機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY単語

キドウセンシガンダムガイデンザブルーディスティニー
5.6千文字の記事
  • 7
  • 0pt
掲示板へ

概要

機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINYとは、1996年から97年にかけて製作された、全3部作のセガサターンソフトである。
ガンダム外伝シリーズの第一作であり、小説版や漫画版も出版されている。

ストーリー

宇宙世紀0079、地球連邦ジオン公国との戦争が始まって11ヶオデッサ作戦での大勝により、地球上での勝利を確実なものとした連邦軍は最終的な勝利をつかむため、本格的なモビルスーツMS)による実験部隊、第11独立機械化混成部隊(通称、モルモット隊)を編成した。彼らの使命は、あらゆる状況下でのMSの実戦データの収集だった。部隊のエースパイロット、ユウ・カジマは、間敵基地強襲任務後にMSの強襲を受ける。その機体は味方であるはずのジムタイプであった。
異常なまでの機動と攻撃を持つその機体を、何とか撃退したユウモルモット隊。だが、これはユウMSとの因縁の始まりでしかなかった。

ゲーム概要

FPS方式のコクピット視点による3Dシューティングゲーム、自分の操縦する機体を見ることはできない。

各巻につき5ステージあり、クリアしたスコアと設定難易度によってランクがつけられ、全てのステージをA以上でクリアすると、ユウの階級が一段階昇進する(少尉から始まり最高で少佐まで)。昇進したデータは次の巻に引き継げ、最終的なエンディングられるユウ戦後の消息が変化するマルチエンディング

主人公の搭乗MSジムという当時では新なアプローチ、「ブルーディスティニー1号機」の圧倒的な存在感スピード感あふれる操縦感覚などから人気を博し、高い完成度を持ったゲームである。

また、下記「登場人物」欄に記載されているような声優の熱演も雰囲気を盛り上げている。

後にPS3ソフト機動戦士ガンダム サイドストーリーズ』においてリメイク
FPS視点からTPS視点に変わったものの、その臨場感・スピード感は健在である。
また、当作オリジナルガンダム外伝である「ミッシングリンク」の面々との協作戦シナリオも追加された。 

登場人物

地球連邦軍

ユウ・カジマ

地球連邦軍のエースパイロット。以前は戦闘機乗りであったが、開戦後ジオンMSザクと交戦。撃破はされなかったものの、今後はMS戦場になると考えMSパイロットとなった。地球連邦軍では数少ない開発当初からのMSパイロットである。
搭乗機はジム・コマンド(モルモット仕様)→ブルー1号機→ブルー3号機→ジム・コマンド(ユウ・カジマ専用機)
性格は寡黙で、どちらかといえば射撃戦が得意であるとのこと。腕前は、ゲーム中でおまけモードとしてプレイできる戦闘シミュレーター上で、アムロガンダム(恐らくジャブロー帰還時)に勝つことができるほどである(ただしプレイヤーの腕前次第だが)。

暴走したブルー1号機を撃退した際の戦いぶりを評価されて、ブルーパイロットとして選出される。ゲーム中ではMS撃墜数が100え、地球連邦エースパイロットトップ5にランクインできる数だが、EXAMシステムに関する記録はすべて公式から抹消されたためランクインできなかった。
なお、小説版によると映画逆襲のシャア」でアクシズから弾かれたギラ・ドーガの手を掴んだジェガンに乗っていたのはユウである。

名前の由来は「プレイヤーであるあなた→YOU」、プレイヤー分身として原作ゲーム中には台詞が存在しない。それゆえGジェネなどのゲームでは「無口で寡黙」という設定付けがされており、初期作品では終始言である。
ただし漫画版や小説版では当初から口数は少ないが相応に喋る様子を見せており、近年ではゲームにおいても山寺宏一諏訪部順一によってが当てられ、喋るようになった。
一年戦争時代の数少ない連邦エースパイロットで専用機持ちと設定に恵まれ人気も高く、各種媒体では機体とともに優遇されている。2011年12月には家庭版EXVSアニメ登場キャラMSを差し置いてまさかのDLCとしての参戦。

フィリップ・ヒューズ

モルモット隊所属のMSパイロット。階級は少尉声優若本規夫
饒舌かつ陽気な性格の持ちだが、ジオン兵を宇宙人呼ばわりなど、務態度には問題があるが、MSパイロットとしての技術は確かである(そもそも、モルモット隊の“MSの運用データ収集”という設立からして、その部隊員に高い技術が要されるのは当然といえば当然ではある)。

小説版によるとグリプス戦役後に負傷退役した後にサイド6へ移住し、一年戦争当時からのでもあったパン屋を開業する、が。
ユウく、「申し訳なかったが不味かった」とのこと。
なおをみて「コロニー育ちだから、こういうのに憧れちゃうのよ。 ま、これがバカンスなら、もっといいんだけどね」と発言していることから彼自身スペースノイドである事が伺える。

サマナ・フュリス

モルモット隊所属のMSパイロット。階級は准尉。声優関智一
フィリップとは対照的に気な性格の持ち

小説版によると、ユウフィリップよりも軍歴は浅いが、基本に忠実なMS操縦技術により一年戦争を生き延び、戦後MSの訓練将校となった。

モーリン・キタムラ

モルモット隊所属の戦闘ペレーター。階級は伍長声優長沢美樹
部隊に作戦内容や状況を示する。

小説版によると、モルモット部隊のアイドル的存在で、ユウ心を抱いているが、それはユウ・カジマという人間ではなく「連邦軍のエースパイロットであるユウ・カジマ」という偶像に憧れているにすぎない。父親は軍人で、戦後父親の決めた婚約者と結婚している。

アルフ・カムラ

ブルーディスティニーシリーズを担当する技術士官。声優大塚芳忠

戦闘中に機体に関するアドバイスをくれるなど、主人公であるユウに協的・友好的ではある。だが、こちらが撃破された(つまりゲームオーバーの)時に「ブルーが!データが!」と叫ぶなど、ユウよりブルーが大事っぽい本音がうっかりこぼれることもある。

クルスト・モーゼス

元はジオン科学者で、EXAMシステムの生みの

ジオンではEXAMを組み込んだ「イフリート改」が開発されたがその性に不満があり、ジオンMSに見切りを付けて連邦に亡命。その結果、連邦でもEXAM搭載MS「ブルーディスティニー」シリーズが生み出されることになった。

設定上は重要人物だが、ゲーム中では登場しない。EXAMシステムや彼の思惑についてのさらなる詳細は「EXAM」の記事を参照。

モーゼ博士」ではなく「クルスト博士」と呼ばれていることが多い。クルストの方が苗字なのだろうか?

ジオン公国軍

ニムバス・シュターゼン

クルスト・モーゼ博士およびEXAMを追う任務を帯びているジオン公国軍大尉声優速水奨

EXAM搭載の機体「イフリート改」、そして連邦から奪取した「ブルーディスティニー2号機」を駆り、何度もユウモルモット隊の前に立ちはだかる。ただし人物像は媒体によって大きく異なる。

詳細は「ニムバス・シュターゼン」の記事を参照。なぜか、本作登場キャラクターニコニコ大百科に単独記事がある(2016年3月27日現在)。

マリオン・ウェルチ

クルスト・モーゼ博士によるEXAMの開発研究に協していたニュータイプ。結局、EXAM彼女の精を取り込むことで完成をみている。

クルスト・モーゼ博士と同様、ゲーム中に本人は登場しない。EXAMが発動するときのシステムボイスEXAMシステム、スタンバイ」という音声優雪乃五月)は設定上は彼女である。

登場機体

RGM-79GS ジム・コマンド(モルモット隊仕様)

ジム良機。初出である『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』における装備はビームガンや曲面シールド等であるが、モルモット仕様は以下の点が異なる。

  1. 武装がブルパップ90mmマシンガンビームサーベルハンドグレネード
    小説版においては、陸戦型ガンダムが使用している100mmマシンガンを装備している。また、脚部にビームサーベルを収容している点や部側面に予備マガジンを装備している点などから、地の文での描写はジムコマンドと言うよりもむしろ、陸戦型ジムに近い。
  2. シールド六角で十字マークとのぞきく、上下にでっぱりがある
    小説版の挿絵では、『0080』にて装備していたものと同様の曲面シールドを装備している。
  3. バックパックが中央下部に大1つ、左右に小1つの計3つ
    この他にも細部の色が違ったりしているが、基本性は恐らく同じと思われる

RX-79BD-1 ブルーディスティニー1号機

当初は陸戦型ジムベースに開発されていたが、機体がEXAMシステムの要する動きに付いていけず小説版におけるアルフ・カムラく、1分も経たずにオーバーヒートした)、急遽ベース機を陸戦型ガンダムを強化したものに変更して開発された機体。 そのためシステムが搭載された頭部のみジムのままである。
当初は「ジム・ブルーディスティニー」と呼ばれていたが、2、3号機が登場したため、この名前ではあまり呼ばれなくなった。
強化陸戦型ガンダムのボディは通常の17増しのジェネレーターに加え、マグネット・コーティングを試験的に施し、運動性を約20向上させているなど、一年戦争時のMSとしては破格の運動性を持っている。
武装面も頭部バルカンの他に、胸部機関を2門、部両に有線式ミサイルを追加している。手持ち武器100mmマシンガンと三脚が外された専用の陸戦シールド
また、前述の通り破格の機動性を実現させるために脚部に推進剤を大量に入れているため、ビームサーベルフロントアーマーに移されている(ただし、最近のプラモデルでは脚部となったようだが、Gジェネ等ではフロントアーマーから取り出しているため、かなり曖昧となっている)。
塗装は開発者のクルスト博士趣味と言われているが、実際は対NT用の迷彩塗装であると思われる(NT宇宙く見えると博士が聞いたため)。
初登場は第1章「戦慄のブルーSTAGE2。撃破か一定時生存クリアだが、ロックオンが追いつかないスピードでこちらを翻弄し、STAGE1で操作に慣れたばかりのプレイヤーに「死神」として強な印を残して去っていく。
第2章「を受け継ぐもの」ではSTAGE2からSTAGE5まで自機として使用できる。

ちなみに上述のEXVSでの搭乗機体はこれである。

EXVSではコスト2000機体として登場、販売価格は500ポイント500円)である。
今回の担当声優諏訪部順一氏となっており、よく喋ってくれる。覚醒ゲージが最大になると「EXAMシステム、スタンバイ。」と言ったに時折マリオンの(CV.林原めぐみ)がはいる。
メイン射撃は撃ち切り手動リロード方式の100mmマシンガンサブ射撃は射出後、任意で切り離せる有線式ミサイル、特殊射撃はその場でビームスプレーガンを数発相手に向けて発するジムを呼び出す。
特殊格闘は、レバーで任意方向に最大4回(覚醒中は6回)まで追加入できるサイドステップを行う。
弾幕を展開できるマシンガンや癖のあるミサイルアシストで相手を追い詰めていく射撃よりの機体となっている。
しかし覚醒状態になると一変、頭部のカメラく発し、同時にい異様なオーラいながら凄まじい速度
相手に襲いかかる。移動や格闘の速度が大きく上昇し、また格闘モーションはサーベルを使用しない専用のものに
すべて変更される。さらに特殊射撃ジム呼び出しが、ジムをそのまま投擲するものに変更され、ブーストダッシュ時のモーションも若干変化する。高速で相手を追い詰め、容赦なく格闘で叩き潰す様や、勝利時の、味方ジムの頭を地面に投げ捨てる演出はまさに「死神」である。

RX-79BD-2 ブルーディスティニー2号機

1号機と異なり当初から陸戦型ガンダムベースに製造されたため、頭部はガンダムタイプとなった。宇宙空間での運用を想定し、バックパック及び各部スラスターの換装が行われている。ただし、1号機や3号機と異なりEXAMシステムに対する時限リミッターが搭載されていない為、暴走する危険性がある。携行武装として陸戦型ガンダムのものと同ビームライフルジム・コマンド系のものと同の曲面シールドを装備する。
ジオン軍特殊部隊によって強奪され、ニムバス・シュターゼンの2番の乗機となる。元々は全身が塗装だったが、イフリート改と同様、ニムバスパーソナルマーキングとして両肩が塗装された。

RX-79BD-3 ブルーディスティニー3号機

本来は1、2号機のパーツ取り用の予備機だったが、強奪された2号機の追撃任務を受け急遽実戦投入された。そのため機体の再塗装が間に合わず、機体カラー陸戦型ガンダムと同系のホワイトダークブルーとなっている。また、後に本機も宇宙用に装されている。携行武装はビームライフルシールドで、スペック上は2号機と同等だが違いとしてはEXAMシステム1号機同様の時限リミッターが設定されている。
損傷した1号機に代わり、ユウ・カジマの乗機となる。地球上での数回の任務の後、ジオン公国軍EXAMシステム実験施設コロニー調任務に投入され、直後に発生したコロニー外部宇宙空間での戦闘で、軍に奪取されていた2号機と交戦、相討ちとなり大破した。

イフリート改

イフリート(ガンダムシリーズ)」の記事を参照。

関連動画

関連静画

関連商品



関連項目

【スポンサーリンク】

  • 7
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%A9%9F%E5%8B%95%E6%88%A6%E5%A3%AB%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0%E5%A4%96%E4%BC%9D%20the%20blue%20destiny
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY

176 ななしのよっしん
2021/11/18(木) 19:43:19 ID: /yRuxjCMxx
そういえばガンダムエース漫画版って休載続きだけど、何かあったのかな。
もうじき最終決戦だし、二ムバス2号機が専用の改造を加えられていて先が楽しみだからか気になる
177 ななしのよっしん
2021/11/19(金) 19:09:56 ID: ZK0LZRo7Uc
言われてみれば、最後の掲載時はバレンタインがどうとか言ってた時か…
178 ななしのよっしん
2022/03/09(水) 23:36:16 ID: A5wJUv+Mp6
なんでいつの間にかRGMじゃなくてRX系列になってるのか分からぬ。
SS原作ゲームではRGM-79BD-1だったじゃないか!
ブルーはれっきとしたジムだ!
179 トライデルタ
2022/03/28(月) 07:26:42 ID: mw/uMqRat4
当初はジム魔改造機のつもり
だったけど、あの反応速度
ジムの装甲と駆動系じゃ
説明付かないとして陸戦
ガンダムのに変更したと思う

ちなみに陸戦型ジムで造った
BD 0号機でもジェネレーター
の時点で耐えきれない結果に
180 ななしのよっしん
2022/04/08(金) 02:19:03 ID: W1ZJEyrfBo
なんで10巻出ないんだろうって思ってたけど……休載してたのか?
作者Twitterもずっと更新されていけど、なんかあったの??
181 ななしのよっしん
2022/09/28(水) 19:29:52 ID: ZK0LZRo7Uc
ダムエース漫画が再開したようでなにより。
たいち庸氏が体調不良だったみたい
182 ななしのよっしん
2022/10/01(土) 00:14:26 ID: ympv0bie+6
あのジェガンないわー
183 ななしのよっしん
2022/10/01(土) 15:01:20 ID: LFnqp0ACf7
あのタンクトップジェガンも嫌い
184 ななしのよっしん
2022/10/01(土) 16:23:50 ID: mbcZlUOxBM
胴体だけ一色で塗り潰しはアカ
もう少し面積を減らす&もう少し青色を暗くしたらマシになるだろうに…
185 ななしのよっしん
2022/10/01(土) 16:29:39 ID: 9wvVMTWDZL
ユウカジマ専用カラーが出たということは、小説版で追加されたアクシズの表面でギラドーガの腕を掴んだジェガンパイロットユウという設定はパラレルになったようだ。
小説版が正史かはともかく。