グリモア〜私立グリモワール魔法学園〜単語

グリモアシリツグリモワールマホウガクエン

  • 3
  • 0
掲示板をみる(78)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

グリモア〜私立グリモワール魔法学園〜とは、株式会社アプリポットが運営するスマートフォン向けソーシャルゲームである。通称としてグリモアが用いられている。

また2019年4月1日アップデートからゲームタイトルを新たにグリモアA〜私立グリモワール魔法学園〜とした。通称としてグリモアAが用いられている。

概要

2014年8月14日iOS版、翌日にandroid版がリリースされた。
キャラクターデザインは『この中に1人、妹がいる!』『彼女がフラグをおられたら』の原作ライトノベルイラストを担当していたCUTEGが担当。

ナビゲーターであるノ助杉田智和が担当しており、他にも多数の声優が登場しているのがウリリアルタイム連動システムや、お気に入りのキャラクター擬似的に交流ができるシステムなどカード収集ソーシャルゲームとしては秀逸な要素を数多く備えており、界でもその点を評価するは多い。

反面、課金体制については現在流の「SRは出やすくSSR(最上レア)は出にくく」という多数の微課金と少数の課金を募る二重政策ではなく、業界明期のような大量の課金を募る一本体制であるため課金・微課金程度ではカード資産が増えずまるで話にならないのが難点。

また、CUTEG氏渾身のキャラデザ美麗イラストも本作の大きなアドバンテージであったが、2015年3月5日に発生した通称「流しっこガチャ騒動」によってApple社より膨大な数のイラストの修正示が入り、一部のキャラクターフェチポイントなどが軒並み検閲され没個性化してしまったという問題もある。詳しくは後述。

2015年7月24日100万DLを達成、2016年10月には200万DLを達成した。

ストーリー

魔物という脅威が現れてから300年。

人間を滅ぼさんとする魔物人間の戦いは現在も続いています。

ある日、一人の少年魔法使い覚醒しました。

彼は他の人とは違い、魔法がほとんど使えません。

ですが彼は他の人とは違い、特別なが二つありました。

一つは尽蔵の魔。一つはそれを他人に分け与えることができる

グリモワール学園の女の子たちと、を深め、協してください。

そうすれば少年は、魔物との戦いを生き延びることができるかもしれません。

そう…魔法使い覚醒した少年とは、あなたのことなのです。

」という人間を滅ぼそうとする魔物人間との戦争が勃発して300年経過したという世界
主人公はとある魔法覚めたため、魔法使いを育てる学校である「私立グリモワール魔法学園」に転校してきたという設定。

主人公魔法は魔制限に生成し、その魔を他の人に分けるであり、主人公が周囲の少女たちとを深め、協しながら魔物たちを倒していく。

そしてグリモアAからはのあらすじは以下になっている。(Aの内容に進んでいないユーザーネタバレ注意

スペインにおける人類軍と魔物との戦いは人類の勝利に終わりました。あなたたち学園生は未来を…平和な時代を勝ち取ることができたのです。新しいを迎え、新しい生活が始まります。希望に満ちた【AfterMist】の時代が始まります。しかし新たな脅威の時代もまた、始まるのです。【魔導科学博物館襲撃事件】の残り香はまだ、あなたたちに試練を与えるのでしょうか…(グリモア公式チャンネルより引用

ゲームシステム

要となるゲームシステムについて説明する。

学園

の三つの時間帯があり、学園の各所に居る生徒との会話を楽しむことが出来る。会話内容は開催されているイベントに関連する物から、キャラの個性を掘り下げる物まで様々。

生徒との待ち合わせシステムもあり、アイコンの表示されている生徒と会話することで待ち合わせをすることが出来る。待ち合わせと言っても一般的な待ち合わせではなく、定した時間以降現在の時間帯以内であれば問題なく待ち合わせ報酬が貰える。このシステムのおかげで多くの転校生メインヒロイン生物兵器の餌食になったとか

時間帯はそれぞれ、が4:00~10:59が11:00~19:5920:00~3:59となっている。

プレジャータウン

チップを消費するミニゲームが出来る。現時点ではポーカーのみ遊ぶことが出来る。
対戦相手となるディーラーは2人いて、お姉さんが「虎子」、お姉さんが「」である。ちなみに魔法使いではなく一般人

ポーカーと言っても、一人プレイが前程のため本来のポーカーとはチップの扱いが異なっている。このポーカーでは役毎に倍率が設定されており、ベット数に役の倍率をかけた物が手取りとなる。この時、役がツーペア以上の場合はダブルアップ(所謂ハイ&ロー)に挑戦し、さらに掛けを増やすことが出来る。

余談だが、プレジャータウンで用いられているトランプのJ,Q,Kの絵札は生徒会メンバーの絵があてられており、Jが結城奈、Qが水瀬子、Kが武田千代、となっている。

また、このゲームには法則性があるという噂もあるが偽は不明である。

クエスト

メインストーリーの進行に不可欠な要素。クエPを消費して進行度を満たしていく、という一般的なシステムである。メインミッションは全て、各話の最初のミッションが対応クエストに向かうこと、最後のミッションが対応クエストを1回クリアすること、となっている。共通して9つのエリアがあり、初プレイ時には3エリア達成毎にキャラクターとの会話、及びボス戦が発生する。

クエスト中は一定確率マジカルチャンススーパーマジカルチャンスが発生し、この状態では進行度が増加しない代わりに通常よりも多くの経験値が入手できる。(流石にバグだとは思われるが、現在メインヒロインのみマジカルチャンス中にSDアイコンが消えている)

というのが旧クエストシステムである。

2018年5月23日に行われたアップデートにより、クエストシステムが大幅に変更された。しかしメインストーリーの進行に不可欠な要素であることに変わりはない。

基本的に1話毎に初級クエストが6つ用意されており、1クエストの中にもWAVEが設定されていている。これらをクリアすることで次の話に進むことができるようになる。またある程度進むと中級クエスト、上級クエスト解放される。これらはクエP消費量の増加や敵の強化などがなされており、特に上級クエストはその名の通り上級者向け難易度となっている。

クエストは話数毎に、メインクエスト生徒1名と自由に選択できるクエスト生徒4名(重複不可)からなるクエストパーティを選択することで開始することができる。クエスト生徒にはそれぞれ「HP」「攻撃」「防御」そして生徒に合わせた「パーソナリティ」が設定されている。またクエスト生徒1人につき3人ずつ所持している生徒を協生徒として設定することができ、生徒に応じたステータスの増強及び覚醒前のスキルの使用が可になる。

クエスト中は、「通常攻撃」「防御」それぞれ協生徒の「協スキル」が使用可。またクエスト中は「MP」が追加され、攻撃か「魔供給」による「MPチャージ」で上限になると必殺魔法が使用可となる。また先述した「魔供給」が1WAVEに一度行うことができ、「MPチャージ」か使用した「協スキル」を再度使用可にする「協スキルチャージ」をターン消費しで行える。「パーソナルエフェクト」という確率で発生する全体一斉攻撃もある。

対抗戦

ランクからランダムに選出されたプレイヤーから相手を選び、対戦を行うことが出来る。勝利数によりランクが上がる一方で、他プレイヤーに選ばれて負けた回数が一定数えるとランクが下がる。この仕様上、強さに不相応なランクまで上がって勝利することが出来ない、という事態が発生することを防いでいる。

More@

本作品の特徴の一つ。親度を上げた生徒More@(と言う名のLINE)生徒との交流を楽しむことができる。

内容としては、「トーク」「電話」の二つが存在している。

トークでは、生徒からのチャットに対して3つの選択肢から返事を返す形式となっている。複数の生徒の親度を上げることで解放されるグループトークもあり、現時点では以下のグループトークが存在している。

電話」では、文字通り生徒からの電話がかかってくる。(つまるところ、電話の短編ボイスCDのようなもの)

こちらについては、生徒だけではなくコラボキャラクターからの電話も存在している。

電話がかかってくる前後には、前置きや電話の内容についてなど、トークと同様のチャットがある。(なお、かかってきた電話を拒否してもチャット内容は応答したものと変わらない。)

各種ゲーム内イベント

登場人物

太字は最初に選択できるキャラクターす。

私立グリモワール魔法学園(グリモア)

ローズ

リリィ

サンフラワー

その他のグリモア関係者

グリモア学園外の登場人物

「援軍要請」によりプレイアブル化が可能なキャラクター

その他

以下グリモアAからの登場人物

名前のみ登場のキャラクターも複数いるが、立ち絵が存在するキャラクターについてのみ記載。
※上記のうち「うの」と「ブルイル子」についてはプレイアブル化がなされている(ただしCVし)。

流しっこガチャ騒動

2015/2/28より実装された「流しっこガチャ」で登場した新カードについて、以下のような共通した要素があったため、2015/03/05にApple側から運営側への不当表現の要請、Apple storeからのリジェクトという内のソーシャルゲームでも非常に重い措置が適用された。イラストについてはwikiに修正前イラスト開されている。

上記のカードに加え、Apple社過去全てのイラスト検閲。同社が定める不当表現に当たる要素が含まれているカード全ての修正を追加で要請した。今件についての事実上の追加制裁である。な具体的な措置としては、

といったかなり厳しいものであり、急遽修正されたイラストの多くでデザインバランスの崩壊、シチュエーションコンセプトの破綻が見られるという惨状である。当然、これらについてはプレイヤーから批判が上がっているが、そもそも運営側が今回のカードイラストについては危ないを渡っているのをわかった上で実装に踏み切っているため、その辺りへの制裁も加わっているのではないかと見られている。また、確信的な模倣犯や更なるチキンレーサーが出現しないための見せしめとしても十分な効果を示したといえよう。

公式チャンネル

関連動画

関連コミュニティ

まだ作られていないようです。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 76ななしのよっしん

    2020/03/26(木) 08:46:20 ID: hihOksSDn0

    全然大丈夫だけどストーリー読むのは結構大変かも
    今年で六年だからなぁ

  • 77ななしのよっしん

    2020/03/26(木) 22:18:39 ID: 3aIE2n7uZJ

    >>76
    ありがとうございます
    時間ある時にDLしてみます

  • 78ななしのよっしん

    2020/08/01(土) 19:33:12 ID: bLyYsx8U+k

    とある絵師がこのゲームの絵を描いていたのでどんなゲームかな?と動画を見てみたら
    PVばかりで肝心のゲーム内容が不明(^^;

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/09/30(水) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2020/09/30(水) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP