ナリタトップロード(ウマ娘)単語

ナリタトップロード

5.0千文字の記事
掲示板をみる(253)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

「挑み続けます、何度でも。必ず期待に応えてみせます!」

ナリタトップロード

ナリタトップロード(ウマ娘)とは、Cygamesメディアミックスプロジェクトウマ娘 プリティーダービー』の登場キャラクター

実在競走馬ナリタトップロード」をモチーフとするウマ娘である。 CV中村カンナ

概要

誕生日4月4日 身長:166cm 体重:理想的
スリーサイズ:B86・W56・H83

スポーツマンシップあふれる爽やかウマ娘
寄せられる期待に応えたい一心で、困難にもひたむきに挑み続ける頑り屋。
いいところも認めて相手を立てる謙虚さも持ち合わせており、みんなから慕われている。
主人公っぽいのになぜか脇役におさまりがち。

プロフィールページ(ウマ娘ポータルサイト)exitより

2022年1月27日YouTubeで配信した「ぱかライブTV Vol.13」の中で、ゲームリリース1周年に向けて新登場を予定しているウマ娘の1人として発表された。(生配信の発表まとめexit

現実でのいわゆる「三強」は、『ウマ娘』でもライバル友として強いつながりが描かれるが、一方で「三強」のうち1人だけ欠けている組み合わせも多かった。ナリタトップロードはその代表格で、「ナリタ」冠名ウマ娘が既に2人いることもあり、ファンから長らく実装を期待されていた。

金髪ん中分けしているヘアスタイルは、実の前タテガミを意識したものだろう。また、彼女金髪であることから、尾栗毛だけでなく通常の栗毛金髪で表現されうることが判明した[1]
その髪色のためわかりにくいが前の内側がくなっており、顔の流星の表現もちゃんとされている。

登場後程なくして一部イラスト勝負服姿が解禁されており、濃淡分かれたドレスナリタブライアンナリタタイシン勝負服ピンクの割合が控えめだったため、ある種最も「ナリタの勝負服」感のあるデザインと言える。

そのしいまでのっ直ぐさはファンを引きつけてやまないらしく、劇中では限界熱狂的なファンがしばしば見られる。トレセン学園においてはクラス委員長を務め、クラスメイトであるアヤベさんことアドマイヤベガからも心配される位面倒見がよい。また、しい相手でも敬語をキチンと使っており、アヤベさんのみならず、同期だが学年上は年下のテイエムオペラオーメイショウドトウなどに対しても敬語口調である。

名前は原則的に「トップロード」と略されるが、前述のファン名前欄で「トプロファンA」という表記も見られる。

ゲームでの扱い

トップロードが先んじて発表されたことについては「アドマイヤベガの育成実装に合わせてだろう」という予想が有であったが、順当に2022年2月16日実装されたアドマイヤベガの育成シナリオ内で初登場。

このアヤベさんシナリオ人間関係は「99世代」全体をフィーチャーしており殊更にトップロードの出番ばかりが多いわけではないが、要所では2人きりの交流も描かれる。

ただしアヤベさんの最終標はシニアジャパンカップであり、史実通りトップロードは出走できず、最終標の対戦相手とはならない。
ニア級の標で対戦するのは天皇賞(秋)のみで、さらに対戦したい場合はアヤベさんの長距離Cを補強しつつ天皇賞(春)ステイヤーズS有馬記念に出る必要がある。
優良な回復レアスキルVIP顔パス」(※クリスマスビワハヤヒデで初出)を所持しているため、長距離では手強い。

勝負服は未実装。また、似たような形で登場したメジロブライト同様、実装時点ではレース実況名前を呼ばれない。

特殊ランダムイベントにて、アヤベさんの成功サンドイッチを食べて「え~っ、おいしい……! すごく……すごいです、おいしい……! わ~、あのっ……おいしいです……!!」と彙がすごいことになるさまも有名。

サポートカード

登場から程なく、1周年のサポートカードガチャにてSSR桃色バックショット]が追加。

イラストエピソードは勝ち菊花賞モチーフ
なお、右手に隠されつつ端っこに映っているウマ娘は、勝負服カラーリングおよび状況からしラスカルスズカモチーフと思われる。

最大20万人までファン数が増える度にトレーニング効果アップというユニークな固有ボーナスを持つ。
ちゃんとレースボーナスファンボーナスも高く、レースメインの育成に適しており、すなわち同時に実装された「Make a new track!!シナリオとの相性はこれ以上なく抜群。根性育成に居場所を取られなければ今後活躍すること間違いなしといった感じである。

レアスキルは「良バ場○」の上位となるスキル「良バ場の」が確定。
現状、良バ場のレースは各所において最も多く登場・設定されているため腐りにくく、前述の優れた基本性もあって広く活躍が期待できる……のだが、当カードと同時に発表された直後のチャンピオンズミティング・ピスケス杯は不良バ場設定であった。そんなところまでトプロらしさ出さんでも。
トプロあなたも良バ場の鬼になりませんか?

実装前の史実登場シーン

スペシャルウィーク引退レースである1999年有馬記念に出走しているため(7着)、開前から、そこがフィーチャーされる場所ではモブウマ娘として登場している。

6着だったゴーイングスズカ()を印にするとわかりやすい。

アニメ1期

ウマ娘 プリティーダービー(アニメ)

1期第13話の当該シーンで、7着の位置に一だけ「」の勝負服ウマ娘が映っている。本当に一なのでコマ送り推奨。

メインストーリー

3章のダービー回顧ナレーションアドマイヤベガの回(第7話)で、「3つの体が重なってゴールした時~」と、トップロードの存在ありきの表現が登場した。

Rivals

Rivals(ウマ娘)

グラスワンダー篇・スペシャルウィーク篇は1999年有馬記念なので、「」の勝負服ウマ娘が中団内ラチ沿いにいる。
開は2021年末なのでこの頃にはさすがに製作サイドでも色々固まっていたと思われるのだが、トップロードっぽい姿になっているかというとそうでもない。

史実

想いはひとつ、頂点への

振り返ればそこには、素らしきライバルとの覇を競った日々がある。
闘の末に咲かせた菊の大輪がある。

だが君はひたむきに走り続けていく。
しのぎを削った友たちがターフを去った後も、世代の誇りを胸に抱き、新たなる戦いに挑む。

君と、そしてみんなの想いはひとつ。頂点<トップ>へのロード>。

JRA「ヒーロー列伝」No.53 ナリタトップロードexit

1996年生まれ。1999年クラシック世代菊花賞であり、三冠を分け合ったテイエムオペラオーアドマイヤベガと共に「1999年クラシック三強」を成した。

サッカーボーイ*フローラルマジック、Affirmed。ちなみにAffirmedはメイショウドトウと共通する。
ディクタス譲りの気性難でも有名だったが、トップロード大人しいであった。

騎手渡辺薫彦トップロードを預かる芳夫厩舎に所属する、重賞勝利の若手騎手であった。
他には的場均四位洋文も騎乗したが、いずれも一時的なものに留まっている。

新馬戦は僅差で敗れたものの順調にステップアップし、弥生賞で期待の良血アドマイヤベガを下して、クラシック戦線の役に名乗りを上げるが、皐月賞ではテイエムオペラオーの3着、ダービーアドマイヤベガの2着に敗れる。菊花賞では2頭に次ぐ3番人気となったが、ここでついに勝利。続いてオペラオー共々有馬記念に出走し、グラスワンダースペシャルウィークの2強に次ぐメジロブライトとほぼ互の4番人気と高い支持を受けるが、を発揮できず7着に敗れる。

2000年アドマイヤベガが故障離脱し、王道路線はトップロードオペラオーが引っっていく……かと思われたが、時は世紀末7戦中6回オペラオーと対戦し、全敗。しかもこの年に台頭してきたメイショウドトウのように「永遠の二番手」にもなれず、2着はGⅡでの2回のみ。ジャパンカップに至ってはクラシックホースとして屈辱の不足で除外の憂きに遭う[2]。代わりに出走したライバル不在のステイヤーズSでも敗れ、暮れの有馬記念ではドトウと大差ない3番人気に支持されるもオペラオーの劇的勝利を9着で見送る。結局この年は1勝も挙げられず、オペラオーに圧倒的な大差をつけられた1年となった。

2001年、初戦の京都記念こそ敗れるも、次戦の阪神大賞典にて3000mの世界レコード2022年現在レースレコードとしては健在)で圧勝。しかし続く天皇賞(春)は結局オペドトウに敗れ3着。京都大賞典ではステイゴールドの斜行により落・競走中止となってしまうが、幸い人ともに大事なし。ジャパンカップでは初めてドトウを破るも2着オペラオーには3身差つけられ3着。オペドトウの引退レースとなる有馬記念は10着。
結局、古以降はオペラオーと戦い続けながら一度も先着できずに終わった。一方クラシックで2回先着していたが、実はオペラオーに2回先着したはドトウとトップロードしかいなかったりもする。

両雄が去り、この世代の生き残り筆頭となった2002年。去年は(一昨年も)落とした京都記念勝利し、阪神大賞典では新ジャングルポケットを下して連覇、生き残りの意地を見せる。しかし満を持して挑んだ天皇賞(春)ではマンハッタンカフェの3着。ちなみにこれで春天3年連続3着というナイスネイチャ級のブロンズコレクター記録立している。
京都大賞典でこの年の3勝を挙げるが、天皇賞(秋)はとある不運もあって、シンボリクリスエスの3歳古GⅠ制覇を許し惜しくも2着。そしてジャパンカップ10着、有馬記念4着を最後に引退

引退後は種牡馬入りし、種付頭数も少なくなかったが3年後に9歳で逝してしまい、中央重賞はベッラレイアGⅡフローラS[3]1頭のみとなった。

戦績をなぞっていくと、結局は頂点へのに登り切ったとは言えず、GⅠとしてはとにかく今一歩という印であるが、一方で彼は人気においてはこの世代随一でもあった。
その勝ち切れなさがかえって人を惹きつけた面もあり、サンデーサイレンスを筆頭に外種牡馬が猛威を振るっていた当時にサッカーボーイバリバリ産な種牡馬の産駒であったこと、父親譲りの栗毛の見栄えするグッドルキングホースぶり、渡辺薫彦という若き上とのコンビ(これはオペラオーやドトウにも言えるところだが)などがその要因として挙げられ、引退レースとなった2002年有馬記念では、すでに3年G1勝利から遠のいていた彼がファン投票1位となったことは徴的な出来事であろう。
また、その息の長い活躍から生涯獲得賞も10億に僅かに届かなかったもののメイショウドトウを上回っており、彼もまたトップホースなのは疑いない。

そんな彼には苦手なものが2つあったと言われ、中山競馬場
前者は走法が大跳びのストライド走法で、コーナーが小回りな中山内回り)に適していないことが摘される。そして間の悪いことに2002年東京競馬場修によって最後の秋天JCがよりによって中山開催になってしまった。
後者については、対するオペラオー悪を苦にしないうえ、そんなオペラオーに付け入れそうなレースに限って悪を引き当ててしまっていた。
素晴らしいを持つにもかかわらず、何とも間が悪い。それもナリタトップロードされた所以かも知れない。

関連動画

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *ただし、トップロードに関してはサッカーボーイが尾栗毛である点が加味されている可性もある。
  2. *丁度この年から「1年以内の収得賞金で出走の優先順位を決める」ルールが導入。そして、「収得賞金」は「獲得賞」と異なり重賞でも2着以内でなければ加算されない。
  3. *ウオッカダイワスカーレットなどの世代で、この2頭が不在だったオークスにて惜しくも2着。
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/05/29(日) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2022/05/29(日) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP