スタンド(ジョジョの奇妙な冒険)単語

スタンド
  • 15
  • 0pt
掲示板へ

スタンドとは、荒木飛呂彦漫画ジョジョの奇妙な冒険』に登場する超能力概念である。幽波紋(ゆうはもん、スタンド)とも書く。

概要

人間(または動物生物)の生命エネルギーと精エネルギーが形を持った像(ヴィジョン)となって現れる現を「スタンド」と呼ぶ。人間やその他の生物に近い外見のものが多いが、器物の形をしていたり、人形などの物質に憑依するものなど形態は様々である。

スタンドを持つ者を、『スタンド使い』と呼ぶ。またその者の「分身」であるスタンドに対し「本体」とも表現される。

ジョセフ・ジョースターくそばに立つ(Stand by me)者という意味からスタンドと呼ぶ。
第7部ではマウンテン・ティムにより(困難に)立ち向かう(Stand up to)ものと新たに定義された。

発音的には「Stand」の発音からガソリンスタンドの「スタンド」と同じ発音(ス→タ↑ン↓ド→)
と思われるが実際はス→タ→ン→ド→の方が発音しやすい。
媒体では前者になっていることが多かったが、作者後者の発音もしており、TVアニメでは後者に統一されている。

作者によれば発想の大本は、それまでの漫画で抽的に表現されることが多かった超能力を具体的な絵で表現すること。また超能力を「キャラクター」として描くことで、「いくらでもアイデアが出る」「限に描ける」と話している。

スタンドのルール

スタンドには、次のようなルールが存在する。基本的にそのルールに従うが、例外も存在する。

  1. スタンドは1人につき1体のみ。
    文字通り、1人のスタンド使いが2体以上の異なるスタンドを持つ事はない。ただし群体スタンドは複数個体すべて合わせて「スタンド1体」となるため、見かけ上は複数のスタンドを操るように見える。
    またスタンドは本人の個性や特技が反映されるため、基本的に一つの特殊しか持てない。同じ部類に属する発展的なを別途持つ事はあり得る(例:キラークイーンの第1〜第3の爆弾)が、性質の異なるを持つことはない。
    また、まったく同じスタンドはこの世に二つも存在しない。似たようなスタンドは存在する。
    スタンドが大きく成長し形状変化したことで、擬似的に複数のスタンドを持っているかのような状態になることもある(康一エコーACT1〜ACT3)。
    【例外】他のスタンドを奪うスタンドであれば、1人で二つ以上のスタンドを有する事が出来る(ホワイトスネイクなど)。また、本体を移し替えるスタンドであれば二つ以上のを有する事にもなる(チープ・トリックなど)。
  2. スタンドは本体であるスタンド使いの意思で動く。
    スタンドは本体の精そのものであり、闘おうとする本や身を守ろうとする気持ちに反応して動かされる。
    スタンドが発現したばかりで本体が動かし方を理解していない場合や精が低下したり本体と理矢理引き離されたりした場合は本体の意識がスタンドを操りきれなくなり暴走してしまうこともある。
    【例外】自動操縦スタンドは本体の意識と関係なく動く事が可スタンドが自を持ち、本体との意志疎通を図る場合もある(エコーACT3、セックス・ピストルズなど)。また、最初から本体の意思と関係なく一人歩きしたスタンドもある(スーパーフライ、ローリング・ストーン(ズ)など)。
  3. スタンドスタンドを持つ者にしか見る事は出来ない。
    スタンドは同じくスタンドを持つ物にしか見る事は出来ない。を持たずとも、スタンドの才がある者ならば見る事が出来るようになり、スタンドの才を開させることもある。
    【例外】スタンドが本体の体の一部であるもの(ストレイ・キャットフー・ファイターズなど)や、実在する物体と同化して発現するスタンドならば、普通の人にも見る事が出来る(ストレングスなど)。
  4. スタンドにはスタンドでしか触れる事は出来ない。
    スタンドからは物体への透過・不透過を調節して干渉できるが、スタンドには同じくスタンドでしか触れる事は出来ない。つまり、スタンドへはスタンドでしか攻撃できない。
    【例外】スタンドが実体化したものと一体となっていれば、見る事と同様触ることもできる。
  5. スタンドが傷つくと、本体も同様に傷つく。
    スタンドは本体の精そのものであり、スタンドが傷つくことは本体が傷つくことである。基本的にスタンドと同じ箇所にダメージが帰ってくる。
    【例外】具の形をしたスタンドエンペラーなど)や、本体の意思が切り離された自動操縦のスタンドヨーヨーマッなど)はダメージが返ってくることはない。また、非常に数が多い群体スタンドは1体や2体程度ならば破壊されても本体に跳ね返るダメージが小さすぎて、ダメージが返っている描写が確認できないものもある(ハーヴェストなど)。
  6. スタンド使い死ねば、その本人のスタンドも消滅する。
    その又逆も然り。スタンドが傷つけば本体も傷つくルールの延長線上にある。
    【例外】本体の強い意志や恨みのエネルギーで、本体が死んでもスタンドのみが生きてる場合もある(アヌビス神など)。本体が死んでから発動するスタンドもある(ノトーリアスB.I.G)。
  7. スタンドの強さと本体からの距離は反例する。
    射程距離
  8. スタンドは本体によっては成長する。
    スタンド使いの精の成長により、スタンドは成長する場合もある。もともと備わっていたスタンドに付け備わる形であるため、今までとかけ離れたに変わる事は基本的にない。スタンドの像も変わる場合があるが、基本的に一つのしか発動できない。
    【例外】弓と矢によるレクイエム化(ゴールド・エクスペリエンス・レクイエムなど)や、緑色の赤ちゃんとの融合によるスタンドの成長(メイド・イン・ヘブンなど)は、本体の精の成長とは違うため今までのスタンドとはかけ離れたを持つことになる。
  9. スタンド使いはスタンド使いにひかれ合う
    スタンドを持つ者同士は、何かの運命のかお互いを引き合う運命にある。スタンド覚めていない者でも才がある者ならば徐々にスタンドめさせることになる。 

なお作中で承太郎が「スタンド使いタバコの煙を吸うと鼻の頭に血管が浮き出る」と言った事があるが、これは敵のスタンド使いを見つけ出すためにかけたカマであり、実際はただのである。

スタンド使いになるには

また、一時的に身につける方法として

などがある。ただしプッチ神父ホワイトスネイクDISCはそのスタンドの素質がある者でないと入れても強制的に出てしまう。

聖なる遺体を取り込んだ場合その人物に見合ったスタンドが発現するが矢やDISC同様スタンドの才い者は取り込む事が出来ない。矢同様遺体の近くに素質が有る者が居ると、遺体自体がその者に引き寄せられる場面があるが、引き寄せられた遺体は素質のある者の意思に関係なく融合する場面がある。
個人によって融合した時の感覚に違いがあるらしく、ジョニィ・ジョースターは脊髄と融合した時に気分が悪くなり、ジャイロ・ツェペリは眼球と融合した時にもがき苦しんだが、アクセル・ROは身を清められるような幸福な感覚を味わっている。

スタンドの発生なので遺体を体から分離させたり分離させられるとスタンドが使えなくなるが遺体しでもスタンドを使える者も稀に存在する。

スタンドのタイプ

作中ではスタンドは3つの分類に分けられる。もちろんスタンドによっては例外も存在する。

近距離パワー型

本体より離れて攻撃できないが、破壊スピード、精密操作性いずれも高いを持つ。
その性質上、近距離でこそその実が発揮できるため、面と向かって立ち向かう必要がある。
基本的に本体と視界を共有しているので本体のの届かない所では闘えないものもある。
策や術を使わない『正統派スタンド』はこれに当たる。較的人をとるスタンドが多く、手で触れたり拳で殴ることで特殊を発揮するものが多い。

遠隔操作型

本体より離れて動かすことのできるスタンド
本体の知覚をサポートするが付随しているケースが多く、回避や索敵に優れる傾向にある。
本体は隠れて攻撃している場合が多い。
射程距離が長い分、パワー、あるいは精密操作性が犠牲になっているケースが多い(前者はこのタイプの多くに該当、後者の例はエアロスミスなど)。
しかし特定条件下で近距離パワーに匹敵するを発揮出来るを持ったものもある(例:レッド・ホット・チリ・ペッパー)。

遠隔自動操縦型

スタンドがある条件に沿って自動攻撃するスタンド
自身の意志で攻撃を始めたりやめさせたり、スタンドの置かれている状況が本体に把握できないなどの小回りが効かない分、遠隔操作のような射程距離を持ち(と言うよりも射程距離自体存在しない場合が多い)、パワーも高いと言った特徴を持つ。

なお本体の意志と切り離されている関係上、「スタンドが傷つくと本体も傷つく」のルールに縛られないスタンドが多い。中には全に倒されてしまっても、発動条件を満たすたびに何度でも復活するものもある。

スタンドの形

基本的には人であるが、中には本体自身にとして取り憑くもの(形として現れない)、 スライムのような形、拳銃、本、など様々である。

射程距離

スタンドには射程距離が存在する。一般的にパワーが強ければ射程距離は短く(2〜3メートル程度)、パワーが弱ければ距離は長くなる(50メートルとか)。
ただし例外は多数存在しており、

このような特徴を持つスタンドは「パワーと射程距離は反例する」と言う条件から逸脱している事が多い。
要するに汎用性と引き換えにしているかどうかと言う感じ。

個別記事のあるスタンド

3部

4部

5部

6部

7部

登場人物記事に解説があるスタンド

3部

4部

5部

6部

7部

8部

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 15
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%89%28%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%81%AE%E5%A5%87%E5%A6%99%E3%81%AA%E5%86%92%E9%99%BA%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スタンド(ジョジョの奇妙な冒険)

415 ななしのよっしん
2020/04/08(水) 14:07:28 ID: W4ygW2PVWa
お、おう
416 ななしのよっしん
2020/04/20(月) 19:27:21 ID: e+nR0ly/Vc
幽波紋って言われてたのは波紋と同じく吸血鬼柱の男に対抗する為に矢を作られたからとか…?
スタンドの素質がないと死ぬし波紋修行をした方が良さそうだけど…
417 ななしのよっしん
2020/06/10(水) 07:59:45 ID: ChvunWzTQI
キラークイーンキングクリムゾンが二つ以上のを持っている訳だけど、複数のがあると言うより、スタンド本質に複数が必要だから複数を持ってるって感じなんだよな。
キラークイーン爆弾スタンドというより本質吉良の心の穏を守る為のスタンドだし、キングクリムゾンは過程を吹き飛ばすスタンドと言うよりは、ボスが永遠の絶頂にいるために人生落とし穴を避ける為のスタンド。各々の人生命題のために複数のを得るに至ったんだろうな。
418 ななしのよっしん
2020/07/28(火) 04:11:20 ID: GjXeF5l0cT
そう考えるとエコーズは何を反映してるんだろう
act1,2の音に対して3の重力というのがどうにも共通点がわからん
419 ななしのよっしん
2020/08/01(土) 15:31:05 ID: UNLBTByza8
>>418
音の「重さ」だったような
ソースは忘れた
420 ななしのよっしん
2020/08/18(火) 00:34:36 ID: WtwYY7WOhS
>>418
エコーact3 は「スリー(3)」と「フリーズ(動くな)」を引っ掛けた言葉遊びになっている。
や音の持つイメージを対に付与する、というエコーズ共通のを、相手の拘束に特化させた形態とみて良いはず。

本質としては、康一や思いを届けるためのスタンドってところじゃないだろうか。
421 ななしのよっしん
2020/09/12(土) 20:03:24 ID: 9/33p2ebDr
スタンドデザインって大体が可動フィギュア
とめちゃくちゃ相性がいいよな
ロボみたいな関節してるって言うか
422 ななしのよっしん
2020/09/23(水) 02:23:33 ID: /GhIfdSTO3
複数に見えるだけで本質は1つなのではなかろうか
例えばナイフで切ることも刺すこともできるが、それは複数なのではなく、本質としてはナイフなだけみたいな
423 ななしのよっしん
2020/10/31(土) 22:00:02 ID: a4w1g7MqFy
三部の最初あたりは幽波紋スタンドって呼んでたけど、「守護霊、悪霊みたいな不思議エネルギー=幽波紋」ならなんで霊波紋とか波紋霊とかにしなかったんだろう?
最初この当て字見たときの部分の意味が分からなすぎて理解するのに時間かかったわ〜
424 ななしのよっしん
2020/11/19(木) 08:35:29 ID: t1q/folLAX
 ジョジョバトルシチュエーションも独特だよね、
超能力バトルのお決まり「は世間には秘密
「戦いはも見てない場所で」が自分の中では則なんだけど

3部客期の中のグレーフライ戦とかあんまりないよね

おすすめトレンド