ミスターシービー(ウマ娘)単語

ミスターシービー

3.0千文字の記事
掲示板をみる(227)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

レースが始まったら、そこはアタシたちの世界。でしょ?

シービー

ミスターシービー(ウマ娘)とは、Cygamesメディアミックスプロジェクトウマ娘 プリティーダービー』の登場キャラクター

実在競走馬ミスターシービー」をモチーフとするウマ娘である。

概要

誕生日:4月7日 身長:166cm 体重:増減なし スリーサイズ:B84/W55/H80

自由レース世界するウマ娘

彼女の醸す常識に縛られない雰囲気は、不思議なカリスマ性がある。

ーーと、一見気ままな自由人に見えるがそれは、納得が出来ないことは絶対しない、
そんな頑固さがあるからで……?実は人一倍不器用ウマ娘なのかもしれない。

アニメ版第2R(第2話)に1カットのみ登場したウマ娘。同じくアニメ第1Rで初登場し、実在競走馬の名前を持つキングヘイローポータルサイトに追加されたのに対し、長らくポータルサイトに姿を現さなかったが、2021年2月23日の「ぱかライブTV Vol.4」で正式に新ウマ娘として加入することが発表され、同日キャラクター紹介ページに追加された。CV天海由梨奈

毛先の跳ねたロングヘア―で、右の辺りに「CB」の飾りがついた小さな帽子を被っている。勝負ウエストが大きく開いたスーツタイプ。膝から下は見切れているのでデザインがわからず、演出で炎に照らされていたため正式なカラーも不明確である。

アニメでの活躍

三冠ウマ娘

第2Rで描かれた授業の中で、「最近の三冠ウマ娘」としてシンボリルドルフナリタブライアンと共に名前を挙げられた。

またアニメ第2期第1話ではシンボリルドルフマルゼンスキーと共に日本ダービーを観戦しており、シガーブレイドに期待を寄せていた。シガーブレイドミスターシービーに対し「運命レベルの何か」を感じていたが、これはシガーブレイドモデルであるシャコーグレイド上の蛯名正義はこれがダービー初騎乗)が、ミスターシービー産駒であることに由来すると考えられる。同レースにはトウカイテイオーモデルシンボリルドルフ産駒)、リオナタール(モデルレオダーバン、マルゼンスキー産駒、上は後にテイオーの手綱を握る岡部幸雄)も出走しており、三冠ならぬ参観ウマ娘と一部では呼ばれていたり。

コミックでの活躍

漫画ウマ娘 シンデレラグレイ』第1Rでアニメ第2R以来の登場、初めてトレセン学園制服姿と台詞が描写された。シンボリルドルフマルゼンスキーと共にゴールドシチーが出走した日本ダービーを観戦、分析していた。

ゲームでの扱い

サービス開始時点でポータルサイトに記載されているウマ娘ながら、「全く」登場していなかった。育成・サポート実装はおろか、他人のサポートイベントなどですら出番がなく、ゲーム内で一切姿を見せないという奇妙な扱いとなっているのである。
レースライバルとして登場するならもってこいの相手であるシンボリルドルフは初期実装だが、もちろんここにも全く関わっていない。

メインストーリー第4章の報酬SSRである[Two Pieces]ナリタブライアンイベント内で名前だけ登場。
そしてハーフアニバーサリーを迎えた2021年8月20日エイシンフラッシュの育成シナリオ内のイベントでついに本人が登場した(制服ジャージのみなので勝負描写はし)。

史実

83年 菊花賞

そのタブーを冒した。最後方から、上りで一気に先頭に出る。
そうか。タブーは人が作るものにすぎない。

そのの名は、ミスターシービー
はいつも非常識だ。

日本競馬史上3頭の中央クラシック三冠天衣無縫の末脚で鮮勝利を重ねたターフの偉大なる演出

1980年まれのトウショウボーイシービークイントピオ。は「天馬」と称された後の顕彰馬と同じ新馬戦デビューした同期でこちらも重賞である。シービークインは2頭を死産して以降繁殖を失ったため、ミスターシービーには兄弟がいない。
シービー」の冠名は生産牧場である「千明(ちぎら)牧場」に由来する(CHIGIRA BOKUJO)。

騎手吉永正人。デビューから引退まで一貫して手綱を取った。

2歳の11月デビュー戦は先行で勝利したが、3戦で大出遅れをしながら後方から鋭く追い込み2着まで追い上げ、吉永追い込みの才を見出される。3歳時は共同通信杯弥生賞をいずれも後方からの競馬勝利し、皐月賞でも追い込みが決まりにくいと言われる不良馬場をものともせず勝利し最初のクラシックタイトルを獲得。
21頭立てで行われた東京優駿(日本ダービー)では、当時存在した「第1コーナーを10番手以内で回らなければ勝てない」というジンクス、所謂ダービーポジションに構わず後方待機から徐々に進出し、最終コーナーで他に接触して吉永騎乗停止になったもののレースの1着は認められ、二冠となる。
菊花賞戦の京都新聞杯では調整不足がいて離れた4着に敗れるが、菊花賞では当時「ゆっくり上り、ゆっくり下る」ことがセオリーとされていた京都競馬場の坂を、先行をまくりながら上り、加速しながら下る常識外れのスパートで3身差の圧勝。シンザン以来19年ぶり、父内国産馬としては初の三冠達成となった。

3歳ジャパンカップ有馬記念を回避して休養し、元々強くなかった蹄の状態が悪化したこともあり復帰は4歳までずれ込んだ。復帰初戦の毎日王冠は休養中に宝塚記念を制したカツラギエースの2着に敗れたが、上り3Fのタイムは推定33.7と当時より馬場が良い現代でも遜色ない、規格外の末脚で健在を示す。この年から2000m戦に変更された天皇賞(秋)では、直線一気の末脚で復活の勝利を果たし、四冠となる。

シービーとルドルフ

続くジャパンカップでは同年クラシック三冠を達成したシンボリルドルフとの対戦が注されるが、終始後方のまま10着、シンボリルドルフも3着に敗れ、日本初のジャパンカップ制覇はカツラギエースの手に渡った。有馬記念ではシンボリルドルフカツラギエース追い込み及ばず3着、明けて5歳のサンケイ大阪杯ではステートジャガーの2着、天皇賞(春)ではめのスパートを仕掛けるも直線で尽き5着に敗れ、故障のためこのレースを最後に引退した。

引退後は1999年まで種牡馬として活動し、2000年に蹄葉炎により死亡。20歳没。晩年は故郷に戻り、シービークインの側で過ごした。

全盛期だった3歳に脚部不安で休養となり、復帰後は最後までを取り戻せずシンボリルドルフにも全敗という形となったことで、三冠馬としては(当時から現在に至るまで)やや格下とされがちであるものの、そ20年ぶりに誕生した三冠馬だったことに加え、常識破りのレーススタイルや端正な容姿で人気は非常に高かった。ミスターシービーの活躍が、後の競馬ブーム下地となったというは多い。

詳細は当該記事へ→ミスターシービー

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 225削除しました

    削除しました ID: 9m/Z/coWbM

    削除しました

  • 226ななしのよっしん

    2021/09/11(土) 22:26:35 ID: EsFQ+I+Lod

    順当に人気が高まって来たけど出番、イベントくこれだからデザイン造形が素晴らしいんだろうな

  • 227ななしのよっしん

    2021/09/12(日) 13:42:24 ID: sbxh6fnFeu

    一部からは勝負パンタロンだからマルゼン並みに古臭いと言われてる模様…

    パンタロンって1970年代に流行してたなのね

頂上決戦 大百科グランプリ記事

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/29(水) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/29(水) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP