表現の不自由展・その後単語

ヒョウゲンノフジユウテンソノゴ

表現の不自由展・その後リンクexit)とは、津田大介芸術監督を務める芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展の一つである。

概要

愛知県令和元年2019年8月1日から開催した芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の一企画展として、現代の日本ける表現の自由をめぐる大きな問いを投げかけることを旨とし、23作品が展示された。愛知県では2010年からトリエンナーレを開催しており、この「あいちトリエンナーレ2019」は第4回の開催であった。

名称に「その後」と付くのは、この企画展が2015年東京練馬で開催された「表現の不自由展」(正式名称は「表現の不自由展~消されたものたち~」)の続編であるため。当時この企画展を観覧した津田大介が面いと感じたことから、「あいちトリエンナーレ2019」の芸術監督を務めるにあたって、続編を行うことを決めたという[1]。ただし、続編であるこちら「その後」の方が後述する騒動などによって知名度が高くなったため、こちらの方が単に表現の不自由展と略されることもある。

しかし、その内容は、憲法9条運動への批判/安倍晋三内閣への批判/在日米軍への批判などを含む政治的な色が濃い作品や、韓国慰安婦問題を扱った作品、昭和天皇の姿を描いた作品、など、「お蔵入り」になるだけあっていろいろとセンシティブなテーマを扱っていた。これを見た来場者や、ニュースSNSなどで情報を漏れ聞いた人々(その中には不正確な内容もあった。詳細は後述)から「不快」「不適切」という摘が相次ぎ、批判電凸、さらには脅迫までもが殺到した。

特に批判を集めた展示の紹介

特に批判を集めたものは以下の4つである。

  1. キム・ソギョン/キム・ウンソン「平和少女
    公式解説はこちら(「表現の不自由展・その後」公式サイト内解説ページ)exit
    韓国の「慰安婦」をテーマとした、少女が座っている姿の像。
    2012年東京都美術館の「JAALA際交流展」でミニチュアが展示されたが同館運営要綱に抵触するとして撤去されたことを受けて。
    なお他にも、慰安婦テーマにした作品としては安世鴻「重重―中国に残された朝鮮人日本軍「慰安婦」の女性たちexitが展示された。
  2. 大浦信行「遠近を抱えて(4点組)
    公式解説はこちら(「表現の不自由展・その後」公式サイト内解説ページ)exit
    昭和天皇写真を元にコラージュ的に制作された作品。
    1986年富山県近代美術館の「86富山の美術」で展示されたが抗議が殺到、展示終了後に富山県近代美術館が作品を手放し、作品を掲載した図録も焼却処分された。
    その「図録が焼却処分された」ことを受けた映像作品「遠近を抱えてPartII」もこの展示会用に制作され、その中で「遠近を抱えて」が焼却され、を足で散らされてしまうシーンが挿入された。
    この映像について「昭和天皇の御影を焼きを足で踏みつける映像作品だ」という言説がインターネット上で拡散され、批判を集めた。
    ただしこの動画中の「昭和天皇写真が焼かれているように見える」部分は、正確には作品の該当部分が燃えているのみで、写真が焼かれているわけではないとのこと[2]
    なお、同じく「表現の不自由展・その後」に展示された別作者「嶋田美子」による作品「焼かれるべき絵exitも、この「遠近を抱えて」を含んだ図録が焼却処分されたことを受けて制作されている。「昭和天皇の御影を燃やす作品」という非難するの一部はそちらをしていた可性もある。
  3. 中垣久「時代(とき)の肖像ー絶滅危惧種 idiot JAPONICA 円墳ー
    公式解説はこちら(「表現の不自由展・その後」公式サイト内解説ページ)exit
    円形のかまくらの造形作品。外憲法9条尊重、靖国神社参拝批判安倍政権の右傾化への警鐘などの言葉が貼り付けられている。頂部には出征に向けて励する言葉が寄せ書きとして書かれた日の丸作者の義理のが出征に備えて準備していたものとのこと[3])があり、底部にはアメリカ合衆国国旗星条旗」がある。
    2014年東京都美術館の「第7回現代日本彫刻作家展」において、美術館から問題視されて部分撤去となったことを受けて。
    上記の「寄せ書き付き日の丸」について「特攻隊の寄せ書きとみられる」と誤解してしまい「特攻隊の方々を「idiot(間抜け、馬鹿)な日本人の墓」として」、と憤る内容の記事が有名保守系雑誌・ウェブサイト「正論」に掲載されたexitことで、「特攻隊を「間抜けな日本人」として貶める内容の作品だ」という言説がインターネット上で拡散され、批判を集めた。
    なお、実際には「寄せ書き付きの日の丸」については上記のように作者の親族のものであり「特攻隊とは関係」であったとのこと[4]
  4. Chim↑Pom「気合い100連発
    公式解説はこちら(「表現の不自由展・その後」公式サイト内解説ページ)exit
    しかし上記の公式サイト説文は作品を全く説明しておらず、読んでもどういう作品なのかの情報が何も得られない。
    発表当時の2011年にこの作品について触れているウェブサイトの記事などによると、東日本大震災後に被災地に向かったChim↑Pomが現地で出会った、瓦礫の撤去を続ける被災者の若者たちのを収録した映像作品。若者たちととChim↑Pomメンバーらが共に円を組み、カメラに向かって思い思いそれぞれに100の言葉を叫ぶものであるという[5]
    この叫ぶ言葉の中に「被曝最高!」「相馬市最悪!」「放射能最高!」「もうちょっと浴びたいよ」というものがあったとのことで、被災者の感情を逆なでするものだとしてTwitter上などで批判を浴びた。ただし、この映像作品の本来の続きではその後、一転して若者たちは「放射能最高じゃないよ」「ふざけんな!」との掛けになっていく[6]

左派的・政治的な内容への偏り

上記4つの他にも、「いわゆる左的かつ政治的な内容で検閲を受けた作品」が多い。

旭日旗を思わせて軍義的だ」と在韓国市民団体「日本戦犯旗退出市民の会」から抗議を受けてしまった横尾忠則「暗黒舞踏ガルメラ商会」のように、逆の方向からの検閲を受けていた作品もあったが、その数は少ない。

同じく横尾忠則「ラッピング電車の第五号案「ターザン」exit等、政治とはあまり関係のない理由で検閲を受けた作品も少数ある。

しかし「エロ」「グロ」「残酷」等の理由で検閲を受けたものはなかった。そういった点について、社会学者の宮台真司はこのように非難もしている。

宮台真司:
表現の不自由展」なのに肝心のエログロ表現が入らず、「看に偽りあり」です[7]

津田大介は後に発表した「お詫びと報告」においてこの宮台真司の非難についても触れ、大「おれとwith KJ#2」、ろくでなし子「デコまん」シリーズなどの性的な作品も補には上がっていたものの、様々な理由で展示に至らなかったことをっている[8]

批判、脅迫、そして中止へ

上記のような展示物の状況について、「特定政治的意図の下で作為的に選定された特定政治的価値に沿った作品、反日プロパガンダ作品だ」と看做して「これらを表現の自由等の名の下に一般的な芸術作品同然として、を使った美術祭で扱うのは間違いである」という趣旨の非難も挙がった。

だが、「批判」や「論戦」の域をえて抗議エスカレート愛知県庁や名古屋市役所には抗議電話が殺到し、庁舎前でデモが起きる事態になった。抗議の中には「死人が出るぞ」「あなたを探し出して、母親の裸の写真を撮ります」と言った脅迫めいたものも含まれていたという。あいちトリエンナーレの協賛企業にも、商品の注文サイトに営業への妨をほのめかす内容のメールが届いたという。

果ては、「脅迫めいた」を通り越して全な脅迫にまで進んでいく。実在した宗教家実在する弁護士の名を借りての県職員の殺害予告爆破予告までされるという事態になった。さらには一宮市知立市幼稚園など関係な愛知県内の自治体爆破予告殺害予告が相次いだ。中には「サリンガソリンをまき散らす高性爆弾2783個しかけた」というメールや、「夏休み子供達も来館するんやろ。FAX届き次第大至急撤去しろや!!さもなくば、うちらネットワーク民がガソリン携行缶持って館へおじゃますんで」というFAXなど、同年に起きた京都アニメーション放火事件(携行缶で持ち込んだガソリンによる放火事件だった)を思わせるものもあった。津田大介氏は後に「あの事件(京アニ放火事件)に触れながら、ほとんど脅迫のような抗議電話FAXがあった。リアリティーがすごく大きなものだった。これが職員の精を追い詰めたところもあると思う」とっている[9]。一部の脅迫者は後に逮捕されている。

これらの脅迫を受けて、開催から2日経過した8月3日に、実行委員会は安全上・危機管理上のリスクを懸念して「表現の不自由展・その後」の中止を決定した。

中止後も続いた混乱

展示の中止後、大村秀章愛知県知事と河村たかし名古屋市長の2人の言論戦を中心に、再開と中止場外乱闘が勃発した[10]河村たかし氏は「税を使ってこのような展示をするのは不適切」としたが、大村秀章氏は「展示を中止するのは表現の自由に対する挑戦である」として対立した。これに対しては他の大阪府などの有自治体の知事や、大学教授弁護士会、国会議員などが賛否のコメントを発表している。

しかし、中止が決まって以後は、中止に対する批判も始まってしまった。

上記で引用した宮台真司コメントを伝える記事でも、宮台真司津田大介を非難しつつも

今回の中止は脅迫による混乱が理由で、言断です。毅然(きぜん)とした態度を貫かないと、脅した者勝ちになる。フランスシャルリー・エブド襲撃事件では、マスコミ政治家も識者も「テロに屈するな」と叫んだはずです。

と中止については「言断」と憤っている。

「あいちトリエンナーレ2019」の「表現の不自由展・その後」以外に作品を出展していたアーティストのうち12組が、脅迫によっての展示中止に反対して自らの展示を取り下げや変更をめた[11]。さらには、72組という多数の参加アーティストから、脅迫に強く抗議しつつ「展示は継続されるべきであった」と表明する共同ステートメントも出された[12]

さらに、アーティストらの一部は展示の再開をす「ReFreedom_Aichi」というプロジェクトを立ち上げた[13]。展示の再開をすだけでなく、行して「アーカイブ(この騒動に関するステートメントや資料を収集・保存する)」「プロトコル(この騒動を通して、表現の自由を守るために今後の芸術祭や美術館など守るべき理念や具体策などの策定をす)」など、様々な活動標を掲げている。活動資は、1000万円を目標にクラウドファンディングによって支援を募ったexit

さらには韓国外交部報道官も、「平和少女像」など慰安婦を扱った作品を含む展示の中止について「被害者の傷の癒やしや名誉回復に反する行為で、非常に遺憾」といった明を出して、国際問題にまで発展してしまった。

9月に入ると、文化庁が「あいちトリエンナーレ」に交付することを認めていた補助について、「安全に開催することが出来ない可性を報告しなかった」という「手続きの不備」を理由として、一転して交付しないことを決めたと報道された。こちらについても賛否両論議論が巻き起こり、愛知県知事の大村氏もこの不交付の決定を不として、訴えを起こす考えを示した。

再開

9月30日には、「あいちトリエンナーレ2019」自体の実行委員会と「表現の不自由展・その後」の実行委員会の間で、「表現の不自由展・その後」の再開が合意された[14]10月8日の午後から再開された[15]

但し、「安全・安心な運営を確保するため、電凸攻撃、警備対策の強化、入場者の制限、重品を除く手荷物の預かり、金属探知機によるチェック動画撮影の禁止、SNS拡散の防止など、安全面、セキュリティ対策に万全を期した上で」の展示となり、「鑑賞の不自由展」と皮る者も居た[16]河村たかし名古屋市長は同日、会場の愛知芸術文化センター前や県庁前で再開に抗議する座り込みを行った[17]

SNS禁止:「中間報告」から読み取れる点

なぜ上記の再開時の対策に「SNS拡散の防止」が盛り込まれているのか?これについては、愛知県が開設した「あいちトリエンナーレのあり方検証委員会」がまとめて開した、「中間報告exit(※PDFファイル注意)」内を参照するとわかりやすい。

この中間報告によると、実はSNS拡散の禁止が定められたのは再開してからではなかった。開催前から、断片的な情報SNS拡散されて混乱が広がることを危惧して、「写真撮影禁止」または「写真撮影は許可するがSNS投稿は禁止」というルールを設けるという提案があったのである。それを受けて後者が選択され、最初の開催当時から「SNS写真投稿禁止」のルールは掲示してあったという。しかしこルールに賛同しない一部のアーティストが「SNS推奨」の掲示を行い、芸術監督津田大介もこれを容認してしまったことでルールが不底化してしまったという。

その結果として、展示に関する断片的な写真動画情報などがSNSなどで流布された。その中には作品の意図についての情報が欠けているものや、誤りを含むものもあった。

例えば、「昭和天皇を貶めるために御影を燃やしてを足で踏みつける作品」であるとしてSNSなどで動画を短く切り取ったものが流布された映像作品「遠近を抱えてPartII」。これは全長20分の動画作品であるが、流布された部分も正確には「昭和天皇写真を元に作成した自作品が、かつて立の美術館から排除されて収録する図録も焼却処分されてしまったことを受けて、その自作品が焼却されてが足で散らされてしまうを撮影したもの」であったようだ。「中間報告」では作品意図もられている。「天皇写真を元にして制作した作品を燃やす」というだけでも批判は集まりそうな表現方法であるが、少なくとも「貶めるために昭和天皇写真を燃やして足で踏みつけにした」という、SNSで流布された内容は不正確なものである。

また「特攻隊の寄せ書きが書かれた日の丸を使った上でタイトルに「idiot」と付く、墓をかたどった作品。つまり特攻隊の方々を「idiot(間抜け、馬鹿)な日本人の墓」として貶めるもの」、という内容が有名保守系雑誌・ウェブサイト正論」の記事を発端としてSNSで流布された「時代(とき)の肖像ー絶滅危惧種 idiot JAPONICA 円墳ー」。こちらも、その記事で「特攻隊のものだろう」と推測で批判された日の丸は、作者によれば「特攻隊でもなんでもない。親族が、軍兵学校の途中で終戦を迎え、友だち同士で寄せ書きしたようなもの。」「自分は、特攻隊を揶揄したりは一切しない。と同時に、美化もしない。」とのことで、少なくとも「特攻隊の寄せ書きの書かれた日の丸」の部分は誤りであるようだ。

他にも「被災地で被曝最高!放射能最高!と騒ぐ映像作品」としてSNSで流布された「気合い100連発」は、その後に「放射能最高じゃないよ」「ふざけんな!」と続くものであった。「切り取ってそこだけを見せれば問題になりそうな部分」を選択的に切り取って流布されたものである。

この「中間報告」ではSNSでの部分的流布の問題点が繰り返し摘されている。これを反点として、再開時には「動画撮影禁止」や「SNSへの投稿禁止」がさらに厳重に定められたものと思われる。

だが、「動画を撮影する自由」「写真SNS投稿して表現する自由」を制限しているのは間違いない事実である。「表現の自由を守るためには、観覧側の表現の自由は一部制限しなくてはならない」という結論に至ってしまったとも言えるわけで、皮な結果となってしまった。

表現の自由ってなんだ?」

関連動画

関連静画

この騒動を受けて、
「あいちトリエンナーレ2019の開催イベントで、津田大介氏と大村知事らを含む多数の参加者が「チョッパリピース」という日本を貶めるハンドサインをした写真を、大村知事がTwitter開している」
というデマインターネット上で流布された。実際にはこのハンドサインはあいちトリエンナーレメインビジュアルを模したもの。詳細は「チョッパリピース」の記事を参照。

大村知事は最終的に、そう非難される元となった写真Twitterから削除した。上の静画は、その写真で行われていたハンドサインや、大村知事がその写真Twitterから削除したことを皮ったもの。

関連商品

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *Dream HEART vol.323 ジャーナリスト・津田大介さん - Dream Heart(ドリームハート) - 茂木健一郎 - TOKYO FM 80.0MHzexit
  2. *あいちトリエンナーレのあり方検証委員会 中間報告(※PDFファイル)exit
  3. *「炎上させずに実施できたはず」表現の不自由展中止に出展作家が反論、“少女像”と自身の作品「なぜ一緒にするんだと」 | AbemaTIMESexit
  4. *あいちトリエンナーレのあり方検証委員会 中間報告(※PDFファイル)exit
  5. *Chim↑Pomの「気合100連発」、Why Sheep?によってリミックス | BARKSexit
  6. *「被曝最高!」の叫び物議... 不自由展のChim↑Pom作品は、一体どんな中身なのか : J-CASTニュースexit
  7. *宮台真司さん「津田大介氏は未熟過ぎ、騒動は良い機会」 [「表現の不自由展」中止]:朝日新聞デジタルexit
  8. *津田大介が「表現の不自由展・その後」について「お詫びと報告」を公開|美術手帖exit
  9. *「再開を目指したいが…」 津田大介氏が語る『あいちトリエンナーレ』企画中止の全貌 「抗議が職員の精神追い詰めた」 (3/3ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイトexit
  10. *「『表現の不自由展』中止は知事と市長のケンカが原因」 田原総一朗氏が喝破 – ニュースサイトしらべぇexit
  11. *【続報】本来の状態で見られなくなった作品について | ニュース | あいちトリエンナーレ2019exit
  12. *あいちトリエンナーレ2019、国内外の参加アーティスト72組が声明を発表。「芸術祭の回復と継続、自由闊達な議論の場を」|美術手帖exit
  13. *あいちトリエンナーレ参加作家による新プロジェクト「ReFreedom_Aichi」がスタート。「あいち宣言」草案作成やコールセンターも|美術手帖exit
  14. *「不自由展」再開で合意、展示内容は維持 あいちトリエンナーレ問題 - zakzak:夕刊フジ公式サイトexit
  15. *表現の不自由展、8日午後から再開へ 大村知事が方針 [「表現の不自由展」中止]:朝日新聞デジタルexit
  16. *あいちトリエンナーレ「表現の不自由展・その後」の展示再開決定 さまざまな制限から「鑑賞の不自由展」の声も | ガジェット通信 GetNewsexit
  17. *河村市長の座り込みに大村知事「常軌を逸してます」 「不自由展」再開めぐり互いにブチ切れ : J-CASTニュースexit

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%A1%A8%E7%8F%BE%E3%81%AE%E4%B8%8D%E8%87%AA%E7%94%B1%E5%B1%95%E3%83%BB%E3%81%9D%E3%81%AE%E5%BE%8C

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

表現の不自由展・その後

43 ななしのよっしん
2019/10/12(土) 22:26:39 ID: 8A4t0rBS/N
ヘイトスピーチだという抗議は入れておいたよ
スポンサーにも
44 ななしのよっしん
2019/10/13(日) 01:34:13 ID: xMd+4V56Am
>>28
擁護に回ってる側からも「失笑するレベル。その場で焚き火にしたほうがいいようなものもあった」と言われるくらい展示作品のクオリティは低いんだってな
やっぱ補助とお付き当てなんかね
45 ななしのよっしん
2019/10/13(日) 03:22:54 ID: I181SvwvOP
逆にナチスの史料とかそういうヤバそうな物も展示してたらNEUTRALになってたかもしれん
46 ななしのよっしん
2019/10/13(日) 03:28:17 ID: 0AJlItdLqe
思想の極端な偏りもそうだけど、単純に展示物のクオリティがアートとしてもひどい出来なのが一番の問題だよねこ
例のかまくらなんてマジでただのドーム状にしたの切り貼りだし
あほらしすぎてもやらなかったことを「新だ」「先駆的だ」と思い込んだ面くない連中が順当に面くないことやっただけ
47 ななしのよっしん
2019/10/13(日) 09:07:37 ID: /J7A3onpr4
交付については文化庁からの募集要項に「補助事業者 地方公共団体(都道府県市町村(特別区、一部事務組合及び広域連合を含む。)」
と書かれてて、要は自治体が実施について責任を持って行う前提との事。
だから、不交付の理由の一つとして「安全、円滑に運営できるかどうか懸念していたにもかかわらず、交付申請時に申告しなかった」事が問題視されたのね。
48 ななしのよっしん
2019/10/13(日) 09:12:48 ID: 8A4t0rBS/N
表現の不自由を謳うならチャタレイや悪魔みたいなのも入れたらいいのに
49 ななしのよっしん
2019/10/13(日) 09:28:09 ID: /J7A3onpr4
あ、内容については事前にあんだけ煽ってた割に
「戦没者を揶揄したモニュメントじゃないよ」
過去にあった出来事の映像を流してるだけで天皇陛下を侮辱したわけじゃないよ」
「被災者を侮辱してないよ。むしろ被災者参加の復応援アートだよ」
っていざ炎上した途端に思いっき弁明しまくってるのが
アートとしても反体制としてもクッソだせえなと思いました(こなみ)
50 ななしのよっしん
2019/10/13(日) 17:30:01 ID: vl65saSRhv
個人的には全くロックじゃないのが敗因だと思う。
ピストルズぐらい手にやれや。
51 ななしのよっしん
2019/10/13(日) 17:45:30 ID: 1kkuOz4eI2
遠近を抱えてPart2に関して、「あくまで天皇を含むアートの破棄に対する抗議の意味であって天皇は関係いんだ」みたいな話はいっとき話題になってこの記事もそれをみにしてるようだけど

実際には、中間報告のデータ図表14Pに「従軍看護婦がよみがえり『内なる天皇』を『燃やし踏みつけにする』ことで『昇』するシーンだ」って作者コメントがあるし、文脈としても過去自作品どうこうではない文字通りの「天皇の図像」として扱ってるぞ
デマデマで上塗りしてどうする
52 ななしのよっしん
2019/10/14(月) 13:07:54 ID: vUfzYHm7mW
慰安婦天皇についての作品も別にいいんだけど、
チンポムの作品も出てるとは知らなかったな。
こいつらの行為はほんと許せん。

急上昇ワード

2019/10/14(月)14時更新