アグネスデジタル(ウマ娘)単語

アグネスデジタル

1.1万文字の記事
掲示板をみる(1,068)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(36)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

「でゅふふふ~っ、ウマ娘ちゃん尊い~♪ ず~っと見てたいよぉ

アグネスデジタル(ウマ娘) とは、Cygamesメディアミックスプロジェクトウマ娘 プリティーダービー』の登場キャラクター
実在競走馬アグネスデジタル」をモチーフとするウマ娘である。CV:鈴木みのり

概要

誕生日:5月15日 身長:143cm 体重:増減なし スリーサイズ:B74・W51・H75

ウマ娘オタク。大好きなウマ娘にお近づきになり、御姿をで、幸せな日々を送るためにトレセン学園にやってきた。
とはいえ礼節は弁えており、迷惑行為を働いたりしない。あらゆるウマ娘を近くに拝みたい一心で、芝ダート問わぬ万な走を見せる。

アグネスデジタル|ウマ娘 プリティダービー 公式ポータルサイトexitより

する美少女ウマ娘を特等席で見るためにトレセン学園へやってきた、オタク気質のウマ娘
性格はあっけらかんとしていて好き嫌いがはっきりしている。あらゆる距離、状況をものともしないオールラウンダー。

リニューアル前)

ウマ娘当てにトレセン学園入学するほどの真性ウマ娘オタク。大きなリボントレードマーク

するウマ娘たちとお近づきになれるせいも相まって常にアグレッシブ行動している。一方でウマ娘ちゃんたちの性を尊びすぎるあまり、今や彼女らと同じ立場だというのに余計な干渉は極控える傾向もある。

オタクと言っても濃度は様々だが、彼女の場合は同人誌を自ら作り、とかには現地で買っていることがられておりかなりのものである。また、父親仕事関係の恩恵で、欲しい本を「正規ルートで」うまく入手しているとか。
オタクめられる様々なを備えており、その結果、中等部にして人間社会基準でも万スキルの持ちと化している。

ウマ娘としてはしいトレーナー志向(人間の方が向いているとされるが、ウマ娘でもトレーナーにはなれる)という設定があったが、リニューアル以降は触れられておらず現在も残っているかは不明。

通称「デジたん」。しかし似たような「ファル子」なんかとは違い、劇中では他人から呼ばれることは稀で、もっぱら自分をす形で使われる。
衣装の育成イベントによると母親からは「デジ」と呼ばれていたようだ。

原案勝負服クリーム色を基調としたノースリーブレースの入ったスカーフ、網タイツ靴下をはいている。
ゲームでの実装時は、雰囲気は踏襲しているがかなり変更が入っており、基調、代わりに原案でピンクだったフリルや頭のリボンなどが黄色になり、そこに水色を細かく織り交ぜ、実際の勝負服により近い配色になっている。

原案 ゲーム
原案 ゲーム版

メディアミックスでの活躍

うまよん

ウマ娘の為なら火の中水の中レースの中でも頑るほど欲望に忠実。じゅるり

その結果、ウマ娘する心が高じて尊死してしまうこともしばしば。

しかし、その裏ではレースに向けたトレーニングは怠っておらず、ただのウマ娘オタクではない。

STARTING GATE!

ウオッカダイワスカーレット編にて登場。
レース選考会の結果に推しウマ達を心配する健気なウマ娘である。

が、するウマ娘の言動に一嬉杞憂する彼女没な姿が見られた。デジタルを探せ

極めつけは

(以下ネタバレ)
























?

と、回想シーンスカーレットが気になるウオッカに満面の笑みで現れた彼女の放った上記の発言であるろう。

ゲーム

育成ウマ娘:超特急!フルカラー特殊PP

ステータス(3)
スピード スタミナ パワー 根性 賢さ
85 91 83 100 91
バ場適性
ダート
A A
距離適性
距離 マイル 距離 距離
F A A G
脚質適性
逃げ 先行 差し 追込
G A A B
成長率
固有スキル『尊みラストスパ―(°°)―ト!』
レース終盤に2回追い抜くと間近で拝むウマ娘ちゃんのあまりの尊さに思わず速度を上げてコース取りがうまくなる
ウマ娘テンプレートボックス

育成ウマ娘:愛麗♡キョンシー

ステータス(3)
スピード スタミナ パワー 根性 賢さ
85 91 98 105 71
成長率
固有スキル到譲活過来了!』
中盤のコーナーで中団以降にいるとき近くのウマ娘ちゃんが3人以上いると、萌えパワー速度が上がる
ウマ娘テンプレートボックス

育成目標

  1. ジュニア6月:メイクデビュー出走
  2. クラシック2月後半:ヒヤシンスS(OP)で3着以内
  3. クラシック5月前半:NHKマイルカップ(G1)で5着以内
  4. クラシック7月前半:ジャパンダートダービー(G1)で5着以内
  5. クラシック11月後半:マイルCS(G1)で3着以内
  6. ニア6月後半:G13回3着以内に入着する
  7. ニア10月後半:天皇賞(秋)(G1)で1着

概要

初期時点からサポートカードとしてはSR[デジタル充電中+]実装済。
育成ウマ娘としては2021年9月20日3[特急フルカラー特殊PP]実装。この素人には意味不明な名称、要するに「かなり気合の入った同人誌をギリギリで入稿している」状況を示唆している。何のゴールしてんだよ。

後述のアオハル杯実装時の「万適性」をそのまま引っさげ、成長率ボーナスもこれまで最大でも3ステータスかつ5%刻みだったのが4ステータスに1%刻みでほぼ同等に分配されているという過去に類を見ないオールラウンダーっぷりを発揮している。
固有スキルテキストに反してシンプルでソツのない終盤速度アップレアスキルでは「ウマ好み」上位の新規スキルウママニア」、下位含めて新規登場の「前列狙い」→「狙うは最前列!」。上位下位でほぼ同じことを言っているはずなのに何かが違う
そしてお前はいつの時代のオタクなんだと問いたくなる固有スキル(確かに2000年頃のだけども……)と、どこもかしこツッコミどころ。

しかし、この「狙うは最前列!」の効果がそこらのスキルとは一線を画すレベルで強い。ダート限定とはいえ、「終盤ランダム発動の加速+横移動」「順位・戦術不問」「効果時間も長い」というが取っても有効なスキルはそうそうく、終盤に入った直後に発動するとキモイ恐ろしい速さで左右に動きながら吹っ飛んでいく。下位スキルである「前列狙い」でも十二分に強くダートを走らせる子には必携のスキルだが、追加されたスキルという性質上、登場当初はデジタル以外が持つにはアオハル杯で拾うか継承しか方法がない極めて希少な存在となっていた。
また、1周年のバランス調整で固有スキルにもコース取りがうまくなる効果が付いたため、両方発動すれば変態的な凄まじい動きを見せることができるようになった。
それ以外にバランス調整の恩恵として、汎用速度スキルではあるが出走人数が少ない対人では極めて発動しにくかった「ウママニア」の条件が緩くなり実用性が見込めるようになった。

バージョン[キョンシー]2022年9月29日実装
麗」というのはアグネスデジタル香港に遠征した際の現地表記名のアグネス」にあたる部分。ついでに言えば、名前の由来であるアグネス・チャン香港出身である(「アグネス」自体は英語だが)。

成長率は、今度は賢さ以外に4分割。通常版デジタル実装からの約1年間、4分割成長率を持つウマ娘は他に一人も出てこなかったため、どうやらこれはデジタルの個性として扱われているようだ。
ダート・差しに最適な所持スキルは相変わらず。新ダートスキルの一つ「盛り返し」の上位「捲土重来」を搭載。
固有スキルは「ウマ好み」をついに固有にしてしまったような感じで、定が多重で厳しいがマイルあたりの距離帯だと中盤からラストスパートへの接続も狙いやすい。ちなみにスキル名の意味は、衣装イベント台詞引用すると「萌えったり!」という感じである。演出ではそんな感じでオタ芸を披露するが、御札で封印されて( ˘ω˘)スヤァまたは荒巻スカルチノフになる。

デジ巻タルチノフ

走ったG1のうち地方レース海外レースゲーム実装立ったこともあってか、シニア級にG1で3回3着以内入着の標が設定されている(史実でそれらを走ったのは4歳5歳で、4歳に走ったG1安田記念だけだが)。似た標のオグリキャップべると、出られるレースは意外と大差ない(期間の違いで12月前後半のダートG1を使えるが、春天が通常理なので1ターンしか機会が増えていない)のに必要回数が1回多いのでめの出走登録を忘れずに。
後に地方レース追加アプデにより勝ちマイルチャンピオンシップ南部杯実装されたため、出走時イベントが追加された。

エンディングでは時系列通りその後海外で活躍していることになっているほか、本編では名もなきウマ娘として「デジタルの走った翌年のNHKマイルカップを圧勝するなど活躍するが、の都合で天皇賞(秋)に出られなくなってしまう『後輩ちゃん(4番ちゃん)』」の存在がしきりに言及される。適宜関連ウマ娘及び史実項参照のこと。

専用二つ名「万オタク。以下のレース勝利すると達成となるが…
ジャパンダートダービー
マイルチャンピオンシップ
フェブラリーステークス
安田記念
天皇賞(秋)
・ 有馬記念(シニア級)

問題はシニア有馬記念初期適性Gで挑まなければならない。長距離因子を10個積んだとしてもCまでしか上がらない。それ以上は因子継承のタイミングで運良く上がってくれることを祈るほかない。さらに芝も上げなきゃいけなかったりクラシック級で挑むことまであるハルウララチャレンジのヤバさがめてよくわかる。
一方それ以外のレースは全て適性Aの範囲のレースなので、標外のフェブラリーステークス安田記念への出走を忘れなければ問題ないだろう。
レースは史実で出走したGⅠだが、育成標でもあるNHKマイルカップ標ではないが固有イベントはある宝塚記念が抜けている。

さらに以下のマイルGⅠレース勝利すると固有イベントが発生し、ステータスアップや「負けん気」と「上昇気流」のヒントが貰える。
朝日杯フューチュリティステークスもしくは阪神ジュベナイルフィリーズ
桜花賞
NHKマイルカップ
安田記念
マイルチャンピオンシップ
フェブラリーステークス
ヴィクトリアマイル
史実で成した「両だからこその古マイルGⅠ制覇」からの連想と思われ、本来なら都合上にしか権利がないマイルGⅠ全制覇がウマ娘なので可になっているという形である。

推しを追いかける性分なためか、アリでも「京都新聞杯ラジオNIKKEI賞以外」という極めて広い重賞に出走できる(もちろん距離適性は補強したうえで)。クラシック三冠はもちろんトリプルティアラもイケる重なウマ娘なのだ。そのため最高峰の重賞トロコン要員としての資質を備えていたが、Make a new track!!実装に伴ってこの点は意味になってしまった。

余談だが、固有スキルの演出時にサポートカードが多数浮かび上がるが、実はランダムで生成されるので毎回変わる。キョンシーの方の固有では1枚だけ出てくるがこっちも変わる。

初期においては、同室のアグネスタキオンランダムイベント重な出番の一つであった。
部屋には棚が備え付けてあり、そこにご体としてウマ娘フィギュアを置いて「今日も推しが幸せでありますように…!」と手を合わせて祈ることが毎日日課えぇ……。
(なお、祈ることで「どんなコースも思いのままに走れる気がしてくる」「頑ってるウマ娘ちゃんたちみたいに、あたしも頑れる」と気持ちを高める的で行っているらしいので、スポーツ選手のルーティーンと考えればそこまで変なことでもないと言える)

サポートカード

サポートカードは初期から存在するため、2021年8月30日実装された「アオハル杯シナリオにてレース実装となった。この時点では勝負服での登場もなく、SSRもなかったため汎用勝負服限定。
すでに触れたが、妥当な評価ながら前例がないためゲームバランス的に許されるのかが危惧されていた芝AダートA距離適性も史実の戦場(1600~2000)がしっかり両方A、脚質も幅広く備えた変態適性を有しており、マイル・中距離ダートの3箇所に適性Aで入ることができる優秀な埋め要員。サポート非採用でもダートもしくはマイルとして大抵ウマ娘ちゃんをめて加入してくることだろう。

SR[デジタル充電中+]

初期実装パワータイプ。性的にはあまり見るところはない。

所持スキルは「マイル直線○」「中距離直線○」「差し直線○」と、適性さえ合えば使いやすい直線シリーズが際立つ。マイル用の速度デバフ「布石」は発動条件が序盤かつ後方待機となっているので追込か差しウマ専用となるが先頭にも割と届く広範囲に干渉しペースを遅らせる文字通りの一品。「ウマ込み冷静」も持っているが、囲まれたら冷静になるどころか掛かりまくってそうな気しかしない。

SSR[そこに“いる”幸せ]

2022年2月8日実装。同じくパワータイプ

イラストでは推しウマドルの新譜を手にサイン会の列に並んでいる。
ちなみに、外見の要素やジャケットに描かれている単の解読からこのウマドルファンタスティックライトモチーフという説が有

所持スキルがR・SRから一新されており、育成のレアスキルにあたる「ウマ好み」「前列狙い」などを搭載。汎用性の高い「マイル直線○」「差し直線○」などは残っており、実用性の高いラインナップになっている。ウマ込み冷静の心得は失った。

なんと言っても前述の通りダートの汎用レアスキル「狙うは最前列!」をダートチャンピオンズミティングが初開催されるの上旬に持ってきたことに尽きる

一方、固有ボーナスが「編成しているサポートカードタイプが5種類以上ならトレーニング効果アップ」という極めて独特なもので、条件と引き換えに効果は通常より高いのだが、今のところ本ゲームの育成環境友情トレーニング重複を狙うのが大前提であり、そのため一般的に同時編成されるのは2,3種類友人や直後に登場したグループを加味しても理に狙うデメリットの方が大きく、タイプを分散させる方が有利な育成シナリオが登場するなどの環境変化がない限りは活用し難い状況である。

楽曲

UNLIMITED IMPACT個別記事
ダートG1ウイニングライブ曲。ゲーム内で歌唱に対応しており、ハルウララスマートファルコンとともにゲームMVデモも担当している。
ちなみに、アグネスデジタルが亡くなるまでこの三名は元生存ユニットとも呼ばれていた。

関連ウマ娘

アグネスタキオン個別記事
ルームメイトデジタルにとっては推しウマ娘の一人でもあるが、タキオンの方からも観察されている。とはいえ、さすがのタキオンデジタル視線には背筋が寒くなるらしい。
モチーフは同馬主の1年後輩タキオン期に引退してしまったので、対戦機会は訪れなかった。
テイエムオペラオー個別記事 × メイショウドトウ個別記事
デジタル最推しのカップリングオペラオーに対しては、自分のようなファンにも優しくしてくれることに感している。
モチーフは自分よりも1年先に全盛期を迎えた先輩たち。2001年天皇賞(秋)は、デジタルが2頭をまとめて差し切り勝ちし、2強時代に終止符を打った世紀の決戦と名高い。『うまよん』では案の定ネタにまみれた感じとなっていたが、ゲームの育成シナリオもやはりこの2人との関係を軸に置いている。
ウオッカ個別記事 × ダイワスカーレット個別記事
スペシャルウィーク個別記事 × サイレンススズカ個別記事
ウマ娘世界の定番カップリングデジタルももちろんご相伴にあずかっている。
サポートカードイベントでは、遠くから眺めてよだれを垂らしているところにタキオンが現れる。
STARTING GATE!』については上記参照。
シンコウウインディ個別記事
うまよん』にて、反省しないウインディへの罰として「噛まれる側の気持ちを味わわせる」役としてデジタルが抜され、「じゅるり」で消えないトラウマを植え付けた。ゲームでも「デジタルが潜んでる時に噛みつきにいくと大変なことになるのだ」と要警になってたり、デジタルに噛みついてしまった結果ご褒美扱いされて困惑したりしている。
モチーフは同じフェブラリーステークス勝ち
ハルウララ個別記事
ホーム画面にてあまりの邪気さにメロメロになっている。法とうめいの術~っ! なんですかその尊みの術~~~!
モチーフは現役時期が重なるが、デジタル高知競馬場では走ったことがない。まあ、高知に行っていてもクラスが違いすぎて同じレースは走れなかったと思われるが……
スマートファルコン個別記事
アイドルウマ娘としてド直球の相手であり、直接話したときは意識が飛んでいた。
モチーフとは地方競馬で(デジタルは「でも」だが)大活躍したという共通点があるが、8歳違いなので現役時期は重ならない。このあたりの特徴が片やアイドル、片やオタクという形で反映されているのは対照的というかなんというか。
ゴールドシップ個別記事
あのゴールドシップが恐れる数少ない相手。デジタルにだけはスマホを見られてはならないと思っている。
キングヘイロー個別記事
モチーフデジタルの初G1勝利となる00年マイルCSで1回だけ対戦。キングからすると走続きになって引退に向かっていった時期の1戦でしかなく、長らく特に注されない関係だったが、デジタルの育成シナリオでこの史実をなぞってフィーチャーされることに。
デジタルにとっては最推しの一人であり、マイルCSで戦う予定ではあるが本調子には程遠いキングとの交流の数々が、レースに挑む覚悟を定め始めたばかりのデジタルが一段成長するきっかけとなる。
「ゆるにゃん
SRサポートカードにおける推し。観客席しか映っていないため、なのかはっきりしない。今のところ、「ゆるにゃん」という通称と、コールが「TSUIGEKI」であることしかわかっていない。
デジタルの上にある団扇ウマ娘が描かれているが、勝負服の柄や首のマフラータオルに「03」とあることから、シンボリクリスエス説が有(2003年天皇賞(秋)有馬記念優勝者)。のちに追加されたシンボリクリスエスべると、黒鹿毛ロングヘアであることは共通している。
壇上には3-4着以内の他のウマ娘もいるため、そちらの可性もある。2003年クリスエスが壇上に上った3レースで、一緒に壇上に立ったのはツルマルボーイタップダンスシチーゼンノロブロイなど。
なお、仮に秋天有馬記念だった場合、デジタルは自分が惨敗したレースウイニングライブに観客として参加しているというオチがつく。有馬記念だったなら史実で自分の引退レースという二段オチとなる。
「『NHKマイルC』を勝った子」、「4番の後輩ちゃん」
育成シナリオのシニア級でNHKマイルカップに1番人気の4番で出走し優勝した1世代後輩ウマ娘デジタルも一押しの存在。なお、周辺から話題にされるだけで本人は喋らない。
劇中では上記のように呼ばれ名前は一切出ないものの、ゴール時の実況で「舶来衝撃!」と言われ、続いて神戸新聞杯で好走するも天皇賞(秋)では出走から漏れてしまったという話がられる。どう見てもクロフネです。本当にありがとうございました。

史実


勇者は、戦場を選ばない。

JRAヒーロー列伝』No.54

勇者アグネスデジタル

白井寿昭調教師白井最強を体現した存在。芝でもダートでも中央でも地方でも海外でも勝ってしまう「なんでもイケる」。GI6勝を挙げている名である。
そのなんでもありな戦歴のため、アグネスデジタルと対戦経験のあるGIは歴代最多。

1997年アメリカ生まれ。周囲からは見栄えのしない評価だったこのを見染めた白井師が日本人に売る気のなかった生産者を挑発して口説いたエピソードを持つ。白井最強
当時から引退後に至るまで、とても大人しく落ち着いた気性の持ちであったという。こんなキャラになってしまい申し訳ない。

ちなみに、馬主渡辺孝男は印刷業を営む。ウマ娘の[特急フルカラー特殊PP]や、もしかしたら同人誌作家という要素自体がそれに引っ掛けている点もあるのかもしれない。そして例によって父親は印刷業者という設定になっている。

1999年デビュー。当初はダートを中心に走る中で現全日本2歳優駿(当時GII)で初重賞勝利をする。

2000年は両重賞戦線を戦いダートGIIIで2勝、そして芝未勝利ながらマイルチャンピオンシップに出走して最終直線で14頭ゴボウ抜きの追い込みを見せGI勝利。これが調教師転向に伴い翌年に引退する的場均騎手にとって最後のGI勝利となった(同時に、当時笠松競馬場から参戦していた安藤勝己GI初制覇を阻止した)。白井最強
ちなみにこの年はちょうど外国産馬の扱いの過渡期であり、クラシックの門戸が開き始めるのは翌年からであった。解禁されていても距離適性的に厳しかったとは思われるが。

2001年以降は四位洋文に手綱が引き継がれた。芝では再び負け続けるもののマイルチャンピオンシップ南部杯(当時はJpnIの概念がないためGI)でGI2勝を挙げたデジタルは、2000以上には勝つ以前に出走したことすらないのに、本命であったクロフネを押しのける形で天皇賞(秋)に出走(当時は天皇賞に出られる外国産馬が2頭しかなく、賞による優先順がメイショウドトウデジタルクロフネのため)。周囲からのブーイングをよそに「観客席に向かって走れ(訳:大外に出せ)」という示の下、快な差し足で世紀末覇王テイエムオペラオーに引導を渡す勝利をもたらす。外国産馬による天皇賞勝利は45年ぶり。白井最強

その年の暮れは海外遠征で香港カップに出走し、まさかの先頭→好位追走→先頭抜け出しというりの競馬で勝ち切る。しかし、香港ヴァーズにおける黄金旅程ステイゴールドの劇的勝利の陰に隠れてしまい、「デジタルが一番強いレースをしたのに」と白井師は激怒白井最強

2002年ドバイワールドカップを見据えてフェブラリーステークスに出走し勝利。これにより南部杯秋天香港カップフェブラリーステークスと史上初の4戦連続GI制覇を記録した(それも地方ダート、中央芝、海外芝、中央ダートというメチャクチャな組み合わせで)。白井最強

ドバイワールドカップでは輸送のトラブルから精を欠き6着となり、次走は香港クイーンエリザベス2世カップに出走。この時本来であれば一旦日本に帰しなければならない所を白井JRA理事長に訴えてドバイから香港への直接出走を可とした。白井最強
レース同期エイシンプレストンに敗れるも史上初の日本1,2着独占を達成。この後さすがに連戦の疲労が現れて長期休養に入った。

2003年安田記念に出走。参考記録とはいえあの毛の怪物オグリキャップえるレコード記録勝利。芝・ダートを問わず4つの古マイルGI全制覇する快挙を成し遂げる。史上4頭の4年連続GI勝利となり1999年から5年連続の重賞勝利である。白井最強

その後は日本テレビ盃の2着を最高成績として、年末の有馬記念9着を最後に引退種牡馬入り。
有馬記念を走ったことで短距離1200mから長距離2500mまでを走破したことになる。
大成功とはいかなかったがダートを中心に重賞を少なからず輩出し、2020年限りで種牡馬引退。その後は北海道で余生を過ごすが、翌2021年から体調が思わしくない様子も見られ、12月8日に24歳で死去。

距離以外の条件は一切不問。
競馬場、芝ダート、脚質、年齢などあらゆる条件を越し、競馬界の常識をまるで無視した適性をJRAは「勇者」に喩えた。
しかし、競馬ファンの間では専らこう呼ばれる。――変態、と。

詳細は当該記事へ→アグネスデジタル

関連動画

Twitterなどでよく見かける3つ動画サムネは1:53から

関連静画

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/12/01(木) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2022/12/01(木) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP