スティルインラブ(ウマ娘) 単語

2件

スティルインラブ

3.3千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ふふ……ずっとおりましたよ?
トレーナーさんのすぐ傍に……

スティルインラブ

スティルインラブ(ウマ娘)とは、Cygamesメディアミックスプロジェクトウマ娘 プリティーダービー』の登場キャラクター

実在競走馬スティルインラブ」をモチーフとするウマ娘である。CV宮下早紀

概要

誕生日5月2日 身長153cm 体重:魅惑的 スリーサイズ:B72・W50・H76

一見、おしとやかで良識的、特徴といえばお菓子好きなところくらいの、影が薄いウマ娘
だが、ひとたびレースとなると強者と競い合い、喰らうことに愉悦を感じる獰猛な顔を見せる。
普段は、そんな本理性で抑え込んでいるが、衝動に耐える姿は悩ましげで、の色気がある。

プロフィール(ウマ娘ポータルサイト)exitより

2024年2月22日放送の「ぱかライブTV Vol.38」にて発表されたウマ娘。また、Nintendo Switch等で発売予定の『ウマ娘 プリティーダービー 熱血ハチャメチャ大感謝祭!』のロゴシルエット彼女であることも明かされた。
三冠馬コントレイルなど数々の名を生産・所有するオーナーブリーダー、ノースヒルズ(およびその代表である前田)の所有馬からは、同時に発表されたノーリーズントランセンドとともに初のウマ娘化となる。

名や後述する騎手幸英明とのエピソード三冠ながらやや幸薄い生などから、「ウマ娘化されたら愛が重い子になりそう」と言われていたが、いざ登場すると……ハイライトが細く一見してハイライトがないようにも見える瞳、勝負服での左手だけのマニキュアなど、キャラクターデザインの時点で大方の予想通りの雰囲気をまとった造形。
プロフィールお菓子好きというのは騎手幸英明から。その他の要素もほぼみゆぴーでは?と言われている。

ネオユニヴァースシナリオにて登場したギトギトのな「ラブラブ甘酒を作れるというネオユニと同室のウマ娘彼女のことなのではないか?といわれている。

史実

隣の彼女人気は奪われても、の君への想いは変わらない。
スティルインラブ幸英明

――フジテレビ塩原恒夫アナ 2003年オークス・本馬場入場時の紹介

2003年牝馬三冠を全て2番人気勝利した、メジロラモーヌ以来となる2代目牝馬三冠にして、鉄人幸英明を作った最

2000年5月2日生まれ。ノースヒルズの所有馬だが、生産は下河辺牧場である。*サンデーサイレンス*プラダマンテ。トウカイテイオーフラワーパークを管理した東の松元省一厩舎に所属した。

騎手幸英明。当時はデビュー9年重賞それなりに勝っていたがまだGⅠは勝てておらず、松元厩舎は幸騎手をかけていたが、本来は有馬主SS産駒上が回ってくるような立場ではなかった。しかし厩舎の調教助手の勧めもあって調教につきっきりで乗っていると、そのことが前田オーナーに伝わり、新馬戦から上を任されることになった。

後に天皇賞(秋)を勝つヘヴンリーロマンスもいた新馬戦を断然人気に応えて圧勝すると、2戦紅梅Sも快勝しクラシックの有補に躍り出、幸騎手も初めてのGⅠを意識するようになる。

だが、トライアルチューリップ賞安藤勝己の騎乗するオースミハルカ完璧に進路をブロックされてしまいクビ差の2着。実績の少ない若手騎手が、大一番を前に有を騎乗ミスで負けさせてしまったら、本番では実績あるベテランに乗り替わりというのは競馬界の常である。
桜花賞では、もうは乗っていない…」絶望した幸騎手「嫌だ、戻りたくない。この背中の上にずっといたい。このまま、この子と、遠くへ逃げたい」と、検量室に戻ってきたのは出走の中で一番最後だった。しかし松元師と前田オーナーはあくまで幸騎手に任せる方針であり、幸騎手事にスティルインラブとともに桜花賞を迎えることになった。

迎えた桜花賞役とみられていたのは3連勝で乗りこんできた、武豊が騎乗するSS×エアグルーヴ良血アドマイヤグルーヴスティルインラブは3.5倍の同オッズながら2番人気である。
しかしアドマイヤグルーヴが出遅れた一方、前インレースを進めたスティルと幸英明は、前走ブロックされた安藤勝己の騎乗するヤマカリリーを弾くように進路を確保するとスムーズに抜け出し、内のシーイズトウショウ、最後方から猛然と追い込んできたアドマイヤグルーヴを寄せ付けず快勝。幸騎手は10年で悲願のGⅠ勝利を飾り、2着シーイズトウショウの池添謙一上でタッチを交わして喜んだ。

続くオークスでは前走の末脚が評価されてアドマイヤグルーヴが1.7倍の断然人気。スティルは距離延長も不安視されて5.6倍の2番人気桜花賞なのに評価を下げていた。しかし中団待機から上がり最速335の末脚を繰り出して勝(アドマイヤグルーヴは後ろ過ぎて7着)。幸騎手も「スティルに勝たせてもらったレースばかりですが、あえて人で勝てたと言えるのはオークスかな」と完璧レース事に二冠を達成する。

ローズSから始動、アドマイヤグルーヴ三度対決となったが、ここではまさかの5着。アドマイヤグルーヴがここで勝ったことで、本番の秋華賞ではまたしても1番人気アドマイヤグルーヴ。スティルは二冠牝馬にもかかわらず3.2倍の2番人気であった。
レースは中団でアドマイヤグルーヴが前のスティルをがっちりマークする展開。外を回った2頭はそのまま直線へ向き、大外で前を捉えにかかる。アドマイヤグルーヴがぴったり後ろから追いかけてきたが、最後までスティルは前を譲らず、追撃を振り切ってメジロラモーヌ以来17年ぶり、秋華賞ができてからは初となる牝馬三冠を為し遂げた。

だが、スティルはローズSの頃から調教を嫌がるようになり、折り合い不安が露呈し始めていた。アドマイヤグルーヴと5度対決となったエリザベス女王杯ではついに1番人気に支持されたが、直線で体を併せて必死の追いべにハナ差競り負けて2着に敗れ、牝馬三冠リベンジを果たされてしまった。

になってからは気持ちが切れてしまったのか惨敗が続き、牝馬三冠以降は勝利を挙げることなく2005年府中牝馬S最下位を最後に引退。通算16戦5勝。

引退後は繁殖入りしたが、初出産したあと、その年のに腸捻転から腸重積を併発し、僅か7歳で急死。一の産駒種牡馬入りはできず、三冠の血は途絶えてしまった。
ライバルアドマイヤグルーヴ繁殖牝馬としてもドゥラメンテを産んで現在日本競馬に大きな存在感を示しているのに対し、スティルは2代目牝馬三冠にもかかわらずJRAヒーロー列伝が作られていないなど、三冠の中では最も影が薄いという印は否めない。

しかしデビューから引退まで一貫して手綱を取った幸英明騎手は、スティルで牝馬三冠を獲ったことで騎乗依頼が大幅に増え、2010年には史上初のJRA年間1000回騎乗を達成。以降も幸騎手を含めて4人しか達成していないこの記録を4回達成しており(2024年現在)、「鉄人」として名を馳せている。

「スティルがいなければ、今の自分はありません」とる幸騎手にとっては紛れもない生涯最であり、スティルの最後のお別れの日には偶然にも騎乗停止になっていたため駆けつけることができたという。その後も幸騎手ブルーコンコルドホッコータルマエといった名戦を務めたが、東スポで騎手人生を振り返る連載を持ったexitときには全28回のうち実に11回がスティルの話だったほど。
スティルインラブ――その名の意味は「今でも愛してる」。そしてスティルの忘れ物――エリザベス女王杯を、18年後の2021年に幸騎手に贈ったのは、運命アカイイトであった。

詳細は当該記事へ→スティルインラブ

関連項目

この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
ニコニ広告[単語]

提供: アクティブバイブ!アクメりナス‼

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/25(木) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/25(木) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP