オルフェーヴル(ウマ娘) 単語

47件

オルフェーヴル

4.3千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

よい。
が覇――して拝せよ

オルフェーヴル

オルフェーヴル(ウマ娘)とは、Cygamesメディアミックスプロジェクトウマ娘 プリティーダービー』の登場キャラクター

実在競走馬オルフェーヴル」をモチーフとするウマ娘である。CV日笠陽子

概要

誕生日5月14日 身長165cm 体重:黄金き スリーサイズ:B82・W55・H80

天上天下独尊、レース界の王を名乗ってはばからない、暴君ウマ娘
ターフはが領土、三冠は元よりがもの――故に、その手に取り戻しに行くのである。
学園では、圧倒的な実カリスマ性に魅了された生徒たちが臣下として常にはべっているとか……。

プロフィール(ウマ娘ポータルサイト)exitより

2024年2月22日放送の「ぱかライブTV Vol.38」にて発表されたウマ娘。同時に発表された3周年キービジュアルでもセンターを担う。それ以前に2023年放送のアニメSeason3第3話にて、ジェンティルドンナともども名前のみ言及されており、4ヶ越しの正式発表となった。アプリには2日後の24日、3周年の新OPイベントストーリーにて初登場し、SSRサポートカード実装された。

不遜な「王」そのものの振る舞いをするウマ娘一人称は「」。が言ったか「AUO」「グレート-O-カーン擬人化」。史実で因縁のあるジェンティルドンナとはバチバチライバルである。

なお、2016年企画発表時に名前せて開された18人のウマ娘の中にオルフェーヴルと予想されたウマ娘がいたが、その後存在自体がフェードアウトしていたため、正式ウマ娘化の際にそちらのデザインが踏襲されるか否かが注されていたが、全く異なるキャラクターデザインでのウマ娘化となった。
デザインが(公式オルフェと明言されたわけではないが)厩舎ではおとなしく、レース変する二面性を重視したデザインなのに対し、こちらはより「金色の暴君」の異名と現役時代のカリスマ人気に寄せたキャラクターデザインになっている。
おそらく今後ウマ娘化されるだろうチビな兄がどんなキャラになるかも気になるところである。

ゲームでの扱い

アオハル杯シナリオ実装時の。基礎は成長するので省略

ステータス
スピード スタミナ パワー 根性 賢さ
バ場適性
ダート
D
距離適性
距離 マイル 距離 距離
脚質適性
逃げ 先行 差し 追込
F

サポートカード

SSR[只、君臨す。]

2024年2月24日アプリウマ娘3周年アニバーサリー記念のピックアップガチャとして実装
トップクラス練習を持ち、汎用性の高いスキルを有する根性としてかなり優秀。
同時期に新育成シナリオ実装した為リンクするかと思いきやそんなことはく前シナリオ(「プロジェクトL'Arc」)対応である。

史実

圧倒的な強さと色に栗毛、そして荒々しすぎる気性で「金色の暴君」と称され、日本競馬凱旋門賞にもあと一歩まで迫った、2011年クラシック三冠

2008年5月14日、社台系の老ファームで誕生。は「黄金旅程ステイゴールドオリエンタルアートメジロマックイーン。4歳上の全に2歳時に朝日杯FS5歳宝塚記念有馬記念を勝ったドリームジャーニーがおり、の活躍を受けて再び同配合が試された……のではなく、ディープインパクトを3度配合して不受胎に終わり、駆けこみ的にステゴを配合されて生まれたのがオルフェである(誕生が遅めなのはそのため)。おなじみサンデーレーシングにて、の活躍もあり1口150万円×40口となかなかのお値段で募集された。名の意味は「細工師」(フランス語)。
生まれの遅さに加えて開手術(人間でいう帝王切開)で生まれたため幼駒時代はチビで、牧場ではいじめられっ子だったという。現役時代もチビほどではないが、較的小柄な部類であった。

と同じ東の池江泰寿厩舎に入厩。気性難だったため厩舎スタッフは戦々恐々だったが、オルフェは厩舎ではおとなしかったという。ところがレースに向かうと突如と同じく池添謙一戦に迎えてデビューしたが、新馬戦では勝つには勝ったが所で暴れる・直線で大斜行・ゴール後に池添を振り落として放という大暴れ。マイスター池添騎手をしてもなかなか制御できず、京王杯2歳Sで10着惨敗など2歳から3歳の始めまでは勝ちきれないレースが続いた。

それでもスプリングSを勝って優先出走権を獲ると、東日本大震災東京開催になった皐月賞では4番人気に留まったが、後方から1番人気サダムパテックを3ブチ抜いて圧勝。
東京優駿では不良馬場の中、距離とか馬場とか不安視されつつも、3着を7ぶっちぎった青葉賞ウインバリアシオンを全く寄せ付けず勝。
そして神戸新聞杯を勝って乗りこんだ菊花賞も4先頭でウインバリアシオンに2身半差をつける、の差を見せつけるような勝利三冠達成。ディープインパクト以来となる7代三冠馬いた。その一方、ゴール後に池添を振り落とし、「こんな三冠馬は初めてです!」(by岡安譲アナ)と言われた場面も有名である。
有馬記念でも並み居る古を蹴散らし、シンボリルドルフナリタブライアンに続く3歳四冠を達成。JRA賞年度代表馬を受賞する。

しかし明けて4歳初戦の阪神大賞典では、掛かりっぱなしで向こう正面で先頭に立った挙げ句、3コーナーを曲がりきれず逸走、慌てて池添が手綱を引いたため急減速し後退。故障発生、競走中止かとレースを見ていたもが愕然としたが、オルフェそこから再び加速して巻き返して2着というメチャクチャレースを見せ、調教再審を食らい、この第60回阪神大賞典は「阪神大笑点」として伝説となった。
続く天皇賞(春)では全く走る気を見せず、ビートブラック大逃げ大波乱の後ろで11着撃沈。
この連敗で宝塚記念は1番人気もかなり不安視されたが、三冠馬復活する!三冠馬復活する!やった11番オルフェーヴル復活~!!!」(by石巻ゆうすけアナ)の名実況とともに復活GⅠ5勝を挙げる。

そして日本競馬凱旋門賞して渡。ただ、上は池添ではなくクリストフ・スミヨンに任されることとなった。
戦のフォワ賞を快勝して臨んだ本番の凱旋門賞では、最後の直線で後方から大外一気で、残り300mで先頭へ。「外から栗毛体が来たぞ~!日本オルフェーヴルだ!!」(by岡安譲アナ)の実況とともに、固んで見守っていた日本競馬ファンの、おそらく99%勝利を確信した。
……だが、先頭に抜け出したところでオルフェは内にヨレて減速してしまい、12番人気兵・ソレミアに差し切られて念の2着。「このときスミヨンではなく池添が乗っていたら勝てていたか」というのは、今後もおそらく永遠に競馬ファンの間で議論され続けるだろう話題のひとつである。

後はジャパンカップで、この年の三冠ジェンティルドンナと初対決。史上初の三冠馬vs三冠対決となった。オルフェは直線で外から抜け出したが、またも内にヨレる悪が出てしまい、内から抜け出したジェンティルを内ラチ沿いに閉じこめるような格好になる。――ところが、ジェンティルは逆にタックルオルフェを弾き飛ばして進路を確保。そのままジェンティルとの叩き合いとなったが競り負けて2着。名勝負扱いされることもある一方、長い審議になったこともあり、競馬ファンの間でも評価の分かれるレースである。そしてジェンティルのゴリラ扱いの由来ともなった。

5歳シーズン凱旋門賞リベンジに照準を合わせ、産経大阪杯(当時GⅡ)を勝利天皇賞(春)を回避して宝塚記念に向かったが、出血で回避となってしまう。幸い軽度のものだったので、フランス遠征には予定通り遠征することになった。しかし池添はこのために事前フランス長期遠征まで敢行したのに向こうで騎乗機会に恵まれず、結局またフランスではスミヨンが騎乗することになった。
フォワ賞を連覇して臨んだ本番は、フランストレヴに5ぶっちぎられて敗の2着。2年連続2着の時点で偉業であるが、つくづく去年勝っていれば……。いや勝ってたら4歳で引退して種牡馬入りしてただろうけど。

後、有馬記念ラストランとして引退を表明。ラストランへ調整を進める中、営に「難病の5歳男の子オルフェの大ファンで、オルフェ池添騎手に会いたがっている」という話が届く。自身も幼い子供である池添この子のために機会を整え、少年と「池添騎手の騎乗するオルフェーヴル」との対面を実現させた。噛みのあるオルフェが、この子には黙ってずっと撫でさせてあげていたという。
この子ラストラン勝利を見せるべく意気込む池添だったが、有馬記念の2週間前、少年が亡くなったという連絡を受ける。現実は残酷であった。
小さなファンへの弔いのレースとなったラストラン有馬記念オルフェーヴルは生涯最高のパフォーマンスを見せて8身差の圧勝。「これだ!これだ!に焼き付けよ!これが、オルフェーヴルだぁぁあああ!!」(by青嶋達也アナ)の実況とともに、稀代の暴れん坊は々しくターフを去った。

引退後は種牡馬入り。産駒は「当たればデカいが勝ち上がり率が低い」という、いわゆる「三振ホームラン種牡馬で、種付け料は三冠馬としては格安な額に留まっているが、初年度からGⅠ4勝のラッキーライラック皐月賞エポカドーロを輩出。さらに産駒ダートでも覚ましい活躍を見せ、マルシュロレーヌBCディスタフを、ウシュバテソーロ2023年ドバイWCを制するなど、とにかく当たったときは凄いの一言である。
オルフェ自身が阪神大賞典調教再審を受けたときにダートで凄いタイムを出しており、オルフェは実はダートだったのでは」という説が近年まことしやかに囁かれている(前述のバ場適正には、そのエピソードが反映されている)。また種牡馬展示会で現役時代以上のバキバキに仕上がった体を見せて「引退後の6歳で体が完成した」とすら言われたり、なんというか本当に色々な意味で規格外のであった。

詳細は当該記事へ→オルフェーヴル

関連静画

正式な実装前から、最初期のPVの姿(没ウマ娘)のファンアートが多数投稿されていた。

それ(実装)が転じて、整合性をめるトレーナー

関連項目

この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
初音ミク[単語]

提供: (´・ω・`)

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/20(土) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/20(土) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP