両津勘吉単語

リョウツカンキチ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

両津勘吉(りょうつ かんきち)は、秋本治漫画こちら葛飾区亀有公園前派出所』の主人公。通称両さん。

名前関係では公務員の副業禁止対策に「浅草一郎」という別戸籍名を取得した他、多数の芸名や異名を持つ。シドニーオリンピックの缶けりでは両津勘吉と書いて「トウキョウトッキョキョカキョク」と読ませていた。

概要

警視庁葛飾署(140-8以前は葛飾署)地域課所属で、亀有公園出所に勤務する原始人警察官(話によってノサップ岬出所、銀座出所、さいはて署などに異動となる事も。不祥事で)。階級は巡査長。

一人称は基本的に「わし」で時々「」、連載初期は「本官」とも言っていた。大原部長屯田五目須署長など上らには「わたし」あるいは「わたくし」を使い、ピンチの時には「」とか「ちゃん」と言ってごまかす。気の弱そうな人間本田など)には「俺様」や「両津様」。

誕生年は連載初期こそ設定されリアルタイムに加齢していたが、想定外の長期連載により破たんし、今では死に設定と化した。誕生日3月3日。「の節句=女の子祭り」というイメージギャップもあるが、本人は毎年嫌な出来事が起こるのほうを強く嫌っている(アニメでは雛人形の呪いという設定)。

長期連載にもかかわらず、役として全キャラ一全話出演を継続中(2016年現在)。両津以外でただ一人連載開始から登場していた中川ですら出番のない回はある。

外見

刈りでひげを生やし、極太のつながり眉毛トレードマーク。連載初期は作が劇画調でも今ほど太くなかったが、長期連載による作画変化で、ギャグマンガらしい現在デフォルメ顔に落ち着いた。

制服や装備一式は未だに旧現実警察1994年制服デザインを変更した際に漫画側も同調したが、両津自身がダメにした)。制帽は滅多にかぶらず袖は腕まくり。足は靴も靴下もはかず常に便所サンダル

体格は胴長短足の日本人身長の設定は一時期作者身長を設定していたり矛盾を解消するために一気に縮んだりなどコロコロ変わる。

能力・性格

人並みはずれた怪力ゴキブリ並みの生命を兼ね備えており、大爆発など痛いにあっても傷で(中川人間ターミネーターと評した)、万が一ケガをしても次回で必ず回復している。連載30周年記念のこち亀では、ドラゴンボールとのクロスオーバー漫画フリーザエネルギー弾を撃たれるも、ギャグ漫画補正により一治した。あまり知られていないが、実は男性しいナイチンゲールである(999巻参照)。

短気で破天荒かつ破り。いつも大原に怒鳴られている(場合により殺されかける)署一番の問題児。一般教養に欠け、物覚えが悪い、自分で読めないほど字が汚い、不潔など、警察官なのに知性に欠ける。

独自の商品アイデアや宣伝手法など商才に優れるが、反面お金への執着が非常に強く、小銭や紙幣、あげくの果てには署員旅行の積立等に手を出す事もある。お金が絡むと欠点すらする事もあるが、大原にその性格を利用され捕まえられたりはめられる事も少なくない。また各方面に借があり、損賠償などを含めた借総額は16632928億5903万885円と個人のレベルはるかえて一の財政レベルである。プラモ屋店を始めとする商店の人々とのボーナス争奪戦冬の風物詩

とはいえ、ただの問題児というわけではなく、犯人検挙率の高さを買われて刑事課に転属されたり(程なく元の出所勤務に戻ったが)、子供やお年寄りを始めとする困った人を助ける面倒見の良さなど(知性や倫理的な問題を除けば)警察官としての実践はむしろ優秀な方である。実際、近年のエピソードで、愉快犯による爆破予告事件をデジタルカメラ写真から居場所まで璧に突き止めるという、探偵ドラマ顔負けの名推理であっという間に解決に導いたことがあり、大原や屯田も驚いていた。

趣味

非常に多趣味で、ギャンブル全般(特に競馬)や飲サバイバルゲームテレビゲーム模型製作など多岐にわたる。一般教養や記憶はないのに趣味知識に限っては異様に豊富で幅広く、職業を勘違いされることも多い。今はギャンブルをせず、神田寿司缶詰状態。

連載初期はヘビスモーカーだったが、現在禁煙し全く吸わない(成金の演出に使うことはある)。

人間関係

派出所

中川圭一

後輩・部下の巡査で、彼が1話(アニメは2話)で出所に配属されて以来の付き合い。両津を「先輩」と呼び敬語で話す(が、最近は両津にキレると稀に「刈り」呼ばわりする)。
両津と並ぶ問題児だった初期の性格は連載を重ねるにつれ鳴りを潜め、今では(特に大原から)問題児両津優等生中川といった較をされやすい。だが前述の蔑称からもわかる通り、最近は初期の性格に回帰するような描写が時々見られ、両津に対し持ちを鼻にかけた発言や冷たい態度が増えている。

秋本・カトリーヌ・麗子

同じく後輩・部下の巡査だが、敬語は使わず「両ちゃん」と呼ぶなど常時ため口。女性警察官の評判が最悪な両津に理解を示す数少ない異性で、中川同様関係は較的良好。稀に恋愛を意識する描写もあり、麗子が誘拐された時には麗子のの依頼で結婚話にまで発展したが、資産当てな両津の発言に麗子が怒り破談した。
中川と麗子は両津の友人ともいえる関係だが、両津人間キャッシュカード扱いされて大を貸している。

大原大次郎

出所で一階級が上の巡査部長両津が卒配で葛飾署に来て以来の永遠の腐れ縁上毎日のように叱られているが険悪な関係ではなく、お互いの事をよく理解した信頼関係にある。帳面でチェック璧な大原両津が認めているエピソードも少なくない。とはいえ、両者負けず嫌いな性格で、時に子供じみた喧に発展する。
付き合いが長いわりに、両津大原の一人ひろみの存在を知らなかった。

また、両津の扱いや趣味に対して注意する描写が多い一方で、逆に自身の趣味に対するこだわりが行き過ぎて両津中川を困惑させることも。

麻里愛(通称:マリア)

偶然出会った両津にベタ惚れして警察官になり、交通課巡査として出所に来る。呼び名の「マリア」は両津の当て読み両津を「両さま」と呼び、両津も最初本気で結婚を考えたが、男と判明してからは断り続けている。が、後にマリア双子「稟(りん。通称マリリン)」の体を魔法コピーしてもらい、本物の女の体を得てしまう。
アニメでは出会いや経歴が異なり、自らマリアを名乗る、両津キックボクサー時代のマリア(麻里二)のファン、など設定が大幅に変更。性別も最後までニューハーフで、男を演出するのに姿が多用された。

丸井ヤング館(旧名:寺井洋一)

同僚の巡査で、両津を「両さん」と呼びため口で話す。だが気弱な性格故、常に両津が強気に出る。名の話も、両津が強引に進め成立してしまった。最初期からの古参なのに、彼の補欠員で登場した麗子に出番を奪われた挙句、名されて以降は出番自体が消滅した不幸な人。一方、アニメではなぜかやたら出番がある。

親族

両津家

銀次

浅草佃煮屋を営む江戸っ子気質で、勘吉の人格の基礎は銀次から受け継いでいる。

よね

。いつも夫と息子の喧を止めている。

金次郎

とは逆で、弁護士になるくらい頭はいいが運動は苦手。中川家の遠い親戚と結婚している。

擬宝珠家

勘吉のまたいとこで交通課勤務。男っぽい口調や性格だが、一時期勘吉と結婚しそうになった(二人が親戚と判明するなど色々あり、結局婚姻には至らず)。

檸檬

の年の離れたで、勘吉を「カンキチ」と呼び慕うツインテール幼女幼稚園児なのに語尾に「~じゃのう」など老人口調を用い、時代劇歌舞伎を好む。味覚は業界随一、将棋ハンデありで勘吉を圧倒する。

蜜柑

檸檬で末っ子の三女。まだ言葉はほとんど話せず、兄妹くない。

憂鬱

たちので、擬宝珠四兄妹の長子。イケメン

夏春都(ゲパルト)

たちの祖にして神田寿司の実質的な経営者。旧姓は両津銀次叔母に当たるが、両津(の男)を嫌い勘吉のことも「バカ吉」と呼んでいた。現在は店の売り上げを増させた勘吉をある程度認めている。

キャスト

テレビアニメ2016年版含む)のラサール石井。初期の少年時代のみ田中真弓だったが、後にラサールへ統一された。1985年イベントアニメゲームファミコンジャンプII 最強の7人」のCM内海賢二

実写版は、1977年実写映画をせんだみつお舞台をラサール、テレビドラマ2011年映画香取慎吾がそれぞれ演じている。2016年舞台はラサールが脚本も兼ねる。

原作者の秋本ドラマ版の両津にもラサールを推薦していたが、様々な事情から結果的に香取になり、ラサールは銀次役として出演した。ちなみに、香取両津はなぜか眉毛がつながっていない。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%A1%E6%B4%A5%E5%8B%98%E5%90%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

両津勘吉

143 ななしのよっしん
2019/06/16(日) 18:06:07 ID: AZ0Ox0Smj5
>>129
ここで踏んれば大成功!って時に限っていつも先のものにつられて大失敗してるじゃん
多分そういうことだよ
144 ななしのよっしん
2019/08/04(日) 14:43:06 ID: TF4KfXmdju
よくある意見を逆りするだけで名言扱いなのはどうなのか
アイドル趣味批判してたけど
じゃあ、自分の好きなミリタリーゲームプラモなんかを批判されたらどう思うかね
145 ななしのよっしん
2019/08/04(日) 14:56:15 ID: 97O4sk8lfj
よく批判されて、それを言ったらお終いよみたいな感じで出所から出ていく。その後、その趣味で人を驚かせることをするけど、最終的に先の欲や手なことして大失敗。

良くも悪くもその時の気分に正直なんだと思うよ。(ズケズケというかね。)
気に入らないからストレス解消法として非難の振りした粘着とかマウントを取りたいなイメージはあんまりいからな。
146 ななしのよっしん
2019/08/28(水) 10:29:54 ID: +2lX4Z1Til
両津勘吉フェラチオ
147 ななしのよっしん
2019/09/13(金) 01:45:41 ID: mg5bGzrbso
>>144
アイドル批判名言として扱われているのは、弱者から強者へのアイロニーだったからだよ
時代的にアイドル全盛期の頃の、それこそ上り調子だった芸界に対する、心臓を狙った一撃が笑いを生んだ

権威・権同調圧力に対して臆せず皮かますから刺さるの
例えばミリタリーゲームプラモの販促を仕掛ける側にはないでしょ? むしろ普段ミリタリーとかは煙たがれる側なんで批判しても笑いにならない。上から目線批判になるから

あのアイドル批判は、時代に流されない両津(少数)が、時代の覇者(芸界)の芯をえぐった。だから良かった
148 ななしのよっしん
2019/10/14(月) 16:10:43 ID: PLZTQ8/jg6
両津が解説役になる話は基本的に良い回が多いよな
地上デジタル放送とか当時の最新知識を説明する時は、
非常に面くて分かりやすかったわ。
149 ななしのよっしん
2019/12/24(火) 15:18:50 ID: usz6FKAcee
もし殺隊(鬼滅の刃)の隊士だったら倒したを硬貨や札束に変えるの呼吸を使っただろうな
150 ななしのよっしん
2020/01/09(木) 22:27:06 ID: C5ShYZSHtL
うわっこンな所まで無産様が
151 ななしのよっしん
2020/01/26(日) 12:16:21 ID: 0MwlFqgwLz
空気で動くエンジン作ってそれの特許で大けしようとしたけど部長たちが警官のメンツを守るため特許無料開させられた話はちょっとかわいそうだったな
152 ななしのよっしん
2020/01/29(水) 18:07:43 ID: 5FX3gznGPf
かつて両津ギャグマンガ補正でフリーザをも翻弄したが、そんな彼もとんちんかんの間抜作のアホパワーにはかなわないだろう。