ワンダーアキュート(ウマ娘)単語

ワンダーアキュート

2.8千文字の記事
掲示板をみる(108)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(8)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

そうじゃねぇ……
いちばん大事なのは『諦めない』ことかねぇ

ワンダーアキュート

ワンダーアキュート(ウマ娘)とは、Cygamesメディアミックスプロジェクトウマ娘 プリティーダービー』の登場キャラクター

実在競走馬ワンダーアキュート」をモチーフとするウマ娘である。CV須藤叶希

概要

誕生日3月14日 身長:159cm 体重:不安定 スリーサイズ:B75・W52・H78

とても穏やかな人柄で面倒見のよいウマ娘
周囲からは「話すとなんだか、おばあちゃん思い出してほっこりする」と評判。
しかしレースが近づくとうって変わってストイックに自分を追い込む、いぶし銀の闘志を秘めている。

プロフィール(ウマ娘ポータルサイト)exitより

2022年7月27日配信の「ぱかライブTV Vol.19」にて、デアリングタクトウマ娘化、および既にウマ娘化が発表されていたコパノリッキーの詳細発表と同時に、ホッコータルマエとともにウマ娘化が発表された。同番組では川崎レース場・レース場・盛レース場の追加も発表されており、ダート路線の大幅強化となった。
その後、8月19日コパノリッキーの育成実装に伴い、ホッコータルマエともども勝負服を引っさげてレースライバルとしてゲームに登場した

単に「~~じゃ」という老人口調の喋り方をするだけでなく、ゲームを「ぴこぴこ」と呼んだり、飴ちゃんをくれたりと、性格も振る舞いも全におばあちゃんウマ娘
灰色がかった色(芦毛に見えるが、モチーフ
鹿毛)のもさもさなロングヘアー麻呂眉タレ目が特徴。モチーフアクアフレッシュ色地にのストライプという特徴的なメンコも右カバーとしてしっかり再現されている。

このおばあちゃんキャラ付けは、モチーフGⅠ勝利の最高齢記録(9歳)が由来であろう。公式紹介ページ開時、サンプルボイスを聴いて、そのガチおばあちゃんボイス衝撃を受けたトレーナーは多数。
また体重が「不安定」と表記されているのは、モチーフ体重が実際に非常に不安定で、前走から10kg以上の増減が実に48戦中20回もあったという事実が元。レース前になるとを飲まなくなり調教師が体重管理に苦労したそうである。

ゲームでの扱い

レースライバルとしての出走時の。基礎レースごとに変化するため省略

バ場適性
ダート
距離適性
距離 マイル 距離 距離
脚質適性
逃げ 先行 差し 追込

上述の通り、コパノリッキーの育成実装に伴いホッコータルマエともどもレースライバルとして登場。リッキーシナリオ内で何度となくレース突することになる。

リッキーシナリオではダート路線の大ベテラン。既に一線を退いているファル子とも対戦したことがあり、ファル子の強さを「赤鬼のように強い」と評している。赤鬼呼ばわりされるウマドルとは……。

リッキータルマエはともに史実でファル子と対戦したことがなく、アキュートはファル子全盛期タルマエ・リッキー時代の両方を知り、両者を繋ぐ存在としてウマ娘化されたことがえる。

所持スキルは最大で「ギアチェンジ」「油断大敵」のレア2つと、「曇りの日○」「スタミナキープ」「明るい兆し」「まっしぐら」。タルマエほどではないがやはり強敵であり、タルマエと一緒に出てくると、大抵は自分の育成リッキーおよびタルマエと3人でウイニングライブ圏内を占めることになる。

史実

2010年代前半のダート戦線で長期にって第一線で走り続け、史上最高齢記録となる9歳でのGⅠ勝利を果たしたダート和田竜二テイエムオペラオー以来のGⅠ勝利プレゼントしたとしても知られる。

2006年生まれ。ブエナビスタトランセンドウマ娘化された競走馬ではナカヤマフェスタトーセンジョーダンと同世代にあたる。*カリズマティックアメリカ二冠で、三冠のかかったベルモントS折、騎手がとっさの機転で折れた脚を支えたことで大事に至らず命を救われたという逸話が有名。しかし種牡馬としてはパッとせず、半重賞5勝のワンダスピードがいたが、血統としてはだいぶ傍流である。

2009年1月デビューダートで2勝を挙げて青葉賞GⅡ)に挑んだが10着に惨敗。芝を走ったのはこれ一度きりで、以降はダートに専念する。
3歳から和田竜二戦となり、シリウスSGⅢ)・武蔵野SGⅢ)を連勝したがその後折で4歳の大半を棒に振る。復帰後、5歳となって重賞で好走し東海SGⅡ)で重賞3勝を挙げ、ジャパンカップダートGⅠ)でトランセンドの2着。そして東京大賞典GⅠ)では当時文字通りの無敵を誇ったスマートファルコンハナ差まで追いつめる2着の走を見せる。勝ったレースよりもこのレースられがち。

6歳はもうひとつ振るわなかったが、休養明けのJBCクラシックJpnⅠ)で5身差の圧勝を見せ、GⅠ級初勝利和田竜二テイエムオペラオー2001年天皇賞(春)以来11年ぶりのGⅠ勝利プレゼントした。以降は2013年東京大賞典まで10戦連続馬券圏内など、ダートGⅠ戦線で安定した戦績を挙げ続けていく。
2013年帝王賞JpnⅠ)からは2014年までは武豊上を務めたが、この2013年帝王賞からホッコータルマエ、次いで2014年フェブラリーSからコパノリッキーというダート界の怪物2頭が出現。この2頭の後を拝するレースが続いたが、2014年帝王賞リッキーを破りGⅠ級2勝
その後、3戦走が続いて上が久々和田に戻った2015年かしわ記念JpnⅠ)で、史上最高齢記録となる9歳でのGⅠ勝利を挙げる。同年の東京大賞典3着をもって長い現役生活を終えた。通算48戦13勝。

かくして現役通算でGⅠ級3勝を挙げたが、彼の戦績を一言でまとめればシルバーブロンズコレクターである。GⅠ級に限定すると通算で27戦走って[3-7-8-9]2011年から2013年にかけてジャパンカップダート3年連続2着という記録マークしている。
スマートファルコンエスポワールシチーの現役晩年からホッコータルマエコパノリッキー時代まで、ダート史に残るかしいレジェンドたちを相手に、マイルから2100mまで馬場コースも問わず、9歳に至るまで果敢に挑み続けた歴戦の古強者。その中で勝ち取ったGⅠ級3勝、最高齢GⅠ勝利という記録は、諦めずに走り続けた彼のかしい勲章である。

引退後は種牡馬入りしているが、種付け数は少なく、立った産駒は今のところいない。

詳細は当該記事へ→ワンダーアキュート

関連動画

関連静画

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/09/30(金) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2022/09/30(金) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP