黒本(FFT)単語

クロホン
8.6千文字の記事
  • 39
  • 0pt
掲示板へ

黒本とは、かつてファミ通JKVOICE製作したFFT攻略本のことである。
その誤植の多さと、後述する攻略本としての体を成さない致命的な情報により、
黒本』と呼ばれ忌み嫌われている。

この記事は実際に読んだり騙された読者にしか伝わらない情報も多いので、ゲーム未経験、黒本読者は下記リンクに飛んで頂きたい。

ファイナルファンタジータクティクス大全(商品記事)

大丈夫ファミ通攻略本だよ?

 ナイトメアストーリー

少年少女黒本を手に取り 胸に一つの希望を抱く
薄れ行く意識をその黒本に刻み
培った盗みの技術をその源氏シリーズにぶつける
疑惑は黒本よりられ後世に継がれる
今、その物語ろう・・・

前書き

私はファミ通攻略本研究しているアラズラムと申す者・・・。

君は“黒本”をご存じかな?
かつてランベリーに大挙して押し寄せ争われた源氏シリーズ争奪戦争は、
一冊の黒本、コレクター魂をくすぐる甘い誘惑によって幕が開いたとされている・・・。

この書物に翻弄された者ならばでも知っている青春の一ページだ。

今、々は知っている。
に見えるものだけが“真実”ではないことを。

ここに一冊の本がある。
当時、ゲーマーたちの棟梁として名高い名門ファミ通攻略本だ。

かの攻略本は数々のゲーマー助けてきたと記録にある・・・。

しかし、かつて開された“黒本”は、
源氏シリーズ「絶対に盗めない」という・・・。

いやいや、小数点以下の確率で盗める」と言い、
ゲーマー達の秩序を乱した元そのものだとか・・・。

どちらが“真実”なのか?

さあ、私と共に“真実”を探するへと出かけよう。

おっと、その前に、君の“屈辱”と“後悔”を教えてくれないかな・・・?

人物に対する疑惑の記録

以下に挙げる文は同一の古文書(黒本)から解読された言葉であるが、内容に数々の矛盾、不備、誤植が散見されている。
その内容は確かに役立つ情報もあるが、単なる誤植から資料として致命的な編集不備もある。
これは単なる「コンフュ」程度の混乱とは思えい程悪質な記述もある為、著者がルカヴィの放つ「喪失」に掛かった可性が高いと思われる。
以下にその不備を摘し、今後の研究の糧としたい

メスドラーマ・エルムドアに関する記述

疑惑の多い“黒本”であるが群を抜いて疑惑の記述が多いのがエルムドア侯爵である。
銀髪”の異名を持ち異端審問官資格を持つ彼が、何ゆえにこの様な疑惑にされなければならぬのか?
資料は正でなければならぬ事を痛感させられる一例である。

後世の研究により、公爵は自身の所持品に、入念な整備、メンテナンスを施していた事が確認されている。
容易く破壊、盗難に遭わない様、常日頃から管理を怠っていなかったのだ。
正に乱世に活躍した武人の鑑であろう事は想像に難くない。
なのにも関わらず、ずさんな資料により公爵の評価は不当に貶められているのが現状である。

ザルバッグ・ベオルブに関する記述

イズルード・ティンジェルに関する記述

オヴェリア・アトカーシャに関する記述

  • 偉大なる英雄王ディリータの妃であるオヴェリア王妃もその犠牲になっている。
    当たり前の話であるが、王妃は「プリンセス」である。「クレリック」ではない。(P51)
    確かに修院での生活は長かったであろうが、預けられただけである。
    その様な誤記があるから「王に連なる者ではない」という憶測を生むのである。
    風評被害も甚だしい。
  • ザルバッ将軍に関する記述でも触れた人物相関図であるが、王妃名前は「オヴェリア」である。
    断じて「オヴェリア」という訳の判らない名前ではない。(P196)
    王妃名前を間違えるなど死罪となっても文句は言えぬ大罪であろう。

ヴォルマルフ・ティンジェルに関する記述

  •  殿騎士団長であるヴォルマルフの残された言葉がある。
    「なぜ、ヴァルゴが反応するのだ?これはいい!あと年は必用だと思ったぞ!!
    まさか、貴様がそうだったとはな・・・!命を奪ったりはせん。さぁ、来るだ!!」 
    P193)
    別の資料(ゲーム)では「来るんだ!!」とある。
    何をするだァーッ!!と言わざるを得ない。
    勇猛果敢な殿騎士の名誉を貶めるこの記録間違いを許すわけにはいかない。

アグリアス・オークスに関する記述

ウィーグラフ・フォルズ

ラファ・ガルテナーハに関する記述

マラーク・ガルテナーハに関する記述

メリアドール・ティンジェルに関する記述

クレティアン・ドロワに関する記述

バルク・フェンゾルに関する記述

ベイオウーフ・カドモスに関する記述

オーラン・デュライに関する記述

ディリータ・ハイラルに関する記述

  • 黒本の魔手は英雄王にも容赦はしない。
    ディリータ王が即位する前は「ホーリーナイト」としてその武勇を奮っていた。
    決して「アークナイト」ではない。(P51)
    他とべそれ程悪辣な間違いではない為、見逃しがちであるが、民から王にまで上り詰めた古事に習い、
    人間皆(誤植も)等と言う事を黒本編集者は言いたいのであろう。 
  • 民出自の王は立身出世の過程で『騎士団』副官から団長へと出世を果たしている。
    断じて『騎士団』ではない。(P203)
    苦心してゴルターナ営に潜入し信頼を得たのに、つまらないミスで不審に思われたりしたら計画が台しである。
    この様なミス歴史に埋もれる事があってはならない。

ラムザ・ベオルブに関する記述

武器・防具・アクセサリ・アイテムに対する疑惑の記録

刀に関する記述(P257)

  • の操る「菊一文字」の解説の引き出すの攻撃アビリティは敵限定」とある。
    この記述は間違っていない。確かに攻撃アビリティは敵限定なのだ。
    問題なのは、わざわざ「菊一文字」の項で挙げるべき事なのだろうか?
    」を説明する外で十分ではないだろうか?他に特筆すべき点はかったのだろうか?
  • 義「引き出す」はに込められたを操る事が出来るが、
    の破壊を常に考慮しなければならないリスクの高い義である。
    そんな中、破壊してもお手ごろの値段で扱いやすい「阿修羅」と言うがあるのだが・・・・・・い。
    アクションアビリティの項にある「阿修羅」は一体何から引き出すのだろうか?…像だろうか?

忍者刀に関する記述(P256)

弓に関する記述(P259)

アクションアビリティに対する疑惑の記録

召喚魔法に関する記述

引き出すに関する記述(P93)

  • 義にに込められたを自在に引き出す技がある。
    引き出すにより効果は千差万別なのだが不可解な点がある。「正宗」と「清盛」である。
    効果について正宗は「リジェネ又はヘイストをかける」。清盛は「プロテス又はシェルをかける」とある。
    義を侮っているのだろうか?これらの魔法は必ず同時に掛かる。間違えないで頂きたい。

拳術に関する記述(P90)

黒魔法に関する記述(P90~91)

  • 黒魔法のファイジャ、ブリザジャ、サンダジャに「リ算」とあるが、これら魔法は、いくら時間を操っても、計算を駆使しても、跳ね返したり、計算して即時発動できる代物ではない。
    黒魔法基本3大属性魔法義ジャ魔法は、時魔道士算術士の小細工など一切受け付けないのだ。

ジョブに対する疑惑の記録

時魔道士に関する記述(P61)

マップに関する記述

ネルベスカ神殿(P224)

ココには伝説騎士ラグナロク」を模した、「ナグラロク」が眠っている。
しかし、その「ナグラロク」の在りかを示す記述に「ラグナロク」と記述してある。
さらに、通常の「ジャベリン」と「エスカッション」とは較にならない性を有する同名のが眠っているが、
その記述がい。レアアイテムの欄は「―」と虚しく線が引いてある。

・・・大丈夫であろうか?やはりルカヴィの「喪失」に惑わされていると思われる。
使ってみれば一瞭然である「ナグラロク」を「ラグナロク」と間違え、
ジャベリン」と「エスカッション」至ってはの性に気付いていない。

発掘したかに自慢したり、名前に騙され捨てたりしていないだろうか?
この編集者は普段から紛い物を掴まされていないだろうか?物を見るいのだろうか?
け話で「エクスカリパー」を「エクスカリバー」と間違えていないか心配である。

後書き

ーーー その後“黒本”を見た者はいない・・・。
後にゲーマー達は、こう述懐している・・・。
人間は何に幸福を見出すのだろうか?
何のために今をいきるのだろうか?
そして何を残せるのだろうか?

ただ、わかることはーーー
黒本”こそが悪魔であった・・・。

後日、ゲーマー達は自分が見聞きした出来事を悠久の歳をかけてまとめあげた・・・。
中でも研究サイト“ICE DROPexit”は真実を導き出す事に成功し、
クレメンス会議の場で開されるが相の暴露を恐れたファミ通は、
ゲーマー達の嗟のを黙殺した。
その後、忘れさられた“黒本”はーーー
十数年を経てニコニコ動画にて脚を浴びることになる・・・。

々は真実を知ることができた・・・。
今こそ若かりし頃の々の辛苦痛を回復しよう・・・。
かつての々の生きざまを若い世代に伝えるためにも・・・。

ナイトメアストーリー著者
アラズラム・J・デュライ

黒本

 

黒本の帯の見出し

恐怖が快楽に、緊奮にシフトする!!
FFT最高(サイコー)のバイブル典)

JKVOICEとその仲間たちが調べ、プレイつくし、遂に完成
充実の304ページ君のその手で暴いて欲しい!

とことん調べつくしシステム分析編
こんな便利な組み合わせがあったとは!ジョブ考察
「あなたのなぜ?どうして?がすべて解決バトル攻略
「まだ知られていない真実物語と隠されたエピソードが満載」シナリオ解明編
データに秘められていたFFT』の本質データ解析編

その他の関連商品

 

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 39
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%BB%92%E6%9C%AC%28fft%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

黒本(FFT)

503 ななしのよっしん
2021/07/13(火) 01:04:42 ID: cAkKGl3PNl
JKVOICEとその仲間たち」とやらが「プレイつくした結果」出来上がったのがアレなんだから、
スクウェアが何してようが悪いのは100%ファミ通だぞ
504 ななしのよっしん
2021/07/13(火) 01:28:48 ID: nVBKu/eidU
>>503
一般的な会社に勤めればわかるかもしれんが、書類のミスチェック、おかしい部分があれば報告、連絡、相談は当たり前。
そのチェックホウレンソウを怠ったって部分で言えばファミ通側も悪いと言えば悪いが、悪意を持ってワザと情報を流し、結果的に会社の信用を失わせたって事ならどう考えてもスクウェアが悪いだろ。
どういう発想で悪くないと思ってるのかがわからない…。
505 ななしのよっしん
2021/07/18(日) 18:26:49 ID: W+0c1kNwD9
文責がファミ通なんだから全責任ファミ通だろ
506 ななしのよっしん
2021/07/26(月) 09:53:55 ID: nVBKu/eidU
>>505
エルムドア以外の誤植何かはその通りだが、ワザと誤情報を取引先に入れたなら責任自体はファミ通にあるが、十分業務妨が適応されてもいいレベルじゃね。
信用毀損罪なんかになるんか?
507 ななしのよっしん
2021/07/26(月) 10:13:37 ID: h2bosLMYCe
話が混ざっておかしくなってるぞ、読者側からすると文責持ってる相手を責めることしかできん。
んで、渡された資料が間違ってて損食ったと文責側が判断して訴えて初めて資料を渡した側に責任が生じるかどうか判断される。
だから、黒本買ってひどいにあった人たちはファミ通ガンガンせめてファミ通側を動かすって形にするのが正しい。
508 ななしのよっしん
2021/08/26(木) 10:58:33 ID: qZBxGLoZIJ
公式が渡してきたデータいちいち事細かに検証するっていうのも理解に苦しむというかバグチェックとは違うわけだし現実的じゃない気がするけど
公式情報みにするなといわれても検証した結果違ったってのせるのは立場的に低いであろう攻略本側がするのは理なんじゃないかなー
他の誤植など雑な仕事はたしかにあったにせよ変しやすく使いやすいフレーズで他の攻略本会社の負債まで背負わされる羽になったのは有名税とかいうレベルじゃなく同情できると思うけどなぁ
509 nanasi
2021/08/26(木) 21:46:50 ID: tukbGOM6oK
当時実際に黒本を買って使ってたけど「装丁がちゃんとしてる割になんか誤植が多いな。回りくどくて変な言い回しも多いし。まあVジャンプ攻略本較して使うからいいや」と思ってました。

コンシューマーゲームを発売日に買ってしばらく遊んだ後に公式が出してる攻略本を買って遊びつくすって文化を知らない若い人に一応言っとくけど、ファミ通攻略本クオリティ任天堂エニックスが出してた公式攻略本べて低いとかそういう事はかったです(少なくとも2005年くらいまでは。なお黒本均点を50とすると40点ぐらい)
ファミ通ブレスオブファイア4スマブラDX侍道2ワンダと巨像攻略本は素らしかったぞ。
510 ななしのよっしん
2021/08/26(木) 21:57:34 ID: tkrTdlN1Fa
スタオー2の攻略本とかも助かったなあ
黒本も細かい瑕疵が多々あるにせよ
エルムドアの件がなければここまで悪い意味でり継がれる事はなかっただろうな
511 ななしのよっしん
2021/10/07(木) 11:27:27 ID: pqnN/Slnkm
出版社から取ってわざわざ情報に書き換えた情報渡して、出して開発からデータ買った出版も出して本買った顧客にも変則的な損出してるのがまた
も得してねえわ
512 ななしのよっしん
2021/10/07(木) 12:10:58 ID: k9cHZaD0/J
今の感覚から考えると訴訟もんよな、普通メーカーから提供された仕様書を疑おうとは思わん
まあ当時のメーカーと出版の関係がそれだけ最悪だったということでもあるんだろうけどさ

急上昇ワード改