ブラキディオス単語

ブラキディオス

もうパケモン(笑)なんて言わせない

ブラキディオスとは、カプコンゲームモンスターハンター』(以下、MHと表記)シリーズに登場するモンスターである。

初登場作品はニンテンドー3DSソフトMH3G』。『MHP3』のドボルベルクに次いで登場した、5種類種である。
二つ名砕竜。名前の由来は英語で上腕を意味する「brachium」と、黒曜石を意味する「obsidian」からとられたものであるとのこと。

概要

ブラキディオス

ガノトトス参戦と共にアナウンスされた、MH3G初登場のモンスターである。

生息区域は火山。のちに孤や凍土にも出現することが確認された。
同じく火山に生息するであるウラガンキンのずんぐりとした体格と較すると、全体的にバランスのとれたスマートな体格を持つ。ほかにも、これまでの種にはなかった巨大な前脚部が特徴として挙げられる。

さらにを引くのは、頭部にある起した器官と前述の巨大な前脚部がグリーンいていることである。このの正体は手の甲に付着した爆発性の粘菌であり、ブラキディオスはこれを最大限に利用した攻撃を繰り出してくる。また、生態ムービーではブラキディオスアグナコトルを狩るシーンを見ることができる。どうやら獲物の体に粘菌をまとわりつかせて爆発させ、腕で殴り止めを刺すのがブラキディオス狩猟方法のようだ。

特徴的な頭部・更にがかった黒色の甲殻粘菌の対で、某汎用人型決戦兵器に見えるという噂が(ry

また、この粘菌ブラキディオスの密接な関係性を示すかのように、ブラキディオスの感情がした時にはそれに呼応するかの如くグリーン粘菌オレンジきを変える。

評判

発売前

そのデビューパッケージモンスターとしての堂々たるもの!!…であったはずなのだが、同時に参戦をアナウンスされたガノトトス(※水中戦もあるよ!)の方に全にユーザー興味を持っていかれてしまう。
その後の公式からのアナウンスも、数々の亜種モンスターカヤンパ参加・Wi-Fi通信によるネットワーク協力プレイの搭載なしなどの情報ユーザーの注が集まり、肝心のブラキディオスはとかくその陰に隠れがちであった。(実際、ブラキ自体の情報が少なすぎるということもあったのだが…)
挙句、公式からの第2弾PVラストジョーに持って行かれてしまい、一部ではパッケージモンスター(笑)などと揶揄されるという不遇っぷり。どうしてこうなった
もちろん、言い換えれば「それだけMH3Gに発売前から多くの魅が提示されている」ということでもあるのだが、ブラキディオスいらない子なのかと問い詰めたくなるほど不憫極まる扱いであった。

だが、ブラキディオスが皆にされていなかったかといえばそんなことは全くなく、ユーザーから々に「初号機」のあだ名を献上されたり、公式サイトで名前を間違えられてひと笑い取るなど、厳つい貌とな生態に似合わぬ『なごみ系』なイメージが発売を待つユーザーの間で固まっていた。 \ブッラキーン/

ありし日のイメージAA


     ∧"三@ 
    Σ  ゚ w゚ 〉=つ>つ> 
    <>っ つ>=つ> 
  ヨ=二/   )   ババババ 
     ( / ̄∪


     ∧"三@ 
     〈 ゚ w゚ 〉  チラ
    <>っ つ> 
  ヨ=二/   ) 
     ( / ̄∪
 

発売後

誰だよ\ブッラキーン/とか言い出したの!

歴戦の勇者たちがいざ対面してみると、彼(彼女)は歴代のパッケージモンスターの中で有数の実の持ちであることが判明。
2chスレでは三報告が大量に上がり、ニコ百MH3Gの記事にも連日のように「\(^o^)/」と書き込まれる始末である。前半とは何だったのか
数ある攻撃モーションの中でも特に「跳躍から繰り出される大地を穿つ一撃」はまさに一撃必殺の威を秘めており、これによって昇天した狩人諸氏のトラウマとなり果てた。更に伝説となった配信クエスト黒曜石は砕けないの存在により、ブラキディオスは一気に強キャラへの階段を登り詰めることとなったのである。

しかしそうしたリスクに対するリターンは大きく、ブラ素材から生産できる装備は爆破属性の存在により高性であることが判明。そしてお約束通り、今作にもしっかり搭載された物欲センサーが武器強化に必須となる素材を出し惜しみするため、殺伐としたふいんき(ryハンター達が幾度も拠点と火山を往復することとなった。

なお、このように狩猟における存在感では圧倒的であったブラキディオスであったが、村クエストでは交易船の船長から腕試しにと受注された単なるキークエストが初の登場であり、ラギアクルス亜種などにべるとストーリーにほとんど絡まない、看モンスターとしては異例の"影の薄さ"でも話題となった。\ブッラキーン/

MH4

相変わらずのスタイリッシュ田植えっぷりを遺憾なく見せつけた。
発売前情報では登場に関して一切告知がなく、これはブラキディオスごと爆破属性黒歴史入りか…などとささやかれていただけに、ブラ諸氏の喜びは非常に大きいものであった。
続投参戦個体にありがちな立った弱体化もなく、新たな攻撃モーションを引っさげて3Gからの続投プレイヤーを悩ませているほか、MH4玉要素である狂ウイルスった個体も登場する。狂化によるモーションの緩急とブラキディオス本来の攻撃モーションのシナジーは異様に高く、更に狂症発症と爆破やられのダブルパンチもあり被ダメージが恐ろしいほど伸びる。また、ブラキディオス本体だけでなく敷設する粘菌地雷爆発するまでの時間がランダムで短縮or延長するようになるため、いつもの感覚で対応できなくなりこちらも非常に危険。
また、今作より追加された新要素であるギルドクエストにも登場している。攻撃の上昇・固有モーションの追加・更に加えて狂化まで果たす高レベル帯のブラキディオスは、狂イャンガルルガと並んで本作最強モンスターではないかと噂されている。

なお、(一部武器の属性解放を除けば)ブラキディオス素材武器の専売であった爆破属性は、テオ・テスカトル武器やティガレックス希少種武器などにも付与されるようになった。
また、前作MH3Gの爆破武器一強となるほどの壊れ気味な性の反からか、爆破属性の蓄積値と与ダメージに下方修正がなされている。これにより、どんな相手にも思考停止で持ち出すほどの性ではなくなってしまったが、有用なダメージソースとしての地位までは譲っておらず、前作のプレイヤーからは概して「良調整」と評価されている。

ちなみに村(団)クエストでは、本作ではなんと受付嬢の初恋の相手という衝撃の形で登場することになり、MH3Gでは空気だったストーリー面でも活躍することになった。リア充爆発しろ

MH4G

MH4Gにも当然続投。
4におけるモーション変更(に攻撃の追尾性や攻撃範囲)があまりにも強すぎたと判断されたのか、本作では更にモーションが調整されている。抜中に回避不能な攻撃はほとんど見られなくなっており、高精度の殴りつけに悩まされていた士でもかなり戦いやすくなった。

また、イビルジョーラージャンに続いて更なる暴化を果たした個体が登場。
正式名称は猛り爆ぜるブラキディオスで、この名前が判明するまで界では「臨界ブラキ」と呼ばれており、巨大な体に緩やかなモーション、そして過なまでに活性化した粘菌が最大のウリ。この粘菌、なんとブラキ本体にまとわりついている段階で灼熱するほど活性化するようになり、その状態でほんのわずかなショックでも与えられればブラキディオスにまとわりついている状態であるにも関わらずいきなり爆発する。
この"その場爆発"も他の粘菌爆破と同様に高威で、何も知らずに殴りつけに来た士がその場で蒸発→更に近くにいた士も巻き込まれて蒸発→何もわからないまま突然の3、という事態が頻発するほどの威を秘めていたため、またしてもブラキは初見3報告の山を築き上げることとなった。

この個体の登場でブラキ武器はさらなる強化先を得ることとなり、全に性能面をあけられていたテオ武器、ティガ希少種武器と堂々と渡り合えることとなった。爆破属性本家の面躍如である。 

MHX

公式からの第一弾PVに堂々と登場し、初登場した3Gからのシリーズ皆勤賞を確定させた。
しかしながら、危険度こそ変わらないものの他の歴代看モンスタークエスト出現のタイミングもほぼ同時となったほか、今作におけるモンスター強化措置である『獰猛化』の普遍性や特殊個体の未登場(かつ"二つ名モンスター"としての登場もなし)などもあり、3Gや4シリーズに存在した相対的な"特別扱い"は鳴りを潜めることとなった。今までが厚遇すぎたような気も正直しなくはないが
ただし、本作の集会所ラスボスを務めるモンスターとの決戦では意外な形での登場があった。…が、そこにそうした形で登場するという事実に対してブラ諸氏は一様に「…あっ(察し」となり、悲喜こもごもの複雑な感情を抱くこととなった。

気になるアクションについては、弱体化がささやかれた4Gよりもさらにマイルド調整気味となっている。かつての恐怖の徴であったジャンピングパンチ若干のタメ時間の追加や追尾性の甘さが加わったほか、腕に付着した粘菌が沈静化するまでの時間が短くなっており、腕をペロペロすることでされる隙が増えた。
ただし、圧倒的な攻撃と爆破やられのコンボによる大ダメージは依然として健在。クロスから新規参入した新人ハンターに爆破属性の恐怖を植え付ける登竜門として、その存在感をしっかりと見せつけている。

余談ではあるが、2016年春クールから始まるとあるアニメに合わせ、あの地獄のクエストが再び配信されるのではないかという期待と不安が双方のファンの間で取り沙汰されていた。バイツァ・ダストされて「なかったことになった」のは内緒。

MHXX

集会所クエスト猛り爆ぜるブラキディオスが復活。この実装によりブラキ武器は「原種1・原種2・猛爆」という3パターン生が成されることとなった。致死的ダメージを与えてくる"その場爆発"は今回も健在で、士装備ハンター涙目にさせている。ただしハンター側も4G時代とは違い各種スタイル狩技を獲得しているため、創意工夫によって士装備でも渡り合うことは十分に可環境となっている。

また、4月23日に配信されたダウンロードクエスト「急募・炭鉱採掘ム」では、地底火山の燃石炭採掘を狙うハンター現場監督役(=サブターゲット)として抜されることとなった。…のだが、実はこのクエストサブタゲであるブラキディオスを倒すことで、各種お守りがザックザクという採取クエストの皮を被った討伐クエストであることが発覚。お守りの質がすべてを決めるネセトシリーズ実装や、MHX以前の作品同様に他シリーズ防具と組み合わせやすいポイント振りのなされたG級防具によって神おまの需要が最高潮に達していた環境に、突如として降臨したこのクエストは配信直後から人気爆発。血走った神おまめるハンターの軍団が、集会場と地底火山を幾度とく往復することとなった。どっかで聞いたようなフレーズである

MHF-G

MHXと同時期に、オンラインゲームモンスターハンターフロンティアG』にも登場することが決定した。
世界観上は『これまでメゼポルタフロンティアにおけるメイン拠点)周辺では撃例のなかったモンスター』を総称する"遷種"としての参入である。ちなみにこのとしては、ジンオウガイビルジョーの参入がブラキディオスに先んじて告知されていた。
種としてコンシューマ(以下CSモンスターの導入が決定した後も、「爆破属性フロンティアには実装されていない」という事情があったため、ブラキディオスの参入はある意味絶望視されていた。しかし後の実装予定告知の中に「導入するには大掛かりな作業が必要なモンスターという一文があったので予想の一つにはなっていた。

実際に実装が発表された際の反応だが、本家MH2からターン制を残すMHF-GではCSシリーズ種(MHFオリジナル種はターン制アレンジされており概ね好評)に代表されるMH3以降の傾向である庫入れや隙潰しと呼ばれる行動が嫌われている(これは元に近い形で実装されたイビルジョーが不評であるという運営発表にも合致する)。
そのため、それらに加えて画面外に出るフットワークや爆破による範囲攻撃を持つブラキディオス実装悲観するの方が大きかったのではないかというほどであった。
しかし、MHFCSシリーズ較するとハンターのモーション自体は昔ながらかその延長線上にあるが、ハンター火力モンスターの攻撃性などがインフレしている環境であるため、運営いわく「相当の魔改造を施しての実装となる」と予め告知されていた。

そして、実装後。
基本的にMH4個体をベースに3Gや4Gの要素をハイブリッドした形なのだが、動作が他シリーズべて軒並み素くなっており、HR5個体でもパンチ粘菌を中距離まで撒き散らしG級個体になるとパワーゲイザーは3WAYになるわコンボはあるわ、果てはほぼ狩場全体を覆い尽くす規模の爆発を起こすわと前言通りのやりたい放題。
しかしながら、本体の攻撃と爆破の判定が別ではあるが同時でありフレーム回避可であるなど、実装を不安視していた層を驚かせるほどに手強いながら理不尽さがい仕上がりにアレンジされており、CSシリーズブラキディオスを狩ったことがハンターを含め、メゼポルタの地での"強さ"をまざまざと見せつけることとなった。

ブラキディオスと同時に実装されることとなった爆破属性だが、基本的な仕様CSシリーズと同様。
しかし、蓄積値の強化は「状態異常攻撃強化」に依り、爆破ダメージの強化だけが「ボマー」に依る、という少し面倒な分化が成されている。
ボマーは発動機会の多い炎寵に内包されているので、運用時は状態異常攻撃強化、さらに劇物取扱皆伝を組み込んだ装備が適しているだろう。
また、最大の違いとしてこちらは爆破ダメージが上位のクエストであればあるほど減衰される(=全体防御率の影を受ける)仕様であるため、相手が高ランクモンスターであればあるほど有用性が下がってしまい、汎用性も特定の場面での有用性も低いとみられており使用している人も少ないと思われる。

また、モンスター側が付与してくる爆破やられも実装されたが、「時間経過で爆発」「回避行動や消臭玉で解除可」という点はCSシリーズと同様。
効化のためには抗菌系ではなく「爆破耐性」、及びそれを含む複合スキルである「状態異常効【多種】」が必要となっている。
ちなみにMHFにはこの手の状態異常として更に動きを阻されスタミナが最低まで減る結晶やられというものが明期より存在する。

攻略法

掲示板の書込み等も参照のこと。

初見で3した先人たちからのアドバイスとして、

  • 初見で怒り時の攻撃に対応することは不可能。怒ったときは攻撃よりも回避を優先し、挙動をよく観察すること。
  • 較的転倒を狙いやすい(ような気がする)。慣れないうちは回避もしやすい両サイドから足元を重点的に狙うこと。
  • 回避行動で粘菌を消そうとすると、スタミナ切れで怒り時に緊急回避ができずやられる可性あり。スタミナ維持のために消臭玉も併用するといい。
  • トラウマの跳び込み→殴りかかりは、予備動作を確認してから相手の足元に向かって回転回避。

などが挙げられている。 

ガードが中心となる装備ではスタミナを一で削られたり、背後から爆発に巻き込まれたりすることもあるらしいので、回避性防具に加えて動作の速い武器で挑めば難易度は下がる可性がある。とはいえ、ガードを付与したランスでも存外相性がいいという意見もあるので、結局は好みの問題なのかもしれない。

また、ガンナーの防御では圧倒的な攻撃に対応しきれない、突然距離を詰められる動作パターンがあるなど、初対面の時期に関しては士装備での狩猟よりも不安材料が多い。両方こなせるハンターは、初めのうちは士での様子見をお勧めする。もちろんガンナー装備での狩猟ランスと同じく「慣れ次第」ではあるようだ。

厄介粘菌や爆破やられはスキル「抗菌」(MH4では「細菌研究」「バイオドクター」)で効化できる。被ダメージに見えて減るため、慣れないうちはつけていくといいだろう。ちなみに粘菌がついた状態でブラキディオス爆発に巻き込まれると、誘爆効果で通常よりも高いダメージを受けるので注意が必要である。

装備について

武器

今までにない新たな属性『爆破』を引っ下げての鮮デビューを飾った。
種別としては麻痺などの状態異常に当たり、一定値が溜まると最後に殴りつけた部位が文字通り爆発する。
蓄積中は(4以降では濃いピンク)とエフェクトの色が変わっていき、いつ爆発するかのおおよその安になる。

この爆発が非常に強で、発動すればほぼ怯みをとれる上、部位破壊が非常に行いやすい。直接これを弱点属性とするモンスターは存在しないものの、耐性を持っている(=爆発が発生しない)モンスターも存在しないため、上位までは下手な弱点属性武器を持って行くよりも狩猟が安定してしまうという壊れ性っぷりである。
しかし、G級以上となると麻痺と同じく蓄積値の上限が爆破するごとに伸びる仕様のために、強化した属性武器のほうがダメージレースで有利であるという結論が出た。ただ、相手を選ばない汎用性は弱点属性バラつく上に通常よりHPの低い個体が相手となる大連続狩猟などでは非常に有利であるため、当時の爆破属性使用者は非常に多かったと言われている。

そして、さすがに強過ぎたせいかMH4では爆破ダメージに下方修正が入ることとなった。
また、新たに複数の爆破武器が登場し、その性が爆破属性の元祖であるブラキ武器よりも概して高かったため、ブラキ武器それ自体は「繋ぎ」としての役割に甘んじることとなってしまった。
しかし4Gでは臨界ブラキの登場で屈辱の二番手ポジから見事に下克上を果たし、その存在感を再びハンターに知らしめたのである。もう\ブッラキーン/とは呼ばせない!

