賀鎮守府付-千島方面特別根拠地隊参謀-沖波装員長/艦長(44.11.13大破着底)
9代(兼) 山名寛雄 少佐 1942.11.15 艦長-艦長(戦没)-大潮(不知火//初春)艦長-(不知火/初春)艦長-艦長-冬月艦長
10代(兼) 人見豊治 中佐 1943.5.20 村雨艦長-艦長-巻波装員長-巻波(不知火/初春)艦長-巻波艦長(兼職解消/戦没時戦死、大佐)
11代 飛田少佐 1943.9.10 学校教官-初春艦長-長波艦長-学校教官
(海自)あさかぜ艦長
12代 長倉義 少佐 1944.4.1 早苗艦長-文月艦長-初春艦長-横須賀鎮守府
13代 大熊安之助 少佐 1944.10.1 五月雨艦長(8.26戦没)-初春艦長(11.13大破着底)-装員長/艦長

子日【ねのひ】(初春型駆逐艦2番艦)

【造船所】浦賀船渠 【進1932.12.22 【就役】1933.9.30 【籍】佐世保鎮守府
【戦没】1942.7.5(潜水艦・アッツドッグ岬 【除籍】1942.7.21

艤装員長/駆逐艦長

氏名 着任日 略歴・備考 ( )は兼職で務は前置
装員長 植田之介 中佐 1933.5.20 艦長-(波/野)艦長-子日装員長/艦長-吹雪艦長-7駆-野島艦長-15駆-日本監督官-名取艦長
初代 1933.9.30
2代 長井 少佐 1935.11.9 子日艦長-人事局員-潮艦長-4戦参謀
3代(兼) 丸安 少佐 艦長-朝風艦長-二見艦長-初春(子日)艦長-学校教官
4代 岡本次郎 少佐 1936.12.1 子日艦長-艦長-黒潮装員長/艦長-学校教官
5代 新谷喜一 少佐 1637.12.1 艦長-睦月艦長-子日(初春)艦長-薄艦長-谷風装員長/艦長-24戦隊参謀-17
6代 幸七 少佐 1939.10.10 艦長-睦月艦長-三日月艦長-子日艦長-狭艦長-大潮艦長-大潮(/不知火)艦長-艦長(戦没時戦死)
7代 松本作次 少佐 1940.7.10 駐独武官-子日艦長-支那方面艦隊参謀-?
8代 本木十三少佐 1940.11.15 刈萱艦長-九江基地分隊長-子日艦長-玉波艦長
9代 寺内三郎 少佐 1941.4.20 望月艦長-子日艦長(42.7.5戦没・戦死)

若葉【わかば】(初春型駆逐艦3番艦)

【造船所】佐世保工 【進1934.3.18 【就役】1934.10.31 【籍】佐世保鎮守府
【戦没】1944.10.24(爆・スル湾(レイテ沖海戦)) 【除籍】1944.12.10

艤装員長/駆逐艦長

氏名 着任日 略歴・備考 ( )は兼職で務は前置
装員長 則満宰次 少佐 1934.5.25 檜艦長-佐世保鎮守府参謀-沢艦長-若葉装員長/艦長-艦長-狭艦長-2戦参謀-11掃-八雲副長-12駆-北上艦長-61-機学校教頭-筑摩艦長
初代 1934.10.10
2代 中村謙治 少佐 1935.11.21 艦長-若葉艦長-朝雲艦長-電艦長-不知火艦長-青葉副長
3代 沢村成二 少佐 1937.12.1 艦長-若葉艦長-夕暮艦長-31駆潜隊-30-生突撃隊
4代(兼) 塚本太郎 少佐 1938.1.12 艦長-初霜(若葉)艦長-長月艦長-艦長(戦死、大佐)
5代 大島一太郎 少佐 1938.12.1 大井長-羽艦長-文月艦長-三日月艦長-若葉艦長-満潮艦長-22戦隊先任参謀-27駆-32
6代 安並正俊 少佐 1939.10.15 艇長-弥生艦長-若葉艦長-舞防備隊長(薄/不知火艦長)-舞防備隊副長-21防隊
7代 吉井五郎 少佐 1940.10.15 朝顔艦長-早苗()艦長-夕艦長-有明艦長-若葉艦長-朝潮艦長(戦死、大佐)
8代 黒木政吉 少佐 1941.9.10 摩耶長-若葉艦長-3戦先任参謀(新戦没時戦死)
9代 末次信義 少佐 1942.11.7 艦長-若葉艦長-第2艦隊参謀(大和戦没時戦死)
10代 二ノ方兼文 少佐 1943.10.1 鈴谷長-長月艦長-沢艦長-若葉艦長(44.11.15戦没)-学校研究部員-同教官-第11突撃隊副長-第4特攻戦隊参謀

初霜【はつしも】(初春型駆逐艦4番艦)

【造船所】浦賀船渠 【進1933.11.4 【就役】1934.9.27 【籍】佐世保鎮守府
【履歴】21駆逐隊→第17駆逐隊 【転出】1945.4.20
【戦没】1945.7.30爆/機接触・宮港) 【除籍】1945.9.30

艤装員長/駆逐艦長

氏名 着任日 略歴・備考 ( )は兼職で務は前置
装員長 松原少佐/中佐 1934/2/1 蓬艦長-皐月(水無月)艦長-初霜装員長/艦長-艦政本部出仕-朝霧()艦長-学校教官-第12掃-27駆-24駆-阿賀野艦長-翔鶴艦長-相団長-棚警備隊-第3特攻戦隊官-聯合艦隊参謀副長-軍部出仕-横須賀人事部長-横須賀地方復員局長-佐世保地方復員局人事部長(総務部長)
初代 1934/9/27
2代 宮坂義登 少佐 1934/11/15 樫艦長-佐世保鎮守府参謀-初霜艦長-嵯峨艦長-艦長-電艦長-30-18駆
3代 山田雄二少佐/中佐 1935/10/15 艦長-文月(長月)艦長-初霜艦長-江風装員長/艦長-艦長-北上副長-副長-神通副長-宗谷特務艦長-23-20
4代 鈴木少佐 1936/12/1 艦長-初霜艦長-聯合艦隊(第1艦隊)参謀-第7戦隊先任参謀-第11戦隊先任参謀
5代 塚本太郎 少佐 1937/12/1 艦長-初霜(若葉)艦長-長月艦長-艦長(戦没時戦死)
6代 本倉正義少佐 1939/10/15 文月(長月)艦長-初霜艦長-夕艦長-時津風艦長(戦没)-木曾副長-波艦長
7代(兼) 中脩一 少佐 1940/8/20 菊月(初春)艦長-菊月(初霜)艦長-山風艦長(戦没時戦死)
8代 少佐 1941/9/10 羽艦長-初霜艦長-軍務局員-装員長/艦長
9代 入戸野篶生 少佐 1942/11/28 艦長-初霜艦長-秋雲艦長(戦没時戦死)
10代 少佐 1943/11/11 松風艦長-初霜艦長
11代 酒匂少佐 1944/8/25 海風長-沢艦長-初霜艦長(45.7.30戦没)

時雨【しぐれ】(白露型駆逐艦2番艦): 【原隊】第9駆逐隊(横須賀)→第27駆逐隊(佐世保)

【造船所】浦賀船渠 【進1935.5.18 【就役】1936.9.7 【籍】横須賀→佐世保
【履歴】〈横須賀〉第9駆逐隊→〈佐世保〉第27駆逐隊21 【編入】1944.11.15
【戦没】1945.1.24(潜水艦マレー半島コタバル東方 【除籍】1945.3.10

艤装員長/駆逐艦長

氏名 着任日 略歴・備考 ( )は兼職で務は前置
装員長 杉野修一 少佐 1935.8.27 艦長-菊艦長-弥生艦長-太刀艦長-時雨装員長/艦長-綾波艦長-木曾副長-川内副長-22-11駆-球磨艦長-大艦長-長門艦長
初代 1936.9.7
2代 横井少佐 1936.12.1 艦長-朝風艦長-時雨艦長-朝潮艦長-江風艦長-朝潮艦長-陽炎艦長(退官後病死)
3代 緒方 少佐 1938.12.15 時雨艦長-有明艦長-磯波艦長-艦長-木曾副長-秋月艦長
4代 金田清之 少佐 1939.4.1 水無月艦長-菊月艦長-時雨艦長-潮艦長-新装員長/艦長(戦没時戦死)
5代 瀬尾少佐 1941.9.1 艦長-艦長-兵学校教官(監事)-凪艦長-時雨艦長-涼月艦長(損傷時戦死)
6代 山上三雄 少佐 1942.11.20 第9号掃海艇長-如月艦長-沼艦長-時雨艦長
7代 西野少佐 1943.12.8 17号掃海艇長-凪艦長-高雄警備府副長(参謀)-時雨艦長-装員長/艦長
8代 荻原少佐 1944.12.1 愛宕長-時雨艦長(45.1.24戦没)-初装員長

朝霜【あさしも】(夕雲型駆逐艦16番艦): 【原隊】第31駆逐隊(横須賀)

【造船所】永田造船所 【進1943.7.18 【就役】1944.1.27 【籍】横須賀鎮守府
【履歴】第31駆逐隊→第2駆逐隊21駆逐隊 【編入】1945.2.10
【戦没】1945.4.7(襲/天一作戦・坊ノ岬戦) 【除籍】1945.5.10

艤装員長/駆逐艦長

氏名 着任日 略歴・備考
装員長 前川二三郎 中佐 1943.11.1 如月艦長-羽艦長-朝霧艦長-夕艦長-(臨時)朝霜装員長/艦長-舞人事部員
初代 1944.1.27
2代 杉原与四郎 中佐 1944.1.27 雁艇長-友艇長-朝顔艦長-皐月艦長-初雪艦長-五月雨艦長-朝霜艦長(45.4.7戦没時戦死、大佐)

霞【かすみ】(朝潮型駆逐艦9番艦): 【原隊】第18駆逐隊(呉)

【造船所】浦賀船渠 【進1937.11.18 【就役】1939.6.28 【籍】呉鎮守府
【履歴】18駆→9駆(18駆)→7駆→21 【編入】1945.3.10
【戦没】1945.4.7(襲・自沈処理/天一作戦・坊ノ岬戦) 【除籍】1945.5.10

艤装員長/駆逐艦長

氏名 着任日 略歴・備考 ( )は兼職で務は前置
装員長 政七 中佐 1938.12.15 松風艦長-如月(睦月)艦長-艦長-横須賀防備隊長-装員長/艦長-狭艦長-磯風艦長-多摩副長-学校副官-筑摩副長-27駆(春雨戦没時戦死)
初代 1939.6.28
2代 磯久研磨 中佐 1939.11.15 夕顔艦長-佐世保港務部員・副官-長月(水無月)艦長-有明艦長-狭艦長-艦長-磯風艦長-第11-八丈艦長-4駆(舞風戦没時戦死)
3代 戸村清 中佐 1940.11.15 艦長-沢艦長-艦長-白雪艦長-艦長-満潮艦長-谷風艦長-6駆(電戦没により解散) 戦後 大泊艦長-葛城臨時艦長
4代(兼) 友重 中佐 1942.8.20 防備隊副長(薄艦長)-同(大潮//不知火艦長)
5代(兼) 幸七 中佐 1942.9.10 艦長-睦月艦長-三日月艦長-子日艦長-狭艦長-大潮艦長-大潮(/不知火)艦長-艦長(戦没時戦死)
6代(兼) 山名寛雄少佐/中佐 1942.11.15 艦長-艦長(戦没)-大潮(不知火//初春)艦長-(不知火/初春)艦長-艦長(43.5.20兼務解消)-冬月艦長
7代 1942.12.20
8代 松本 少佐 1945.3.1 艦長-夕月艦長-艦長(45.4.7戦没)-第22突撃隊副長

年表

1933年9月20日 一等駆逐艦初春型駆逐艦1番艦「初春」佐世保軍工にて、同2番艦「子日浦賀船渠にて工。第二一駆逐隊(二代)編成。
1934年9月27日 初春型駆逐艦4番艦「初霜」、浦賀船渠にて工。21駆に編入。
10月31日 初春型駆逐艦3番艦「若葉」、佐世保軍工にて工。21駆に編入。編成完結
11月15日 第一艦隊第一水雷戦隊旗艦「阿武隈 21駆、9駆(後の27駆)22駆、29駆、30駆)
1937年11月15日 佐世保鎮守府予備艦(初春型の復元性不良や第四艦隊事件の教訓を受けた大規模修)
1938年12月15日 第一艦隊第一水雷戦隊(旗艦「川内」2駆、9駆(後の27駆)、21駆、24駆)
1939年11月15日 支那方面艦隊第二遣支艦隊第15戦隊 印占領作戦等に従事
(「子日」は西原機関線局業務を担う)
1940年11月15日 第一艦隊第一水雷戦隊(旗艦「阿武隈」 6駆、21駆、27駆、17駆(7駆、一航戦へ))
1941年12月 8日 真珠湾攻撃阿武隈17駆(2戦から18駆)及び「秋雲」が随伴するが、21駆、27駆は内地に残る
1942年1月 船団護衛しダバオに入港。1月24日ケンダリ攻略戦(第一根拠地部隊 旗艦「長良」、15駆〈潮・黒潮親潮潮〉16駆〈雪風時津風天津風初風〉)に際し、「長良」と「初春」が接触事故。「長良」に代わり「初霜」が旗艦を務める。(「長良」は単独、「初春」は「子日」「若葉」が護衛し撤退)
2月 バリ攻略戦 ABDA艦隊と交戦した8駆〈朝潮大潮荒潮満潮〉に「長良」「子日若葉初霜」が加勢。
5月 一水戦(旗艦「阿武隈」。隷下6駆、21駆)は北方域へ(旗艦「那智」)
6月 阿武隈及び21駆、アッツ攻略作戦
7月4日 子日」戦没(生存者は「電」が救助)。7月31日除籍(同日18駆「」戦没。「」「不知火」大破。18駆解散。)…編成【初春若葉初霜
10月17日 初春」「」、横須賀キスへの輸送任務中に米軍機による爆を受ける。「」戦没。「初春」が生存者救助後退避中に悪スクリューを損傷。「若葉」が航、「初霜」が護衛。「初春」は舞にて翌年9月末まで修理
19433月 アッツ戦 「若葉」「初霜」、「那智」「摩耶」直衛として参戦。
4月1日 第一水雷戦隊は第五艦隊に転籍
7月 キス撤退作戦
旗艦「阿武隈軽巡木曾駆逐艦島風朝雲、薄秋雲夕雲風雲長波若葉初霜五月雨海防艦後」、2度に渡る挑戦の末、キス占領部隊の撤収を成功させる
1944年1月1日 連合艦隊附属に転籍 初霜は16駆(のち17駆異動)雪風らと空母千歳瑞鳳龍鳳」などの護衛に従事(トラウトを倒した31朝霜らからの支援要請を受け東山丸護衛を引き継ぐ、など)
初春若葉3月頃より北海道周辺の護衛任務に従事。
6月 20マリア戦 「初霜」は速吸ら補給部隊護衛(卯月雪風夕凪・栂)
初春若葉」は硫黄島輸送作戦に従事
8月10日 第一水雷戦隊に復帰
10月 第五艦隊(那智阿武隈・18駆・7駆・21駆ら)、台湾沖航空戦残敵掃討命を受け出撃するが敵勢健在につき交戦せず奄美大島に撤退。
10月24日 台湾からマニラへの輸送任務を終え志摩艦隊への合流中に「若葉」戦没(12月10日除籍)。「初霜」第二に被弾。(21駆は一水戦本隊への合流を断念したのでレイテ沖海戦に参加せず。)
11月1日 第2次多号作戦 一水戦(旗艦「[4]沖波・潮・初春初霜)が補給艦を護衛。
11月11日 第3次多号作戦 二戦(旗艦「島風[5]波・初春)。第4次作戦に参加し帰還中の二戦所属(長波朝霜・若)が一水戦からの応援である初春と交代。朝霜を残し全艦戦没。
11月13日 ニラ襲。「初春」戦没。451月10日除籍。残存艦(初霜朝霜、潮、)はマニラを脱出。ブルネイへ移動。(移動中、「初霜」は第五艦隊部が便乗。将旗を掲げる。)
11月15日 戦27駆より「時雨」を編入…編成【初霜時雨
11月20日 第一水雷戦隊解散。所属艦は第二艦隊第二水雷戦隊に転籍。
12月 雲龍」・21駆(時雨)ら「緊急輸送任務」に従事中雲龍」戦没、時雨故障により修理入渠。
矢矧17駆・21駆(時雨)、ヒ87船団・龍鳳護衛任務を受ける(矢矧雪風修理機関不調により随行できず。時雨浜風磯風が随行)。
21駆(初霜)、7駆()らと妙高護衛任務中、妙高潜水艦の攻撃により航行不能に。羽黒航を依頼。当作戦中に、二部より礼号作戦参加のため護衛を離れるよう命を受け、妙高護衛は初霜海防艦が引き受ける。(朝霜ら、25日~礼号作戦
1945年1月24日 時雨」ヒ87船団護衛中に戦没。
2月10日 解散した2駆より「朝霜」を編入。…編成【初霜時雨朝霜
2月15日 「北号作戦」発動。4航戦(日向伊勢大淀)、21駆(朝霜初霜)、7駆()は資を搭載して本土に事帰還。(帰還後、二戦旗艦はから矢矧へ)
3月10日 7駆より「」編入。…編成【初霜朝霜】〈「時雨」除籍〉
4月7日 坊ノ岬
朝霜」 - 機関故障により隊列より落艦載機による爆を受け沈没。総員戦死と推定。
」 - 艦載機により機関部を損傷、航行不能41駆「冬月前艦長が冬月艦長)により生存者移乗後自沈処理。
初霜」 - 戦死者なし、戦傷者数名。沈没した「矢矧」より二戦首を救助。
   (「初霜」が二戦旗艦を継承。)
4月20日 第二艦隊第二水雷戦隊解散(解散式:初霜艦上)。「初霜」は第十七駆逐隊へ移籍。
5月10日 第二一駆逐隊解散。「朝霜」「」除籍
7月30日 襲。「初霜」、対回避行動中に機に接触して大破着底。9月30日除籍。のちに浮揚され旧舞軍工にて解体。錨は東京都山田記念病院に保存展示)

関連項目

脚注

  1. *末期に編入した「」は呉鎮守府籍、「朝霜」は横須賀鎮守府籍。
  2. *昭和19年1月8月
  3. *後任で最後の艦長があの吉川潔艦長
  4. *この時点で阿武隈は沈没。
  5. *この時点で能代は沈没。

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%AC%AC21%E9%A7%86%E9%80%90%E9%9A%8A%28%E7%AC%AC2%E4%BB%A3%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

第21駆逐隊(第2代)

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 第21駆逐隊(第2代)についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード