ラインクラフト(ウマ娘) 単語

81件

ラインクラフト

8.1千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

一緒に日向ぼっこしませんか?
よかったら、ここ……お隣どうぞ!


ラインクラフト(ウマ娘)とは、Cygamesメディアミックスプロジェクトウマ娘 プリティーダービー』の登場キャラクター

実在競走馬ラインクラフト」をモチーフとするウマ娘である。CV小島菜々恵

概要

誕生日4月4日 身長:157cm 体重:ほんわか スリーサイズ:B85・W55・H83

日向ぼっこが大好きな、明るく朗らかなウマ娘
トリプルティアラに並々ならぬ憧れと情熱を抱いており、自分もそのを継ぐ者になりたいと日々努を重ねている。
頑固さや行動もありつつも、普段はのほほんとしており、周囲をほっこりとした気分にしてくれる。

プロフィール(ウマ娘ポータルサイト)exitより

日向ぼっこが大好きな、明るく朗らかなウマ娘
普段はののほんとしているが、一度こうと決めたら動かない頑固な一面もある。
チームアスケラ>所属。
かつて見たティアウマ娘たちの姿に感銘を受け、自分もあんなに走りたい、そして受け取った想いを繋いでいきたいというを抱きティアラ路線へと進む。

メインストーリー第2部 Characterexitより

2024年2月4日5th EVENT「GO BEYOND -YELL-」DAY2で、メインストーリー第2部の告知に合わせ、同期エアメサイアデアリングハートとともに発表されたウマ娘。先んじて同期ライバルシーザリオウマ娘化が発表されていたため、ライバルとして実装が期待されていた存在であった。
アプリでは3周年アニバーサリーストーリーシーザリオらとともに顔見せののち、3月21日メインストーリー第2部前編の開とともに育成実装メインストーリーではシーザリオとともにチームアスケラ>の所属として役を担う。

ティアラ路線に強い憧れを抱く、明るく朗らかなウマ娘。基本的には正統派主人公タイプキャラクターだが、歴代のティアラ路線のウマ娘たちについての知識量はガチで、ティアラ路線の話になるとアグネスデジタルただのオタクと化す。趣味写真

ウマ娘では6人となる、モチーフが現役中に折しているウマ娘なのだが、サイレンススズカライスシャワーアストンマーチャンケイエスミラクルといった面々がそれぞれさや陰を感じさせる設定や造形なのに対し、ラインクラフトは設定や造形にそういった要素がない一方で、「繋げること」「残すこと」に強いこだわりを抱いており、それについての発言が多いことが逆に「そうすることができなかった」史実を匂わせるというキャラクターになっている。
一緒に実装された同期の3人に対し、1人だけ幼い感じのキャラクターデザイン私服になっているのも、史実で繁殖牝馬大人になることができなかったということを踏まえたものだろう。
今後、メインストーリーで史実要素がどう描写されるのかも注される。

ゲームでの扱い

育成ウマ娘[Dream Successor]

ステータス(3)
スピード スタミナ パワー 根性 賢さ
93 86 92 93 86
バ場適性
ダート
A G
距離適性
距離 マイル 距離 距離
A A B G
脚質適性
逃げ 先行 差し 追込
E A C G
成長率
固有スキル『繋ぐ・繋がる×未来
レース前半のコーナーで中団にいると速度を少し上げる、短距離マイルレースの場合は少し上げ続ける
ウマ娘テンプレートボックス

育成目標

  1. ジュニア6月メイクデビュー京都・芝1400m)に出走
  2. ジュニア12月前半:阪神JFGⅠ)で5着以内
  3. クラシック3月前半:フィリーズレビューGⅡ)で5着以内
  4. クラシック4月前半:桜花賞GⅠ)で5着以内
  5. クラシック5月後半:オークスGⅠ)で5着以内(※)
  6. クラシック10月後半:秋華賞GⅠ)で3着以内
  7. ニア3月後半:高松宮記念GⅠ)で3着以内
  8. ニア5月前半:ヴィクトリアマイルGⅠ)で3着以内
  9. ニア9月前半:スプリンターズSGⅠ)で1着
  10. ニア11月前半:エリザベス女王杯GⅠ)で1着

(※)クラシック4月前半のイベント標が強制的に「クラシック5月前半:NHKマイルCGⅠ)で5着以内」に変更される。

概要

2024321日、メインストーリー2部・前編の開と同時に育成ウマ娘としても実装された。

脚質適性は先行向け、距離適性は育成シナリオメインストーリー等でもられる通り、短距離マイルが最適となっているが、史実において秋華賞エアメサイア2着に入った実績も評価されてか中距離適性もBと悪くない数値で、中距離までならカバーは可。しかし、固有スキルは中距離以上だとやや控えめな性になってしまう点は注意。

固有スキルレース前半での速度上昇効果、特に短距離マイルでは効果時間が伸びる点が強み。先行で短距離マイルレースに臨む場合はレース序盤から中盤にかけての速度スキルが有効に働く場面も多い為、脚質と噛み合った強スキルと言えるだろう。

所持スキル覚醒スキルも自身の適性と良くかみ合う強スキルう、特に対人戦コンテンツで活きる場面が多い強な加速系スキルである『鍔迫り合い』を自で習得できるのは嬉しいポイント。総じてメインストーリーにおける主人公ポジションウマ娘らしく、分かりやすい強さを持ったウマ娘と言えるだろう。

育成シナリオティアラ及びマイル・短距離路線を舞台に、全体的なテーマとして「憧れ」「繋ぐ」という二つが強調された内容となっている。

クラシック級まではトリプルティアラへの強い憧れと自身の適性との間でのを描きながら、同期であるシーザリオエアメサイアデアリングハートとのライバル関係に焦点を当てた史実に近いシナリオ。ちなみに史実における彼女たちの世代と言えば2005年クラシック世代ということで、あの日本競馬の至宝と思しきウマ娘英雄として節々に登場人物の会話の中で登場する。

そしてシニア級になると、ファン感謝祭に、エアグルーヴメジロラモーヌといったティアラ路線で活躍した歴代の女王たちが次々と現役復帰を宣言、彼女たちとの対決メインに描くif展開が展開される……と思ったのも束の間、この辺りからラインクラフト原因不明のナルコレプシー居眠り病)に近い症状を見せはじめ、その際にラインクラフトが見たの中で同期3人が、幼いウマ娘を教え導く姿をにするシーンが度々挿入される。これをラインクラフト未来のみんな」であると直感で理解し、みんなが次の世代のウマ娘に何かを「残す」「繋ぐ」様子を見て羨みながら未来の『わたし』」も見つけたいと考える。そしてシニア級の合宿を終えた後に見たでついにわたしの姿を見つけるのだが……。ここから先は是非とも実際にラインクラフトの育成シナリオプレイしてみて確かめて欲しい。

そして最終標のエリザベス女王杯ではなんと、計7人(エアグルーヴヒシアマゾンファインモーションメジロドーベルイクノディクタスメジロラモーヌノースフライト)の歴代ティアラ路線のウマ娘が集結し、そこに一つ上の先輩であるスイープトウショウ同期シーザリオエアメサイアに加えて、史実でラインクラフト達の一つ下の世代であるこのレースで斜行をかまして1着入線も12着降着を食らったカワカミプリンセスも加わってラインクラフト自身を含めると計12人ネームドウマ娘が一堂に会するというかなりレースになっている。史実では実現しなかったシーザリオとの再戦やスイープトウショウカワカミプリンセスとの対決に歴代の女王との頂上決戦までも加えた全なifとなっているが、非常に王道の熱い展開となっているため必見。

ちなみにシニア級終了時に英雄有馬記念を制したことを伝えるイベントがあるのだが、トリプルティアラを達成しているとその際のイベントスピード+20、スキルpt+30、抜け出し準備・しとやかな足取り・品行方正のヒントLvが全て+2されるというボーナスがあるが、このボーナスを獲得する為にはNHKマイルCで大波乱を起こしたピンクカメオよろしく桜花賞→(中3週)→NHKマイルC→(中1週)→オークスという強行ローテを敢行しなければならない。ちなみにゲーム内でこのローテを実行すると、ラインクラフトがこの常識外のローテを提案してきて、それをトレーナーが凄いを出しながら悩みつつも、ラインクラフトの強情に折れて出走登録をするという流れは中々に面いので一見の価値あり。とはいえゲーム仕様的にこのローテはペナルティも特にないのであまり問題ないのだが、問題はオークス福永因子を継承した非常に強いシーザリオが出走してくる点だろう。こちらは固有スキル弱体化が余儀なくされる上に距離が長い関係上距離適性のが強く出るので距離適性がBのままでは勝算は薄い、勝利を狙うなら中距離因子を必ず用意したい。

正直トリプルティアラを達成せずともスピード+15と抜け出し準備のヒントLv2は貰えるし、同じくクラシックに任意出走の難関レースが用意されているサクラローレルシュヴァルグランのように標達成のついでに出走できるというわけでもないため、ガチ育成で狙う必要性は低い。

固有二つ名「開する開拓者」モチーフの祖フォーティナイナーと「桜花賞NHKマイルC」というローテーションを切り開いた点、そして後述する名馬の肖像で『開拓者』という言葉が用いられていることに由来すると思われる。獲得条件は『桜花賞NHKマイルカップ秋華賞エリザベス女王杯(シニア級)を勝利し、基礎[根性]が1200以上になる』というもので、レース条件はどれもレースに入っているので、安定してレースに勝てるトレーナーであれば条件は実質「根性を1200以上にする」のみと言ってもいいだろう。根性にも15の成長補正があるので根性サポカを2枚程度積めばほぼ確実に達成できるだろう。
特殊実況NHKマイルカップ。発生条件は桜花賞を勝って変則二冠を達成すること。レース目覚まし時計が使えるようになった現在では特に難しくはないだろう。

ちなみに余談だが、これだけティアラ路線への憧れをフィーチャーしていて、尚且つ史実では桜花賞の勝ちもあるのにメインストーリーの展開等の色々な兼ね合いからか『彩 Phantasia』のライブ歌唱未対応である。キャラ的にも将来のアップデートで追加されるとは思うので聞きたい人は気長に待とう。

楽曲

Over a Tiara

作詞:hotaru 作曲編曲:eba(F.M.F)

もたどりついたことのない未来を、この脚で切り拓いてみせる! わたしだけの軌跡を刻むの、あの日憧れた栄冠をめて!』(アプリジュークボックスより引用

2024年4月17日発売のCDWINNING LIVE 18』に収録。また、CD発売前からライブイベントウマ娘 5th EVENT GO BEYOND -NEW GATE-」でフルverが先行発表されていた他、メインストーリー第2部前編のPVCMでもこの曲が使用されている。
楽曲自体は主人公ポジションウマ娘キャラソンらしく、そのままアニメオープニングテーマにしても差し支えないような非常に王道で明るい曲調だが、後半の方は後述する史実を明らかに意識していると思われる重い歌詞も含まれている。

関連ウマ娘

シーザリオ個別記事
同期・同室の友。メインストーリー第2部では共にチームアスケラ>に所属する。
モチーフラインクラフトともども福永祐一のお手であり、桜花賞でどちらの手綱を握るのかという悩みがメインストーリーにも落とし込まれている。
デアリングハート個別記事エアメサイア個別記事
同期組で、直接対決の回数という意味ではシーザリオよりも長い付き合いとなる二人。
モチーフシーザリオと合わせ、この4頭で桜花賞の1~4着を占めた。
スイープトウショウ個別記事
ラインクラフト運命的な縁を感じ、強い憧れを抱くティアラ路線の先輩
モチーフ宝塚記念をも下す大立ち回りを演じた一世代上の強。共にエンドスウィープに持つという繋がりがある。
キングヘイロー個別記事
メインストーリー第2部ではチームアスケラ>の先輩として登場。高松宮記念勝利ラインクラフトシーザリオアスケラに入るキッカケとなった。育成シナリオもちょくちょく顔を出してアドバイスしてくれる。
モチーフは「最強世代」の一で、やはり福永祐一のお手高松宮記念上は柴田善臣だったんだけどね。
リュックウマ娘/リボンウマ娘
育成シナリオラインクラフトの走りをにし、憧れを抱く幼いウマ娘たち。
赤と黒勝負服をまとうクリストフ・ルメール上に据え、桜花賞NHKマイルCローテに挑むことになる、グランアレグリアメジャーエンブレムモチーフと思われる。

史実

尊き一

それはただの一歩ではなく
素質を研ぐための鍛錬と
深慮の果てにある決意の
積み重ねであり凝縮なのだ

それはただの一勝ではなく
次なる挑戦や快哉へと続き
人々の心を強く動かしていく
濃密な物語の断片なのだ

だからこそこの一は尊く
皆命を懸けるのである

JRA「名馬の肖像」ラインクラフト(2023年 桜花賞)exit

2005年桜花賞NHKマイルカップを制した変則二冠馬であり、現役中に急逝してしまった悲運の快速

2002年生まれ、*エンドスウィープマストビーラヴド、*サンデーサイレンスダイナフェアリーソングオブウインド、トウケイヘイローなどを輩出している社台の名牝系の生まれである。半にはダート重賞アドマイヤロイヤル叔父には高松宮記念アドマイヤマックスがいる。名意味は「冠名ドイツ語で『』」。
オグリキャップネオユニヴァースでおなじみ東の瀬戸口勉厩舎に所属。デビューから引退まで一貫して福永祐一が騎乗した。

1400mの新馬戦を5身差、続く初重賞ファンタジーSを4身差で圧勝し、阪神JFでは1.5倍の1番人気に支持されたがショウナンパントルに競り負けて3着に敗れる。
明けて3歳、エアメサイアディアデラノビアとの3強対決となったフィリーズレビューでは、先行押し切りを図った7番人気デアリングハートを差し切って勝利
桜花賞では同じ福永祐一戦のシーザリオに次ぐ2番人気だったが、福永は先約のあったラインクラフトに騎乗。デアリングハートのすぐ後ろでレースを進め、直線で追いべに持ち込んで振り切り、シーザリオ追い込みをアタマいで女王に戴冠した。

次走は距離適性を鑑みて、オークスではなくNHKマイルカップに向かう。桜花賞オークスに向かわないのは異例……というかそもそも、桜花賞出走が次走でNHKマイルカップに向かったのは(一緒に向かったデアリングハートともども)これが史上初だった。ここでも2番人気だったが、中団から直線で最内をついて抜け出し、追ってきたデアリングハートを全く寄せ付けず勝。史上初の桜花賞NHKマイルカップの変則二冠を達成した。このローテに挑戦した桜花賞は他にグランアレグリアNHKマイルカップ5着)しかおらず、二冠達成は現在ラインクラフト一である。

ローズSエアメサイアの2着に敗れ、エアメサイアとの全な2強対決となった秋華賞では先行策から押し切りを図るも、エアメサイアにクビ差かわされ2着。しかし距離不安をはね除けての僅差2着で、めてその実を高く評価された。
続く古との初対決となったマイルCSでもハットトリックダイワメジャーに次ぐ3着に好走。阪神牝馬Sは4着に敗れ、JRA賞最優秀3歳オークスアメリカオークスを勝ったシーザリオとの一騎打ちとなったが、9票差で惜しくも受賞を逃した。

明けて4歳は、初の1200mとなる高松宮記念オレハマッテルゼの2着。開催に変わった阪神牝馬Sを快勝し、新たに創設されたヴィクトリアマイルに1番人気で乗りこんだが、出遅れから中馬群の中で掛かってしまい、まさかの9着に撃沈してしまう。

そしてスプリンターズSへ向けて休養に入ったが……ノーザンファーム空港牧場での放牧中の8月19日調教中に突如倒れ、急性心不全で急逝。4歳での突然すぎる訃報は当時の競馬ファンに大きな衝撃を与えた。

ラインクラフト後、同じ福永戦のシーザリオ繁殖牝馬としてエピファネイアリオンディーズサートゥルナーリアを輩出するという驚異的な成績を残し、エアメサイア2016年クラシックを盛り上げたエアスピネルを輩出。2020年にはシーザリオデアリングハートの両祖母に持つデアリングタクト敗で牝馬三冠を達成と、ライバルたちの血を引くたちの活躍が続いている。ラインクラフトの血がそこに残らなかったことを惜しむファンは今も絶えない。

しかし、彼女は、その牝系の「ライン」こそ繋げなかったが、ラインクラフトの切り拓いた「桜花賞NHKマイルカップ」というローテーションは現在では短距離寄りの血統を持つにとって定番のローテーションの一つになっている。最強アーモンドアイ安田記念で下し、G1級競走6勝を挙げた快速女王グランアレグリアウオッカ以来2頭となるによる安田記念連覇を果たしたソングライン世界最高峰のスプリント競走の一つである香港スプリントにおいて歴代の日本で最先着である2着に入ったレシステンシア、他にも阪神JFNHKマイルカップを制したものの志半ばでターフを去ったメジャーエンブレムNHKマイルカップムラマサノヨートーと共に3連単973万9870円という大波乱を演出したピンクカメオ、積極的な逃げ先行策を持ち味として安田記念2着2回、天皇賞(秋)でも3着に入る等マイル・中距離で堅実な活躍をしたアエロリット等、多くの記録記憶に残る名たちがラインクラフトの切り拓いたローテーションを選択している。直近では阪神JF勝ち桜花賞でも2着に入ったアスコリピチェーノもこのローテーションで走ることを表明している。

彼女の蹄跡を辿り、開する名が現れる限り、ラインクラフトもまた、シーザリオエアメサイアデアリングハートといった同世代の名たちと形こそ違えども、何かを「繋げた」「残した」と言えるのではないだろうか。

開拓者

これまで
アタックしなかった
未踏のルート

その険しい岩肌の
攻略に必要なのは
ほんの少しの勇気だった

頂上をす者たちよ
は切り拓いた
自分を信じられるのなら
さあ後に続け

JRA「名馬の肖像」ラインクラフト(2020年 NHKマイルカップ)exit

詳細は当該記事へ→ラインクラフト

関連動画

関連静画

関連項目

この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/20(土) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/20(土) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP