今注目のニュース
独身仲間の結婚に「取り残された」 落ち込む女性に厳しい意見も
アニメ『ハイキュー!!』4期、来年1月放送開始 東京都代表決定戦を描いたOVAも発売
家中どこにいてもテレビや音楽が楽しめるネックスピーカーが今売れている! ワイヤレススピーカー月間売れ筋ランキングTOP10

ネルケと伝説の錬金術士たち 〜新たな大地のアトリエ〜単語

ネルケトデンセツノレンキンジュツシタチアラタナダイチノアトリエ

掲示板をみる(73)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ここが、私たちのになる。

ネルケと伝説の錬金術士たち ~新たな大地のアトリエ~」とは、コーエーテクモゲームスガストブランド(以下ガスト)より発売したゲームソフトである。

動画タグは「ネルケと伝説の錬金術士たち」が多い。
ネルケのアトリエタグも稀に存在するが、後述するようにネルケ自身は錬金術士ではない為、ネルケのアトリエ事実上存在しないので注意。

概要

ゲーム情報
ジャンル 街づくり×RPG
開発元 コーエーテクモゲームス(ガストブランド)
販売元 コーエーテクモゲームス
機種 PS4
PSVita
Switch
Steam
発売日
配信日
2019年1月31日
2019年3月26日 (Steam)
価格 7,800円 (PS4Switch)
6,800円 (PSVita)
8,424円 (Steam)
その他 有料DLC有り
ゲームソフトテンプレート

アトリエ20周年を記念して制作されたアトリエシリーズ最新作。
テーマは「街づくり×RPG
ナンバリングの付与は確認できていないため、正規シリーズからは外れるようだ。2018年12月13日(2019年1月31日に延期)に発売。同年3月26日からSteam版も発売を開始した。

担当管理官として辺にあるヴェストバルト村を発展させ、住民たちと協してヴェストバルト近くに存在するとされる賢者の遺物「グランツヴァイトの」を探すのが主人公的。

主人公錬金術士ではない事や、過去作の主人公が多数出演する事が特徴的な今作は、まさに20周年を記念したお祭りタイトルと言っていいだろう。

なお、今作のイラストレーターは不思議シリーズでおなじみのNOCO氏であり、過去作のキャラクターにおいても全てNOCO氏が担当する(DLCの追加キャラクターを除く)。

価格は、それぞれ税抜きでPS4版・Nintendo Switch版は通常版(パッケージダウンロード共通)7800円プレミアムボックス10800円、20周年記念ボックス26100円。
VITA版は通常版(パッケージダウンロード共通)6800円、プレミアムボックス9800円20周年記念ボックス25100円。
ちなみに公式ショップ限定の「ネルケと伝説の錬金術士たち 爛!GS最強ギャラクシーコンボセット」は48793円(VITA版は47793円)である。

PC版システム要件

最低 推奨
OS(64bit) Windows 7/8.1/10 Windows 7/8.1/10
プロセッサー Core i5 2.6GHz (4core)以上 Core i7 3.40GHz (4core)以上
メモリー 4GB RAM 8GB RAM
ストレージ 35GB 利用可 35GB 利用可
グラフィック NVIDIA GeForce GTX660 2GB
HD (1280x720)
NVIDIA GeForce GTX1060 2GB
Full HD (1920x1080)
サウンド 16bitステレオ48KHzWAVE
が再生可
16bitステレオ48kHzWAVE形式
が再生可
DirectX Version 11 Version 11

ストーリー

グランツヴァイトの賢者
彼の人物が生み出し、各地に残した「賢者の遺物」は今もなお人々の研究対となっており、その不思議なはやがて、「錬金術」と呼ばれるようになりました。

主人公ネルケ・フォン・ルシュタームはそんな賢者に憧れる貴族少女です。
残念ながら錬金術の才はありませんでしたが、貴族である以上、人々のために働きたいと考える彼女は他の貴族と同様に役人となり、民に貢献するに進むつもりでした。
しかし、学院の卒業をあと数日後に迎えたある日に状況が一変します。
父親の領地であるヴェストバルト村の近くに「賢者の遺物」があることが判明したのです。
「自分の手で、賢者の遺物を見つけ出したい」

そう思ったネルケは領である父親に懇願し約束を守ることを条件に、担当管理官として赴任できることができました。
その約束とは「ヴェストバルトを大きく発展させること」
ヴェストバルト自然豊かな場所にある田舎の村ですが、以前から、発展させたら交易の拠点にする計画が立てられていました。そこに領業務を代行する担当管理官として赴き計画を実現することがネルケに課せられた仕事です。

ネルケは、初めての仕事や課題に苦労しながらも、次々とやって来る錬金術士や住民たちのを借りて協することで村は町、都市とどんどん大きく発展していきます。
そして賢者がこの地に残した遺物――グランツヴァイトの」のを追う過程を通じネルケもまた、一人前に成長していきます。

小さく芽吹いた憐なたちは、やがて大となりく。

今作の特徴的なシステム

本作はRPGというよりシムシティトロピコなどの経営シミュレーションゲームの様相を呈しており、システム面はその手のものに近い。1週間を1ターンとし、平日休日で出来る行動が違う。

例によって期限付きの課題の達成がめられる。

任期は100ターンだが、期限内に重要課題の達成に失敗するとゲームオーバーとなる。また、条件を満たした場合100ターン以降も任意で延長戦が可クリア後のおまけステージとして「異界の門」という限に戦闘を行えるやり込み要素も解禁される。

平日に出来る事

主人公ネルケは管理官として書類仕事に追われている為、平日キャラクターごとに簡単な示をする事しか出来ない。後はほぼ各キャラクターに任せきりになるので、管理官として適切な示がめられる。

街づくり

今作の基幹となるシステム

決められた区画に任意の建物を建築し、登場キャラクターに管理や経営を任せることで、そこから得られた収益などを元にの規模を拡大していく。建物以外にもタルも作れる。の発展に従って建築が可な区画が広がっていき、建築な施設も増えるが、当然建てるにはお金や資材が必要で、完成には日数がかかる。ちなみに建てるのはハゲルさん。

余談だが、タルを配置する時、ランダムで住民がお決まりのセリフたーる」を言う。

調合依頼

ネルケは錬金術士ではない為、調合はアトリエを任せている各錬金術士たちに依頼する形になる。

作製アイテムごとに決められた調合コストがあり、各錬金術士たちに設定された最大コストの範囲内で、10品(それぞれの個数は問わない)ずつまで依頼することが出来る。錬金術士のレベルが上がる程、最大コストが上昇し、各アイテムの調合コストが減少する。当然材料は必要なだけ要されるし、失敗する時もある。

依頼は変更や取り消しがあるまで、材料が続く限り毎ターン行われる。
恒久的な素材の供給手段が確立できれば自動化も可なようだ。

その他の仕事

休日に出来る事

休日は書類仕事いので、積極的に本来の的である賢者の遺物探しや、街づくりの資材調達の為にの外へ調に出かけたり、住民への訪問などが行える。

調査

キャラクター達とパーティ(ネルケ含めて最大5人)を組んでの外へ探索に出かける。

移動は基本的に自動で行われ、休日の残り時間いっぱいまで探索できる。
徒歩だとアイテムが採取でき、走ると短い時間でマップの最までたどり着くことも出来るが、採取が出来ず、遭遇する敵とは不利な状態でエンカウントすることがある。

にはボス相当の強敵か宝箱が置いてあり(が置いたかは誰も知らない)、残り時間以内に踏破する事で素材が大量に手に入る。そして、新しいエリアが発見できるが、調に行くには投資してルート開拓をする必要がある。各エリアごとに追加の投資を行うことでバフが掛かり調しやすくなる。

戦闘

調中に発生する魔物との戦闘

キャラクターごとにアタッカー(前衛)とサポーター(後衛)に分かれており、サポーター錬金術士が担当する。アタッカーは行動順が回ってきたら自身でスキルを選んで行動できるが、サポーターは状況に合わせて自動で行動する。サポーターのみが使える「強スキル」はターンが回ってくる前に発動を設定すると使用可

なお、戦闘アイテムの使用についてはアタッカーも可。ただし、1回の調に付き同じアイテムは1回のみ(在庫の消費はしない)。威は使用キャラクターの性に左右されず、累計生産数によって性アップする。

戦闘マニュアルオートセミオートの三つのモードがあり、オートモードは一部の操作しか出来ない代わりに高速で戦闘が進む。セミオートはアタッカーが通常攻撃を自動で行い、行動順が回ってくる前に使用スキルを予約しておくことでそれを使用する。

訪問

に住む住民を訪ねることが出来る。

調パーティに加えるには各キャラを訪問する必要がある。
過去アトリエシリーズにあった様な個別イベントの大半はこれで発生する。

研究

錬金術士たちと協して賢者の遺物調や、の開拓に使うアイテムの研究開発を行う。

これを行うには、それぞれの錬金術士たちの協が不可欠であるため、進めるのには彼らとの交流は必須。
研究費用も必須。
研究内容によっては世界観をえた共同研究が行われ、お祭り作品らしい展開を見ることが出来る。
コラボレーションと言えば聞こえは良いが、行くとこまで行くと「合体事故」、「まぜるな危険」、「作者は病気」の域に達することも…。

登場人物

主人公

歴代主人公

歴代主人公の仲間たち

その他の周辺人物

  • クノス CV:辻井 ”おらが村をする村長”
    ネルケが管理官として赴任した、ヴェストバルトの村長。
    本来は穏やかな性格であるが、立場にふさわしくなるよう、あえて快な話し方をする。
    前は父親が村長だったが、彼にその座を押し付けて楽隠居した揚げ句、に出ているという。
    ヴェストバルト開拓事業はネル導だが、彼は村長として住民をまとめるに長け、ヴェストバルトに欠かせない存在である。

その他の住民たち

ザールブルグ&グラムナート編 イリスのアトリエ アルレビス学園編
アーランド 黄昏世界 不思議シリーズ
ガスト25周年記念キャラクター登場パック(無料DLC)

エクストラストーリー

シーズンパスか単体のDLC購入で適用されるゲームクリア後の延長戦のストーリーと、ある意味本編以上に夢の競演が実現する住民が追加される(彼らが絡むイベントも発生する様になる)。上記の住民と被っているキャラは同名の別人、あるいは違う時代から来た同一人物である。

追加される住民

関連動画

関連商品

PS4版

PSVita版

Switch版

オリジナルサウンドトラック

関連項目

関連リンク

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/18(日) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/18(日) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP