ダイワスカーレット(ウマ娘)単語

ダスカ

5.5千文字の記事
掲示板をみる(576)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(20)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

トゥインクルシリーズの、頂点に立ってやるんだから!」


ダイワスカーレット(ウマ娘) とは、Cygamesメディアミックスプロジェクトウマ娘 プリティーダービー』の登場キャラクター

実在競走馬ダイワスカーレットモチーフとするウマ娘である。CV:木村千咲

概要

誕生日5月13日 身長163cm 体重:不明(計測拒否) スリーサイズ:B90・W56・H82

勝気で強気で生意気で、1番になることをし続けるウマ娘。表向きは優等生おとなしいふりをしているが、その正体は負けん気の塊。
一番になるためなら、どんな努も苦労もいとわない。
常に立つ同室のウオッカに、ライバル心を燃やしている。

ダイワスカーレット|ウマ娘 プリティーダービー 公式ポータルサイトexitより

もが認める抜群の美少女で、学園内でもアイドル的な人気を集める優等生
だが、それはすべて外面で、プライドがとても高く負けず嫌いの一面を持つ。
何事においても一番でいるための努を欠かすことはない。

豊かな量のツインテールにつく、明るく聡明な美少女クラスや学園内でも人気を集めるアイドルウマ娘だが、内面は負けん気とプライドの強い闘士であり、同室のウオッカ、およびトレーナーのような一部の相手に対しては勝ち気な言動を表に出す。
レースのみならず、あらゆる物事において「1番」であることにとにかく拘る。

勝負服は、ベースカラーが鮮やか、かつやかなミニスカ軍服タイプであり、露出度は低めであるが、そのムチムチダイナマイトバディは隠されるどころか見事に強調されている。実際の勝負服の配色に忠実であるため(厳密に言うと、の配置はほぼ逆)、名前に反してくはない。なお、デザイン画ではミニスカであるゆえに、レースで全速疾走するとパンツ大事な布が見えてしまうのではないかとご心配のに説明すると、下には短パンを履き込んでいる。ご安心の程を…何?がっかりしたって?

ダイワスカーレット(短パンを見せる絵)

勝負服以外の容貌の面でも、昨今ではすっかりしくなった「エアインテーク」を備えた髪型、チラリとみえ八重歯などに「懐かしのヒロイン」感を思い起こさせられるトレーナーも少なくないようだ。

大変豊かな体つきに加えて身長それなりに高く、体格的にがっしりした印を与えるが、これでも中等部である。さらに言うと、転入してきたスペシャルウィーク(中等部)を先輩と呼ぶ描写のあるテイエムオペラオー(中等部)をさらに先輩と呼んでいることから、(本作の年齢関係は何かと矛盾を避け難い要素なのであくまで参考程度だが)中一相当なのではないかと言われている。アプリシナリオではメイクデビュー前から始まるため数か、下手したら数日前までランドセルを背負っていた可性も…。
余談だが、リニューアル前のプロフィールではB93で、数値はこれでも多少減らされている。

アニメでの活躍

トレセン学園に編入してきたスペシャルウィークを、トレーナーの命によって、ゴールドシップウオッカと共に拉致同然でチームスピカ」の本部に連れてきた。レースではくも自らのスタイル確立しており、ブッちぎりの速さレース全体をねじせて支配するような展開が大好き。チーム内ではウオッカといいコンビ。かたや不良こなた優等生という対照的なタイプで、顔が合えば喧嘩ばかりである。本人は「ただの腐れ縁」と言うが、実はと油のような存在だからこそわかりあえる友同士でもある。


の世代を反映してか(正確にはゴールドシップの方がもっと後だが)チームでの立ち位置はウオッカと共に一番後輩であり、スペシャルウィークたち第一線で活躍するウマ娘に追いつき追い越すことが標。

ゲームでの扱い

ステータス(2)
スピード スタミナ パワー 根性 賢さ
84 77 79 95 90
バ場適性
ダート
A G
距離適性
距離 マイル 距離 距離
F A A B
脚質適性
逃げ 先行 差し 追込
A A E G
成長率
固有スキルレッドエース』⇒
ブリリアント・レッドエース(3~)』
レース後半で前の方で1番になるをわずかに発揮する
3以降は効果が「1番になるを発揮する」に変化
ウマ娘テンプレートボックス

育成目標

  1. ジュニア6月メイクデビュー出走
  2. クラシック3月前半:チューリップ賞G2)で5着以内
  3. クラシック4月前半:桜花賞G1)で5着以内
  4. レース1ターン前のイベントレースが決定
    1. クラシック5月後半:オークスG1)で5着以内
    2. クラシック5月後半:日本ダービーG1)で5着以内
  5. クラシック10月後半:秋華賞G1)で3着以内
  6. クラシック11月前半:エリザベス女王杯G1)で3着以内
  7. ニア3月後半:大阪杯G1)で3着以内
  8. ニア10月後半:天皇賞(秋)G1)で1着
  9. ニア12月後半:有馬記念G1)で1着

概要

育成ウマ娘としては2のレアリティで登場し、チュートリアルガチャで確定入手、かつ育成チュートリアルでの育成対を務める。チュートリアル終了時点ではホーム画面にも設定されるため、インストール直後(およびリセマラ中)には必然的にホーム画面で彼女と対面することになる。更にリリース記念限定ミッションの1日にも「ダイワスカーレットファン5千人以上で育成了」という課題があるため、どのプレイヤーにとって序盤から染み深い存在となることだろう。

脚質は先行~逃げ、バ場は芝コース距離マイル~中距離を得意とする。
習得可スキルは先行寄りで逃げ専用は一つもないが、固有スキルが本人の性格を反映し「1番をキープするを発揮する」、要するに先頭にいて追われることで発動するものであるため、先行で使えないわけではないが対人戦では逃げの方が圧倒的に向く噛み合わなさが難点。1周年バランス調整で「1番になるを発揮する」にめられ緩和されたが、相変わらず逃げ向きではある。
根性20%という成長率も正直ちょっと辛いところであったが、ここも1周年バランス調整で根性の価値が増したことで有意義さを増した。
それはともかく、幅広いレースを走れ、逃げにしておけば安定性の高い固有スキル、先行にすれば回復スキルが使用でき、攻略上は戦いやすい部類の性である。

育成ストーリーはもちろんウオッカとのライバル関係に終始フォーカスして進む。マイル~中距離という適性ながら史実通り最後は有馬記念で1着を取らねばならないという本作における高難度の鉄板要素を備えるため、初心者チュートリアルの延長で挑戦すると完走はなかなか厳しい。最後までストーリーを追うのならば、適性を万全にする長距離因子の継承など相応の準備を整えてから臨みたい。
特徴的な要素として、迷うスカーレットウオッカと競わせるためにトリプルティアラ牝馬三冠)路線を捨てて日本ダービーに出すという選択肢が登場する。同ターンの開催で距離・周回方向などの条件も同じなので特別な調整は必要い。ダービーの方がファン数は大きく稼げるが、一方でダービーにはウオッカが強化状態で出走するため1着を取る難易度オークスより上がる、トリプルティアラ二つ名を取れなくなる、オークス勝利時のイベントでは追加でやる気が+1されるがダービーではそれがい、とデメリットが多い。

彼女専用の二つ名ミスパーフェクト」は、(アグネスタキオンの勝ちである)皐月賞を勝ったウマ娘を継承に使い、全レース2着以内、かつ桜花賞秋華賞エリザベス女王杯勝利し、重賞10勝以上、と史実再現系の内容(違いとして、史実では勝利ではなく重賞への出走回数が10)。
史実で出られなかったオークスは含まれていないので、前述の選択肢はどちらを選んでも問題ない。

サポートカードとしては初期よりSR[努は裏切らない!]が実装。賢さタイプで得意の「先行」向けの回復・加速スキルが充実、ファンボーナス15レースボーナス5(いずれも最高レベルに上げた際の数値)と爆発的なアップではないが、使い勝手が良く手堅い構成で迷ったらデッキに入れておけば活きるという良サポート

SSRトラフルバケーション]は21年7月イベント「あの水着着替えたら ウマ娘物語」でのイベントクリアポイント報酬。スカーレット初のSSRパワー属性。上記のSRファン数・レースボーナスいものの、トレーニング効果アップ回復系上位スキルの「レースプランナー」が不確定ながら入手可。他のスキルSR同様「先行」に特化した内容で先行育成のウマ娘ならデッキに入れておくと便利。

楽曲

Rising Girl
作詞中村彼方 作編曲:中土智博
CDSTARTING GATE 03」収録。

関連ウマ娘

ウオッカ個別記事
モチーフにおいてもウマ娘においても、もはや説明不要のライバル
エアグルーヴ個別記事
モチーフダイワスカーレット以前に同じようにと遣り合い名勝負を繰り広げた優駿ウマ娘としても健在で尊敬する先輩
アグネスタキオン個別記事
誰彼構わず研究実験台にするタキオンだが、なぜかスカーレットに対して妙に優しく、そのせいもあってスカーレットタキオンを清廉潔ないい人だと思い込んでいるモチーフ父親
カワカミプリンセス個別記事
モチーフウマ娘に共に1年先輩で、その在り様をウオッカと二人で尊敬している。史実においても2008年有馬記念で対戦(後述の通り、ダイワスカーレットが37年振りの勝利に対してカワカミプリンセス8着)。翌年にはスカーレットが出走なく引退カワカミプリンセスも同年引退と再戦に恵まれなかった。
アストンマーチャン個別記事
モチーフ同期の有の一だが、スカーレットとの対戦は桜花賞での1回きり。ウオッカ共々、今後の関わりが期待される。

史実

女王物語、開幕

をはじめとする一族はやかな成功を収めた。
追いかけてくる相手とのライバル関係はこの先も続く。
でもそんなかが作ったストーリーなど気にすることはない。

ただ全で駆け、前へ進め。
みずから紡ぎ出すのだ
女王物語を。

JRA「名馬の肖像」ダイワスカーレットexit

アグネスタキオンスカーレットブーケの間に生まれた冠名ダイワ」にの名から「スカーレット」を受け継いで命名された。「スカーレット」とは緋色であり、映画風と共に去りぬ」のヒロインスカーレットオハラに因んでいるとも。
著名な兄弟として、G1を5勝した3つ上の半ダイワメジャーがいる。

2006年に2歳新馬戦デビューウィン。この時に騎乗した安藤勝己騎手競走馬としての生涯を共にすることになる。
翌年(2007年)、3歳として本格的に頭を現す。同年3月3日チューリップ賞にて、前年の2歳チャンピオンとなっていたウオッカと出う。これ以降ウオッカしく競り合い、勝利を分け合うことになる。なお、この年の途中からメンコをつけるようになった。
桜花賞秋華賞ではウオッカを破り、エリザベス女王杯も制した彼女は、この年の最優秀3歳に賞された(優駿牝馬(オークス)は感冒の為、参戦が見送られ、牝馬三冠はならなかった)。
2008年は4歳として、秋の天皇賞で因縁のウオッカと壮絶な争いの末、大接戦ドゴーン!(by アオシマバクシンオーハナ差2cmで敗れた。年末の有馬記念ウオッカは休養のため回避した)では1番人気に応え圧巻のレースをみせ、他を寄せ付けずに勝利有馬記念を制したのは37年ぶりのこととなった。

だが、5歳時にはレースに出ることなく足回りの不調のため引退デビューから12戦8勝、うちG1を4勝し、そして生涯連対(すべて1着か2着になる)という素晴らしい成績を残した。この生涯連対の12連対という記録は、JRAにおいてはシンザンの19連対に次ぐ記録で、では歴代最高記録である(生涯連対を除くと、ヒシアマゾンデビューから同じく4歳時までの間で12連対を記録している)。

2021年時点では繁殖として現役。今のところ立った産駒はいないが、2020年までの10頭全てがという奇妙な記録が続いた(確率約0.097%)。そして2021年ウマ娘ゲームスタートを祝うかの如く初のロードカナロア)を出産した。

詳細は当該記事へ→ダイワスカーレット

関連動画

関連静画

関連立体

関連商品


関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/07/01(金) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2022/07/01(金) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP