機動武闘伝Gガンダム単語

キドウブトウデンジーガンダム
  • 15
  • 0pt
掲示板へ

機動武闘伝Gガンダムとは、1994年から1995年にかけて放映されたサンライズ制作TVアニメである。

動画検索タグGガンダムexit_nicovideo / 機動武闘伝Gガンダム or Gガンダムexit_nicovideo

概要

監督 今川泰宏
シリーズ構成 五武
音楽 田中公平
制作 サンライズ
製作 サンライズ
テレビ朝日
話数 49

従来のガンダムシリーズとは、一線を画したロボット格闘アニメタイトルは勘違いされやすいが「機動武伝Gガンダム」ではなく「機動武伝Gガンダム」が正しい。

機動武闘伝という名の通り、ガンダムシリーズではあるが宇宙世紀シリーズから初めて独立した世界観を持った作品で、ガンダムシリーズ15周年記念作品でもあり、第1話の前に特別記念番組として第0話も放映された。

監督今川泰宏キャラクターのディテールの作成に、漫画家島本和彦を使うなど熱血なストーリー展開が話題となった。出て来るモビルファイター(MFMobile Fighter)が全てガンダムの名である。

あらすじ

人類が宇宙に進出した未来世紀。地球では機動兵器モビルファイターによるスペースコロニー間の代理戦争ガンダムファイト」が4年に一度行われていた。
このガンダムファイトに勝ち残ったは、次のガンダムファイトまでの4年間、コロニー国家の代表となるとともに、コロニー連合の導権を手にすることが出来るのだった。
そして時は未来世紀60年。ガンダムファイト第13回大会において、ネオジャパン代表となったドモン・カッシュシャイニングガンダムを駆り大会に参加。同時に地球に降りているとされるキョウジ・カッシュを捕まえるために、パートナーであるレイン・ミカムラと共に、他ガンダムしい戦いを繰り広げるのだった。

作品解説

Vガン』の製作の中盤にはいって、サンライズトップから、

重役「来年もおなじ放送で、ガンダムをやることになったので、だれを総監督にしたらいい?」
富野「Vガンで、ガンダムは潰れたんだぜ?」
重役「やるしかないじゃないか…ほかにないんだから…」

そのトップのしかつめらしい返答に、ぼくは、今川くんの演出手法の元気さを買い、それで、ガンダムレスキューしてもらおうと考えた。

富野「どうせやるなら全なプロレス物にしなければならない。過去の経緯などは踏まえないものをつくらせろよ。Vガンメチャメチャにしたんだから、それはできるはずだ」

――『癒し』より 富野由悠季

このように、そもそもガンダムがなぜ格闘アニメになったかというと、次回作の制作要請を拒否したガンダム原作者・富野由悠季が、本作の企画案と、今川監督名したことに端を発する。1994年バンダイ下となり経営が一新したサンライズ内において、児童層へのアピールを厳命された末の企画が本作であった。
また、富野は『Vガンダム制作中にバンダイ役員から「戦隊もの的なものをやって欲しい(ガンダムを5体出す)」という要請を受けているが、これに対し前作ではガンダムタイプヴィクトリーガンダム)が量産されているという設定だったものが、本作ではシャッフル同盟という形で、本格的に戦隊的なフォーマットで異なるガンダムが5体用意される事になっている(次回作以降もこの傾向は顕著である)。

しかし当時の視聴者にはそのような裏事情など知る由もなく、低年齢層に受けず従来のファンに受けた前作『Vガンダム』とは対照的に、余りにも世界観が異なる本作では従来のファンからの批判が多く、バンダイ役員の川口己が「放映スタートから、三カ間は商売になりませんでした」とるほどの不振に陥り、監督今川も「いつか背中から刺されないだろうか」と不安に思うほどであった。

しかしそのような反応はある程度は論見通りであり、第0話という特番を放送したことをはじめ、数々のガンダムを登場させる作コミックボンボン等の児童誌でのタイアップを積極化させ、格闘・スポ根による分かりやすく取っつきやすいガンダムした結果、SDガンダムと同程度の人気を得て、低年齢層へのアピールに成功した。
また従来のファンについても、第2クール以降の東方不敗マスターアジア登場等をに、その展開の面さによって「これもありだよね」というガンダムファンも出始め、アニメージュ等の高年齢向けアニメ誌でも次第に特集が組まれるなど、結果的にそれなりの人気を獲得している。しかし売り上げは前半の大不評が足を引っって前作とどっこいに終わっている。

結果的に本作のおかげでいわゆるアナザーガンダムと呼ばれる非宇宙世紀ガンダムシリーズ作品の世界観が受け入れられる余地ができ、将来を担う大量の新規客層の取り込みにも成功し、今日に至るまでガンダムシリーズ継続出来るようになった。
本作がガンダムなのかという点について今川泰宏監督本人は「そう言われれば確かにガンダムじゃないね」とあっさり認め「これはGガンダムです」と答えている。しかし富野由悠季が後に『∀ガンダム』に登場する「黒歴史」では本作も同じ世界観を共有しているという事になっている他、本作の設定を意識した用や設定も登場する。

