天皇賞(春)単語

テンノウショウハル
4.2千文字の記事
  • 7
  • 0pt
掲示板へ

天皇賞(春)とは、競馬レース名である。日本中央競馬会(JRA)催の重賞競走。詳細は右下のとおり。

曖昧さ回避 この記事では実際の競馬競走について記述しています。
この競走を元にした『ウマ娘 プリティーダービー』に登場するレースについては
天皇賞(春)(ウマ娘)」を参照して下さい。

概要

コース 京都競馬場
距離 3200m
出走条件 4歳以上
1着賞 本賞金1億5000万円
格付け GⅠ
負担重量 定量
せん馬58.0kg
56.0kg

本競走は1905年から開催されていた「The Emperor's Cup」(エンペラーカップ)を前身として、その後各地で行われていた室御賞典を集約し、1937年に第1回としての室御賞典東京で、1938年に第2回としての室御賞典京都で行われたのが「天皇賞」始まりである。なお本競走はGⅠ競走である。
第14回まではそのまま「室御賞典」をレース名として使用、
15回のみ「平和賞」として開催された。

京都競馬場で行われる競走は天皇賞(春)で通称は「」や「春天」。

「古(4歳以上の)として最高の栄誉」と称されるレース
大阪杯宝塚記念と並びの古中長距離三冠として注される。が、大阪杯G1昇格が最近(2017)であることや、大阪杯との距離の大きな違いにより古三冠を狙うが中々いないのもあって三冠を達成したは(過去に遡っても)未だ現れていない。

内で、3200mは重賞では3番GⅠでは最も長いレースである。
さらに、同競走はスタート後に3コーナーへ向けての急な上り坂と
4コーナーへと続くなだらかな下り坂(通称:の坂)があるため、
スタミナや集中を切らさない精など絶対的な長距離適性が
必要不可欠である。

90年代までは上位人気が順当に優勝する較的堅いレースであったが、近年は長距離路線が重要視されなくなったためか、00年代以降は二桁人気が4勝したり上位入線したりしてヒモ荒れするなど、予想が難しいレースになっている。

スタートから外回りの3コーナーまで直線が約420m、2回のの坂の昇降を含めてコーナーを6回周り、最後の直線が約400m。最初の直線も最後の直線も十分に長いため、脚質的な有利不利は少ない。有馬記念コースと同様にコーナーを6回周るコースのため、内側をロスなく回れる内が明に有利。番16番以降の優勝1979年のカシュウチカラまで遡る。それを考えれば番1番なのに最後方から直線で大外捲りして勝った白いの異常さがよく分かるだろう。坂に加え距離距離なのでにとっては非常に厳しいレースであり、優勝1953年のレダただ1頭のみである。入着すら2021年カレンブーケドール(3着)とウインマリリン(5着)が達成するまでは1965年パスポート(5着)まで遡らなければならないほど。ただし、秋天3200mも含めれば1983年のカミノスミレ(2着)も該当する。[1]

なお、京都競馬場修工事に伴う開催休止(2020年10月2023年3月)のため、第163回(2021年)は阪神競馬場(3,200m、芝・外回り内回り)に変更して開催した。

主な前走・前哨戦

競走名 格付 施行競馬場 施行距離 間隔 優先出走権
阪神大賞典 GII 阪神競馬場 3000m 6週 1着
日経賞 GII 中山競馬場 2500m 5週 1着
大阪杯 GI 阪神競馬場 2000m 4週

歴代優勝馬

と年2回開催しているので回数は1つ飛ばし。戦後から()は奇数

馬場状態が「良」の場合は欄とする。
の場合のみ齢欄にと記載。齢は開催年を問わず満年齢(新表記)である。

開催年 優勝 騎手 馬場 タイム 出走 人気 単勝(円)
163exit_nicovideo※3 2021 ワールドプレミア 5 福永祐一 R3:14.7 17 3 520
161 2020 フィエールマン 5 C.ルメール 3:16.5 14 1 200
159exit_nicovideo 2019 フィエールマン 4 C.ルメール 3:15.0 13 1 280
157exit_nicovideo 2018 レインボーライン 5 岩田康誠 3:16.2 17 2 600
155exit_nicovideo 2017 キタサンブラック 5 武豊 R3:12.5 17 1 220
153exit_nicovideo 2016 キタサンブラック 4 武豊 3:15.3 18 2 450
151exit_nicovideo 2015 ゴールドシップ 6 横山典弘 3:14.7 17 2 460
149exit_nicovideo 2014 フェノーメノ 5 蛯名正義 3:15.1 18 4 1150
147exit_nicovideo 2013 フェノーメノ 4 蛯名正義 3:14.2 18 2 620
145exit_nicovideo 2012 ビートブラック 5 石橋 3:13.8 18 14 15960※2
143exit_nicovideo 2011 ヒルダムール 4 藤田伸二 稍重 3:20.6 18 7 1690
141exit_nicovideo 2010 ジャガーメイル 6 C.ウィリアムズ 3:15.7 18 2 590
139exit_nicovideo 2009 イネルキッツ 6 松岡正海 3:14.4 18 12 4650
137exit_nicovideo 2008 アドマイヤジュピタ 5 岩田康誠 3:15.1 14 3 580
135exit_nicovideo 2007 メイショウサムソン 4 石橋 3:14.1 16 2 450
133exit_nicovideo 2006 ディープインパクト 4 武豊 3:13.4 17 1 110
131exit_nicovideo 2005 スズカマンボ 4 安藤勝己 3:16.5 18 13 3510
129exit_nicovideo 2004 イングランディーレ 5 横山典弘 3:18.5 18 10 7100
127exit_nicovideo 2003 ヒシミラクル 4 角田 3:17.0 18 7 1610
125exit_nicovideo 2002 マンハッタンカフェ 4 蛯名正義 3:19.5 11 2 290
123exit_nicovideo 2001 テイエムオペラオー 5 和田竜二 3:16.2 12 1 200
121 2000 テイエムオペラオー 4 和田竜二 3:17.6 12 1 170
119exit_nicovideo 1999 スペシャルウィーク 4 武豊 3:15.3 12 1 230
117exit_nicovideo 1998 メジロブライト 4 河内洋 3:23.6 14 2 230
115exit_nicovideo 1997 マヤノトップガン 5 田原成貴 3:14.4 16 2 370
113exit_nicovideo 1996 サクラローレル 5 横山典弘 3:17.8 16 3 1450
111exit_nicovideo 1995 ライスシャワー 6 的場均 3:19.9 18 4 580
109exit_nicovideo 1994 ビワハヤヒデ 4 岡部幸雄 稍重 3:22.6 11 1 130
107exit_nicovideo 1993 ライスシャワー 4 的場均 3:17.1 15 2 520
105exit_nicovideo 1992 メジロマックイーン 5 武豊 3:20.0 14 2 220
103exit_nicovideo 1991 メジロマックイーン 4 武豊 3:18.8 18 1 170
101exit_nicovideo 1990 スーパークリーク 5 武豊 3:21.9 16 1 150
99exit_nicovideo 1989 イナリワン 5 武豊 3:18.8 18 4 930
97 1988 タマモクロス 4 南井克巳 稍重 3:21.8 18 1 440
95exit_nicovideo 1987 ミホシンザン 5 柴田政人 3:20.4 10 1 130
93exit_nicovideo 1986 シロキング 4 岡部幸雄 3:25.4 16 3 1100
91exit_nicovideo 1985 シンボリルドルフ 4 岡部幸雄 3:20.4 15 1 130
89 1984 モンテファスト 6 吉永正人 3:22.3 19 6 以下不明
87 1983 アンバーシャダイ 6 加藤 3:22.3 15 1 -
85exit_nicovideo 1982 モンテプリンス 5 吉永正人 3:19.2 16 1 -
83 1981 カツラノハイセイコ 5 河内洋 3:20.6 14 2 -
81 1980 ニチドウタロー 4 村本善之 3:18.7 18 3 -
79 1979 シュウチカラ 6 郷原洋行 3:20.2 21 4 -
77exit_nicovideo 1978 グリーングラス 5 岡部幸雄 稍重 3:20.8 16 1 -
75 1977 テンポイント 4 鹿戸明 稍重 3:21.7 14 1 -
73 1976 エリモジョージ 4 福永洋一 不良 3:27.4 17 12 -
71exit_nicovideo 1975 イチフジイサミ 5 郷原洋行 稍重 3:22.1 18 2 -
69exit_nicovideo 1974 タケホープ 4 嶋田 3:22.6 15 2 -
67exit_nicovideo 1973 タイテエム 4 3:25.0 15 1 -
65 1972 ベルワイド 4 加賀武見 3:20.4 17 1 -
63 1971 メジロムサシ 4 横山富雄 不良 3:33.5 12 2 -
61 1970 リキエイカン 4 高橋成忠 3:25.8 13 2 -
59 1969 タケシバオー 4 古山 3:29.1 7 1 -
57 1968 ヒカルタカイ 4 3:24.6 9 1 -
55 1967 スピードシンボリ 4 稍重 3:24.2 13 1 -
53 1966 ハクズイコウ 5 保田 3:19.4 16 1 -
51 1965 アサホコ 5 加賀武見 不良 3:27.1 7 1 -
49 1964 ヒカルポーラ 5 高橋成忠 3:26.8 9 3 -
47 1963 コレヒサ 4 安重勝 3:22.5 13 1 -
45 1962 オンスロー 5 山岡 3:27.6 6 1 -
43 1961 ヤマニンモア 4 浅見 3:22.6 6 4 -
41 1960 クリペ 5 保田 3:25.0 5 1 -
39 1959 トサオー 4 3:23.1 9 3 -
37 1958 オンワードゼア 4 好男 3:23.4 12 2 -
35 1957 キタノオー 4 勝尾 3:21.3 7 1 -
33 1956 メイヂヒカリ 4 蛯名五郎 3:22.3 13 1 -
31 1955 タカオ 4 古山 3:24.3 11 1 -
29 1954 ハクリヨ 4 保田 3:24.2 6 1 -
27 1953 レダ 4 佐藤 3:24.2 8 1 -
25 1952 ミツハタ 4 渡辺正人 3:23.1 7 1 -
23 1951 タカクラヤマ 4 田俊三 3:24.3 7 3 -
21 1950 オーエン 4 土門健 稍重 3:34.3 9 8 -
19 1949 ハルオ 4 土門健 3:26.2 12 1 -
17 1948 シーマ 4 長浜三郎 3:25.3 6 5 -
15 1947 オーライト 4 元石正雄 不良 3:34.1 10 1 -
1945,1946年は中止
14 1944 ヒロサクラ 4 渋川久作 3:29.0 10 - -
12 1943 グランドライト 4 阿部太郎 3:28.1 13 4 -
10 1942 ナミモア 4 佐藤邦雄 3:25.1 9 1 -
8 1941 マルタ 5 清水茂次 3:25.4 10 1 -
6 1940 トキノチカラ 4 岩下密政 3:25.2 7 2 -
4 1939 スゲヌマ 4 伊藤正四郎 稍重 3:31.0 5 1 -
2※1 1938 ハセパーク 3 者斤奉 2:53.1 7 1 -

※1:第2回は2700m

※2:第145回の単勝払い戻し額は、天皇賞史上最高額である。

※3:第163回は阪神競馬場にて開催した。

関連動画

各年度、個別のレースについては歴代勝ちの「第~回」の欄にある数字をクリックしてください。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *但しヨーロッパではが長距離を走れないという潮は少なく、セントレジャーステークス(14F132y≒2937m)、ゴールドカップ(19F210y≒4014m)、カドラン賞(4000m)などにもの出走・勝利が近年でも見かける。

【スポンサーリンク】

  • 7
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A4%A9%E7%9A%87%E8%B3%9E%28%E6%98%A5%29
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

天皇賞(春)

68 ななしのよっしん
2021/11/30(火) 00:04:55 ID: DD0cgg8WyO
距離戦は、消耗がしく故障率も高いから使われない、ってのもあるから
が2億になったところで、あまりメンバーは良くならないと思う
春天の復権は難しい問題
69 ななしのよっしん
2021/12/09(木) 00:34:43 ID: fLRhAXgrUr

>>63 ライスシャワーがその典だったな 虚弱だから日経賞から天皇賞春のローテで固定だった

日経賞は・・・なんでだろうな 一応3200の設定はあるが 
70 ななしのよっしん
2021/12/09(木) 01:01:57 ID: 8Ni2Mst/XG
>>69

中山3200m(外→内)過去には実際にあったけど、
設置場所は1600mのスタート地点から前に100mほど前にでた普通の内周りの周回コースの2コーナー付近だから、
1周外回りに出て行くことが色々問題があって今ではなくなった。
96年ぐらいまでのブラッドストーンステークス(OP)とかでは3200mであったけど
71 ななしのよっしん
2021/12/23(木) 05:02:08 ID: fLRhAXgrUr
層が薄いとは言うけどここ十年は優勝普通に中距離や中長距離G1でも勝ち負けして結果出してるんだよな 
ビートブラック?・・・知らない子ですね・・・
72 ななしのよっしん
2022/01/03(月) 01:10:37 ID: nlcyWV/S15
ディープボンド春天出走を決定・・・
仮にタイトルホルダーも出ることになれば熱いな・・・
73 ななしのよっしん
2022/01/03(月) 03:06:04 ID: zFmsG/uYjd
>>72
その他だとオーソクレース辺りも有かな
ステラヴェローチェレース使いまくってるから春天出すかは分からない
74 wf
◆lXv/EHYutM 2022/01/03(月) 09:01:23 ID: QwKjDccoP8
>>63
関西なのに毎年日経賞を使っていたステイゴールドはどうなんのよ…(阪神大賞典は一度も使っていない)
距離輸送を挟まないとダメとかだったんかな。
75 ななしのよっしん
2022/01/03(月) 20:51:17 ID: gvIjL6l/Mr
>>74
ステゴは逆に輸送苦手でただでさえ軽い体重減らしまくってたよ
になってからずっと年明けは関西関東春天と走ってるけど脳死ローテでも敷いてたんだろうか営が

カレンブーケドールが残念ながら故障で引退してしまったが
菊花賞で三着取ったディヴァインラヴ春天出てくれるだろうか
メロディーレーンも今年前半は内専念みたいだし共に健闘してくれたら嬉しい
76 ななしのよっしん
2022/01/04(火) 12:25:39 ID: QDv07YBB0/
https://www.daily.co.jp/horse/2022/01/04/0014961351.shtmlexit
タイトルホルダーが足を痛めて白紙

これは阪神大賞典と合わせてディープボンドの一人舞台になるかもな
77 ななしのよっしん
2022/01/04(火) 22:42:48 ID: fLRhAXgrUr
今までなんとかごまかしてきたボンドの強さに全人類が気付いてしまったしな こっからあがりが出てくればまた変わるかもしれんが現状抜けた一番人気は確定だろう