ネオユニヴァース(ウマ娘) 単語

128件

ネオユニヴァース

9.5千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

レースは〝CETI〟、20億光年の〝断絶〟を
コネクト〟してくれる――


ネオユニヴァース(ウマ娘)とは、Cygamesメディアミックスプロジェクトウマ娘 プリティーダービー』の登場キャラクター

実在競走馬ネオユニヴァース」をモチーフとするウマ娘である。CV白石晴香

概要

誕生日5月21日 身長160cm 体重:宇宙秘 スリーサイズ:B79・W52・H77

非常に頭明晰で成績優秀なウマ娘
一の欠点は『普通の会話ができないこと』。
あまりに頭がよすぎるためか、難解で独特な発言や行動立つ。
そのため周囲から『まるで宇宙人』と評されることもあるが……?

プロフィール(ウマ娘ポータルサイト)exitより

2023年2月22日配信の「ぱかライブTV Vol.26」にて発表されたウマ娘日本有数の一口馬主クラブ社台レースホースの所有馬としては初のウマ娘化となる。
なおこの時、新規キービジュアルが直前にTV番組の次回予告で流出してしまって発表ウマ娘がバレ気味だったのだが、彼女はかなり後ろの方に居たおかげで特定できるほど細部が見えず、うまいこサプライズ性が保たれていた。まあ仮に細部まで見えていても、金髪栗毛というデザインの原則から外れる鹿毛かつ、それまで実装実績のない社台RHネオユニと判断するのは難しかったかもしれないが。

金髪水色インナーカラーのふわふわのロングヘアーをした、どこか不思議な印ウマ娘モチーフ鹿毛であり、青髪ツインターボケイエスミラクルと同様、金髪モチーフのつけていた黄色メンコや、社台レースホース黄色縦縞勝負服からであろう。

一人称は「ネオユニヴァース」。一部の状況では『わたし』(二重鉤括弧つき)と表現する場合もある。
宇宙に関する用を始めとして特殊な彙で物事を形容するうえに、STDA” “REEN”など、意味のある言葉をしばしばアルファベット4文字圧縮して言う文字数はたまに異なる場合もある)。前述の“STDA”は「ストゥーダ」と読むなど発時は概ねひとつながりの言葉として読む形だが、稀に1文字ずつ分けた読み方のこともある。
時たま「『(動詞)』を(動詞)」といったカタコトのような表現をし、肯定・否定の意を示す時は英語で「アファーマティブ」「ネガティブ」と言い、感嘆する物事に対して「スフィーラ」というの言葉を用いる。おまけに、発言のみならず、しばしば超常現象としか思えない出来事も引き起こされる。
そんなコミュニケーションの難儀さとは裏に、本人としては他者と関わり繋がる――“コネクト”することを好む。
回想によると幼い頃からこんな感じのようで(ただし一人称は「ユニ」)、何らかの研究者であるらしい父親パパ)も対話に苦労していた様子。

作中で略して呼ばれる時は基本的に「ユニヴァース」だが、自分で「ネオユニ」と略した場面もある他、育成シナリオ内では普段「ユニヴァース」と呼ぶトレーナーが、重要な場面では「ネオ」と呼ぶことがある。

勝負服宇宙を模したデザイン萌え袖ダボダボパーカーアグネスタキオンサトノダイヤモンドキョンシーデジたんなどの他の萌え袖勢はライブでも手が全く見えないが、ネオユニは度によっては手が見える。なお、3Dモデルを見る限りパーカーの下は前開きレオタードチュートップという装いの模様。ふーん叡智じゃん
「(制服の)長い靴下は帰ってすぐ離脱する(=脱ぐ)」という発言もあるので、密着する面積が多いことが嫌だったりするのかもしれない。

ネオユニ勝負服

一の欠点は『普通の会話ができないこと』」というのは、モチーフ騎手だったミルコ・デムーロネオユニヴァースの欠点を聞かれて人間の言葉を喋れないことぐらいだ」と答えたエピソードが由来だろう。

ちなみにウマ娘化の発表前、2022年6月実装されたスイープトウショウの育成シナリオにおいてゼンノロブロイ同期ダービーウマ娘が登場するが、「ああっ、応援ありがとう!君たちに勇気を与えられたなら何よりだよ!」という、ウマ娘ネオユニなら絶対に言わないであろう台詞がある。スイープの育成シナリオ制作された時点では、まだキャラが決まっていなかったらしい。
一方、2022年12月実装ゼンノロブロイウマ娘ストーリーにおいては、ロブロイ宇宙背景「やる事が全部『すこし不思議』なのに実はものすご~く頭のいいウマ娘について言及する場面があり、この時点ではさすがにある程度以上キャラの方向性が決まっていたようだ。

社台グループのモチーフ馬について

2016年ウマ娘プロジェクト初期発表時には、名前せて18人のウマ娘達が開された。その中には社台系列の一口馬主クラブサンデーレーシング所有のオルフェーヴルおよびブエナビスタモチーフと思われるウマ娘がいたが、その後名前が明かされるどころか存在に触れられることすらなくフェードアウトしている。
社台RH所有の競走馬もこれまで正式なウマ娘としては1頭もウマ娘化されておらず、『ウマ娘 シンデレラグレイ』では、サッカーボーイディクタストライカダイナアクトレスダイナムヒロインという変名ウマ娘に変更されて登場していた[1]
サンデーレーシング社台RHのみならず、社台グループ吉田所有のや、同じ社台系クラブキャロットファームシルクレーシングの所有馬2022年まで一切ウマ娘化されていなかった。

そのためウマ娘ファンの間では「社台グループから出演NGが出ている」「一口馬主クラブは権利が複雑で交渉困難なのではないか」という憶測や噂が立っていた[2]が、キャリアの最晩年に社台グループ関係者がオーナーに交代したジャングルポケットと共に本ウマ娘化が発表され、社台系列の所有馬からはジャンポケとともに初のウマ娘化となった。そのため発表時、Twitterでは「社台解禁」や「社台OK」がトレンド入りすることになった。

ゲームでの扱い

育成ウマ娘[Universe-Naut]

ステータス(3)
スピード スタミナ パワー 根性 賢さ
92 83 92 79 104
バ場適性
ダート
A G
距離適性
距離 マイル 距離 距離
G B A B
脚質適性
逃げ 先行 差し 追込
G A A C
成長率
  • 賢さ+30%
固有スキル『アド・アストラ
レース中間付近で中団にいると速度が上がる、中距離レースで7回以上スキルを使っているとすごく上がる
ウマ娘テンプレートボックス

育成目標

  1. ジュニア6月メイクデビュー京都・芝1600m)に出走
  2. ジュニア12月後半:ファン3000集める
  3. クラシック4月前半:皐月賞GI)で5着以内
  4. クラシック5月後半:日本ダービーGI)で5着以内
  5. クラシック6月後半:宝塚記念GI)で5着以内
  6. クラシック10月後半:菊花賞GI)に出走
  7. クラシック11月後半:ジャパンカップGI)で3着以内
  8. ニア3月後半:大阪杯GI)で3着以内
  9. ニア4月後半:天皇賞(春)GI)に出走
  10. ニア10月後半:天皇賞(秋)GI)で3着以内
  11. ニア11月後半:ジャパンカップGI)で1着

概要

2023年4月19日に育成ウマ娘実装
初顔見せはこの1ヶ前、発表からは1ヶ後のシンボリクリスエスの育成シナリオにてレースライバルとして登場する形だったが、その一見での理解しにくさもあって特別に立ってはおらず、またこのタイミングでは他に実装されそうな補も多かったことから、驚きをもって迎えられた。

距離適性はB以上3つと万だが、スキル全に中距離特化。
スキルを大量に発動する必要があるユニークな新スキルルミネセンスイグニッション)」に加え、固有スキルまで発動回数を参照する。育成途中にポテンシャルを発揮するのは難しいと言えるが、並の固有相当としては常に発動できるため、コース条件が厳しい固有よりはマシではある。
適性Aの先行・差しはどちらかを参照するスキルがなく、固有スキルの条件はどちらでも位置が合わないリスクはあるため一長一短だが、育成イベント内では差し用のスキルのみ渡されるため、想定としては差しのようだ。
人間の言葉を喋れないだけで非常に頭の良いだと言われていただけあり、エアシャカール以来の賢さ+30%持ちとなっている。あっちは元を辿ると頭の良さとは全然違う由来だが……

このスキル発動数を参照する固有スキルと「ルミネセンス」、条件が厳しい分効果はかなり優秀で、うまく発動するとグイグイ前に出て行ってくれる。そこから適切な加速スキルと接続できたときはとても強皐月賞で「垂れウマ回避」が貰えるのもありがたく、中距離チャンミやLoHではバリバリエースが務まる性である。
ただしその発動条件ゆえに、条件に合わせたスキルや序盤・中盤スキルをたくさん取っていくことが必要となり、仕上がったネオユニを育てる難易度は高い。

ちなみに、ネオユニヴァースの史実での戦績は「13戦7勝」で、スキル発動回数のそれぞれの定はそれに掛かっているのではとも。

レース全に王道路線。史実での3歳時の挑戦を踏まえ、初めて「クラシック宝塚記念」が育成標に入ることとなった(過去の育成実装ウマ娘ではウオッカも挑戦しているが、あちらは標に採用されなかった)。なお長距離の2戦は、適性Bで飛び抜けたライバルはいないという大して難しくない条件ながらどちらも「出走」になっている。マイルメイクデビューだけなので全に中距離に的を絞ってもよく、難度は低めと言える。ラマスシナリオでは中距離を余分に積み増さない限りGURマイル必至なのでそこはちょっと注意。

しかし、何より話題を呼んだのはその育成シナリオ。まるで未来を知っているかのように周囲のレース結果を予知できるユニヴァースが「2年後の天皇賞(春)の時に訪れる」と言う、大きな困難GATE”を念頭に物語が展開していくのだが、クラシック級のジャパンカップ後、ネオユニヴァースは一つの秘密を明かし、そこで物語は大きな転換点を迎える。

◆以下、育成シナリオネタバレが含まれます。◆
 ◆ここ◆を押すと表示できます

その秘密とは、自分は異なる「ネオユニヴァース」が居る「別宇宙(アナザーバース)」で起きた出来事を“観測”しているのだということ、そして“GATE”はそのネオユニヴァースの“観測”が途切れる原因となる出来事であるということ。プレイヤーからすればそれは明らかに「史実の競走馬ネオユニヴァースと、彼が生きた『この世界」のことだが、もちろんゲーム内のトレーナーネオユニヴァースにとってはそんなことはわからない。

ともあれそこからはプレイヤーの知る「史実」とウマ娘世界との関係、ゼンノロブロイの育成シナリオでも触れられていた"大王"と"特異点"の存在、そして競走馬ネオユニヴァースと、彼に人生を変えられ、そして彼を愛しひとり騎手物語を軸に、非常に濃厚、そしてウマ娘世界観の深い部分にもこれ以上ないほど踏み込んだシナリオが展開されていく。これからプレイする人は、ぜひ副読本としてミルコ・デムーロ騎手ネオユニヴァースに対する思い入れをったインタビュー記事(ネット上で読めるものでOK)などを用意して読んでもらいたい。

グッドエンディング衝撃的な内容となっている一方で、ノーマルエンドデムーロネオユニの仔の向こうで為し遂げた偉業などまた別の史実要素を盛り込んでおりこちらも必見。ギャラリーキーの使いどころ。

なお、シニア級では大阪杯天皇賞(春)宝塚記念ニア三冠達成、また天皇賞(秋)ジャパンカップ有馬記念ニア三冠達成(いずれも最後の一冠のみ標外)でそれぞれ隠しイベントがあり、前者はステアップ+「差し切り体勢」「キレる脚」のヒントが貰える強イベント後者は特にボーナスはないが、エピソードとしては是非両方ともチェックしてもらいたい。

関連ウマ娘(人物)

ゼンノロブロイ個別記事
史実での同期図書室に入り浸っていることから知り合ったらしく、ロブロイは「ユニさん」と呼び、なかなかしくしている。
ロブロイの育成シナリオネオユニの発表より少し前のことだったので登場しないが、ユニヴァースの育成シナリオでは同期ライバルとして、そして、ユニヴァースライバルを欠いたまま走り続けるが下の世代に飲み込まれてしまった経緯の存在を踏まえ、自分がライバルであり続けることで救いたい相手として位置付けられる。
エイシンフラッシュ個別記事
切にされて恩義を感じたり、同じタイミングでお納豆定食を食べたりしている。
モチーフミルコ・デムーロ戦……ではないが大きな勝利を勝ち取ったで、ウマ娘ではその流れから戦と勘違いしそうになるほどミルコネタが多いため、その繋がりだろう。納豆食ってるところも含めて。
オグリキャップ個別記事
シンシーを感じるようで、絡む育成イベントがある。
育成シナリオでは、クラシック級年始に受信した言葉“SETO(シィートゥ)”のと共に“GATE”に備えて今後の路線を検討する最中、裏街道からのし上がった筆頭格たるオグリに話を聞くこととなるが、オグリは「もしクラシック三冠ライバルと競えたなら、その方がもっと良かっただろう」と答え、三冠路線へ向かう決断を後押しする。そして、ユニヴァースオグリが“SETO”であると感じた。そしてオグリは「シィートゥ」を「スイトン」と勘違いした。
モチーフユニヴァースと同じ、瀬戸口勉厩舎の
アグネスタキオン個別記事エアシャカール個別記事マンハッタンカフェ個別記事ジャングルポケット個別記事
育成イベントにて登場する、クラスメイトの面々。
ロブロイは「ユニさんはクラスでは一人で居ることが多い」という旨の発言をしているのだが、その異常性からタキオンには実験台にされ、シャカールにもデータを取られ、ポッケ茶々を入れ、カフェがツッコみ……と構われまくっている様子が見られており、事実情報が即していない。
史実では2~3歳上と対戦の可性がある世代のクラシックホースたちだが、タキオン以外もって2002年引退したので対戦機会はなかった。ジャングルポケット以外はサンデーサイレンス産駒
サトノクラウン個別記事
育成中の「名導」イベントで登場。トレ中のユニヴァースに話しかけてきて、ユニヴァースの難解な言葉を普通に理解する。モチーフエイシンフラッシュと同様、ミルコ・デムーロの騎乗でGIを勝った(こちらはデムーロが正式にJRA騎手となってからのこと)。
あるトレーナー
ウマ娘ストーリーから育成シナリオ序盤に登場する女性トレーナーユニヴァース契約するつもりだったが意思の疎通に不安を感じ、また別のウマ娘にも契約を申し出られていたことから、そちらのウマ娘を選んでユニヴァースとは別れた。皐月賞にそのウマ娘が出走して再びが交わることになり、ユニヴァース彼女も“SETO”だったと感じた。その後、合宿後には“SETO”仲間オグリを交えて4人で菊花賞に向けての壮行会が開かれた。
史実では後述のように、戦だった福永祐一皐月賞に際してネオユニヴァースエイシンチャンプ2択後者を優先したのだが、エイシンチャンプ瀬戸口厩舎のだった、という部分が反映された人物だと思われる。つまりユーイチ女体化
ルームメイト
育成シナリオ3年初詣イベントで存在が示唆されているウマ娘。ギトギトのな「ラブラブ甘酒」を作れる。「ラブラブ」というワードから同期三冠スティルインラブか、「」で「」に「ラブ」というところから、ウオッカ大好きで知られる2009年秋華賞レッドディザイアという2種類の説がある。同期スティルインラブはともかく、レッドディザイアユニヴァースとは特に立った接点がないが、強いていえば「三冠を逃した」と「(ブエナビスタ三冠を阻んだ」ということか。
前者については3rdアニバーサリー時にウマ娘として登場し、同室説が濃厚になった。

史実

21世紀になって初めて三冠称号に挑んだ、2003年クラシック二冠馬。そして「一人のイタリア人」の人生を変える流になった名である。

2000年5月21日生まれ。*サンデーサイレンス*ポイテッドパス。社台ファームで生まれ、そのまま一口馬主クラブ社台レースホースの所有となった、ゴリゴリの社台である。クラブ募集価格は7000万円と当時のSS産駒としてはそれほど高いわけではなく、当初はそこまで大きく期待されていたというほどでもない、そこそこの期待ぐらいのポジションであった。

2歳11月新馬戦デビュー勝ちし、中京2歳Sを3着。3歳初戦の賞(500万下)で後のNHKマイルカップウインクリューガーなどを破って2勝を挙げると、きさらぎ賞GⅢ)とスプリングステークスGⅡ)を連勝して一気にクラシックの最有補に躍り出る。
スプリングSからはそれまで戦だった福永祐一が同路線のエイシンチャンプを優先したため、新たに上を迎え入れていた。そこで白羽の矢が立ったのが、イタリアから短期騎手免許制度で参戦したミルコ・デムーロだった。

1番人気に支持された皐月賞では4コーナーで不利を受けながら群を割って抜け出し、サクラプレジデントとの熾な追いべを制して勝利デムーロレース直後、奮のあまりに隣のサクラプレジデント上田中勝の頭をしばいたシーンが有名。ウマ娘ではしばかれるのはトレーナーになった。
馬場となった日本ダービーではデムーロの好騎乗に導かれ、ゼンノロブロイらを退けて二冠達成。デムーロ外国人初の東京優駿勝利騎手となった。その勢いに乗って3歳ながら果敢に宝塚記念に挑んだが、古の壁は高く4着に終わった。

初戦は神戸新聞杯デムーロの短期免許失効に伴い福永祐一を背に挑むがゼンノロブロイ敗の3着。三冠へやや暗が漂う流れとなったが、ナリタブライアン以来、21世紀最初の三冠馬の誕生に期待が高まり、JRAデムーロの騎乗を可とするべく短期免許規定定を行い[3]菊花賞は再びデムーロ上に戻る。しかしザッツザプレンティ安藤勝己が仕掛けたロングスパートを捕らえられず3着に敗れ、三冠く散った。ジャパンカップでもタップダンスシチーの9身差逃げ切りの後ろで4着。

明けて4歳は産経大阪杯(当時GⅡ)を勝ったものの、ゼンノロブロイリンカーンザッツザプレンティと「4歳4強」を形成した天皇賞(春)イングランディーレ大逃げ圧勝を許し10着に惨敗。
その後、宝塚記念へ向けた調整中に浅屈腱炎と球節骨折を発症、現役を引退した。骨折はおそらく天皇賞(春)レース中に発症していたと見られ、担当厩務員は「痛めていることにく気付いていれば……」と悔いたという。

引退後は種牡馬となり、日本として初めてドバイワールドカップを勝ったヴィクトワールピサを筆頭に、2009年皐月賞ダービーアンライバルドロジユニヴァース2017年QE2世Cを勝ったネオリアリズム、「はなみずき賞さん」ことサウンズオブアースなどを送り出して一定の存在感を示した。2021年3月8日、種付け中の事故により死亡。21歳であった。

現在JRA所属として活躍する日本イタリア人、ミルコ・デムーロは「絶対に忘れられない」「が一番愛していた」と同回想する。外国人騎手初のダービージョッキーという称号を獲得した際、「外国人の自分がダービーを勝ってしまってブーイングされるのでは」と思っていたところに、数万人の「ミルココールを浴びたことが後にJRA所属をすきっかけとなり、ヴィクトワールピサ(とそのジュエラー)でもGⅠ制覇を達成するなど、デムーロ騎手人生を大きく変えたがこのネオユニヴァースだったのである。おかげでウマ娘ネオユニちゃんが詳細不明なうちから豆腐納豆を食ったりデムーロジャンプキメるイラストがあちこちで描かれることとなった……が、いざ本格実装されるとその予想とは異なる形で濃厚なデムーロ要素が盛り込まれていたのであった。

ちなみに名の由来はL'Arc~en~Cielの楽曲「NEO UNIVERSE」。育成シナリオ内でもハッキリとは表現されないが、ネオユニがあるバンドプログレッシヴロック思い出の曲としていたり、「ネオユニヴァースそのもの」だという曲をカラオケで歌ったりする。
なお2003年宝塚記念の際、hydeネオユニヴァース馬券を1万円買ったが4着に敗れため、同日のライブMC「今後ネオユニヴァースが勝つまで『NEO UNIVERSE』はやりません」と発言、翌年の大阪杯ネオユニヴァースが勝つまで本当にライブで封印されてしまったという逸話があったりする。

詳細は当該記事へ→ネオユニヴァース

関連動画

関連静画

関連項目

脚注

  1. *シングレでは他にも多数の変名ウマ娘が登場するが、サクラチヨノオーメジロアルダンヤエノムテキシリウスシンボリらが連載に合わせて新規にウマ娘される中で、知名度・実績的にもオグリと対戦経験ありという意味でも彼らと並んでウマ娘化されておかしくないサッカーボーイが変名に留まったことは、いわゆる「社台NG」説の有な状況拠のひとつであった。
  2. *そもそも「あの権利者は出演許可を出してるor出してない」という話自体が状況拠に基づいたファン間の憶測・推定に過ぎない。一口馬主系に関してもタイキシャトルゴールドシチーが初期から登場しているし、(生産牧場自体は権利者ではないのでこれも当然なのだが)社台系列牧場の生産エアグルーヴダイワスカーレットなどが登場している。
  3. *「同一で1年間にGI競走(JRA馬券を発売する海外GI競走を含む)を2勝以上した短期免許騎手は、同じが同年のGIに出走する際に限り騎乗可とする」というもの。この特例を利用した例として、2019年有馬記念リスグラシューに騎乗したダミアン・レーンがいる。
この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/25(木) 13:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/25(木) 13:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP