サムソンビッグ(ウマ娘)単語

サムソンビッグ

2.8千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

サムソンビッグ

サムソンビッグ(ウマ娘)とは、Cygamesメディアミックスプロジェクトウマ娘 プリティーダービー』の登場キャラクター

実在競走馬サムソンビッグ」をモチーフとするウマ娘である。CV:???

概要

誕生日:??日 身長:???cm 体重:??? スリーサイズ:B??・W??・H??

(2023/11/20現在、詳細未発表)

プロフィール(ウマ娘ポータルサイト)exitより

2023年11月20日開の漫画ウマ娘 プリティーダービー スターブロッサム』第16話「ジュニア級王者」にて初登場したウマ娘。同話の開と同時にウマ娘ポータルサイトにも追加された。

小柄(162cmサクラローレルより頭一つ分くらい小さい場面がある)で子供っぽい雰囲気通りの振る舞いで、ナリタブライアンの出走する共同通信杯を観戦に訪れており、ブライアンのことを「ブーちゃん」と呼んでいて、応援している様子が見られる。
ローレルとはお互い知らないまま隣で観戦していたが、「クラシック級は眼中にない」という宣戦布告に対して静かに心躍らせるブライアン強火オタクローレルの姿には怯えていた。
なお、特徴的なニット帽とカバーカラーリングは、実メンコのものに準じている。

スターブロッサム』では、それまでサクラエイコウオー(がモチーフと思われるウマ娘)が「ヨシノプリヴェール」、タイキブリザード(がモチーフと思われるウマ娘)が「スノウインハザード」というに、他の所有馬がすでにウマ娘化済の馬主の、実績的に実名登場でもおかしくないが偽名ウマ娘として登場しており、初出の新規実名ウマ娘はいなかった。そんな中、突如としてサムソンビッグが実名で投入されたことには多くのファンがざわついた。

この数日前にはアニメ3期第7話にヴィルシーナヴィブロスが登場しウマ娘化が正式発表されたのだが、サムソンビッグ馬主ヴィルシーナが2着に敗れた2012年エリザベス女王杯の勝ちレインボーダリアを所有しており、その繋がりもにわかに注を集めている。

史実

ナリタブライアン三冠を達成した1994年クラシック三冠を、ブライアン以外に完走した「逆・準三冠馬」。

1991年、門別町のサムソン牧場で誕生。オーナーメガネスーパーの創業者・田中八郎の妻である田中由子で、サムソン牧場田中夫妻が経営していたらしい(なのでメガネスーパー公式サイトにはサムソン牧場紹介ページが存在した)。そのため生産のほとんどを夫婦で所有、生産にはすべて「サムソン冠名を用いていた。
サムソンビッグはそのいかつい名前に反して、小柄で非常に大人しく、人なつっこいだったそうである。

鹿戸雄一・田所秀孝・菊沢仁らが騎乗し、障害転向後は中和也が引退まで一貫して騎乗した。
鹿戸雄一騎手は、管理した鹿戸幸治調教師戚で、騎手養成所の最後の世代の一人である(同期中舘英二)。また調教師転向後、2008年ジャパンカップスクリーンヒーローや、2021年GIを3勝したエフフォーリアなどを輩出している。
和也騎手1993年障害競走で12勝をマークし、JRA賞最多勝利障害騎手を受賞。騎手時代にGI勝利する事は出来なかったが、調教師転向後、ジョーカプチーノアカイイトといったGIなどを管理。現在日本調教師副会長関西本部長を務めている。いずれも2023年時点の競馬ファンにはよく知られた名前と言える。

デビュー戦を逃げ切り勝ちするが、札幌3歳Sブービーに撃沈。オープン特別5着を経て函館3歳Sで2着に食い込み収得賞金ゲットする。このとき、まだシャドーロールをつけていなかった後の三冠馬ナリタブライアン(6着)と初顔合わせ。これが一のブライアン相手の先着である。
その後は萩Sで3着、福島3歳Sで2着とオープン特別では馬券に絡むが、デイリー杯3歳Sブービー負け、朝日杯3歳Sではシャドーロールをつけて覚醒したブライアンの前にブービー惨敗。年明けのシンザン記念ブービー負けと、重賞レベルの勝ち負けには遠い感じであった。

しかし続くきさらぎ賞で、単勝172.0倍というぶっちぎりの最低人気の立場から、逃げようとしないのでハナに立って1000m通過651というスローペース逃げた結果、そのまま後続を振り切って逃げ切り勝ち。栄えあるG3となり、単勝17200円という、1989年エリザベス女王杯サンドピアリスに次ぐ、重賞史上歴代2位(当時)の高配当を叩き出した。

ここからスプリングSブービー負けしつつクラシック三冠に乗りこんだが、皐月賞17着(ブービー日本ダービー18着(最下位)菊花賞15着(最下位)ナリタブライアン圧倒的なパフォーマンス三冠を達成したはるか後ろで、謂わば逆・準三冠を達成してしまう。他には1961年のヨドノハルしかいない記録である。しかも皐月賞最下位のは心房細動を起こしていたので、何事もなく走ったの中では最下位だったというオチもつく。
しかしその一方で、この年のクラシック三冠完走したのはナリタブライアンサムソンビッグのみ同期の中でただ1頭、史上最強クラスパフォーマンスを見せた三冠馬三冠全てで挑み、その三冠を見届けたともなったのだった。

その後は特筆することもなく重賞オープンで惨敗が続き、6歳(現5歳)からは障害競走に転向。障害デビュー戦をレコードタイムで圧勝して注を集めたが、1年の長期休養などもあり、結局障害でも2勝を挙げたに留まり現役引退となった。

引退後は故郷のサムソン牧場で功労として余生を過ごすはずが、故郷がほどなく業してしまったこともあってか、筑波大学術部で術競技となる。2008年に乗クラブへ移籍、2009年まで術競技大会に出ていた記録が確認でき、2011年頃にもクラブで乗をしていたという情報があるが、その後の具体的な消息はよくわかっていない。競走馬の「消息不明」は用処分の婉曲表現と受け取られがちだが、彼の場合は諸々の経緯や立場を考慮すると、単にその後の情報開されなかっただけで、クラブで余生を全うした可性は普通にある。

漫画家のよしだみほはサムソンビッグがたいそうお気に入りで、『馬なり1ハロン劇場』では、前述の三冠完走仲間というところから、友達の少ないナリタブライアン一のというポジションを貰っており、当時のこのをとりまく話題として欠かせない要素となっている。
ちなみに初登場回はnetkeibaのサイト上で無料開されている[1]

詳細は当該記事へ→サムソンビッグ

関連項目

脚注

  1. *第5巻収録 第27R「サムソンビッグ」exit
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/02/21(水) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2024/02/21(水) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP