GUNGRIFFON単語

ガングリフォン
6.4千文字の記事
  • 7
  • 0pt
掲示板へ

『GUNGRIFFON』(ガングリフォン)とは、ゲームアーツ制作の、3Dポリゴンを使用した人気ロボットシューティングアクションゲームである。

概要

ジャンルロボット操縦を扱ったシューティングゲームで、日本ロボゲーとしてはしくコックピット視点を採用している。近未来世界舞台に、プレイヤーは歩行戦闘車両に搭乗し戦歴を重ねていく。実際の世界を踏まえた世界観や、実在する防衛産業や兵器が登場する設定がマニアックな人々に受け、当時軍ヲタだった人は少なからず遊んだ。本職の人もハマったという(後述)。

初登場は1996年3月15日シリーズ第一弾のプラットフォームはセガサターン。サターン登場から1年ほどしかたっていなかったが、サターンポテンシャルをすべて使いきったといわれる(セガ以上にサターンを知りつくしたと評するも当時からあった)。後年発売された設定資料集の中で、「セガサターンスペック公式アナウンスがある前から、次世代機の性を予測して開発をスタートさせた」という言があった。
よく較される『バーチャファイター1』よりも表示ポリゴン数が多い。ただし『バーチャファイター』が間30フレームfps)なのに対し、本作はフレームレート(実質20数フレームぐらい)を抑えたものになっている。
開発発表段階での仮タイトルは『3Dポリゴン』。当時の『ファミコン通信』(現:『ファミ通』)が「このままのタイトルでどうですか?」と問うたところ、GA広報に「バカなこと言わんで下さい!」とたしなめられた逸話がある。

世界の勢力図

2014年の日本を取り巻く状況

世界エネルギー危機や、気変動に伴う食糧危機から、地球分割支配する四大勢が限りある資を巡って戦争を繰り返していた。中国を盟とするアジア太平洋共同体に加盟している日本は、中国からの参戦圧により憲法第九条を正。新たに編成された日本外人部隊をもってこれに応じている。

そのころ、資める中国ドイツはそれぞれアフリカへの進出の足掛かりを探していた。中国エジプトと、ドイツリビアとの関係を深めつつあったが、を接する2の対立は日に日に悪化の一途をたどっていった。

登場するロボット兵器の種別について

登場兵器

HIGH-MACS

AWGS

車両

航空機

登場する兵器メーカー

第一作の『GUNGRIFFON THE EURASIAN CONFRICT』 では兵器にすら実在メーカー名前が使われていた。

その後のシリーズ

キャラ

(陸上)自衛隊内部での評価 

都市伝説を多く含むが、以下のような物がある。

陸上自衛隊内部でも一般隊員の評価が高く、「2足歩行兵器の実現は懐疑的だが、もし存在したとしたらゲーム画面のような照準や情報ネルの配置になるだろう」「(これが実在する兵器であったら)操縦シミュレーターとして使用できる性」といったもあったという。

ガングリフォンファンによるコンテンツ

関連動画

関連商品

関連サイト

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 7
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/gungriffon
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

GUNGRIFFON

110 ななしのよっしん
2021/10/08(金) 13:12:45 ID: 2wRg9i2uPj
>>109
侵略になった今でも日本パクリ元・・・お手本作ってやらなきゃ何も開発できないでしょ
あそこ
111 ななしのよっしん
2021/11/18(木) 06:43:41 ID: Fg2QOnLwnM
>>110
昔と違って最近の中国コピーばかりの段階を徐々に脱して
AIドローンブロックチェーン6G通信、etc
結構幅広い分野でオリジナルの最新技術開発しまくってるぞ
112 ななしのよっしん
2022/02/24(木) 13:00:04 ID: Bu3edb6srC
とうとうロシアウクライナに侵攻したと聞いてっ先にガングリフォンが思い浮かんだ
113 ななしのよっしん
2022/03/04(金) 12:19:50 ID: 8o0+4CggiO
ハリコフ降下作戦キエフ戦という作戦名は今のご時世ではシャレならんな
114 ななしのよっしん
2022/03/08(火) 16:43:46 ID: 7CDcSWWJ24
ゲームではイギリスフランスドイツロシアがつるんでるけど
現実ロシア単独だから・・・
115 ななしのよっしん
2022/03/12(土) 00:39:50 ID: gj9sDBcrdF
ロシアによるウクライナ併合って全にPEUの内輪もめだよな?
なのになぜその後もPEUは内部分裂せずにAPCと戦い続けられたんだ?
PEU内部ではウクライナ併合は(当のウクライナ以外は)了承済みのことだったのか?
116 ななしのよっしん
2022/05/07(土) 19:59:19 ID: 1hElTHokJP
ロケット弾発射する露軍の映像見てて、ふと思い出し十年近くぶりにこの地を訪れた。
シミュの作者も元気にしてたし、サイトも生きてて感動した。
最近はフロントミッションリマスターされたり、新作が出たり。ACは相変わらず音沙汰いけど。
あのカニやらに追い回された頃と、まるで変わらないままのガングリがあって心底安心して出るわ…。
117 ななしのよっしん
2022/05/21(土) 04:51:08 ID: 20jKFvvg11
>>111
AI6Gこの辺は積極的に海外の技術取り込みが功を成したからね。逆に単独で実現できるのかと言えば出来ないだろう。(大体のの問題で共同が多いが…)

実際ソフト面はとしてもハード面では欧に並んでいないよ。
徐々に善されつつあるのは事実だが、戦闘機で見てみると米国F-15エンジン
1万時間程度の寿命を誇るのに対して、中国戦闘機は何れもロシアコピーかそれを
参考に開発されたもので最大でも千時間前後で足元にも及ばない。
特にJ-10と11はロシアコピー品に過ぎず初期は千時間にも届かない。
その割には飛行コストは決して安くはく他の最新機と差ほど変わらないが、
能面ではソフトでもハードでも見劣りする。レーダーもそうで日欧と中露
差がある。革に乗り出して時間はたったがまだまだのだと思うぞ。

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
118 ななしのよっしん
2022/07/17(日) 16:22:53 ID: vjIymvA3/p
現実だとパンターとかいう130mm搭載の戦車を発表したな、あれ?これほぼレオルト3じゃね?

ゲームアーツウクライナ侵攻だけでなくドイツ戦車も予言していた…?
119 ななしのよっしん
2022/08/20(土) 21:25:59 ID: 2p7sWaILAi
>>117
それでも準程度のものは作れるし、は掛かってもがあるんだから、
予備のエンジン多く持って積み替えるようにすればそれで良い。
つか西側とは思想が違うから、エンジン寿命が短いからってそれが即座にネガになるわけじゃない。
最初から運用に組み込んでいて、寿命1000時間の間、所定の性を発揮するなら欠点とは言い難い。


ガングリフォンの開発時期は、まだまだ人民自転車で走ってるイメージが強かったんだろうが、
当時の中国って既にそれから半ば脱した状況だし、こればかりは開発が読み違ったね。