大河原邦男も「GがなかったらW以降のガンダムは生まれてなかったね!」とするほど、ガンダムシリーズでは今もなお一の"ガンダムらしさという固定観念の破壊"を成し遂げており、全シリーズの中でも最大のターニングポイントとしての位置付けは大きい。
またあらすじの項にもあるように、一見ただのプロレスに見える戦いの理由がコロニー国家間の代理戦争であったり、全ての人間宇宙移民できた訳ではなかったり、ガンダムファイトのために地球環境を汚染し続けることを快く思わない人物がいるなど、テーマの根底ではちゃんと従来のガンダムを踏襲している部分もある。

そして「欧ガンダムと言えばファーストよりもGとWがっ先にあがる」と、偽のほどはともかく、そんな有名な話が生まれるくらい、欧におけるガンダムシリーズの知名度を大幅に上げた。現在では平成ガンダムシリーズ要作品と言える位置づけとなっている。

また、主人公の乗るシャイニングガンダム必殺技シャイニングフィンガーに見たそのまんまに類似した武装が、後続ガンダムシリーズ作品のモビルスーツMSMobile Suit)である、『∀ガンダム』のターンXや『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のデスティニーガンダムに登場した。

最終回ドモン告白は、監督である今川泰宏の当時の状況と合わせて鑑賞するとより深みが増す…かもしれない。

派生作品

外伝作品がW程ではないが結構多く、本編中に起きたファイトの他、本編の後日談(14回大会)やサイ・サイシーメインにしたもの等がある。
過去の第7回大会をコミックボンボン漫画化した『ガンダムファイト7th』は、東方不敗や先代シャッフル同盟の若い頃を描いた作品としてそれなりに有名。役機ヤマトガンダムガンダムEXAにてシャイニングと戦ったりしている。

近年では2010年に、約15年ぶりのコミカライズ作品『級!機動武闘伝Gガンダム』がガンダムエース誌上で連載していた(2016年10月号をもって完結)。島本和彦作画を担当しており、基本的には原作ストーリーや作を押さえつつも、かなりアレンジが加えられている。
特に決勝大会用にドモン以外の後期シャッフル同盟機が設定されたり、前期OPが再現されたりしている。見開き2P丸々使った大ゴマが多用されるなど迫満点な作画も含め、とにかく“圧巻”の一言に尽きる

主な登場人物

ドモン・カッシュ - 関智一
本作品の主人公。流東方不敗の使い手でガンダムファイトネオジャパン代表。記事参照。
搭乗機:シャイニングガンダムゴッドガンダム
東方不敗マスターアジア - 秋元羊介
ドモン師匠で前大会の優勝者。記事参照。
搭乗機:クーロンガンダムシャッフルハートマスターガンダムヤマトガンダム(7th)
レイン・ミカムラ - 天野由梨
ヒロインドモン幼馴染で、シャイニングガンダムの開発者ミカムラ博士ガンダムファイトではメカニックとしてドモンサポートする。
キョウジ・カッシュ - 堀秀行
ドモンアルティメットガンダムデビルガンダム)を強奪し、一緒に地球に降下する。
チボデー・クロケット - 大塚芳忠
ネオアメリカ代表のガンダムファイター
搭乗機:ガンダムマックスターガンダムマックスリボルバー級)
サイ・サイシー - 山口勝平
ネオチャイナ代表のガンダムファイター少年
搭乗機:ドラゴンガンダムダブルドラゴンガンダム級)
ジョルジュ・ド・サンド - 山崎たくみ
ネオフランス代表のガンダムファイター
搭乗機:ガンダムローズガンダムヴェルサイユ(級)
アルゴ・ガルスキー - 宇垣秀成
ネオロシア代表のガンダムファイターで元宇宙海賊の囚人。
搭乗機:ボルトガンダムガンダムボルトクラッシュ級)
アレンビー・ビアズリー - 日高奈留美
ネオスウェーデン代表のガンダムファイター
搭乗機:ノーベルガンダム ウォルターガンダム
シュバルツ・ブルーダー - 堀秀行
ネオドイツ代表のガンダムファイターで覆面姿の忍者
搭乗機:ガンダムシュピーゲル

主な楽曲

FLYING IN THE SKY - 前期オープニング
歌・作詞作曲鵜島仁文 / 編曲鵜島仁文、樫原伸
Trust You Forever - 後期オープニング
歌・作詞作曲鵜島仁文 / 編曲鵜島仁文利至
よりも深く - 前期エンディング
歌:子 / 作詞井上望 / 作曲白川明 / 編曲小西真理
君の中の永遠 - 後期エンディング
歌:井上武英 / 作詞池永康記 / 作曲:樫原伸 / 編曲斉藤

サウンドトラック

作曲田中公平

余談・トリビア

関連動画

関連商品

DVD

BD

サントラ

プラモデル・フィギュア

コミカライズ 超級!機動武闘伝Gガンダム

関連コミュニティ

関連項目

ガンダムシリーズ映像作品)
1st - Z - ZZ - V - G - W - X - - - 種運命 - 00 - AGE - BF - Gレコ - BFT - 鉄血 - BD - BDR
CCA - F91 - 0080 - 0083 - 08 - G-SAVIOUR - EVOLVE - IGLOO - STARGAZER -
UC - GPB - ORIGIN - サンダーボルト - Twilight AXIS - NT

【スポンサーリンク】

  • 15
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%A9%9F%E5%8B%95%E6%AD%A6%E9%97%98%E4%BC%9Dg%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

機動武闘伝Gガンダム

924 ななしのよっしん
2020/08/21(金) 19:08:30 ID: hFBEnYmJ+X
ライジングガンダムセンサー類が優秀で、一番熱量の高いところを見分けることができた可性も、
またはレギレーションで各ガンダムは基本構造が同じだったのかも
頭部を破壊されると機が停止するとか、機体が深刻なダメージを受けてもパイロットの生命を守る構造になってるとかあったのかもしれん
925 ななしのよっしん
2020/08/27(木) 17:59:44 ID: sZZJDuZUwt
MFの動きはもちろんダメージさえ痛みとして乗り手と共有する人機一体のモビルトレースシステムといえども、視界は全モニターに頼っていたが、さすがにメインカメラの視界までは乗り手の視覚と共有させることはできなかったのだろうか?
926 ななしのよっしん
2020/08/28(金) 13:59:19 ID: qR7rUanTC7
ライジンアローを放つ時、一だけレイン弓道着になるシーンがあるから
学生時代に弓道をしてたと思ってる
927 ななしのよっしん
2020/08/29(土) 20:39:58 ID: vlqAuOfUUE
ネーデルガンダムは対戦を避ける機体だから地元の協は得やすかったのじゃね。極、住民を巻き込まない様に自重したとか言っておけば大義名分になる。
ガンダムで戦わず生身で対戦者を仕留めていたメキレルは地球住民の受けはかなり良さそうだし、その後どうなるのだろう。
928 ななしのよっしん
2020/08/30(日) 04:57:17 ID: D7smL92Wbx
頭を壊されてはいけない<まぁ、わかる。
コクピットを壊されて話いけない<まぁわかる。
頭にコクピットのある機体がどいない<???。
929 ななしのよっしん
2020/08/30(日) 09:09:42 ID: vlqAuOfUUE
頭にコクピットを入れていたら、殺しても試合中の事故死で処理するだろ。試合中の事故死(意図的)でトップ選手を失う可性を考えれば頭にコクピットを入れないのは当然だと思うぞ。
ネオエジプトがやらかし、試合中に事故死したので思ってももやらなくなったとか。
930 ななしのよっしん
2020/08/31(月) 13:34:30 ID: mWcajSc6db
頭には精密機械とか制御装置とか重要データが入っててコクピットが作れないって話じゃなかったか?
それにガンダムファイト際条約の第2条『相手のコクピットを攻撃してはならない』っていう条項がある以上レギレーションとしてコクピットの位置が定められていると考えるのが普通だろうし。
931 ななしのよっしん
2020/09/03(木) 18:41:40 ID: hFBEnYmJ+X
コクピットの位置も機体によって胸部だったり部だったりと若干のばらつきを感じる
ネオシベリアマンモスガンダムはどこがコクピットなんだろう…ってかシベリアってになってるのか
ネオロシアは別にあるし

そういえばガンダムカフェの新商品の「抜きバウム」、
デザインは、ヒイロ三日月オルガ刹那、そしてまさかのドモン。しかも全部書き下ろし
932 ななしのよっしん
2020/09/06(日) 04:34:30 ID: Z040u/voqh
>>925
バルカン等の武装やスラスターはコントロールだし、即席のヘアバンコントロール装置で地球の裏のシャイニングを動かせるくらいの技術
正直MTS内部でならモニターが死んだ程度なら何とでもなると思う
933 ユッキー
2020/09/08(火) 14:35:05 ID: MXg2x20RR/
昔、本放送を一年間を観てきて、ラストシーンハートリングを抜けるシーンドモン達とは二度と会えないような気がしてきて、すごい寂しさを感じた。自分がそれだけ、この作品の登場人物たちに着をもっていたんだなと。

急上昇ワード改

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

樫野(アズールレーン) ボトルマン MMDまほやく ヒックス