単語記事: さんをつけろよデコ助野郎

編集

さんをつけろよデコ助野郎(-すけやろう)とは、大友克洋原作監督1988年劇場アニメ映画AKIRA』における台詞である。

概要

大友克洋の作品の『AKIRA』の主人公である金田正太郎不良リーダーであり、かつて友人で舎分だった雄と敵対することになる。

とある事件がきっかけで超能力覚醒した雄は、その凄まじいによって金田を屈伏させようとするのだが、直接対決の際に金田を呼び捨てにしたことで、件のセリフを浴びせられることになる。

金田ァ また心配しちまったぜ? またベソかいて泣いてんじゃねェかと思ってよ」

雄「金田お前障りだったんだよ… ガキの頃から何をするにもお前図しやがる。
    いつも子供扱いだ…どこにでも出てきてボス面しやがる!!」

金田「おめェもボスになったんだろぉ?この瓦礫の山でよぉ」

雄「金田ァァ!」

金田さんをつけろよデコ助野郎

雄「死~~ねェ~~~~!!!」

これが転じて、本来「さん」付けすべきとされるキャラが呼び捨てにされている場面でネタとして発せられるようになった。おこの有名な台詞映画版のみで、原作である漫画の同場面の台詞は「なんか用か!?」である。

なお、英語版だと“That's"Mr.KANEDA"to you,PUNK!”となる。日本語字幕では「"さん"をつけろよ デコ助野郎ォ」と若干表記が違う。

的には「デコ助」とは東京弁(方言)であり一般に言うところの「でこっぱち」、ようするに額の広い人のこと。ハゲわ!

ちなみに

AKIRA』という漫画タイトル元ネタである世界的に有名な映画監督黒澤明は、新人のキャメラマンやスタッフをよく「でこすけ」と呼んでいたらしい。後年同じく監督としてデビューした子の木村大作く、ようやく名前で呼ばれるようになると、「ああ、黒澤監督から信頼されたんだ」と感したとか(他のスタッフも同じようなことを言っている)。

このほか、義者として知られる黒澤は、俳優がうまく演出通りに動かず怒り心頭となった場合「デコ助!」と罵倒したという。もうこの「デコ助」が出ると本当に収拾が付かなくなり、「とても怖くて迫があった」と俳優を恐怖させていたという。

関連動画

金田雄の声優岩田光央佐々木望)による再現というかセルフパロ。「デコ助野郎」のやり取りは1:09~。

お絵カキコ

さん付けで呼ぶことが推奨される実在の人物・架空の人物

うっかり「さん」を付けずに読んでしまったらさんをつけろよデコ助野郎と言われるおそれのある人物を紹介する。

表記は五十音順、敬称略

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行

アルファベット

その他

記載の目安
  • 他の登場人物の大体がさん付けで呼ぶ
  • ファン何故かやたら慕われている、もがそう呼ぶ
  • (敬称までが名前の為)呼び捨てにしがち
  • ネタ
記載しない目安
  • 言うほどさん付けで呼ばれてない、他のあだ名のほうが一般的
  • さん付けするのは間違い
    (例えば「となりの関くん」の登場人物は『関くん』ではなく『関俊成』であるため『“関くん”さん』では二重敬称である。)

さんを付けなくてもデコ助野郎とは言われなさそうなキャラクター

表記は五十音順、敬称略

さんを付けると訂正される可能性がある人

NHK『さかなクン』ツイート問題

2010年12月15日21時59分、「NHK広報局(NHKについてユルく案内)」がツイートした「さかなクン!ヽ(*´∀`)ノ」に、多くの人がリプライを返した。その言葉はもちろん、「さんをつけろよデコ助野郎」である。

余りもの大量のリプライに、NHK広報局は22時18分に慌てて追記、「先ほどのツイートで、さかなクンさんを、さかなクンとお呼びしてしまいました。たいへんな失礼をいたしました。申しわけありません。お詫びして訂正いたします。何卒ご容赦ください。」と謝罪を述べた。

そしてその一時間後、「さんを付けろよデコ助野郎」の意味を知り、「「さんをつけろよ、デコ助野郎」って、そういうことだったのか・・・ううう・・・知らなかった・・・(>Д< ;) みんなひどい・・・」となった。

この件により、さかなクンに「さん」をつけるかの問題が上がったが、それ以外に別の問題が上がっていた。

さんをつけろよデコ助野郎」の意味を分からないままに、「現代の若者は……」などと批判文章を書いた人たちが大量に出てきたのである。元ネタを知らずに批判を重ねた人々がいた他にも、報道などでは「さんをつけろよデコ助野郎」を一切書かずに記事にしたものもあり、さらに誤解を生む結果となっていた。

共の場(ツイッター上とはいえ)でのネタリツイートやそれに対する対応、またそれによって生じてしまった誤解報道等、「共の場」と「ネット内のネタ」の線引き、誤った情報による記事作成などは注意すべき点ではないだろうか。

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%81%95%E3%82%93%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%91%E3%82%8D%E3%82%88%E3%83%87%E3%82%B3%E5%8A%A9%E9%87%8E%E9%83%8E
ページ番号: 1013862 リビジョン番号: 2111554
読み:サンヲツケロヨデコスケヤロウ
初版作成日: 09/01/19 00:20 ◆ 最終更新日: 14/11/05 16:58
編集内容についての説明/コメント: NHK『さかなクン』ツイート問題について加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


クスリはあるかい?

けr

さんをつ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

さんをつけろよデコ助野郎について語るスレ

566 : ななしのよっしん :2014/10/05(日) 01:23:38 ID: cmZOxjHMqg
ちゃん子ちゃんさん
567 : ななしのよっしん :2014/10/10(金) 11:06:02 ID: wizhC+QD63
しまっちゃうおじさんとか不意打ちすぎたわw
568 : 沢渡シンゴの取り巻き3人組 :2014/10/19(日) 21:22:24 ID: ggkGOIOWcx
沢渡さん、マジ強すぎっすよ!
569 : ななしのよっしん :2014/11/02(日) 09:22:34 ID: 4ppYY35YYd
なんにでもこのフレーズ使って持ち上げようとするのがやすっぽい
570 : ななしのよっしん :2014/11/03(月) 09:36:37 ID: c2NVTb2JsS
>ちなみにこの件に関して誤解記事などを書いた人々のほとんどは、自分のミスを一切訂正していない。こちらの方が「現代の若者は・・・」などと批判する以上に批判を受けるべきではないのだろうか。

ギャグかな?
本気で書いてるとしたらに深刻なレベルの障があるとしか思えないんだが。

いくらユルいツイートが多かったとはいえ仮にも共の場所、しかも一般人も大勢見にくるだろうNHK関連サイトで、オタネタぶっ放すだけならまだしも通じなかったから逆ギレで開き直るとか・・・前頭葉腐ってんのか?
知らん人からすりゃまさしく「ただの理不尽な罵倒」だろうに誤解もクソもあるかよ。
571 : ななしのよっしん :2014/11/05(水) 17:03:16 ID: kmXVe8AcQK
さかなクン問題のとこはひとまず当たり障りのない記述にしといたぞ・・・なってるよね?
572 : ななしのよっしん :2014/11/07(金) 15:16:45 ID: U6UUVmLAIM
当たり障りのい文章なんてでも書ける
これだから現代の若者は……
573 : ななしのよっしん :2014/11/11(火) 05:42:59 ID: UlHQWT1I7B
勇者部の東郷さん
574 : ななしのよっしん :2014/11/22(土) 08:58:55 ID: lEJ4+WN7EM
むろみさんい…だと…
575 : ななしのよっしん :2014/12/08(月) 18:05:47 ID: x9r7cPGw2W
アルジェヴォルンシーカーさん
グニャラくんの本が出ました!
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015