凱旋門賞単語

ガイセンモンショウ
6.7千文字の記事
  • 7
  • 0pt
掲示板へ

凱旋門賞(仏語:Prix de l'Arc de Triomphe)とは、フランスパリロンシャン競馬場で行われる世界最高峰のレースの一つ。施行距離は芝2400m。毎年10月の第1日曜日に行われる。格付けはGI

概要

3月の「ドバイワールドカップ」、7月の「キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス」(通称:キングジョージ)、11月の「ブリーダーズカップクラシック」と並ぶ世界最高峰のレースの一つとされるレースである。
その中でも凱旋門賞は芝の世界一決定戦としての格式が高く、世界ホースマンが憧れるとも言われている名物レースとされている。
も高額であったのだが、カタール競馬会がスポンサーになってからさらに増額され、2019年時点で総額500ユーロ、うち1着は285.7万ユーロと、芝の競走に限れば(ジ・エベレストペガサスワールドカップターフの新設、ドバイシーマクラシックドバイターフの賞の増額により)第5位、ダートを含めた場合(ドバイワールドカップペガサスワールドカップ・BCクラシックおよび前述のレースに次ぐ)第8位となっている。

ヨーロッパの強がギシギシひしめき合うが、ヨーロッパ以外の名も参戦したりするため、実質的に世界最強No1決定戦と言っても過言ではない。日本の参戦も多くなっているが、日本の軽い野芝コースとは違い洋芝特有のパワーを必要とされるため、苦戦を強いられる日本も多い。

なお、凱旋門賞が行われる週は「凱旋門賞ウィークエンド」という通称があり、土曜日にG2が4競走と純血アラブG1が1競走、日曜日G1が7競走と純血アラブG1が1競走と、土曜日日曜日の2日間で13もの重賞競走が開催される。なお、凱旋門賞以外の競走の賞は1/10程度とそれほど高いわけではない(それでも2番アラビアワールドカップは純血アラブ重賞では最高額だが)。

歴代優勝馬

日本語読みの前の「*」は競走・繁殖を問わず日本に輸入されたことのある(=JRAないしJAIRSの公式日本語表記が存在する)太字大百科に個別記事のある。回数にリンクが付いている回はニコニコに個別動画あり。

回数
(開催年)
優勝
(日本語読み)
性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師(調教)
第1回
(1920年)
Comrade
(カムラッド)
3 2:39.00 F.ブロック P.ギルビン()
第2回
(1921年)
Ksar
(クサール)
3 2:34.80 G.スター W.ウォールトン()
第3回
(1922年)
Ksar
(クサール)
4 2:38.80 F.ブロック W.ウォールトン()
第4回
(1923年)
Parth
(パース)
3 2:38.26 F.オニール J.クロフォード()
第5回
(1924年)
Massine
(マシーヌ)
4 2:40.98 A.シャープ E.カニトン()
第6回
(1925年)
Priori
(プリオリ)
3 2:33.96 M.アルマン P.カーター()
第7回
(1926年)
Biribi
(ビリビ)
3 2:32.80 D.トルテローロ J.トルテローロ()
第8回
(1927年)
Mon Talisman
(モンタリスマン)
3 2:32.90 C.サンブラ F.カーター()
第9回
(1928年)
Kantar
(カンタル)
3 2:38.98 A.エスリン R.カーヴァー()
第10回
(1929年)
Ortello
(オルテッロ)
3 2:42.94 P.カプリオーリ W.カーター()
第11回
(1930年)
Motrico
(モトリコ)
5 2:44.98 M.フリュインショイツ M.ドクイセン()
第12回
(1931年)
Pearl Cap
(パールキャップ)
3 2:38.96 C.サンブラ F.カーター()
第13回
(1932年)
Motrico
(モトリコ)
7 2:44.66 C.サンブラ M.ドクイセン()
第14回
(1933年)
Crapom
(クラポム)
3 2:41.76 P.カプリオーリ F.レゴーリ()
第15回
(1934年)
Brantome
(ブラントーム)
3 2:41.82 C.ブイヨン L.ロベール()
第16回
(1935年)
Samos
(サモス)
3 2:42.64 W.シブリット F.カーター()
第17回
(1936年)
Corrida
(コリーダ)
4 2:38.72 C.エリオット J.ワッツ()
第18回
(1937年)
Corrida
(コリーダ)
5 2:33.88 C.エリオット J.ワッツ()
第19回
(1938年)
Eclair au Chocolat
(エクレールオーショコラ)
3 2:39.82 C.ブイヨン L.ロベール()
第20回
(1941年)
Le Pacha
(ルパシャ) 
3 2:38.26 P.フランコロン J.カニトン()
第21回
(1942年)
Djebel
(ジェベル)
5 2:37.96 J.ドワイベール C.サンブラ()
第22回
(1943年)
Verso
(ヴェルソ)
3 2:23.2 G.デュフォレ C.クルー()
第23回
(1944年)
Ardan
(アルダン)
3 2:35.0 J.ドワイベール C.サンブラ()
第24回
(1945年)
Nikellora
(ニケローラ)
3 2:34.82 W.ジョントン R.ペラ()
第25回
(1946年)
Caracalla
(カラカラ)
4 2:33.32 C.エリオット C.サンブラ()
第26回
(1947年)
Le Paillon
(ルパイヨン)
5 2:33.42 F.ロケッティ W.ヘッド()
第27回
(1948年)
Migoli
(ミゴリ)
4 2:31.60 C.スマーク F.バターズ(
第28回
(1949年)
Coronation
(コロナティオン)
3 2:33.22 R.ポワンスレ C.サンブラ()
第29回
(1950年)
Tantieme
(タンティエーム)
3 2:34.22 J.ドワイベール F.マテ()
第30回
(1951年)
Tantieme
(タンティエーム)
4 2:32.84 J.ドワイベール F.マテ()
第31回
(1952年)
Nuccio
(ヌッチョ)
4 2:39.84 R.ポワンスレ A.ヘッド()
第32回
(1953年)
La Sorellina
(ラソレリーナ)
3  2:31.82 M.ラローン E.ポレ()
第33回
(1954年)
Sica Boy
(シカボーイ)
3 2:36.34 W.ジョントン P.ペラ()
第34回
(1955年)
Ribot
(リボー)
3 2:35.68 E.カミーチ U.ペンコ()
第35回exit_nicovideo
(1956年)
Ribot
(リボー)
4 2:34.76 E.カミーチ U.ペンコ()
第36回
(1957年)
Oroso
(オロソ)
4 2:33.42 S.ブーランジェ D.レスカル()
第37回
(1958年)
Ballymoss
(バリーモス)
4 2:37.91 A.ブリーズリー M.V.オブライエン()
第38回
(1959年)
Saint Crespin
(*セントクレスピン)
3 2:33.30 G.ムーア A.ヘッド()
第39回
(1960年)
Puissant Chef
(ピュイッサンシェフ)
3 2:43.96 M.ガルシア C.バーソロミュー()
第40回
(1961年)
Molvedo
(モルヴェド)
3 2:38.44 E.カミーチ A.マッジ()
第41回
(1962年)
Soltikoff
(ソルティコフ)
3 2:30.94 M.デパルマ R.ペラ()
第42回
(1963年)
Exbury
(エクスビュリ)
4 2:34.98 J.ドフォルジュ G.ワトソン()
第43回
(1964年)
Prince Royal
(*プリンスロイヤル)
3 2:35.50 R.ポワンスレ G.ブリッジラン()
第44回exit_nicovideo
(1965年)
Sea-Bird
(シーバード)
3 2:35.50 P.グレノン E.ポレ()
第45回
(1966年)
Bon Mot
(*ボンモー)
3 2:39.8 F.ヘッド W.ヘッド()
第46回
(1967年)
Topyo
(*トピオ)
3 2:38.2 W.B.パイアーズ C.バーソロミューJr.()
第47回
(1968年)
Vaguely Noble
(ヴェイグリーノーブル)
3 2:35.2 W.ウィリアムソン E.ポレ()
第48回
(1969年)
Levmoss
(レヴモス)
4 2:29.0 W.ウィリアムソン S.マクグラス()
第49回exit_nicovideo
(1970年)
Sassafras
(ササフラ)
3 2:29.7 Y.サンマルタン F.マテ()
第50回
(1971年)
Mill Reef
(ミルリーフ)
3 2:28.3 G.ルイス I.ボールディング()
第51回
(1972年)
San San
(*サンサン)
3 2:28.3 F.ヘッド A.ペナ()
第52回
(1973年)
Rheingold
(*ラインゴールド)
4 2:35.8 L.ピゴット B.ヒルズ()
第53回
(1974年)
Allez France
(アレフランス)
4 2:36.9 Y.サンマルタン F.マテ()
第54回
(1975年)
Star Appeal
(スターアピール)
5 2:33.6 G.スターキー T.グリーパー()
第55回
(1976年)
Ivanjica
(イヴァンジカ)
4 2:39.4 F.ヘッド A.ヘッド()
第56回
(1977年)
Alleged
(アレッジド)
3 2:30.6 L.ピゴット M.V.オブライエン()
第57回
(1978年)
Alleged
(アレッジド)
4 2:36.5 L.ピゴット M.V.オブライエン()
第58回
(1979年)
Three Troikas
(スリートロイカス)
3 2:28.9 F.ヘッド C.ヘッド()
第59回
(1980年)
Detriot
(デトロワ)
3 2:28.0 P.J.エデリー O.ドゥイエブ()
第60回
(1981年)
Gold River
(ゴールドヴァー)
4 2:35.2 G.ムーア A.ヘッド()
第61回
(1982年)
Akiyda
(アキイダ)
3 2:37.0 Y.サンマルタン F.マテ()
第62回
(1983年)
All Along
(*オールアロング)
4 2:28.1 W.スウィンバーン P.ビアンコーヌ()
第63回
(1984年)
Sagace
(サガス)
4 2:39.1 Y.サンマルタン P.ビアンコーヌ()
第64回
(1985年)
Rainbow Quest
(レインボウクエスト)
4 2:29.5 P.エデリー J.ツリー()
第65回exit_nicovideo
(1986年)
Dancing Brave
(*ダンシングブレーヴ)
3 2:27.7 P.エデリー G.ハーウッド()
第66回
(1987年)
Trempolino
(トランポリーノ)
3 2:26.3 P.エデリー A.ファーブル()
第67回exit_nicovideo
(1988年)
Tony Bin
(*トニービン)
5 2:37.3 J.リード L.カミーチ()
第68回exit_nicovideo
(1989年)
Carroll House
(*キャロルハウス)
4 2:30.8 M.キネーン M.ジャーヴィス()
第69回
(1990年)
Saumarez
(ソーマレズ)
3 2:29.8 G.モッセ N.クレマン()
第70回exit_nicovideo
(1991年)
Suave Dancer
(スアーヴダンサー)
3 2:31.4 C.アスムッセン J.ハモンド()
第71回
(1992年)
Subotica
(スボティカ)
4 2:39.0 T.ジャルネ A.ファーブル()
第72回exit_nicovideo
(1993年)
Urban Sea
(*アーバンシー)
4 2:37.9 E.サンマルタン J.レボルド()
第73回exit_nicovideo
(1994年)
Carnegie
(*カーネギー)
3 2:31.1 T.ジャルネ A.ファーブル()
第74回exit_nicovideo
(1995年)
Lammtarra
(*ラムタラ)
3 2:31.8 L.デットーリ S.ビン・スルール(UAE)
第75回exit_nicovideo
(1996年)
Helissio
(*エリシオ)
3 2:29.9 O.ペリエ E.ルルーシュ()
第76回exit_nicovideo
(1997年)
Peintre Celebre
(*パントレセレブル)
3 2:24.6 O.ペリエ A.ファーブル()
第77回exit_nicovideo
(1998年)
Sagamix
(サガミックス)
3 2:34.5 O.ペリエ A.ファーブル()
第78回exit_nicovideo
(1999年)
Montjeu
(*モンジュー)
3 2:38.6 M.キネーン J.ハモンド()
第79回exit_nicovideo
(2000年)
Sinndar
(シンダー)
3 2:25.8 J.ムルタ J.オックス()
第80回exit_nicovideo
(2001年)
Sakhee
(サキー)
4 2:36.1 L.デットーリ S.ビン・スルール(UAE)
第81回exit_nicovideo
(2002年)
Marienbard
(*マリエンバード)
5 2:26.7 L.デットーリ S.ビン・スルール(UAE)
第82回exit_nicovideo
(2003年)
Dalakhani
(ダラカニ)
3 2:32.3 C.スミヨン A.ド・ロワイエ=デュプレ()
第83回exit_nicovideo
(2004年)
Bago
(*バゴ)
3 2:25.0 T.ジレ J.ピース()
第84回exit_nicovideo
(2005年)
Hurricane Run
(ハリケーンラン)
3 2:27.4 K.ファロン A.ファーブル()
第85回exit_nicovideo
(2006年)
Rail Link
(レイルリンク)
3 2:26.3 S.パスキエ A.ファーブル()
第86回exit_nicovideo
(2007年)
Dylan Thomas
(*ディラントーマス)
4 2:28.5 K.ファロン A.P.オブライエン()
第87回exit_nicovideo
(2008年)
Zarkava
(ザルカヴァ)
3 2:28.8 C.スミヨン A.ド・ロワイエ=デュプレ()
第88回exit_nicovideo
(2009年)
Sea the Stars
(シーザスターズ)
3 2:26.3 M.キネーン J.オックス()
第89回exit_nicovideo
(2010年)
Workforce
(*ワークフォース)
3 2:35.3 R.ムーア M.スタウト()
第90回
(2011年)
Danedream
(*デインドリーム)
3 2:24.49 A.シュタル P.シールゲン()
第91回exit_nicovideo
(2012年)
Solemia
(*ソレミア)
4 2:37.68 O.ペリエ C.ラフォン=パリアス()
第92回exit_nicovideo
(2013年)
Treve
(トレヴ)
3 2:32.04 T.ジャルネ C.ヘッド()
第93回exit_nicovideo
(2014年)
Treve
(トレヴ)
4 2:26.05 T.ジャルネ C.ヘッド()
第94回exit_nicovideo
(2015年)
Golden Horn
(ゴールデンホーン)
3 2:27.23 L.デットーリ J.ゴスデン()
第95回exit_nicovideo
(2016年)
Found
(ファウンド)
4 2:23.61
(R)
R.ムーア A.P.オブライエン()
第96回exit_nicovideo
(2017年)
Enable
(エネイブル)
3 2:28.69 L.デットーリ J.ゴスデン()
第97回exit_nicovideo
(2018年)
Enable
(エネイブル)
4 2:29.24 L.デットーリ J.ゴスデン()
第98回exit_nicovideo
(2019年)
Waldgeist
(ヴァルトガイスト)
5 2:31:97 P-C.ブドー A.ファーブル()
第99回exit_nicovideo
(2020年)
Sottsass
(ソットサス)
4 2:39.34 C.デムーロ J-C.ルジェ()
第100回exit_nicovideo
(2021年)
Torquator Tasso
(トルカータータッソ)
4 2:37.66 R.ピーヒュレク M.ヴァイス()

日本調教馬の成績

回数
(施行年)
日本からの出走 結果
第48回
(1969年)
スピードシンボリ 着外(11着以下)
第51回
(1972年)
メジロムサシ 18着
第65回
(1986年)
シリウスシンボリ 14着
第78回
(1999年)
エルコンドルパサー 2着
第81回
(2002年)
マンハッタンカフェ 13着
第83回
(2004年)
タップダンスシチー 17着
第85回
(2006年)
ディープインパクト 失格(3位入線)
第87回
(2008年)
メイショウサムソン 10着
第89回
(2010年)
ナカヤマフェスタ 2着
ヴィクトワールピサ 7着
第90回
(2011年)
ヒルダムール 10着
ナカヤマフェスタ 11着
第91回
(2012年)
オルフェーヴル 2着
アヴェンティーノ 17着
第92回
(2013年)
オルフェーヴル 2着
キズナ 4着
第93回
(2014年)
ハープスター 6着
ジャスタウェイ 8着
ゴールドシップ 14着
第95回
(2016年)
マカヒキ 14着
第96回
(2017年)
サトノダイヤモンド 15着
サトノノブレス 16着
第97回
(2018年)
クリンチャー 17着
第98回
(2019年)
キセキ 7着
ブラストワンピース 11着
フィエールマン 12着
第99回
(2020年)
ディアドラ 8着
100
(2021年)
クロノジェネシス 7着
ディープボンド 14着

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 7
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%87%B1%E6%97%8B%E9%96%80%E8%B3%9E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

凱旋門賞

367 ななしのよっしん
2021/11/07(日) 18:45:20 ID: FkeykaMt/5
バイ香港アメリカ(土のダート含む)でちゃんと通用して結果が出てるのに執着してたここが残ったか
本当に日本にとって相性最悪なんだろうな
368 ななしのよっしん
2021/11/07(日) 22:53:02 ID: B2sDITiFU/
素人には、この結果がまぐれでないことを明するためにBCなどのアメリカに本入れた方が
アメリカ市場への売り込みにもなりそうなんだけどどうなるかねぇ。
日程とか色々とあるだろうから気軽には突っ込めないにせよさ。
369 ななしのよっしん
2021/11/08(月) 14:59:04 ID: hemOcHedvh
>>365
そこまでは言わんけど、日本競馬SUPER GT欧州競馬ラリーアメリカの競馬NASCAR、ってことでいいんじゃないかな
フォーミュラカーは除外した上で、屋根タイヤカウルのある較してる)
370 ななしのよっしん
2021/11/09(火) 09:13:41 ID: hemOcHedvh
>>367
イギリスダービーケンタッキーダービーはまあ理として、ロイヤルアスコットG1とこっちとどっちが先になるか、って感じになってきたな
371 ななしのよっしん
2021/11/11(木) 10:13:17 ID: DHIoz/vPcu
>>367 デルマーは日本レベルの硬さで坂もそこまでキツく高速馬場超絶小回り メイダン日本より芝がやや重いが高速寄りで坂の坦な中回り競馬場 香港馬場重いが坂もほぼい芝以外は東京に似た大回り競馬場

こう見るとやっぱり高低差が一番の難関なんだなぁって感じあるな
372 ななしのよっしん
2021/11/11(木) 10:40:47 ID: B4Qyd0xFXY
>>369
好きとしてはその3つって割とマジで別生物扱いな気もするんだけどな……

まぁそれはそれとして、単に馬場がキツいというだけであれば、重馬場を苦にしないもいる訳で。
やっぱり>>371が言う通り、あんなジェットコースターみたいな構造が厳しいのかな
373 ななしのよっしん
2021/11/15(月) 23:20:30 ID: 8v5jdgcLG6
ジャパンカップ有馬記念の1着賞が来年度からついに凱旋門賞のそれを越えるそうだけど、今回のクロノ敗北ラヴズたちのアメリカでの快挙と合わせて今後の遠征傾向にを与えることになるかもな……
まあG1級の悪巧者の行き先としてはしばらく残りそうだが(だがそれも大抵は実的に難しい!)
https://race.sanspo.com/keiba/news/20211115/etc21111504450002-n1.htmlexit
374 ななしのよっしん
2021/11/28(日) 23:34:51 ID: nMhF5mWN/c
>>371
芝の重さに加えて日本コースべて倍以上の高低差があるからステマ配合産みたいなタフさの権化みたいならでないとまず勝てないな

ただし出走条件を満たすために日本で賞を稼ごうと思えばロンシャン適正と逆のスピード極振り育成にしないといけないのが辛い
今の日本競馬優位なのも血統から育成、馬場レース体系まで軽斤量スピード勝負に特化しすぎてる弊だし
375 ななしのよっしん
2021/11/30(火) 04:03:46 ID: DHIoz/vPcu
いや優位なのは欧州もそうなんだが・・・
376 ななしのよっしん
2021/11/30(火) 17:23:04 ID: DHIoz/vPcu
ただ、馬場の重さとはいうがフランス重賞勝ってる日本調教って別にタフさの権化でもなんでもない多いんだよな イギリスよりは軽い芝だから 

オルフェボンドはタフだけど キズナマカヒキもタフではないしエルコンだって内じゃ東京ばっか取ってたエイシンヒカリも結果的に圧勝したけどタフな所で強いという評価ではなかったから戦前められてた

逆にサムソンゴルシボンドブラピみたいなタフの極みみたいなは凱旋門で全く良い所を見せずひたすら惨敗してきてて 実はスピードと言われてる方がマシな結果が多い

これの原因の一つは「凱旋門はスピードよりスタミナ」という思い込みにもあるんだろう

実際は滅あがり勝負でタフなだけなの方が日本挑戦組は惨敗していたりする

バランスなんよねそこらへんは スタミナの権化であるガリレオ直子が重い馬場ロンシャン以外でしか凱旋門勝ててない所とかを見ると

どっちにしても日本で似たコースいしここは行き当たりばったりしかないのでどう
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)

急上昇ワード改