マヤノトップガン(ウマ娘)単語

マヤノトップガン

  • 6
  • 0
掲示板をみる(148)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

「オッケースマイル ラッキーピース!勝利マヤが大凱旋だよー!」

マヤノ

マヤノトップガン(ウマ娘)とは、Cygamesメディアミックスプロジェクトウマ娘 プリティーダービー』の登場キャラクター

実在競走馬マヤノトップガン」をモチーフとするウマ娘である。
CV今村彩夏2018年引退)→美緒

概要

誕生日3月24日 身長143cm 体重:増減なし スリーサイズ:B76/W51/H73

爛漫でとにかく元気なウマ娘。甘えん坊な末っ子気質で、飽きっぽく気分屋。いつもトレーナーを振り回してくるが、最近はちょっと大人びたいお年頃。

名前の由来であるトップガン(個別記事参照)から戦闘機パイロットの要素を取り入れており、陸上ウェアの上からごついフライジャケットを羽織った勝負や「You copy?」「I copy!」の台詞に表れている。称は「マヤノ」、自称する時は「マヤ」が多い。

初期設定では脚質は「自在」とされていたが、現時点ではウマ娘の脚質から「自在」がくなり、彼女の脚質は「逃げ」とされている。

アニメでの活躍

Blu-ray第4コーナー収録の新規エピソード「BNWの誓い」に登場。菊花賞モチーフウマ娘で構成された「チームB」の一員として「BNW駅伝」に出走し、襷を繋いだ後にカメラに向かって投げキッスを披露した。

回想シーンでは阪神大賞典ナリタブライアンと熱戦を演じ、疾走中に瞳から火を散らす様子が描かれている。

ゲームでの能力

スピード スタミナ パワー 根性 賢さ
73 100 67 95 90
バ場適性 A ダート E
距離適性 距離 マイル 距離 距離
D D A A
脚質適性 逃げ 先行 差し 追込
A A B B

成長率補正…スタミナ20、根性10

サービス開始時から育成ウマ娘として初期2[すくらんぶるゾーン]が実装

現実通りすべての脚質をこなせる適性を持っている、距離適性やバ場適性もE以下がないという何でもできるポテンシャルを感じさせるになっている。脚質がこうも自在だと途中で育成方針を迷いがちなのでサポートを編成する段階でどの脚質で育成するかをしっかり固めておこう。筆者のおすすめは固有スキルを活かしやすい「先行」か意識的なパワー育成の必要がなくなる「逃げ」の二つ。

育成においては中長距離ビッグレース標に設定されていることや標順位が軒並み高いことから育成難易度はかなり高め、特にシニア級のレースは長距離と中距離が混在しており長距離ではスタミナ不足、中距離ではスピード不足による標未達成が起きやすい。しかしあんまりその二つの育成にかまけているとパワー不足で直線で思ったように加速しなかったり、賢さ不足でスキル未発動や掛かりのせいで直線で急速に垂れる等の事態を招きやすい。そのときそのときの友情トレーニングの成立状況、レースプログラムスキル獲得状況、スキルポイントの状況に応じて効率的に育成できるよう、まさにこの子のような臨機応変さをもって育成プランを組み立てていく必要がある。あと、URAファイナルズ長距離部門の制覇を狙う場合は長距離レースの出走数も意識しなければならない。

逆に言えばこの子完走できるようになればあなたは相応の実の身についたトレーナーということである。大人オンナに憧れる彼女を是非ともあなた自身の手で魅的なウマ娘に育ててあげてほしい。

余談だが彼女の固有スキル勝利キッス」は史実でマヤノトップガン騎手を務めた田原成貴マヤノトップガン菊花賞有馬記念勝利した後にカメラに向かって投げキッスしたことが元ネタだと思われる。

関連ウマ娘

マーベラスサンデー個別記事
親友。オフの日はよく一緒に遊んでいるが、二人がハイテンション過ぎて他のウマ娘がついていくとぐったり疲弊してしまう。モチーフ同期ライバル
トウカイテイオー個別記事
東寮のルームメイト友人。同じく爛漫な性格だが、マヤノに対しては彼女が抑え役になる。モチーフマヤノトップガンと同じく田原成貴の騎乗で1993年有馬記念を制した先輩
ナイスネイチャ個別記事
マヤノから見た大人っぽいウマ娘。『うまよん』では子供っぽく騙されやすいマヤノをからかっては「チョロかわ…」と楽しんでいる。モチーフは4歳も上だがマヤノトップガンと対戦経験がある。

史実

先行しても逃げても追い込んでも勝てる変幻自在の脚でG1を4勝した気まぐれホース

1992年まれのブライアンズタイムアルプミープリーズBlushing Groom騎手田原成貴。キャリア初期の4戦のみ武豊が騎乗した。

3歳の1995年1月デビューするも当初は脚部不安のためダートを走っており、芝で初勝利を挙げるまでに9戦(3勝)している。には菊花賞トライアル神戸新聞杯京都新聞杯の両方で2着に入り、菊花賞では好位追走から第4コーナーで先頭に立ち、後続を突き放す圧勝でレコード勝ちを収める。暮れの有馬記念では先頭でペースコントロールする絶妙の逃げ切り勝ちで勝利を収め、同年の年度代表に表された。

1996年、4歳のG2阪神大賞典では武豊騎乗の94年・年度代表ナリタブライアンとのデッドヒートを演じ2着に敗れる。今尚名勝負り継がれる一戦だが、上の田原は「前戦で理をする必要はない(意訳)」と冷めていた。しかし本番の天皇賞(春)ではサクラローレルナリタブライアンの後方5着に敗れてしまう。続く宝塚記念では手薄なメンバーの中、先行から直線で余裕を持って抜け出し勝利する。にはサクラローレルマーベラスサンデーと3強を形成するも、天皇賞(秋)バブルガムフェローの2着、連覇を狙う有馬記念サクラローレルの7着に敗れる。

1997年5歳阪神大賞典では、それまでとは違う後方からの追い込みで圧勝。天皇賞(春)でも前を行くサクラローレルマーベラスサンデーを直線一気の末脚で差し切り、世界レコード叩き出す勝を収める。しかし、の復帰を前に左前脚に屈腱炎を発症し、引退を余儀なくされた。

引退後は2015年まで種として活動し、G1こそ出ていないが複数の重賞勝ちを輩出した。2019年11月3日に老衰により27歳でこの世を去った。

マヤノトップガンの変幻自在の戦法はきまぐれな性格の裏返しであり、上の田原スタートしてからトップガンに合わせて戦法を変えていたため生まれたものだという。
ウマ娘』においてもマヤノの投げキッス(元はランフランコ・デットーリ騎手真似)やアニメOPにおけるテイオーなどに影を与えている田原成貴騎手だが、多くの功績の一方で破天荒さからトラブルも多く、調教師転向後に物所持で逮捕され競馬に関われなくなるなど悪い面もあり、毀誉褒貶がしい人物である。Blu-ray第4コーナー付録ブックレットウマ本」の中で名前が挙げられたことに驚いた競馬ファンもいるようだ。

詳細は当該記事へ→マヤノトップガン

関連動画

関連静画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/05/06(木) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2021/05/06(木) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP