竹(松型駆逐艦)単語

タケ

竹(松型駆逐艦)とは、大日本帝國海軍が建造した松型駆逐艦二番艦である。小柄ながらも武功を立てた艦で終戦まで生き残っている。

概要

艦のスペックや建造の経緯は松型駆逐艦を参照の事。
艦名の由来はイネ科の植物から。この名を冠する艦は、本艦で二代となる。

諸元は基準排水量1262トン、全長100m、全幅9.35m、速27.8ノット、出1万9000排水量がぎりぎり1000トンえているため、かろうじて一等駆逐艦に含まれる。

誕生から輸送作戦

1942年度戦時建造補充追加計画(⑤)で、丁駆逐艦5482号として建造が決定。194310月15日横須賀で起工。1944年1月25日駆逐艦と命名され、横須賀鎮守府所属と仮定。3月28日に進し、6月16日田中艦長の下で工した。工後、第11戦隊に編入される。後の勇者が静かに産を上げた。

7月1日横須賀を出港しへと回航。瀬戸内で慣熟訓練を行う。戦局の逼迫は、生まれたてのを待ってはくれなかった。7月8日沖縄への輸送作戦こと呂号作戦の戦に選ばれる。7月13日、門に寄港し姉妹艦のと第43駆逐隊を編成。二日後、大分県中津湾に寄港したのち沖縄へ向けて出港。
17日に沖縄の中湾に到着し物資を揚陸。翌18日23時に出港。既にこの域にも潜水艦が進出してきており、危険な航だった。駆逐艦冬月とともに南大東へ第28師団の兵員を揚陸させ、中湾を経由してへと戻った。

8月1日、第43駆逐隊は第二遊撃部隊に編入。対潜掃討の役割を担った。パラオへの回航を命じられ、駆逐艦清霜とともに関門峡を抜けて経由地の台湾に向かっていたが、佐世保近を航行していた軽巡名取潜水艦撃を受けて沈没。これを受けて8月18日名取の乗員を救助している。二日後、第43駆逐隊軽巡五十鈴を迎え、第31戦隊を編成する。清霜と分かれたは単艦で行動、セブを経由して8月26日パラオへ入港。物資を揚陸していたが、米軍機の襲来があったため対戦闘を行っている。
パラオからの引き揚げ者を収容していると、付近で駆逐艦五月雨が座礁したため乗員の救助に従事。8月30日からはマニラ方面で船団の護衛に従事する。

10月4日はマニラミリ行きのマミ11船団の護衛を務める。翌5日、ミンドロマンブラオの南西で丸が潜水艦コッドの撃を受けて沈没するが何とか的地まで辿り着く。
10月20日23時40分、はマニラ高雄行きのマタ30船団を駆逐艦春風とともに護衛。しかし潜水艦による襲撃が相次ぎ、特設水上機母艦丸を皮切りに次々と輸送船が沈められる。出発時には12隻いた輸送船が、わずか3隻にまで減ってしまった。中の24日、高雄で撃沈された営口丸と第一真盛丸の乗員を救助する。同日中高雄へと入港し、再びマニラに舞い戻る。
レイテ沖海戦が行われている10月25日、バシー峡で沈没した陸軍輸送船団の救援のため駆逐艦3隻を率いて急行。陸兵約540名を救助した。彼らをアパリと高雄に送り届け、再び遭難現場に向かうだったが途中でマニラに向かうよう命令が下る。10月28日、マニラ入港。そこにではオルモック湾の輸送作戦が待っていた。

オルモック緊急輸送作戦

1944年10月23日に生起したレイテ沖海戦帝國海軍の大敗に終わった。しかし陸上での戦闘はこれから始まるところだった。フィリピン防衛のため大本営は増援をオルモック湾に送る事を決意。その輸送戦が抜され、謀な輸送作戦に身を投じる事になる。10月29日、第三次輸送船団への所属が決まる。

全部で9回行われた多号作戦に、は3回から参加した。マニラに寄港して準備をしていたが、その途中でアメリカ軍による大襲を受ける。この影で第三号輸送船団の出発が遅れ、先に第四号輸送船団が出発する事態になった。

11月9日、新鋭艦島風を旗艦とし、に隠れながら出撃。しかし輸送船せれべす丸が座礁して任務の続行が不可能になり、また隠れ蓑としていたも上がってしまった。行きが怪しくなる中、先発していた第四号輸送船団が前方に現れた。揚陸を終え、マニラに引き返している所だったようだ。戦に数えられていなかったのか、初春は帰路の第四号輸送船団に編入され、そのままマニラへと帰投した。
な事に、が離脱した後の第三号輸送船団は敵の襲を受けて壊滅。旗艦の島風長波、輸送船は全滅し、朝霜だけが生き残った。間一だったと言えよう。
11月13日、マニラは再度アメリカ軍襲を受ける。マニラは傷ついた日本艦艇が集結しており、連合軍にとって重要標だったのだ。その際、は対戦闘を実施している。二日後、駆逐艦や潮とともに新南諸へ寄港。第四航空戦隊と合流したのち、マニラへ戻った。

11月24日、第五次多号作戦に参加。今度こそオルモック湾への突入をすが、翌25マリンドゥケバラカン湾に退避しているところを空母イントレピッドの艦載機約50機による襲撃を受け、乗員15名が死亡。負傷者は60名に上った。沈没した第6、10号輸送艦の乗組員を救助して作戦を続行。この襲でジャイロコンパスを破損していた。だが同行の第9号輸送艦被害はもっと深刻だった。物資揚陸に必須なワイヤーが切断されてしまい、揚陸が困難となってしまった。やむなくは生き残った第9号輸送艦とともにマニラへ退却。またしても突入はわなかった。
ニラに戻って数日間の応急修理が施されたものの、ジャイロコンパスは直されなかった。次の出撃が前にまで迫っていたのである。

11月29日の夕方、艦長の那木勁少佐の計らいにより乗員にビールが振る舞われた。次の出撃では沈むだろうと考えており、に飲ませるくらいならみんなで飲もうと考えたのである。

12月1日18時(異説では11月30日)、マニラを出港して駆逐艦桑や輸送船団とともに第七次多号作戦に従事。穏で、敵機の襲撃もい幸運な航だった。翌2日23時30分にオルモック湾へ到達し、増援部隊の揚陸を実施する。しかし日付が変わった3日の0時30分、闇に隠れて駆逐艦3隻がオルモック湾へと侵入してきた。相手は第120駆逐群のアレン・M・サムナー級駆逐艦。大かつ最新鋭の駆逐艦だった。小柄の量産型駆逐艦に過ぎないたちには荷が重過ぎる相手である。
ちょうど、たちの上を味方の戦闘機月光」2機が通過していった。湾内の魚雷狩り的だったが、接近中の第120駆逐群に発見され、交戦。月光魚雷艇攻撃用の爆弾を敵駆逐艦サムナーに投下して損傷させ、残りの1機はモールに機掃射を加えて戦死者2名と負傷者22名を出した。この戦闘によって、敵の接近を察知する。

月光2機が敵を引き付けている間に、物資や兵員の揚陸を行う。入港直後、1隻の大発が接近しに横付けした。に便乗していた陸軍の参謀などが大発に移乗し、代わりに先のオルモック輸送で撃沈された島風の艦長や機関長ら8名がに乗艦する。

いちく敵の接近に気がついた僚艦の桑が、に発信号を放ちつつ立ち向かっていった。探照灯を照射しながら撃を行うも、圧倒的に優勢な敵艦からの集中火を浴びて。わずか10分で撃沈されてしまう。3隻の敵艦は、残ったに矛先を向ける。数は3対1、オルモック湾は狭いため回避に向かず、しかも座礁の危険もある。全てが不利という状況である。敵から先制攻撃を受けたは12.7cmや副で反撃を開始。前部機関室左舷に不発弾1発を浴びて、機関の一部が使用不能になる。

絶望的状況に立たされたの切り札は、3本の魚雷のみ。本来は4本装備していたのだが、1本は事前の整備で誤投棄してしまっていた。狭い湾内を逃げ回りながら、10km先の敵艦へ向けて2本の魚雷を発射。もが祈る思いで魚雷の行く先を見つめた。その間にも敵艦から弾が飛んでくる。を漂う桑の乗員からは「頑張れ!」という悲愴な叫びが聞こえてきた。彼らにとっては最後に残った希望なのだ。

放った2本の魚雷のうち、1本が駆逐艦クーパー(DD695)に直撃。船体をっ二つにし、わずか36で沈んでいった。まさに奇跡の一撃だった。士官10名、兵181名が戦死したと伝わる。残った敵艦は怒ったように集中攻撃を浴びせ、は次第に満身創痍となっていく。徐々に船体が傾斜していき、最大30度まで傾いたという。だが船団を守るため、必死に反撃を続けた。敵艦モールに複数の命中弾を与え、喰らいつく。獅子奮の活躍を見せるに、駆逐艦2隻はとうとう戦意喪失。諦めて離脱していった(撃を潜水艦のものと勘違いしたとも)。

一時は陸上に乗り上げ、防台とする考えも浮かんだ。損傷もさる事ながら、艦の航行に不可欠なも不足していたのだ。苦慮する那木艦長に、航長が「艦長、大丈夫です!最後にはを焚いてでも4時間や5時間は航してみせます!」と言い放った。これに勇気付けられ、考えを保留。最悪の場合は味方がいるセブに乗り上げようと考えていると、第9号輸送艦から発信号で「揚陸了」と知らせてきた。すると艦かが「9号にがあるんじゃないか」といた。啓だった。すぐに第9号輸送艦に横付けする。最初は要領が分からなかった乗員であったが、すぐに理解すると上甲ポンプを持ってきて、必死を補給してくれた。こうして命からがら助かった。

が奮戦している間に輸送船団は揚陸を了。劣勢の中での小さな勝利となった。桑を失ったとはいえ、は輸送任務を遂してみせたのである。駆逐艦1隻撃沈、1隻撃破。この戦果が、帝國海軍最後の水上戦闘における敵艦撃沈だった。

とはいえ瀕死の状態。桑の乗員救助はとても出来ず、要請だけして退却した。域から脱出する時、桑の乗員と思われる者から「ッ!」と叫ぶが聞こえたという。

12月4日、どうにかマニラまで帰投。翌5日にキャビデへ回航され、入渠する。しかし損傷のしさから現地では修理できず、特に機関の損傷が原因で速が上がらなかった。このため今後の作戦は全て取り消しとなり、への回航が決定する。

終戦から復員任務

12月15日、マニラを出港。三日後に台湾高雄へ入港。このまま基まで回航される。22日、船団を護衛して基を出港。鎮や六連を経由し、1945年1月1日に門へと帰り着いた。間もなくに回航され、4日から入渠修理を受ける。もはや内地に燃料はく、まともに動く事すらままならなかった。
修理1月末に終わるだろうとされたが、資材不足のせいか3月15日まで時間が掛かった。

2月28日、第31戦隊の旗艦となる。3月15日、第31戦隊は第2艦隊に編入され対潜掃討を担当する。
3月19日を出港。そのおかげか機動部隊による軍港襲に巻き込まれずに済んだ。5月から、後部甲回天を載せられるよう装を受ける。駆逐艦とともに回天練習艦となったが、頻発するアメリカ軍襲を受け、令部はの温存を決断。上に出る事を禁じた。これにより装工事も中止。

7月3日、屋代に偽装係留される。生き残っていた「槇」「榧」と横に繋がって投錨し、艦体をネットで覆って擬装。木の枝やの木を植えて陸地の一部であるかのように見せかけた。このため敵機が飛来しても全く機を撃たなかった。よほど擬装が上手かったのか、終戦まで攻撃を受けなかったとか。しかし攻撃こそ受けなかったが、眼前で漁船がグラマンの機掃射を受けても手が出せないゆさもあった。ちなみに擬装用の植物がちょうどカーテンとして機し、艦内はとても涼しかったという。

そしてこの状態のまま、8月15日終戦を迎えた。10月25日、除籍。

戦争は終わったが、航行可だったには出番が残っていた。南方や各戦線に取り残された将兵や邦人を引き揚げさせる復員任務である。1945年12月から任務が始まり、ポンペイパラオサイパン上海から兵員を連れ帰った。1946年7月、特別保管艦の定を受けて横須賀係留される。
約一年後の1947年7月16日定が解除されると、は賠償艦としてイギリスに譲渡された。しかしイギリススクラップにして売ってしまった。

こうして短いながらも波乱に満ちたの艦歴は幕を下ろした。

関連動画

竹(松型駆逐艦)に関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連コミュニティ

竹(松型駆逐艦)に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%AB%B9%28%E6%9D%BE%E5%9E%8B%E9%A7%86%E9%80%90%E8%89%A6%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

竹(松型駆逐艦)

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 竹(松型駆逐艦)についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!