バスラットレオン単語

バスラットレオン

5.6千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

バスラットレオンBathrat Leon)とは、2018年生まれの日本競走馬鹿毛

名の由来は「名+レオン。獅子のように強く、走ってほしい」。
GⅠ舞台で盛大な出落ちをかました1頭として有名。

な勝ち
2021年:ニュージーランドトロフィー(GⅡ)
2022年:ゴドルフィンマイル(GⅡ)
2023年:1351ターフスプリント(GⅢ)

概要

血統的背景・2歳(2020年)

キズナバスラットアマル、New Approachという血統。

は第80代ダービーダートでもテリオスベルをはじめとした重賞を出しており、昨今のダート界を支える一頭。アイルランドからの持込で、そのエプソムダービーなどGⅠを5勝している。

近年躍進著しい河・三嶋牧場の生産。一口馬主クラブ広尾レースに購買されると、その広尾レースとの相性がいいといわれている矢作芳人厩舎に入厩。藤岡佑介とのコンビ7月終わりの札幌での新馬戦に挑み、逃げ切りで新馬戦勝ちを収める。
その後坂井瑠星に乗り代わるも勝ちきれず、札幌2歳SGⅢ)はソダシの3着、を迎えて挑んだ京都2歳SGⅢ)はハナを切らず先行したが6着、朝日杯FSGⅠ)もグレナディアガーズらに敗れ4着……ともどかしい結果で2歳のシーズンを終える。

3歳(2021年)

明け3歳の緒戦となったシンザン記念GⅢ)はピクシーナイトハナを奪われて3着。その後、3月中京開催の1勝クラス初めにデビューした矢作厩舎所属の女性騎手古川奈穂上に挑んだが、そこは一の重賞入着経験。他を相手にせず勝利古川に初勝利プレゼントし、自らもオープンに昇格した。
その後上が藤岡に戻ったニュージーランドトロフィーGⅡハナを切り巧妙なペース配分で逃げ切り、NHKマイルカップGⅠ)の優先出走権を手にしたのだが……

そのNHKマイル本番では3番人気を背負っていたが、発走直後躓いて落競走中止ノーリーズンポルトフィーノを彷彿とさせるまさかの出落ちで終わり、単勝1.2億などがと化した。去年に続いて無観客馬券は発売されていないので、どちらかというと電子のに消えたといったほうがいいのかもしれないが…
しかし注すべきはこの後。藤岡を落とした後の彼は群を追走しながら、ゴール通過後もストレスから解放されたかのように走っていたのだった。結局シュネルマイスター久々マル外勝利を収めた以上に話題になり「かわいい」「楽しそう」「馬券になったけど見てたら癒された」などの言葉とともにTwitterレンド入りを果たした。
日本ダービーGⅠ)では逃げるも直線で逆噴射し15着。もっとも、バスラットレオンのダービー広尾レースの記念出走の意味合いが強いものだった。

場を休養に充てて迎えた。初古対決京成杯AHGⅢ)は2番人気も、またもやスタートで躓いてしまう。結果後方からの競馬となり、こうなると逃げの彼の見せ場はなくブービーの15着。再び上に坂井を迎えた富士SGⅡ)では上手く出て前に取り付くも、ロータスランドハナを奪われ2番手からの競馬となる。直線では他に囲まれ、そこから掛かって後退し12着に終わった。
営は次走にダート武蔵野SGⅢ)を選択。坂井はこの年の3歳ダート戦線で活躍していたスマッシャーの方を選んだことから、菅原明良が手綱を握った。このレースでは課題とされたスタートも折り合いもうまくいったが、直線で脚が止まり13着に敗れた。

年内はこれを最後に放牧。

4歳(2022年)

年が明けて4歳は京都金杯から始動。サトノフェイバーとともに好スタートを切るとそのまま逃げる形になり、第4コーナーから直線に入っても先頭でるも、やがて失速し最後はザダルの9着に沈んだ。

次走はドバイミーティングダートマイル戦・ゴドルフィンマイルGⅡ)。2月サウジカップデーにも遠征していた坂井瑠星ドバイへも帯同し上を務めた。2度ダート挑戦、初挑戦の武蔵野Sは13着となれば謀とも思える挑戦である。残念ながら日本では馬券発売がなかったが、イギリスブックメーカーでは単勝67倍がついていたそうな。
レースが始まる。思いっきり出遅れ……たのは久々の復帰戦になったフルフラットの方で、バスラットレオンは押して先手を切り逃げを図ると、なんと他を全く寄せ付けないまま鮮やかな逃げ切り勝ち。ゴドルフィンではなく広尾レース勝負服が先頭を譲らずゴールを駆け抜けたのであった。
日本ゴドルフィンマイル勝利2006年ユートピア以来2頭キズナ産駒としては3頭海外重賞制覇となった。

今後は僚キングエルメスと共に欧州に遠征し、にかけて英GⅠサセックスステークスからGⅠジャック・ル・マロワ賞ローテが決定。海外重賞覚醒の兆しを見せる中、更なる勲章に向けての遠征は続く。

そのサセックスステークスのメンツだが、

というメンツがい、G1級の5頭を含む7頭立てとなった。果たして、良い走りをして、勝利できるだろうか?実績が全くないこともあり現地では最低人気に(67倍)。そうして発走したサセックスステークス逃げ逃げるバスラットレオン。終盤残り1ハロンを過ぎるまではったがアルコールフリーから短アタマ差4着に終わった。1着はここまで敗のバーイードで、これで連勝を9に伸ばした。

ここでの戦いを終えフランスに渡ったバスラットレオン。ジャック・ル・マロワ賞の相手は、

となり、G1級の5頭を含む9頭立てになった。バスラットレオンの番は1番、ゲート番号は6番となった。レースはやはりバスラットレオンがハナを切る展開に。残り400mあたりまではるも最後は失速。7着に終わった。矢作調教師は息を入れるところが全くなかったところを敗因としてあげている。直線競馬の難しさが出たレースとなった。

内戻っての初戦は昨年惨敗した武蔵野ステークス人気は7番人気と低めであった。ハナを切って逃げる展開に。ゴール直前までるも最後は尽き、レモンポップギルデッドミラーにかわされて2着のレモンポップに半身差の3着。4着とは2身半差つけた。1着はギルデッドミラーで、レモンポップとほぼ並んで入り、ハナ差差し切った形となった。この1年の成長を見せつけた形になるだろうか。

2022年ラスト上を川田将雅に変え阪神カップGⅡ)に出走。レース序盤で先行争いに加わるもハナを奪えず4番手の位置で追走、直線を向いたときには前三頭がとなる厳しい展開となっていた。前が開くと一気に抜け出し先頭に立とうと試みるも4着に終わった。1着はこのレースラストランの芝1400mで類の強さを誇ったダイアトニックであった。

2023年2022年ロンジンワールドベストレースホースランキングが発表され、バスラットレオンは201タイレーティング115ポンドと発表された。なお、これは芝・ダート双方のマイルでどちらも115ポンドである。確かに、芝特化であればセリフォスに7ポンド(着差換算3身半)、ダート特化であればジュンライトボルトに3ポンド(同1身半)劣るものの、どちらでも115ポンド以上叩き出したのは、芝もダートも両方走れるというになるだろう。

5歳(2023年)

5歳の始動戦はサウジカップデーの一つである1351ターフスプリントGⅢに出走、上は坂井瑠星に戻っている。G3とはいえ昨年の安田記念1351ターフスプリントを制したソングラインフォースターイヴハンデキャップやジャイプールステークスなどG13勝しているカサクリードなどが出走していた。レースでバスラットレオンはハナを奪い取り先頭に立ったまま直線に入る。2番手の位置で追走していたレシステンシアを突き放し、外からカサクリードが迫ってくるもなんとかタマ差で逃げ切り海外重賞2勝をあげた。芝の短距離重賞でも勝利したことは彼の適性の広さをめて示したといえるだろう。
ちなみに同日のサウジカップ(G1)で同じ広尾レース矢作厩舎所属のパンサラッサ日本初のサウジカップ制覇を成し遂げている。それと彼と同じ落仲間シルヴァーソニックレッドシーターフハンデキャップ(G3)を勝利している。

次走はサウジへ転戦して連覇の懸かるゴドルフィンマイルGⅡに出走する模様。同じ広尾レース有馬パンサラッサは当初予定していたドバイターフではなくドバイワールドカップを選択し、歴代賞1位の座に挑む。同もこれに続けるかと期待されたが、最後はついていけずに3着のAtletico El Culanoにクビ差の4着。

その後、日本後の初戦はさきたま杯(JpnII)。まさかの内のダートグレード競走である。1番人気はここまでJpnIIIを4勝しているシャマル。2番人気は昨年の兵庫チャンピオンシップ3着の新鋭4歳コンシリエーレ。彼らに次ぐ3番人気に支持された。先行策をとるも、めに抜け出したスマイルウィ(船橋)を捕まえることもかなわず、さらに後ろから来たイグナイター(兵庫)にもかわされ、中央勢最先着の3着にとどまった。

ダート馬券内という事もあり、今後はサセックスステークス(G1)に予備登録したがこちらには向かわずダート路線を継続。始動戦は招待を受諾したコリアスプリント(GIII)(ダート1200m)へ向かい4かの遠征。逃げる地元のBeolmaui Starの後ろにつける2番手で進めるも、まとめてリメイクに後ろからかわされ3着。

後はJBCスプリント(JpnI)を選択し大井へ。当のバスラットレオンだが近況によるとチャンピオンヒルズに在厩中、入厩していた一頭のをしていたらしい。は同じくダートにも参戦している前年の皐月賞ジオグリフと共にダートの第一線で戦う姿を観れるだろうか。恋の病調子を落とさなければ良いが。

血統表

キズナ
青鹿毛 2010
ディープインパクト
鹿毛 2002
*サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understunding
Mountain Flower
*ウインドインハーヘア Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
*キャットイル
鹿毛 1990
Storm Cat Storm Bird Northern Dancer
South Ocean
Terligua Secretariat
Crimson Saint
Pacific Princess Damascus Sword Dancer
Kerala
Fuji Acropolis
Rififi
バスラットアマ
栗毛 2010
FNo.6-f
New Approach
栗毛 2005
Galileo Sadler's Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
Urban Sea Miswaki
Allegretta
Park Express Ahonoora Lorenzaccio
Helen Nicols
Matcher Match
Lachine
*ザミリア
黒鹿毛 2001
Cape Cross Green Desert Danzig
Foreign Courier
Park Appeal Ahonoora
Balidaress
Angelic Sounds The Noble Player The Minstrel
Noble Mark
Twany Angel Double Form
Athy Angel

クロスNorthern Dancer 5×5(6.25%)、Ahonoora 4×5(9.38%)

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/03/05(火) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2024/03/05(火) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP