ユニコーンオーバーロード 単語

489件

ユニコーンオーバーロード

7.7千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

運命(さだめ)に抗う、幻想戦記――

ユニコーンオーバーロードとは、Nintendo Switchプレイステーション5プレイステーション4Xbox Series X|S など複数機種で発売予定のゲームソフトである。

概要

ゲーム情報
ジャンル シミュレーションRPG
開発 ヴァニラウェア
販売元 アトラス
機種 Nintendo Switch
プレイステーション5
プレイステーション4
Xbox Series X|S
発売日 2024年3月8日
価格
(税別)
8778円(通常版)
13178円(DL版)
17578円(初回限定版)
年齢 CERO C
その他 -
ゲームソフトテンプレート

2023年9月14日配信のニンテンドーダイレクトにて初開。2024年3月8日発売予定。

2024年2月21日switch用の、翌22日にプレステ用の無料体験版が配信され、プロローグ本編序盤(コルニア王編)までプレイ体験版で作ったセーブデータは製品版に引き継ぐ事が出来る。ただし製品版とべて幾つか制約がある。本編に入ると5時間の制限時間が課され、制限時間が尽きると強制終了して引き継ぎ用セーブデータの作成画面に移行、それが終わるとプレイが出来なくなる。またメインクエスト祭の行方」をクリアすると制限時間に関係なく終了となるため遊び尽くしたい人は気を付けよう。他にもレベリングを防ぐためか「古代魔法陣」に5回の回数制限がある。メニュー画面を開いている間は制限時間が減少しない。

十三機兵防衛圏』や『オーディンスフィア』、『ドラゴンズクラウン』を手がけた​アトラス×ヴァニラウェアの20周年記念作品。シリーズ全新規IPでもある。余談だがヴァニラウェアswitch対応作品を出すのは本作が初。

作品の制作コンセプトは「90年代シミュレーションRPGのフィーチャー・継承」。開発スタッフ90年代当時のシミュレーションRPGを貪るようにプレイしていた事、自由度の高いRPGを好んでいた事からこのようなコンセプトに至ったのだという。1990年代名作シミュレーションRPGを思わせるゲームシステムに加え、2Dで構成された広大フィールド自由に冒険することが可クリア時間は、メインクエストだけを追った場合は50時間程度、サブクエストもこなした場合は100時間以上としている。社内でテストプレイをしたところ、1人だけ40時間でクリアした人がいたらしい。開発くボリュームが多すぎる事から周回プレイは想定していないとしている。

キャラクターは総勢100人以上が登場。このうち仲間になるキャラクターは60人以上存在している。物語舞台となるフェブリ大陸にはコルニア王ドラケンガルドエルヘイムバストリアアルオンからなる5つの国家があり、人間エルフ獣人天使といった様々な種族が見られる。「特定の人物がいると仲間にならない」といったキャラクターは存在せず一周から全員仲間にできる模様。ただし、「仲間になりそうな人物を処刑する」といった明らかに取り返しのつかない選択肢を選んだ場合はその限りではないらしい。「〇〇を仲間にしていないから△△仲間にならない」というケースもある。勧誘するか処刑するかの選択肢は慎重に選んだ方が良いだろう。

兵種は60種類以上存在するため、戦略の幅もかなり広くなっているようである。開発インタビューでは14世紀頃の欧州の雰囲気をファンタジー世界に落とし込んだとしているが、その時代にはもういはずのグラディエーターを敢えて出したり、逆に世界観に染まないという理由では出さない、といった独自の味を加えている(初期段階ではマスケット銃を持った兵士を出す予定だったらしい)。キャラクターロストの要素はので安心だが撃破されるとその戦闘では使えなくなる。

今時しい、ポリゴンを一切使用していない全な2D作品。戦闘や会話シーンでは病的なまでにキャラクターがヌルヌル動くためクオリティの高さがえる。戦闘ではに騎乗する兵士がいるのだが、室内やアレインの横でに乗っているのは不自然だという事で実質2倍の労を掛けてから降りた立ち絵バージョンも用意するなど、細部までキッチリこだわって製作されている。開発インタビューによると「グラフィックの枚数は過去最大規模の量」「こだわって全員作った」との事。開発期間がダントツに長かったからこそ実現した作り込みと言えるかもしれない。

この他、開されているPVでは、採掘するミニゲームや、ヴァニラウェア染みの「ヴァニラめし」も確認できる。初回限定版モナークエディション」にはゲーム本体に加え、アートブックミュージックアルバムオリジナルボードゲームが付属する予定。ボードゲームに関してはホビージャパンに製造協を仰いでいる。また2024年4月2日公式攻略本(税込み2750円)が発売、計352ページに及ぶ大ボリュームを誇る。巻末には公式サイトに掲載されたシステム解説漫画が収録される。

ゲームシステム

プレイヤーコルニアを追われた亡王子アレインとなり、フェブリ大陸を制圧したゼノイラ帝国と戦いながら占領地域を解放、最終的には皇帝レリウスを討つ事を的とする。撃破した盗賊団のボスや敵将の処遇、進軍路、ユニットの編制、戦術などは全てプレイヤーの判断に委ねられるため自由度が高い。

戦闘・支配地の解放仲間集め・資材集め・育成などをこなしながら、メインクエストクリアして物語を進めてゆく。その際にどの順番で攻略していくか、をどのタイミング仲間にするかといった順序や方法は定められておらず、どういった展開になるのかはプレイヤー行動次第で変化。仮に戦差が大きい危険な場所へ進軍しようとした場合は仲間事前に警告してくれるので安心。フィールド広大だが、マップ画面から各場所にワープ出来るので煩わしい移動の手間はい。

戦闘面

敵の占領地域に入ると画面がくなる。ゼノイラ軍や盗賊団の占領地域を探索する際、フィールド上には敵兵がしていて接触すると戦闘が生起する。判定勝利の場合は一定時間敵兵が動かなくなり、倒し切って完全勝利した場合は敵兵シンボルが排除されて探索しやすくなる。逆に敗北すると近くの拠点まで戻されてしまう。敵兵シンボルとの戦闘は、後述の「ステージ」における戦闘1回を切り取ったもので、自軍と敵軍の実差を図る安となる。

占領地域に表示された「ステージ」のアイコンに触れると、その地域を占領する敵部隊との交戦が始まる。「ステージ」で勝利を収めると解放となり、地域にあると砦が解放軍の勢圏へ入るとともに敵兵シンボルが全て消滅し、安全に探索出来るようになる。またの住民や自軍の兵士フィールド上に現れて会話が行える。

戦闘ヴァニラウェアらしい2D・サイドビュー視点で表現され、2Dで描かれたキャラクターたちが滑らかに、そして画面狭しと動き回る。「ステージ」での戦闘では、兵種と種族の異なる仲間たちを自由に組み合わせたユニットを出撃させ、カーソルで進軍路を決定して敵部隊と交戦させる。敵もまた解放軍の本拠地を占領するべく進軍してくるため、戦況はリアルタイムで変化していく。フィールドにはや見り台、といった建物があり、これら建物に駐留するとスタミナ減少効といった恩恵が受けられるのだが、それらはもっぱら敵に占領されているため奪取が前提となる。

交戦状態に入るとあらかじめ設定した「作戦」に則って仲間行動。各キャラクターAPPPの数値を持っており、それらを消費して攻撃や回復を行う。作戦では「HP〇〇以上で攻撃」「HP〇〇以下で回復」といった細かな命が可戦闘の勝敗はHPの多寡で決まる。HPが少ない方が敗北となり、弾き飛ばされて「ウェイト状態」と化す。その状態で戦闘を挑むと先制攻撃を仕掛けられる。またユニットにはスタミナ概念があり、勝敗に関係なく1消費する。0になると行動不能になってしまうため、拠点に戻して休息させる必要があるのだが、この防備な状態で敵に攻められると一方的に殴られる。このスタミナ制で1ユニットだけによる無双が難しい。ただで居座ればスタミナが減らなくなる上、回復も出来るので上手く使いこなしたい。ステージの制限時間をえたり、味方拠点が制圧されるとゲームオーバーになる。こうなると「フィールド上で採集出来るコルヌのを使用してその場で復帰」「ロードする」「ステージをやり直す」といった選択肢が出る。

ちなみに倍速戦闘画面スキップがきちんとあるのでサクサクと進められる。

戦闘勝利するためには知略だけでなくキャラの育成も必要となる。勲章を消費する事で上級クラスへ昇格する「クラスチェンジ」を行え、ステータスの上昇やスキルの追加といった恩恵が受けられる。他にもフリーステージ古代魔法陣」では何度でも兵士と戦えるためレベリングが可。ここでは育成アイテム南書も得られる。

難易度が「CASUAL(カジュアル)」「NORMAL(ノーマル)「TACTICAL(タクティカル)」「EXPERTエキスパート)」の4段階用意されている(体験版には「ノーマル」は存在しない)。山本プロデューサーく、90年代キャラクターロストするような高難易度作品をたくさん遊んでいた人は、初見プレイ時から「エキスパート」がおすすめとの事。「タクティカル」と「ノーマル」は普段からSRPGを遊んでいた人向け、「カジュアル」は難しい事を抜きにして物語スムーズに進めたい人向けとしている。難易度メニュー画面からいつでも変更可。また、オンライン対戦要素も実装されており、ほかのプレイヤーアップロードした部隊と対戦することが可

探索面

解放されたばかりのは、これまでのゼノイラ軍の占領で荒しているため、フィールド上に落ちている資材を集めて復させる必要がある。復が進むとの機が増えてを出せるようになったり、守備兵を配備出来るようになる。守備兵を配備するとクエストクリアするたびに報酬が貰える上、守備兵にしたキャラ戦闘にはきちんと参加してくれるので、どしどし配備しよう。砦では味方部隊との模擬戦、名を使ってユニット編制の増加、勲章を使って傭兵の雇用が行える。傭兵は言わば名前付きのモブキャラで、足りない兵種を補うのに使われる(名前の見たなどは自由に決められる)。

フィールドでは概念がある。午前5時30~17時29分までが17時30分から午前5時29分までがの扱い。分数が驚異の速さで進行するため現実世界では数分ごとにが入れ替わる。画面右上アイコンで時間帯が分かる他、になると若干暗くなる仕様メニュー画面では時刻も表示されている。インタビューではそれぞれにしか発生しないイベントがあると明かされた。ちなみにアレインは人なのでぶっ通しで活動しても問題なく、間に強な敵が出現するといった要素もいため、せいぜいBGMと見たが変わる程度である。

親密度

特定キャラ同士が同じユニットを組んで戦闘を行うと密度が上げられる。に駐留する守備兵に贈り物をしたり、都市の宿屋で一緒に食事する事でも増加していく。密度が一定以上に達するとフィールド上にイベントアイコンが設置され、を深める会話が挿入される。仲間同士では限られた組み合わせしかないが、アレインのみ全員との密度イベントが用意されているため、お気に入りの仲間を深めたい場合は積極的に彼と出撃させよう。密度が高い者同士で組ませると編成ボーナスも得られる。

密度を最大まで上げると「契約儀式」をお気に入りの一人だけと結ぶ事が出来る。

ストーリー

巨悪の手に堕ちた世界の命運は亡王子指輪に託された―

五つの国家からなるフェブリ大陸

コルニア王でのヴァルモアの反乱によって巻き起こった戦火は やがて大陸全土を覆い尽くし世界を支配する。 

主人公は亡コルニアの王子として生き残り、 解放軍を率いることになったアレイン。 伝説の「一角獣指輪」を手に、民を導くため、自軍の旗を掲げる。

キャラクター

アレイン CV浦和
王位継承者としてが彼らを救わなければ。そして、亡きのためにも」
コルニアの王太子でイレニア女王息子。幼い頃、ヴァルモアの反乱でイレニアを失い、ジョセフと共にパレヴィへ逃れる。以後や軍隊戦術を学び十七歳まで育ってきた。(公式サイトより)

本作の主人公。10年前にヴァルモアの反乱で滅亡したコルニア王王子王位継承者。アルオン領パレヴィで身を隠しながら決起の時を待っていたが、ゼノイラ軍が攻めてきたのを機に解放軍の旗頭となり、フェブリ大陸奪還の狼煙を上げる。実かつ仲間想いの性格で部下からの信頼も厚い。手には亡きから託された一角獣指輪が握られている。
スカーレット CV直田姫奈
「パレヴィア正教の祭としてになれるよう頑るわ」
レヴィ大聖堂に務めるパレヴィア正教の祭で、アレインの幼馴染。幼い頃から修行を積み若くして 祭に就任した。アレインの立ちに伴い、共にから出る。(公式サイトより)

アレインたちが逃げ込んだパレヴィにて出会った若き祭。序盤の数少ない女性キャラである。一角獣を崇めるパレヴィア正教に所属し、魔法攻撃を得意とする。決起後は解放軍に所属。
 
レックス CV入野自由
今日が勝たせてもらうぜアレイン!」
レヴィで生まれ育った若者アレインの幼馴染。漁師のを持ち、ともにジョセフから技を学ぶ。アレインの立ちに伴い、共にから出る。(公式サイトより)

アレインと切磋磨する同年代の友。彼とは固い友情で結ばれている。決起した後は解放軍に加わって共に戦場を駆け巡る。高い所に上るのが好き。
 
ジョセフ CV山路和弘
アレイ殿下コルニア王未来は私が守ります」
コルニアの聖騎士。十年前のヴァルモアの反乱の際にイレニアよりアレインを託され、パレヴィへ逃れる。以来、解放軍の準備を進めてきた。(公式サイトより)

忠実なる老騎士アレインとともにパレヴィへ落ち延びた後、彼に読み書きや剣術を教えた。それと並行して旧コルニア領内へび込んで解放軍の準備を進める。老いてもなお非常に優秀な騎士であり、彼のみ加入時よりレベル20に設定されているためぶっ壊れ性となっている。
 
イレニア CV甲斐田裕子
「滅びの運命はこの私が引き受ける」
コルニアの女王。文武に優れた威厳ある王として、大過なく大コルニアを統治してきた。反乱を防ぎ切れぬと悟ると、一子アレインをジョセフに託した。(公式サイトより)

アレインの実。彼の実な性格は母親譲りのようだ。ヴァルモアの反乱に抗し切れぬと判断するや、7歳の息子アレインをジョセフに託して脱出させ、自身は僅かな手勢を率いてヴァルモアに挑んだ。生死不明。チュートリアルでは彼女部隊を操作する事になる。
 
レリウス CV玄田哲章
はこのフェブリ大陸の支配者ゼノイラ皇帝の末裔。かつての領土をが手に取り戻す。それだけのことだ」
新生ゼノイラ帝国皇帝。元はコルニアの将軍でヴァルモアと名乗る優れた武将だったが、突如反乱を起こす。コルニアをし、新生ゼノイラ帝国す。(公式サイトより)

反乱を起こして王位を簒奪した元コルニアの将軍。かつて世界の半分を支配し、高度な文明と技術を有していたが災いにより僅か一日で崩壊した大帝国ゼノイラ、その皇帝の末裔を名乗る。圧倒的軍事と人心を惑わす術でく間に大陸全土を制圧した。

余談

企画スタートから発売までの苦難の道のり

企画の立ち上げから発売まで要した時間はちょうど10年間

ドラゴンズクラウン』の開発が終わった2013年頃、ディレクターキャラクターデザインの野間崇史氏が神谷盛治社長に「シミュレーションRPGを作りたい」と意見具申したところ、開発プロジェクトが立ち上げられた。この時はまだスタッフ同士で構想をり合うだけで開発は一切行っていなかったが、ある日社長から「明後日アトラスさんに行くから企画書を書いておいて」と無茶ぶりを受け、中西渉氏とともに死に物狂いで完成させた企画書(インタビューによると2014年3月7日の日付が入っていた)を提出。アトラスから発売される事が決まった。この時、『朧村正』のDLC製作と『オーディンスフィア』の仕様書作りも同時進行しており、スタッフはメチャクチャ苦労したという。

朧村正』のDLC完成した後は『オーディンスフィア レイヴスラシル』の開発に着手。開発の裏で『ユニコーンオーバーロード』の構想を少しずつ固めていたが、本格的に開発が始まったのは『オーディンスフィア レイヴスラシル』が完成した2016年頃だった。神谷社長が「プロジェクトを2ライン動かしたい」と発した事で本作は『十三機兵防衛圏』との同時製作となる。スタッフの3分の2が『十三機兵防衛圏』を担当したため、『ユニコーンオーバーロード』は残りの3分の1以下、つまり10人程度で細々と開発していたという(内訳はディレクター1人、企画2人、プログラマー2人、デザイナー3人、背景デザイナー3人)。

2019年に『十三機兵防衛圏』が発売された事でスタッフが合流して全社体制に移行。当初キャラクターデフォルメされた等身の低いものだったが、背景に合わないとして全て破棄している。また仲間に出来るキャラは20~30人くらいを想定していたものの、開発途中から構想が膨らんで60人以上に増えたため、アフレコに1ヶ半も掛かったとか。2021年頃までは製品版のような自由度はく、一本道シナリオを野間氏が1年かけて書き上げていた。ところが「次に戦うための理由付けばかり話している」と違和感を覚えたため、ちゃぶ台返しをしてシナリオ白紙に戻したところ、「これなら全部自由にした方が面くね?」という考えに至り、1ヶ間の実験期間を経て進軍路を選べる形式となった(一部使い回せそうな所は流用している)。

スタッフたちが詰め込みたいものを片端から詰め込み、「とにかく面くしたい」「ユーザーが楽しめるものを作りたい」と追求した結果、最初は50時間を想定していたプレイ時間が100時間以上に膨れ上がった。したがってデバックも大変だったらしい。心血を注いだからか野間氏は「思い残す事はあまりない」と本作についてっている。

関連生放送

関連リンク

関連項目

この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

  • なし

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
紲星あかり[単語]

提供: アニメ(ニワカ)オタク

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/23(火) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/23(火) 12:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP