機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ単語

キドウセンシガンダムセンコウノハサウェイ
  • 30
  • 0pt
掲示板へ

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイとは、1989年から1990年にかけて角川スニーカー文庫より発売された小説作品である。
著者は富野由悠季

概要

逆襲のシャア』に登場したハサウェイ・ノア主人公とした物語宇宙世紀105年を舞台としており、一年戦争時代(宇宙世紀79年)から続いたアムロシャア達の物語に一区切りが打たれた最後の作品とも言える。

多くのゲームで他のアニメ作品と同等の扱いで登場しており、ニコニコ動画ではそういったゲームプレイ動画にこのタグがつけられている。また有志により手描きMAD制作されている。

宇宙世紀の次の100年を描くプロジェクト『UC Next 0100』第二弾作品として、2020年より劇場用アニメ三部作の開が決定した。それに伴い、メインキャラ三人の担当声優一新が発表されている。

あらすじ

刻が宇宙世紀にいたり、人類は幾度かの世代を重ね圏までを生活圏としている、そんな時代。連邦政府とそれらに属する特権階級の人々が地球を独占しスペースノイドを弾圧するという構図は、その対立が決定的となったグリプス戦役以降変わっておらず、マンハンターを動員した棄民政策により事態はより一層深刻化していた。そんな中、植物補生となったハサウェイ・ノアは特権階級のみが搭乗出来るシャトルで地球に降下する所であった。身体的には立大人へと成長した彼であったが、その精は自らが殺めたクェスの亡霊に取り憑かれたままであった。
だが昔の彼と違うこと――それはアムロシャアを始めとした地球を想い散っていった者達を見てきた事。そして、今自分が地球のために行動すべき立場にあること……。

時に宇宙世紀105年。シャアの反乱と呼ばれた戦いから12年が経過していた。

シナリオなどの相違点

本作では、シャアの反乱の後の世界が描かれているのだが、クェス・パラヤの死の原因はハサウェイ彼女を殺めたということになっており、これは角川書店より発売された小説『ベルトーチカチルドレン』の設定から引き継いでいる。また過去徳間書店より発売されていた小説逆襲のシャア2002年機動戦士ガンダムハイ・ストリーマーとして正式に復刊した際の富野由悠季氏のインタビューの中でも、劇場版プロット(徳間小説版のプロット)と閃光のハサウェイは物語的なつながりはないと答えられている。

物語的な繋がりはないのだがサイバーコミックスMS SAGAで連載されていたガンダムF90シルエットフォーミュラ90年台にデンゲキコミックより単行本として発売された際、付属している宇宙世紀公式年表には閃光のハサウェイの時代の事件が記載され、また2011年逆襲のシャアBlu-ray化した際付属のブックレットの年表にもマフティーの事件に関して記載されているので物語の一部が正史として取り込まれている動きがあるようである。

後にゲームGジェネレーションF』にはキャラクターMSを再デザインしての登場し、これ以降は公式作品と同等の扱いで多数のゲームに参戦、立体商品化も行われている。
さらに近年はガンダムエース誌上の漫画でもマフティーの反乱に言及し、本作登場MSメッサー)が端役ながら描かれた例がある。 そして、アニメ版『ガンダムUC』にも本作登場MSグスタフ・カール)がデザインを変え登場した。

登場人物

主要人物

ハサウェイ・ノアマフティー・ナビーユ・エリン
CV佐々木望GジェネFなどゲーム作品)、小野賢章劇場版
ブライト・ノアミライノア息子反地球連邦政府組織マフティーの表向きのリーダーにして、Ξガンダムパイロットを務める。
ギギ・アンダルシア
CV林原めぐみ(GジェネF)、川上とも子(Gジェネ魂ギレンの野望)、上田麗奈(劇場版)
今作のヒロインで、民間人。保険会社の創業者でもあるとある大富豪の専属愛人彼女ハサウェイ、ケネスが偶然同乗していたシャトル『ハウンゼン』がマフティーを騙るテロリストハイジャックされたことから物語が始まる。
小説版では東洋系・ラテン系の血が混じっているような記述があるが、劇場版では純血アングロクソンの金髪白人として描かれている。
ネススレッグ
CV立木文彦(GジェネF以降)、大塚明夫(サンライズ英雄譚)、諏訪部順一(劇場版)
地球連邦大佐。もとはコロニーとで新MS開発の揮を執っていたが、地上でのマフティー討伐揮の辞が下りたため、地球行きのシャトル『ハウンゼン』に搭乗する。戦場で幾度もハサウェイ突する度に彼とは不思議な友情を築いていく。
トレードマークゲームでは若々しい容姿に反してが渋い。小説イラストゲームでは金髪白人で描かれていたが、劇場版では黒髪に浅い肌と大幅に変更されている。
レーン・エイム
CV橋本晃一(GジェネF)、水島大宙(Gジェネ魂以降)、斉藤壮馬(劇場版)
地球連邦中尉キンバレー部隊(キルケー部隊)所属のパイロット開発中からペーネロペーテストパイロットを務め、ケネスに先んじる形で地球派遣された。
劇場版では機を「ペネロペー」と呼称している。
ブライト・ノア
十三独立艦隊旗艦ラー・カイラムの艦長。階級は大佐。ケネス准将の後任人事として、キルケー部隊就任の辞を受け、地球に降下してくる。以前から退役願いを出しており、除隊の交換条件として本任務を受諾した。精的に疲弊しており、除隊後は妻とロンデニオンコロニーで、レストラン経営を計画していた。ゆくゆくは政治に打って出ようと考えていたのだが……。
クェス・パラヤ
CV川村万梨阿
第2次ネオ・ジオン抗争にてハサウェイが出会った少女。故人。『逆襲のシャア ベルトーチカチルドレン』の設定に沿い、クェスハサウェイの手で戦死している。だが、たまたま殺されたことをかなり恨みに思っておりハサウェイの中で彼を糾弾している。
劇場版では劇場版逆襲のシャア』のあとの物語となるため、原作小説死因が異なる。

その他登場人物

ハイラム・メッシャー
CV川口啓史
地球連邦政府保健衛生大臣。搭乗していたシャトル『ハウンゼン』がマフティーを騙るテロリストハイジャックされた際、不用意に発言を行ってしまい……。

主な登場兵器

RX-105 Ξガンダム
マフティーがアナハイムから調達した新モビルスーツ。機体に内蔵したミノフスキークラフトにより、大気圏内でも疑似重力推進による飛行を可とした。また進行方向にビームバリアーを展開することで大気圏内で初めてMS形態で音速の壁を破ることに成功した。頭部のサイコミュブロックファンネル、膝部の大ミサイルランチャーなどの数々の先進的機を備える。次第に大化が進行していったMSの到達点とも言える。
読み方は「クスィーガンダム」(「Ξ」は一般的には「クスィー」とは表記せず、変換もできない。普通は「クシー」「クサイ」「グザイ」など)。名前はかつてのニュータイプ戦士アムロ・レイが最後に搭乗した機体νガンダムを引き継ぐ意図で付けられた。
ゲーム版や後の立体化では小説版よりもよりガンダムらしいデザインに修正されたが、劇場版では小説版に近い、異形のMSを強調するデザインになっている。
RX-104FF ペーネロペー
キンバレー部隊に配備された新鋭モビルスーツ。機体設計思想そのものにはガンダムモビルスーツの名残りを残している。Ξガンダム姉妹機に当たり、ミノフスキークラフト及びファンネルミサイルを搭載している。こちらにはビームバリアは非搭載で、高速飛行時には変形が必要。
作中ではペーネロペーとしか呼称されていないが、後にGジェネレーションFで「RX-104オデュッセウスガンダム」というガンダムタイプの機体が、ペーネロペーユニットを装備した状態であると設定が後付けされた。劇場版でもこの設定を踏襲している。
Me02R メッサー
マフティーが使用する量産型モビルスーツジオン軍の設計思想を色濃く残している機種である。単体で飛行はできないのでサブフライトシステムギャルセゾン」に搭乗して戦う。
劇場版ではブースターバックパックの装着により、短時間の上昇機動が可
FD-03 グスタフ・カール
キンバレー部隊(キルケー部隊)のモビルスーツGMジェガン系列の設計思想の延長線上に存在する機体で、基本スペックガンダムタイプに通じる高さを誇っており、頭部のメーンセンサーの有効半径はνガンダムにも匹敵する。大気圏内では、サポートメカ「ケッサリア」を使用しなければ自飛行は不可能である。
小説版とGジェネ版とアニメガンダムUCではそれぞれデザインが異なる。小説版で特徴的だった頭部ツインブレードアンテナと脚部ビームサーベルは、他の媒体ではなくなっている。Gジェネデザイン及び劇場版ではビームライフルビームサーベルジェガンと共通のものになっている。

作中用語

マフティー・ナビーユ・エリン
反地球連邦秘密結社。組織名と同名の導者のもと、全ての人類を地上から宇宙へ一掃することを標榜し、各地でMSによる要人暗殺を繰り返してる。物語開始時点で、暗殺された要人は10人以上。
自身をクワック・サルヴァーと称する元連邦地球方面軍の将軍が発起人だが、組織内でも彼の正体・所在とされる。
キンバレー部隊 / キルケー部隊
対マフティー掃討戦のために組織された、地球連邦軍部隊。ダバ空軍基地(現フィリピン・ミンダナ)を拠点とし、同空軍基地が兼任で揮を執る。
物語開始時点ではキンバレー・ヘイマン大佐揮下にあったが、ケネス大佐の赴任に伴いキルケー部隊と称された。
デレード評議会
オーストラリア大陸のアデレードで開催が予定されている、地球連邦政府の法案審議会議。出席のため、政府高官が次々と地球へ降下を始めている。
詳細不明ながら地球居住権に関する重要法案可決が見込まれており、マフティーはその阻止を画策している。
原作小説では「アデレート」表記。
シャトル『ハウンゼン』356便
宇宙地球間を往還する民間スペースシャトル。この時代では軍用機を除き、地球への直接降下が可な船便であり、乗船には相応の地位かコネクションが必要とされる。
マンハンター
地上の違法居住者の逮捕宇宙への強制送還・送致を業務とする武装警察組織。時に合法居住者も逮捕の対となる。非人的な執行方法から、一般市民からの評判は芳しくない。
小説版に先立って執筆・発表された、本作から約100年後を描く同著者の『ガイア・ギア』にも登場する。
小説版にはなかった描写として、劇場版ではRGM-89 ジェガンを対人制圧用に運用している。

登場ゲーム作品

劇場アニメ

2019年より劇場開予定。…だったが、諸事情により2020年7月23日(木/祝)開予定となっていた。しかし、新型コロナウィルス感染拡大とそれに伴う緊急事態宣言などもあり、2021年5月7日()→2021年5月21日)→2021年6月11日)と開延期が重ねられていった。最終的に2021年6月11日()に開された。

2021年4月18日には劇場開に先駆け、ガンダム公式YouTubeチャンネルガンダムチャンネル」にて冒頭15分53無料先行開された。

スタッフ

関連動画

関連静画

関連商品

新装版

コミカライズ

関連コミュニティ

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

  • 30
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%A9%9F%E5%8B%95%E6%88%A6%E5%A3%AB%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0%20%E9%96%83%E5%85%89%E3%81%AE%E3%83%8F%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ

1522 ななしのよっしん
2021/08/02(月) 01:25:00 ID: JCp1MLaD0D
 理想はある。でも、理想を達成する現実的な手段がいから「どうにかそっちに転がってくれ」って祈るように、意義の不確かなテロや弾圧に走ってるこの感じ。いかにも人間らしい「救われなさ」を感じて実にイイね。

 何より面いのが、こうやって世界の悲惨さを面がってる連中はだいたい観客の立ち位置にいるって所。おかげで舞台上のマフティー然りシャアや他の活動家然りは「倒すべき本当の敵」を見つけ出せずにいる。このマフティ騒乱も、当事者にとっちゃ悲惨な出来事だろうが、安全圏にいる視聴者やマフティー支持の市民にとっちゃ映画になるような娯楽な訳だ。

マフティ全にピエロやんけコレェ・・・。この世界でもあと数年もすればエスコンみたいなゲームステージとして皆に楽しまれてるよ絶対。本人もそうと分かってはいるんだろうなあ
1523 ななしのよっしん
2021/08/02(月) 06:18:40 ID: VCrMvaBj79
子供でもプチモビに慣れてたら初乗りMSでもある程度操縦できるけど、偽マフティーの連中も正規の操縦訓練は受けてないがプチモビや作業用MSの操縦になれてたからギャプラン操縦できたのかな?
1524 ななしのよっしん
2021/08/02(月) 06:45:04 ID: os4w3aCfw9
まぁ一年戦争以来規模はともかくずっと戦争続いてるし、連邦系でもジオン系でも元MS乗りが飯食うためにアコギなことしてても不思議ではない気はする
ヤザンとかの例もあるし

ギャプランの調達ルートはわからんが、Aパート開された当時話題になってたから検索してみれば考察沢山出てくると思うよ
1525 ななしのよっしん
2021/08/02(月) 07:48:57 ID: NcgUz5mOd9
「じゃあどうすればよかったのか」を考えさせるのがこの作品の妙なのかもしれないな。

ヒントは、ずっと前にハヤトシャアに立補して政治家になれ、と言ったことのような気がする。
1526 ななしのよっしん
2021/08/02(月) 14:21:07 ID: tDErqjmadm
>>1524

Gジェネだと、変形機構を省略して純戦闘機としたギャプランがあった。

それなら調達も操縦もハードル低いかも?
ハイザックが自用機に買えるぐらいだしね。

しかし、あんなダイナミック賃乗が簡単にできるファーストクラス便て世の中めすぎだろ...す。
1527 ななしのよっしん
2021/08/02(月) 19:58:34 ID: JWyh3z53TY
>>1521
ホテル襲撃に関してはハサウェイカモフラージュが第一的だったしね
にしても容赦ねーよなぁ
2棟の攻撃は慎重に最上階狙ったけど、1棟はどん中ぶち抜いて上階の人たちはどうあがいても絶望状態にするとか
リアルタイムで見た9.11ツインタワーへのテロ思いしたわ・・・
1528 3543
2021/08/02(月) 20:11:58 ID: i3E/p6luoT
自虐と卑屈にまれた露悪的な考えだと逆に穿って見過ぎて視点がブレるだけだと思うがなぁ。マフティ―の行動らし的に見てるのも一例で、作中でマフティ―支持・反対ってのは民衆の反応からさらっと描かれただけだし。

自罰的なハサウェイは、俗物が!と世間を非難する方向じゃなく、糾弾されるという方向に意識してるし、変わらないという世間や人々への諦観も、ゲームがどうとかの笑い物や玩具にされるってネットオタク的な線ではないだろうし。

まあ、この手の社会的要素を含む作品は、自身の思想や世間の見方、屈の投影先になりがちではあるけど。シン・ゴジラとか。

ギャプランは基地に放棄されていた組み立て途中のものを回収したそうだし、コロニー育ちだとジュドーみたいな恵まれない子供でも操縦できるから、残党崩れとかでなくても、できそうなのはいそうではある。
1529 ななしのよっしん
2021/08/03(火) 01:33:21 ID: hTar8sYUcM
ベルトーチカだとなぜ殺したになり、
逆シャアだと、なぜわれ生き残ったなんだよな。
気にしてるかはわからんけど全に味方なチェーンも撃ち殺してるから益々救われないってことを自分で明しちゃってる。
そのままチェーンと一緒に帰れれば、地球が終わる代わりにハサウェイは救われたかもしれないのにね。
……オネショタend
1530 ななしのよっしん
2021/08/03(火) 02:26:03 ID: +o8Lp7NW8X
>>1471
マクロスプラス・7当時の考の人のアニメ誌の話によると、河野らの旧作チーム
プラス大人OVAでないとできない戦とかSFとかのやりたいものを詰め込み
7にフラグシップとして旧作に劣らないインパクトのあるテーマを押し出そうとしたつもりだったが
結果として、プラスはやりたいことだけにかまけて物語背景とかはスカスカ
7は旧作スタッフプラスだけに入れ込んで7を現場の若手に丸投げテーマろうにもれず前後脈絡のない脚本が上がってくる始末

禿の手を全に離れたことで、又は御禿の手の中でのびのびと完成した閃ハサGレコとはまさに逆の代物だが
今の視聴者が折閃ハサGレコに、そんなプラス・7をかぶせようとするだとか
何か負の遺産を感じるというかしょうもないものを感じる
1531 ななしのよっしん
2021/08/03(火) 07:17:55 ID: JWyh3z53TY
>>1528
>世間を非難する方向じゃなく、糾弾されるという方向に意識してる

ハサウェイ含めマフティーとしては業を背負うのも糾弾されるのも覚悟の上ではあるんだよな
中で「クソテロリストが」と悪態疲れても「そうだよなぁ」って感じだし、ケネスとの会話でマフティーが死ぬべき存在だと自分で言ってたりもする
良きにしろ悪しきにしろ市民の意識を変革させるためにも活動していて、究極的には連邦の腐敗を自分たちが正せない内に死んでもガンダムW(EW)のラストみたいに市民たちが自分の足で立ち上がれれば満足だったり
そういう意味では遠い未来革新を信じたアムロの意思を継いでいると言えなくもない

だからこそタクシーの運ちゃんに暇人扱いされたのがショックだったって言う
確信犯(本来の意味)としては関心貫かれるのが一番辛いよねって

急上昇ワード改

おすすめトレンド