ターニャ・デグレチャフ単語

ターニャデグレチャフ

ターニャ・デグレチャフとは、小説幼女戦記』の主人公である。
CV:五十嵐裕美サウンドドラマ版) / 悠木碧アニメ版)

概要

く透き通った肌を持つ金髪眼の幼女。統一1913年生まれ。身長140cmくらいと年齢相応の身長帝国航空魔導士官。
8歳にして士官学校入学し、卒業時点で准尉任官。その時の年齢は9歳。その獅子奮の活躍ぶりから初陣で「白銀」の二つ名を下賜され、後にその戦いぶりの苛さから血に塗れた「」と揶揄されるようになる。

その前世は、現代日本企業に勤めていたエリートサラリーマンである。
シカゴ学に属し、自身を天才でも才でもない、性格の歪みまくったコンプレックスの塊の様な人間であると評している、社会規範と職務(人事の首切り役)に忠実な男。

勤務態度不良の社員にリストラを勧告したある日の帰り道、その会社員の逆恨みによって電車ホームから突き落とされ命を落とすこととなる。その際、「創造」を自称する「存在X(主人公による仮称)」と邂逅問答のあげくその人間性の狂いと信仰心のなさを科学世界で、男で、戦争を知らず、追いつめられていないから」一方的に断じられてしまう。そして如何様にすれば現代人の信仰心をめさせられるか、という難題に対するテストケースとして、その全く世界

科学的な世界で、女に生まれ、戦争を知り、追いつめられるがよい!!!

というノリで前世の記憶を残したまま転生させられてしまう。

かくしてエリートサラリーマン飲み子となり、「帝国」の孤児院でターニャ・デグレチャフとして覚醒。両親に捨てられた女児として、混迷する社会情勢の中成長していく。

ある日の健康診断で自身の魔導適性が発覚し、自身の進路が航空魔導師に定まったと判断したターニャは、弱冠8歳にして帝国軍士官学校入学するを選び、魔導士官として9歳で任官。北方の警備にあたるターニャのの前で協商連合の領土侵攻に端を発する戦争が勃発。これを機に、安全な後方でのエリート勤務と平和で文化的な生活を渇望する、幼女魔導師の長く過酷な戦いが始まった。

人物像(軍事面)

極端なまでの効率義者で、自称・文明人の自由義者で個人義者。

殺すのも殺されるのも嫌い、非生産的な戦争も嫌いと言する人間だが、軍人として殺人を犯すことにいはなく、出世と身の安全と休暇の為に敵対する人間は容赦なく殺傷する。自己保身のための労を厭わず、国際法や戦時協定などを自軍に有利なように解釈することにも長ける。

部下は具とみなして使えると判断すればそれなり権限を与え活用するが、無能であればなく捨て駒に出来る合理義者。特に抗命行為を嫌っており、命を遵守出来ない者を無能として扱い排除する。しかし、同時に部下を駄に失うこともキャリアく(ついでにいざというときの肉壁を失う)と考えているため、手に掛けて育てた直属の部下達を失うことを忌避している。様々な事情から課した過酷な訓練の成果もあり、結果的に直属部隊の損耗/人的被は少なく、部下や上からの信頼は厚い。また共産主義を心底嫌悪しており、共産主義が相手取った戦闘では単なる仕事以上の情熱を見せる。果たして、その辺りはアニメでは放映できるのか

転生以前より軍事・戦史・テロ等に関する深い教養が有り、関連する知識は非常に豊富で幅広い。辻ーん口といった言葉をモノローグで使っているあたり、某掲示板軍板にでも出入りしていたのかもしれない。幼女の体ながら魔導師としての戦闘技術や一流で、一兵士・部隊長のいずれの時期にいても抜きんでた戦果を挙げただけでなく、軍学校・軍大学においても戦術・戦略・兵站といった各方面で卓越した知識を披露したため、一部の上層部からは相当にをかけられている。

一方、あまりに突き抜けたその感性故か、『自分の発言が周囲の人間(常人)にどのように解釈され、どのような人格と認識されるか』という一点では頻繁に的を大きく外した思考を披露する。そのため、本人はあくまで自らの立身出世と保身のために「後方での軍務に繋がりそうな、軍人として上官に評価されるような」行動を心がけているに過ぎないのだが、前世のサラリーマンの思考と職業軍人の思考の差異に加え、これまた複雑な事情が噛み合って、周りからは『理想的な軍人像を体現し、いなく最前線に身をせる稀有な存在』だとか、『合理的かつ常識にとらわれず、あらゆる手段でもって的を達成する生戦争屋』だとか、『祖国危機を前にし、いかなる論理や利も通用しない狂信的愛国者たるの信仰者』などといった方向性で捉えられている。

これにより『出世して安全な後方でのエリート勤務』を望むターニャの意思に反し、彼女は過酷な前線にばかり送り出されることとなる。

人物像(その他)

  • 前世の男性としての価値観を強く引き継いでおり、外見相応の「幼女」としての行動を強いられるシーンでは多大なストレスを受けていることが伺える。
  • 過去の経験群から「存在X」や、創造といった存在に強い忌避感を抱く。効かないとは理解していても、いつでも弾を叩き込めるようにと軍大学在校時は移動中ライフルを常に携帯するほど。
  • 前世が現代日本ということもあり、この時代の「帝国」の人間にしては舌が肥えている。その為味気ない戦場食はあまり好まず、栄養素や素材の味を悉く台しにする参謀本部食堂のメニューについては「某と食事の世界底辺を争っている」とまで酷評する。
  • 好物はコーヒー。美味しいコーヒーを淹れるヴィーシャや、代用品ではない本物のコーヒー豆を仕入れて差し入れてくれるレルゲンやウーガに対し人間として好印を抱いている。
  • 色恋沙汰に関しては興味を持たず、劇中で他人に恋慕する描写は皆無。自身の将来の伴侶として男女どちらにすべきか、ちらりと思慮を巡らせる程度である。
  • 前世から禁煙者であり、当然ながら幼女の身である現代においても煙草の煙は苦手であり、上官達との作戦の打ち合わせに赴く際、喫煙所と化している室に赴く度に溜息を吐いている。

物語序盤の来歴

孤児院の健康診断で魔導素質を認められ、士官学校に「他にはない」と、弱冠8歳で入学(なお、魔導資質の程度については各メディアで差がある)。士官学校在校時代、戦地での研修中に敵地への潜入斥を行い、二級十字と軍大学への推薦を受けるも、人事局(=レルゲン)によって棄却されている。また、彼女の卒業論文「戦域機動における兵站帝国鉄道部から絶賛を受けている。

北方ノルデンで新米魔導士官として警備に着任した直後、協商連合の大規模な越行動により紛争が発生。「フェアリー08」として前線観測任務につき、線を掻い潜って襲撃を試みた中隊規模の敵魔導師を一人で相手取る羽に陥る。全体的な味方の優勢の中で、自身のみが敗北してキャリアに傷がつくのを恐れた彼女は全で抗戦しその突破を阻止瀕死の重傷を負いながらも事生還し、兵士の誉れたる突撃章とともに「白銀」の二つ名を下賜された。

傷を癒やしたターニャに伝達されたのは、帝国戦技教導隊への内示と総監部付き技術検員としての出向要請。シューゲル主任技師の下、試作魔導演算宝珠「エレニウム九五式」の技術試験要員となった彼女は、紆余曲折を経て、”奇跡の演算宝珠”「エレニウム九五式」を専用装備として手に入れることとなる。

次なる戦場、対「共和西方ライン戦線でも底した効率義と出世安泰至上義に由来する苛さと果断さをもって戦功(確認撃墜スコア62、実際には80以上)をあげ、名実ともにエースオブエースとなった彼女は、11歳にして中尉に昇進するとともに軍大学入学同期人中十二位の成績で卒業。軍大学の誉れたる十二騎士の一を占め、新規叙爵を受け「ターニャ・フォン・デグレチャフ」を名乗る。また就学中、図書室で偶然出会ったゼートゥーア准将の問いかけに、前世の知識を基にした戦況予測の提唱したことをきっかけとして、試験編成の即応魔導大隊である第二〇三航空魔導大隊を任されることになる。

ファン・公式からの扱い

ファンからの称はWEB版時代から作者も使用している「デグさん」、「デグ閣下」、アニメ化を経て公式ラジオパーソナリティ視聴者の間で呼ばれ始めた「ターニャおじさん」など。

所謂、「神様転生」を経たキャラクターとして見ればテンプレを皮ったかのような人物。

作品の空気にあまりされていない概要だけを読んだような人間からは、元日本人のサラリーマンであるため「中身がおっさん」と揶揄されることがあるものの、劇中での発言や振る舞いでそれらしいものが皆無なことや、漫画版の転生前の描画等がどう見ても一般的なサラリーマンのものではないことからただの「おっさん」ではない独特のキャラクター像を確立している。TS性転換キャラとしてみても、お約束イベントニコ百の「TSF」記事参照)の大半をスルーし、そもそも小説媒体だと外見の描写が入ると「あ、そういえばこの人幼女だったね」と読者がたまに思い出すレベル幼女していない。更に言うと彼女が魔法を使う少女、すなわち魔法少女だということを大半の読者が忘れている。ちなみに、小説版では部下のヴァイスが戦勝記念パーティーを開く為に、とあるレストランを部隊で貸し切ったのだが、その店は未成年者NGだった為にターニャだけが外につまみ出された事があった。

アニメ版の版権絵が色々な意味で媚を売らず、萌えをブン投げてている代物であるなど、昨今の萌えキャラとは一線を画する。

これらをして、作者は「デグさんに萌え勇者も少なからずいる」とインタビューっていたが、ターニャの外見を常時映す必要のある漫画アニメ版ではそのギャップのある姿や墓掘り芸などで普通萌えキャラとみなす人たちも増えてきている模様。

特に漫画版では多な表現が用いられた天使幼女ターニャ像や幼女ターニャ像が拝めるので、一般的な二次元幼女に対する要素を期待するならこちらを購読するのが良いかもしれない。

余談

名前元ネタ

名前の元ネタWEB版における

が名はターニャ・デグレチャフ。命名は、信じるならば、と称する存在Xによる行。
うん、この前ターニャさんなる人物、対物ライフル、デグちゃんに撃ち抜かれてましたよね?
いや、さすがに中二アニメは、嗜んだ程度なので、はっきりとは覚えてませんが。
死ねという悪意を感じるのですが。

というくだりから、おそらく「ターニャ・アクロウ」(DARKER THAN BLACK 流星の双子)および彼女を射殺したライフル「デグチャレフPTRD1941」であると思われる。

他作品への出演

幼女戦記原作者である、カルロ・ゼン氏がシナリオを執筆した戦略SLG銃魔のレザネーション』にて、ユニークユニットとして登場。自ユニット死亡によって累積される「死者の魂」を消費し発動する「禁呪」により召喚することが出来、以後自軍ユニットとしてその辣腕を振るう。(仕方ないよね○○○○○さんだって、疲れているからね。(by匿名希望))

なお、同作品はターニャが元居た世界よりも前の時代(17~19世紀)が舞台だが、距離射撃や高火力爆撃など魔導師としてのスペックはそのまま再現されている。

また作者の別作品では、某人類に敵対的な地球外起によってされる世界で奮闘する彼女の姿があるとか。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%A3%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%95

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ターニャ・デグレチャフ

289 ななしのよっしん
2019/02/11(月) 02:20:16 ID: Rh+UZaW913
>>288
デグさんが存在Xに取り入らないのは、ひとえに”取引相手として信用ならないから”につきる。
存在Xが”信仰することによる明確なリターンと条件”(いわば雇用契約書)と”契約がきちんと履行されるという信頼性”を示し、それがデグさんに納得できるものであれば、デグさんは軍人として上官に従うと同様、たとえ相手が悪魔でも従うことにためらいはないはず。
ところが存在Xは(特に原作書籍だと)のっけから人間の有り様に文句つけてきたりして、あなたがならそう設計したのはあなたでしょ、みたいなツッコミにもを貸さず、あまつさえなぜ現代人が信仰に欠けるのか説明したら逆ギレして異世界転生なんぞさせてくる有様で、取引相手としてのデグさんからの信用は地に落ちてるわけだが

で、共産主義が嫌いなのは、リバタリアニズムの信奉者であるデグさんとしては、全体義の極地そのものである共産主義は間違いなく相容れない存在だから。
そもそも共産主義者(というか根本的に思想的基盤が正反対の相手)との約束が正常に履行されるとかそういったことを信じていない
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
290 ななしのよっしん
2019/02/13(水) 20:39:38 ID: sLkwpS/4fv
まあぶっちゃけ人格破綻者一歩手前だよねデグさん
自分だけは正常だと思い込んでるけど
291 ななしのよっしん
2019/02/13(水) 20:48:02 ID: rTmb0dyjtm
ぶっちゃけるまでもなく本人以外の登場人物と読者、著者の共通見解では・・・?
292 ななしのよっしん
2019/02/15(金) 03:54:29 ID: W10wb8Hsrc
存在Xはこっちの思考読んでるのに取り入れとかどないせえと
表面上のおためごかしなんて通用せんぞ
293 ななしのよっしん
2019/02/18(月) 01:19:29 ID: raYkE3tpIj
映画で教科書で見たことあるようなことやってて草生えた
294 ななしのよっしん
2019/03/06(水) 23:07:52 ID: PTTmKIxjwh
しばらく来られない間に、そして思ったより速く反応があって驚いた。まあ、それはともかく。

>>289
>>292
>存在Xはこっちの思考読んでる
>リバタリアニズムの信奉者
存在Xは、こちらの思考すらお見通し、こちらが殺すことは不可能という、相手が圧倒的に有利・強大な存在なのだから、もはや「逆らうこと、それ自体が徒労(非合理的)ではないのかな?」とか「本当に合理的なら、リバタリアニズムだろうが共産主義だろうが、や理念に執着しないで、自分が生存するのに好都合なを選ぶのではないかな?」というような疑問を、個人的に感じたわけ。
言い換えると、デグレチャフさんからは「たとえや他者が何と言おうが、自分は自分の信じるを行くのだ!」というようなオーラを感じるわけで、それはつまり「合理性ではなく、信念で生きている人間だよね」と思ったわけ。
上手く説明できたか自信ないけど、大雑把に言えばそういうこと。なお、何をもって合理的と考えるか、は人によるし、自分の意思で生き方を決めるの
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
295 ななしのよっしん
2019/03/11(月) 09:37:34 ID: sLkwpS/4fv
劇場版見るとターニャの携帯している拳銃ってマウザー(モーゼル)C96なんだね
296 ななしのよっしん
2019/03/12(火) 21:22:25 ID: ygcUSMK8Dq
>>298
モスコー襲撃に関しては、個人的義趣向によって熱が入ってはいるが、そもそも連邦とは合理的交渉・講和が不可能である、という分析に依っているので、そもそも前提が違う。
だからこそ参謀本部にレポートを提出して実質無罪放免を手に入れている訳で。
297 ななしのよっしん
2019/04/17(水) 12:07:22 ID: kRnhewx3cH
元が優劣コンプレックス所持者だから、天才未満のエリートっていう自負だけは譲れない性格だしな。無能を嫌う故に有能でなくとも要準は満たさなければならないと考えてる人だから、結局良いように使われちゃう惜しい人。

それはそうと今期の異世界でもご武運を、少佐
298 ななしのよっしん
2019/04/18(木) 11:17:37 ID: URI0Cml5tV
なろう主人公が受ける加護を試練という名の嫌がらせに変換した人