完璧・無量大数軍単語

パーフェクトラージナンバーズ
7.3千文字の記事
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

完璧・無量大数軍とは、漫画キン肉マン』に登場する組織である。読みは「パーフェクト・ラーナンバーズ」。

概要

完璧超人の中でも精鋭とされるチームで、完璧超人リアル・パーフェクトちょうじん)を名乗る。
完璧超人導者である超人閻魔を守る衛隊であり、この世に悪がはびこる時に出撃して世界を守る役割を担う。
実は超人閻魔自身が変名でチームに参加しており、普段表に出られない超人閻魔が活動するための隠れ蓑になっている。
(もともと超人閻魔完璧超人始祖を率いて堂々と出撃していたのだが、なぜ隠蔽する事になったのか、理由は明らかにされていない)

不老不死体を与えられており、彼らの戦いは永遠に続く。
代わりに、一度でも負けたらその場で自害しなければならないという掟がある。
通常、人たちは戦死しても墓場での労働によって生き返る事ができるが、それも許されない。

超人閻魔が造り上げた人育成システム
0.なんらかの事情によって人間から人になる者もいる。(ジェロニモブロッケンJr.など)
1.下等人は自らを鍛え上げる。戦死しても墓場での労働で復活
2.優秀な下等人が「なる完璧の山」を訪れ、完璧超人始祖ミラージュマンの課す試験に合格したら完璧超人に昇格する。
3.完璧超人となった者はさらに鍛え上げられる。
4.完璧・無量大数軍に選ばれ、永遠に世界を守る戦いに任じられる。
の頂点の段階に位置する、まさに最強人たちである。

メンバー

<完武>ストロング・ザ・武道

剣道着を身に着けた巨人。試合では使用しないが、竹刀も携えている。試合以外では結構よく使う。
外見はかつてキン肉マン達の前に現れたビッグ・ザ・武道とほぼ同様で、初見ではテリーマンも間違えたほど。
正義超人友情パワーを危険視し、また完璧超人ネプチューンマン正義超人悪魔超人と不可侵条約を結んでしまったため、その条約を撤回すべく来襲。悪魔超人ザ・魔雲天との戦いで恐るべき戦闘を見せつける。

その正体は完璧超人導者、超人閻魔ことザ・マン。詳しくは本人の記事を。

超人強度9999パワー
必殺技:<武>砕き、武道岩砕クローの悲劇

<完幻>グリムリパー

キン肉マンらしからぬ、別の漫画から来たんじゃないかと思えるな装束のトリックスター
華奢な体格でスピードテクニック・特殊を用いた戦いを得意とするが、怪力耐久性も異常な強さを秘める。

その正体は完璧超人始祖の一人サイコマン。詳しくは本人の記事を。

超人強度1000パワー
必殺技:<>ファントムキャノン殺法スピア・ドレススケルトンボディ、八つ裂きハット、イグニシオンドレス完璧超人秘奥義サンダーサーベル

<完肉>ネメシス

キン族の戦士で、無量大数軍の中でも一際優れた戦闘を持つ天才
武道からも、完璧超人始祖たちがいなくなってしまった後の完璧超人たちの行く末を任されるほどの信頼を受けている。

その正体はキン肉マンの祖タツノリキン肉サダハル。詳しくはネメシス(キン肉マン)の記事を。

超人強度:6800パワー
必殺技:<>バトルシップシンクネメシスドライバーペルフェクシオンバスターアロガント・スパーク

<完力>ポーラマン

マンモスマンを彷彿とさせる巨体の人。
<>の称号に違わず異常な攻撃の持ちで、対戦したウォーズマンは一撃喰らうたびに装甲がひしゃげ、ひび割れるというこれまでにない描写が為されている。アビスマンガンマンといった完璧超人始祖を除けば最強クラスパワーであり、それまでの最強格の強マンモスマンや、超人強度8000万パワーにまで成長したバッファローマン突したらどうなるのか想像するのが楽しい。
ウォーズマンとの対戦はまさに仮想マンモスマンとして、ウギャアだのござーいだのといった過去トラウマをひとつひとつ丁寧にする長丁場の戦いになった。

ダメージを受ける時の顔がやけに可愛いクマさんだからか。

超人強度7200万パワー
必殺技:<>マッキンリー颪、ポーライル固め

<完恐>ピークア・ブー

当初は「でかい赤ん坊」といった感じのコスチュームと言動であるが、幼児さながらの「学習」で相手の技を学び、同様のテクニックで相手を倒してしまう人。しかし、そのを毎回使うために試合後に武道に「成長前の赤ん坊状態」に戻されており、成長後の彼は不満を感じていた。

キン肉マンとの対戦後敗北したら自害するという掟を拒否。新たな完璧超人の行く末を模索するべくネプチューンマンを救出、共に超人閻魔のもとに馳せ参じる。

超人強度:4200万パワー
必殺技(成長前):ガクシュウ
必殺技(成長後):ビッグベイビーボムキン肉マンから学習した数々の必殺技
<恐>の名が付いた必殺技を使っていないが、武道台詞を考えると学習というか彼の存在そのものが「恐」らしい。
自身の必殺技であるビッグベイビーボムかもしれない。

<完遂>ターボメン

ウォーズマンのような機械人。両腕にはベアクローよりさらにごつい針「リボルバースタッド」を装備する。名前が複数形なので大勢いるのでは、と思わせたが別にそんな事はなかった。
相手の攻撃パワーを体に蓄積し、送り返して自壊させるという特異な戦法を使う。歴代強人の必殺技を次々に繰り出すステカセキングの猛攻は漫画の起爆剤となり、それを返してみせた無量大数軍の強さを引き立てることにもなった。

超人強度4000万パワー
必殺技:<遂>リボルバーフィン遂刺し(コンプリートスティング)、アースクラッシュ

<完裂>マックス・ラジアル

巨体のうえに、両肩に巨大なタイヤを備えた人。仮面がちょっとロビンマスクっぽい。
無量大数軍の襲来時にはさっそくカナスペを殺、正式な試合が始まると一番手のテリーマンを大いに苦しめる。
この戦いの勝利が「引き分けばかり」「タッグ戦でキン肉マンのお供をするだけ」と言われたテリーマンの汚名を払拭した。

超人強度:4800パワー
必殺技ビッグラジアルインパクトドリフトタックル
<裂>の名が付いた必殺技を使っていないが、ビッグラジアルインパクトでまず間違いないと思われる。

<完流>ジャック・チー

蛇口を模したギミック人。
一人称が「輩」、要攻撃が相手に熱湯を浴びせかける突然温泉を掘り当てて蒸気で煙幕る、そのためにピラミッドが崩壊してウォーズマンが生き埋めになり試合開始が遅れる、などなど本人はなのだが面要素満載。
結構手が付けられない強だったが、四次元殺法コンビの活躍の前に敗れ去る。死に際もまた潔く清々しい最期だった。

超人強度3500万パワー
必殺技:<流>フォーセットクラッシャー、ボイリングショット

<完昇>マーベラス

両肩にの首のギミックを備えた人で、ラーメンマンと同じ拳法の伝承者である。の下には、ラーメンマンの額に「中」の字があるのと同様「」の文字が焼き印されている。修行寺の位置や時代が異なるのか、対戦まで両者に面識はかった。
拳法の技量はラーメンマンとほぼ互で、正々堂々の勝負を重んじる態度を見せた。ラーメンマン塩試合ぶりの方がよほど非難されている。

超人強度1800万パワー
必殺技:<昇>双同体飛燕、双・塒固め、四腕

<完掌>クラッシュマン

巨大なトゲ付き鉄板で相手を握り潰す「アイアングローブ」が特徴的な人。そのアイアングローブ、握り潰す内側に本人も入っているというわけのわからん代物である。危なくないんだろうか。
本人もアイアングローブからカーメンに脱出されたことに全く気づいてかった準備万端だとか言いつつ入り口に背を向けてたのでブロッケンJr.の不意打ちにまともに引っかかる、など完璧超人としてはかなり頭アレなところを見せてくれる。逆にカーメンの新技「顔強の術」の破り方を事前研究済みとかなんで知ってんだよという事まで知っている。
とにかくツッコミどころ満載人。

外見からいかにもアイアングローブだけの一発屋かと思いきや、ガメラのごとく手足を引っ込める攻防一体のアイアンディスカス、ちゃっかり足にも小のを装備しているレッグ・アイアングローブなど装備は隙がい。装備は。

「握り潰す」という戦闘方法から悪魔騎士ジャンクマン上位互換キャラかというイメージだったが、後にそのジャンクマン完璧超人始祖ペインマンを撃破するという大金星を挙げたため、今やそんなイメージは全くくなった。

ミスター・カーメンとの戦いではミイラパッケージで危ういところを「機械人だからミイラにされない」と相性の良さで辛くも逆転勝ち。このせいで、それぞれ活躍を見せた悪魔超人たちの中でカーメンだけがまともに活躍できず惨敗という冷遇になってしまった。
どう考えても「あのクラッシュマニアミイラにしてやれ」とかなお告げを下したが悪い。カーメンに謝罪するべきだ。

超人強度3000万パワー
必殺技:<>アイアングローブ、レッグ・アイアングローブ、アイアンディスカス

<完刺>マーリンマン

カジキマグロの姿をした人で、顔の前に長く伸びたカジキ通しで挿し貫く戦法を得意とする。
陸上ピチピチするイメージからか、叩き付けられた時の受け身が得意。マグロのように跳ねる姿はまごう事なき変態

同じ人のアトランティス水中戦で圧倒するものの、執念のタワーブリッジで相打ちに持ち込まれる。まず間違いなく勝てた試合を落とすという試合運びは武道が強く嫌っていたようで、試合後にも叱責された。

超人強度2200万パワー
必殺技:<刺>スピア・フィッシングフライングソードフィッシュピラニアシュート

<完牙>ダルメシマン

ダルメシアン人。もちろん噛み付き攻撃が得意。
その他に速さと柔軟性とわけの分からん予備知識を備え、体の斑点を移動させてでかい弾にして発射するツバを吐いたら中で巨大なシールドになって太陽を遮断思わずの形に似たIの形の裂けを選んでしまいにかかるその裂けは先週までIじゃなくてXの形だったはず(単行本で修正されてしまった)、などなどツッコミどころ満載人。っ当に戦えばっ当に強いと思うんだが……。

超人強度2500万パワー
必殺技:<牙>マッドドッグ・トゥース、マッドドッグ・フリップ、ドッグ・イヤー・クラッシュ

元メンバー

<完狩>ネプチューンマン

もとは541戦541KO勝ちを収めた名の新人ザ・喧嘩男ケンカマン)であったが、自身のあまりの強さが認められなかったためにテムズに身を投げ、ビッグ・ザ・武道との出会いによって完璧超人へと転身。以降、999名の下等人のマスク狩りマントコレクションしていた。

ネプチューン・キングの率いる部隊の表向きのリーダーとして宇宙タッグに参加して多くの正義超人悪魔超人マスクを狩っていくが、キン肉マンテリーマンに敗れる。それからは正義超人友情パワーに理解を示すようになり、王位編でキン肉マンに助したり、三属性不可侵条約を締結したりと融和路線を進む。しかし完璧超人の議会の同意は取り付けていたものの、超人閻魔や無量大数軍は納得していなかったようで、襲撃され捕らえられてしまう。ピークア・ブーに救出されてからはキン肉マンネメシスに助言し、超人閻魔ともよく話し合って明日完璧超人界をより良いものにしようと努する。
試合こそ組まれなかったものの、時折見せる勇姿は二世での老醜ぶりを全に払拭した。究極タッグ編?あれは忘れろ
後にバベルの塔に臨む八人の人代表「リアル・ディールズ」に選ばれ、超神リヴァイアサンと対戦。マグネットパワーや<狩>の技は出さなかったものの、数々の新技を披露して勝利を収め、健在を示した。

超人強度2800万パワー
必殺技喧嘩(クォーラル)ボンバー喧嘩スペシャルダブル・レッグ・スープレックスクロスボンバーオプティカル・ファイバークロスボンバー
<狩>の技はもちろんマスク狩り関連であろう。クロスボンバーが有名だが、実はダブル・レッグ・スープレックスでもできる。
また、キン肉マンを叱励する時には喧嘩ボンバーだけでもマスク狩りができそうな事を言っていた。

<完傑>ネプチューン・キング

正義超人の間では「古代人界最強の男」とり継がれている伝説人。
完璧超人としても、サイコマンから直々にマグネットパワーを伝授される(つまり極秘であるはずのグリムリパーの正体を知っている)という特別待遇を受けている。

超人閻魔ストロング・ザ・武道)とほぼ同じオーバーボディを着用し、ビッグ・ザ・武道として10万年もテムズの底で後継者を待ち続け、その甲斐あってザ・喧嘩男スカウトに成功。完璧超人ネプチューンマンとして味方に引き入れる。

だが後に増長したとしてサイコマンから無量大数軍の資格を剥奪され、手勢を率いて離脱。勝手に下等人に侵攻を掛けてキン肉マンテリーマン敗北し、この事をサイコマンから「最低小物」と貶されている。また、その際の柱攻撃はネプチューンマンから「完璧超人はいかなる場合においても器は使わないのではかったのか」「裏切られた」と糺され、超人閻魔からは「最低行動をした」と幹部の座を奪われている。

彼自身は、なかなか動き出さない無量大数軍よりも、正義超人を攻撃に向かう自分の手勢こそが「完璧超人の本隊」という意識があったようで、「完璧超人首領」を自称していた。一方、無量大数軍からは「先遣部隊」扱いであった。
……そう、これだけの事をしたのに「あいつら破門完璧超人の一員と認めない」ではなく「先遣部隊である」と認められていたのである。柱攻撃にしても「幹部の座から脱落」でしかなく、彼は無量大数軍→完璧超人軍幹部(先遣部隊リーダー)→ヒラ完璧超人へとランクダウンしたものの、完璧超人の一員として在籍しているのである。
王位編でオメガマンに現れ「墓場はいいところだ、お前く来い」とネプチューンマンに復帰を促していたのも、この寛大すぎる特別待遇に恩を感じての事だったのかもしれない……。

超人強度5000万パワー
必殺技メガトンキング落とし、武道爆裂キック、磁気スープレックス、磁気ドライバー完璧超人秘奥義サンダーサーベルマスクジ・エンド柱攻撃
<傑>の技は明らかになっていないが、メガトンキング落としだろうか。

メンバー候補

ジ・オメガマン

本名はオメガマン・ディクシア背中に巨大オメガハンド」を備えた人。
完成度の高い必殺技Ωカタストロフ・ドロップ、応用性の高い特殊Ωメタモルフォーゼを操る。

オメガケンタウル団出身の人「オメガの民」の一人で、太古の昔、祖先が完璧超人始祖によって地球を追われた過去を持つ。墓場への来訪も、を救うためのマグネットパワー研究と、一族の念願であるザ・マンの打倒を胸に秘めての事だった。

完璧・無量大数軍昇格の課題としてネプチューンマン殺を示され、その手段としてキン王位争奪サバイバルマッチを利用。キン肉マンスーパー・フェニックス率いる知性チームの一員となって、キン肉マンチームに参加したネプチューンマンとの戦いに持ち込む。Ωメタモルフォーゼを活かしてキン肉マンネプチューンマンを一人で圧倒する活躍を見せ、見事ネプチューンマンを討ち取ったものの、キン肉マンマッスル・スパークを受けて倒された。その時はまだ息があったらしいが、フェニックスの手で人予言書を燃やされてしまい、存在が消滅。オメガの民の計画は大きく狂ってしまい、後にオメガ・ケンタウリの六鎗客地球に侵攻することになる。

超人強度:8600万パワー
必殺技Ωカタストロフ・ドロップΩメタモルフォーゼ

新メンバー

<完抉>スクリュー・キッド

完璧超人として初めて姿を現した人で、ケンダマンとのタッグチーム殺人遊戯コンビ」で有名。だが個人での戦闘はほとんど描写されず、タッグ技「地獄ネジ回し」などの武器として利用されるのみで単独での実は不明瞭。

……と、完璧超人としては失点だらけだった人だったが、多くの人員が戦死したために補充要員として抜されたのか、それとも読者が見ていないうちに腕を上げたのか、予想外の昇格を果たす。
しかし偵察に向かった先で敵に発見されてしまい、重傷を負って墓場に帰還。

同時に偵察任務に出ていた相棒ケンダマンも無量大数軍入りしている可性があるが、現状は未確認である。

超人強度1300万パワー
必殺技
タッグ技:地獄ネジ回し

関連商品

関連項目

完璧・無量大数軍

完璧超人始祖

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

完璧・無量大数軍

29 ななしのよっしん
2021/10/13(水) 02:11:48 ID: MFjSAJVVjR
ダルメシマンマーリンマンも「作品展開の都合で負けた」以外の敗因が見当たらない圧倒ぶりだったんだが
相手の必殺技も破って心臓を貫いたのにまだ動いてきたマーリンマン
背中の傷はXだったのに翌週Iの字に変わって超絶ゆで理論が炸裂したダルメシマン
この二人のどこをどう責めろと?
始祖から先に見ちゃったから相対的に弱く見えたのかな、と勘ぐってしまうよ

手負いの人を攻撃するのは始祖もサイコマンザ・ニンジャをやっているし、
単にそうなる機会がほとんどかっただけでは
リング外での顔見せ行的な技の披露なら他ならぬザ・マンが行っている
30 削除しました
削除しました ID: W0g2YId3Ja
削除しました
31 削除しました
削除しました ID: iG9vh1lb85
削除しました
32 削除しました
削除しました ID: W0g2YId3Ja
削除しました
33 削除しました
削除しました ID: ICUWaoE0q0
削除しました
34 ななしのよっしん
2021/10/25(月) 21:45:08 ID: nk6AH2v2TR
何か大量に削除されてるけどなにがあったの?
35 ななしのよっしん
2021/10/25(月) 22:22:03 ID: MFjSAJVVjR
言い争いがあったことは確かだけど、それはもう終わっていて
確か31のレスは謝罪の言葉だったはずだ
それまで消すなんて、最近キン肉マン関係の削除はおかしい
36 ななしのよっしん
2022/09/05(月) 00:36:53 ID: 3dSZX+V0DV
スクリュー・キッドケンダマン無量大数軍入りしてる…
これはグレイトハリケーンフィッシングマン捕キャッチマン、速ザ・ターボマンアモイマンが見られる日も近いのでは
37 ななしのよっしん
2022/09/05(月) 20:28:07 ID: VBV9pukOi5
スプレー魔人テール・ランプの可性もゼロではない…?
38 ななしのよっしん
2022/09/08(木) 05:18:24 ID: MFjSAJVVjR
>>36
「待ちに待っていた彼らの活躍!」と「いや、こいつら誰?
「あの頼もしい味方が来てくれた!」と「見るからにかませ。技を思いつかない=攻撃する前に殺される役だろ」
が両立する不思議メンバー

急上昇ワード改