しかし、続くMHXでは臨界ブラキの未登場により強化段階が縮小されてしまう。攻略途中で生産できる実用的な爆破属性武器はほぼブラキ武器一択とはいえ、4と同じく「繋ぎ」の立ち位置が復活してしまうこととなった。
さらに向かい風として、これまでも爆破属性ライバルとして鎬を削ってきたテオ武器の続投に加え、二つ名モンスター"燼滅刃ディノバルド"の武器も爆破属性であることが判明。「最終強化段階における性レース」という観点では、またしても厳しい環境に放り込まれることとなった。\ブッラキーン?/
しかし、MHXではスキル強化の方向性がさらに多様化しており、今まで通りの性を発動させにくくなったスキルを考慮して「ゲージまでしかない武器が非常に強くなるスキル」を利用するなどの新たな運用法が浮上している。研究と相手モンスター次第では、これらのライバルを蹴散らすほどの性を発揮できる可性は十分に残されていると言えるだろう。

防具

また、防具であるブラキ・ブラキXシリーズは固有スキル闘魂により挑戦者が発動する。
スキル効果は「モンスターの怒り状態時に自身のアップ」するというもの。+1で『攻撃UP【小】&見切り+1』、+2で『攻撃UP【大】&見切り+2』という、リスクを伴う上に時間限定はつくものの非常に強ダメージソースとなり得るスキルである。
また、発売前に大勢が予想していたボマーももちろん発動するため、自身の武器とも相性は抜群である。さらにこれに火事が加わり、「ピンチの時ほど自身が強になる」防具として名を馳せた。

また4GではブラキXシリーズに加え、特殊個体の素材を使って作成できるブラキウム一式が登場。こちらではボマーがオミットされた代わりに強打という複合スキルが搭載されている。その効果はKO術とスタミナ奪取の合わせ技であり、若干使う武器が限られてしまうもののハマれば強、という位置づけとなっている。

MHXでは通常の一式で発動するスキル挑戦者細菌研究/バイオドクターとなった。細菌研究は効果のひとつに「爆破やられを効化できる」というものがあるため、ブラキディオスのみならずテオ・テスカトルなどの相手をする際にも有用。
さらに今作ではEX装備も追加された。こちらは一式でれ味+1ボマーが発動する。…のだが、今作ではれ味+2まで発動させないとこれまでと同様の効果が得られないため、一式で着こむほどの人気は出ていない。\ブッラキーン…/

関連動画

関連商品

BGM

登場作品

その他

お絵カキコ

ブラキディオス

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%AD%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ブラキディオス

1347 ななしのよっしん
2018/03/16(金) 19:55:18 ID: 9ZudlkCFfZ
ワールドだと縄り争い見応え有りそう。
ウンコ爆撃機君事バゼルギウスとの争いなら爆破勝負でそこらじゅうが花火まみれだぜ!

ついでに粘菌の爆破に火属性が追加されたりして。
1348 ななしのよっしん
2018/03/21(水) 00:41:49 ID: WukXsOWYul
>>1346
3G仕様そのままは死ぬからやめてくれ(ランス使用者)
使っている武器の相性もあるけど個人的には4Gが一番楽しかった
1349 ななしのよっしん
2018/03/21(水) 03:44:56 ID: S8iVPF5ZkA
めっちゃ避けやすそうな予備動作からの
クッッソ避けにくい爆発パンチNG

次に出るときはネルギガンテさんくらいに自重して欲しい所
1350 ななしのよっしん
2018/03/26(月) 11:45:32 ID: 9F96QnGCtk
妙に扱いがいいよねこいつ
1351 ななしのよっしん
2018/05/04(金) 12:56:05 ID: HTmCZrkHJf
ネギとの縄り争いは痛み訳に終わりそうだな




こらそこ、古一強とは言わない!
1352 ななしのよっしん
2018/05/05(土) 17:28:06 ID: sUTFdQH4Fq
モンハン世界ではラージョーあたりならともかく基本古のが強い設定だからなぁ。
残念ながらブラキじゃギガンテには厳しいだろうね。
1353 ななしのよっしん
2019/01/23(水) 22:56:28 ID: PrX85XHODr
イカに食われたあげくいいように死骸利用されてるザマだからなあ
ネギイカよりは格下だろうがそれでも厳しそう
1354 ななしのよっしん
2019/02/09(土) 19:59:03 ID: HtVKS/H+/r
シンフォニックゲーマーズで専用BGMの「剛き」の読みが「たけきあいこん」で確定したみたい
読み確定したの初めてだよね?
1355 ななしのよっしん
2019/02/10(日) 01:29:59 ID: h7Oa1vcmg3
>>1350
通常の時点でレウスティガオウガグラビの原種以上亜種以下、
猛爆ともなれば古もかくやの危険度って設定だからね
こういうモンスターが一体くらい居ても良いと思う。
1356 ななしのよっしん
2019/02/12(火) 20:26:10 ID: RPcLaRGZDv
全に同じではいけど、XXディアブロスがそれに近いのかな
XXではランクもそのブラキと並んでるし(レギオスやティガやドボルもだが)、古バルファルク双璧を成す二つ名鏖魔もいる