タイキシャトル(ウマ娘)単語

タイキシャトル

7.4千文字の記事
掲示板をみる(377)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(7)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

「ハウディ!トレーナーさん!毎日楽しいデスか?」

シャトル

タイキシャトル(ウマ娘) とは、Cygamesメディアミックスプロジェクトウマ娘 プリティーダービー』の登場キャラクター

実在競走馬タイキシャトル」をモチーフとするウマ娘である。 CV大坪由佳

概要

誕生日3月23日 身長:172cm 体重:微増(「でもノープロレム!」)
スリーサイズ:B94・W59・H90

パワフルで人懐っこいカウガールとでも仲良くしたがる性格で、一方的距離を詰め、ハグをする。
極度の寂しがり屋でもあり、パーティーを自らよく開くのも、そのためである。
距離が得意で、そのダッシュしいサイレンススズカも一置いている。

タイキシャトル|ウマ娘 プリティーダービー 公式ポータルサイトexitより

アメリカケンタッキー州生まれのカウガール元気印の健康優良児。とにかくパワフルで、周囲の人間を疲れさせてしまうほど。
しかし意外とさみしがり屋で、一人でいることを嫌う。留学してきたので、く活躍したいと願っている。

ブロンド尻尾を持つ、アメリカ生まれの留学生ウマ娘の中でも長身スタイルの良いダイナマイトガールを覗かせて屈託なく笑う明るい性格。実家牧場を扱っているらしい。

公式ポータルサイト紹介されているウマ娘60人の中で2人だけ(もう1人はゴールドシチー)の尾栗毛金髪)。最初のPVでは明るい髪色だったが、現在みが強くなっている。

勝負服スカート付きの水着に近い露出の多いデザイン。明るいグリーン下地が「タイキ」のトレードマーク。革のブーツ手袋、ガンベルト拳銃テンガロンハットでウエスタンに決めている。

アニメでの活躍

学園の最強チーム「リギル」の一員。劇中における日本最強の短距離ウマ娘。第4話では日本ダービーを控えたスペシャルウィークを乗り越えさせるため、彼女トレーナーの発案で模擬レースをすることに。レースはシャトルが常に外を回りながらも、スペシャルウィークと接戦を演じ、彼女の健闘を称えた。

EXTRA R(第13話)のウィンタードリームトロフィー東京・芝2400mが長すぎるためか、「リギル」で一不参加だった。

ゲームでの扱い

育成ウマ娘:ワイルドフロンティア

ステータス(3)
スピード スタミナ パワー 根性 賢さ
96 71 98 93 92
バ場適性
ダート
A B
距離適性
距離 マイル 距離 距離
A A E G
脚質適性
逃げ 先行 差し 追込
C A E G
成長率
固有スキル『ヴィクトリーショット!』
最終直線が迫ったとき好位置にいると弾みを付けて加速が上がる
ウマ娘テンプレートボックス

育成ウマ娘:Bubblegum☆Memories

ステータス(3)
スピード スタミナ パワー 根性 賢さ
102 71 107 92 78
成長率
固有スキルJoyful Voyage!』
残り200m地点で前の方にいると速度を上げる、さらに先頭のウマ娘と近い場合パワフルな走りでわずかに前に出る
ウマ娘テンプレートボックス

育成目標

  1. ジュニア6月メイクデビュー出走
  2. クラシック1月前半:シンザン記念G3)で5着以内
  3. クラシック5月前半:NHKマイルCG1)で5着以内
  4. クラシック6月後半:ユニコーンSG3)で5着以内
  5. クラシック11月後半:マイルCSG1)で3着以内
  6. ニア6月前半:安田記念G1)で1着
  7. ニア9月後半:スプリンターズSG1)で1着
  8. ニア11月後半:マイルCSG1)で1着

概要

育成ウマ娘ワイルドフロンティア]は堂々の3で初期実装
距離マイル巧者にしてダートにも高い適性を持ち、適正キャラが少なくチームレースで不足しがちなところを埋めてくれる。固有二つ名最強マイラー」の通り、自前のスキルはほぼマイル用なので、チームレースでは最も人材不足でマイル固定のダートに最適である。本来なら芝メインであるべきなんだけども。

固有スキルの「ヴィクトリーショット!」は重な加速スキルスキル発動条件の好位置というのは3位以下かつ全体から見て前の方というもので、先行特化のやや限定的な位置取りがめられる。その他気を付けなければいけない点として、コーナーのない新潟1000mでは発動しない、最終コーナー開始から終盤が遠い東京阪神1600mだとラストスパート前に発動してしまいほぼ駄になる、という点。つまりマイルG1で機しない最強マイラーなのに。
なお、中距離適性はEということで因子を集中させれば初期Aが可。中距離だと固有スキルの条件がちょうどいいことが多く、固有スキルありきではむしろ最適となる。チームレースで中距離にわざわざ置く理由は乏しいが、チャンピオンズミティングなどでは意識したい部分である。ただし、所持スキルが大半使えなくなってしまう。
もっと言うと、所持するレアスキルの一つ「マイルの支配者」は先頭を定しており事実マイル逃げ専用だが、デフォルトの適性は先行のみ。逃げ適性Cなので逃げにできないことはないが、今度は先頭だと発動しない固有スキルと噛み合わない……と、妙にちぐはぐな部分が多いのは気になるところ。
1周年バランス調整で「最終コーナー」だった条件が「最終直線が迫ったとき」に変更され、マイル以下に適する形となりちぐはぐさが解消された。その分従来有効だった場面では有効でなくなってしまったが、従来の性マルゼンスキーの固有と被っていた(しかもあちらの方が条件が緩い)ため、好ましい差別化とは言えるだろう。また、「マイルの支配者(積極策)」の条件も「前方」に緩和されて先行でまともに使用可になり、合わせて善されている。

それはそれとして、育成難度は低い。というのも終盤の短距離G1スプリンターズステークスを除く全レースマイル戦で、脚質も先行または逃げ。このためバクシン教育成が通用するのである。
マイルと短距離の差から若干スタミナにも振るようにする必要はあるが、苦労はその程度。パワートレーニングでついでに上がるスタミナで充分にまかなえ、1着定をめられる安田記念の頃には既にそれを苦にしない状態に仕上がっていることもしくない。3なので加入のハードルはあるが、引けさえすればバクシンオーハルウララと並び初期育成に最適な1人と言えるだろう。

第2の育成シナリオアオハル杯ではシナリオリンクの一人であり、チームに必ず加入する。
シナリオリンクの特典はサポートカードも含まれるが、クライマックス実装以前にサポートカードがRしか存在しなかったのでその点の実用性はお察しください。
シナリオリンクの中では一の短距離およびマイルウマ娘であるため、自前で両方埋められない限り1戦彼女の成長具合が勝ちの数に直結する。基本的に短距離は埋まるのが遅く、同様に専門性が高いウララのように性に難もないので(ただしスキルマイル用なので、人数がったらマイルに回したい)、シナリオ組の中では較的チャンスが多いか。
一方でダート適性がCに下げられており、育成版の感覚でダートに回すことはできないので注意が必要(大抵はダートが足りない時期=短距離も足りないので、短距離が多い編成でもないと問題にならないが)。
育成時、あるいはサポカ編成時にはチーム名に「HOP CHEERS」を設定可になり、選択すると優勝時のレアスキルが「マイルの支配者」になる。しかし、他のスキル同様本人は持っているスキルなのでヒントレベル稼ぎにしかならない。なんなら別バージョンですら持っているという……

チャンピオンズミティングでは、上記の理由からなかなか陽のを見ない評価であったが、固有の条件が較的噛み合う重なウマ娘だったことから、2021年11月のスコーピオ杯においてマルゼンスキーと共に先行の流の一を担うこととなった。
なおそのレース条件は、東京2000m、・重バ場。史実でわなかったのチャレンジと言うべきか、400m間違ってる「大のなかの無敵」と言うべきか……。「本人はまだ(2000mを走ると)気づいてないので頑張ってくれると思います」
1周年以降は短距離マイルでは補として名が挙がるポジションを獲得している。

の新衣装バージョンBubblegumMemories]は2022年6月末にメジロドーベルと共に登場。この名称と同厩のガム噛んでるヤツとの関連性は不明。
スピ賢の通常版とは対照的にパワー全振りの成長率で、いずれも短距離向きではあるが育成のバランスが変わってくるので注意。
固有スキル追加効果つきの末脚系。先頭で不発するため後ろから詰めたいが、追加効果の条件を考えると短い距離で使う分には先行向き。得意な役割は通常版とあまり変わらず、コースを選ばない性なので通常版の固有がハマらない時などにはこちらの方が良いと言える。例えば、1周年調整後はダートマイルとの相性が悪くなっているのでチムレのダート要員など。

サポートカード

SSR[Hands up crook!]

2022年6月育成新衣装が登場する1つ前のガチャ実装タイキ担当Tにスパルタすぎる。
スピードタイプ。例によってスタンダード勝負服姿イラストで、普段は背中に掛けているテンガロンハットを被って決めている。

友情が高く、さらにマイル全振りのヒントを高レベルで回収できる(そしてレアスキルも「マイルの支配者」)トレーニング特化
しかし時はクライマックス環境っ最中であったため(レースボーナス5%はあるし使えなくはないが)なんとも言えない評価となり、「なんでこれをアオハル杯の間に出しておかなかったんだ」とツッコミを受けることとなったが、それから2ヶトレーニング体かつヒント系の評価が高いグランドライブシナリオで復権。価を発揮する逃げ~先行用としてはその間に実装されたマルゼンスキーアグネスタキオンと競合するが、有選択肢の一つとなった。

楽曲

直感ノープロレム
作詞:磯佳江 作曲ハジメ 編曲三谷
CDSTARTING GATE 04」収録。

関連ウマ娘

サイレンススズカ個別記事
友人。内向的な性格なのでアメリカンなノリについていけない部分は多々ある。
モチーフ同期。共にマイルを走れるので対戦したことはあるのだが、本格化前だったので相手にならず、本格化後の期間に対戦することはなかった。ゲームタイキ育成シナリオでは、スズカが健在であれば不可能ではなかった再戦が描かれている。
メジロドーベル個別記事
同室で、スズカ同様タイキとは対照的で、わりとマイペーススズカと違って純コミュニケーションで思い悩むタイプなので尚更である。新衣装で同時登場となり、ストイベ「シークソルヴ・サマーウォーク!」で共演している。
モチーフ同期だが対戦はない。なお、ウマ娘関連とのが多いドーベルだが、タイキシャトルとの交配はしていない。
シーキングザパール個別記事
アメリカ仲間。『うまよん』では彼女アメリカン度を試すようなこともしている。ゲームではタイキシナリオでは(初期実装の都合もあり)特にフィーチャーされないが、パールシナリオではタイキが最大のライバルになる。
モチーフは同じアメリカ生まれで同じ短距離路線の同期であり、同時期に海外遠征して共にG1勝利を果たした。とはいえ評価は当時からこちらの方が明確に上で、パールシナリオはその部分も反映されている。
メイショウドトウ個別記事
モチーフ種牡馬引退後のお隣さんであり、対戦や血縁といった関係がになりがちなウマ娘モチーフの間において重な、実際に同士が仲良くしていた関係。
ウマ娘においてクローズアップされる頻度は今のところ意外と少ないが、いくつか描写がある。
ニシノフラワー個別記事
イベントで幾つか登場。飛び級入学して周囲になじめなかったフラワーに付き合って励ましている良き先輩
距離マイルウマ娘なので同じレースに出る機会が多く、全キャラでも屈高身長タイキと全キャラでも1,2を争う小柄なフラワーがゲートに入ると体格差が顕著に表れる。
モチーフはあちらの方がだいぶ年上で、2頭の間のもいる。

史実

98年 安田記念

のなかの無敵
タイキシャトル

性は人を熱くする。

2011年 JRA 安田記念CMより

マイル1600m)戦で圧倒的な強さを見せた、日本世界に誇るマイル絶対王者

1994年生まれのDevil's BagウェルシュマフィンCaerleonアメリカ生まれの外国産馬で、1995年からはアイルランド1996年7月からは日本調教を受けた。
なお、ウマ娘では「タイキ」で通っているがこちらは冠名なので、略して呼ぶ場合は通常「シャトル」である。

管理調教師藤沢和雄騎手アメリカに騎乗したこともある岡部幸雄。3歳時のスワンSマイルCSのみ横山典弘が騎乗した。

ゲート試験を失敗しまくってデビューが遅れてしまい3歳の4月新馬戦が既に終わっていたのでダート未勝利戦デビュー勝ちすると、ダート戦と芝マイルで2連勝を挙げる。4戦1400m戦でタイムしの2着と不覚を取るが、にはダートマイルGIIIユニコーンステークスを制し、芝のGIIスワンステークスを連勝。マイルチャンピオンシップでは2身差をつける圧勝でGIウィナーとなる。続くスプリンターズステークスも快勝し、初のマイルCSとの同一年制覇を達成した。

4歳京王杯スプリングカップを流してレコード勝ちし、海外戦前の壮行レースとして安田記念に臨む。当日は大不良馬場となったが、これを問題にせずに2着に入った97年香港ダービーオリエタルエクスプレスダグラスホワイト騎乗)に2と1/2身差をつけて勝する。次戦はフランス遠征に向かい、フランス最高峰のマイル競走G1ジャック・ル・マロワ賞に出走。直線1600mというこれまでにないレースであり、レース前は普段はおとなしいシャトルが落ち着きを欠いて周囲を心配させるが、レース本番では後続を半身抑えて勝利日本調教としては初……ではなく前週のシーキングザパールに続く2頭海外G1制覇となり、岡部は悲願の海外制覇に表式で感した。

後はマイルチャンピオンシップを2着に5身差をつけて連覇し、有終の美を飾って引退…の予定だったが、JRAの要望でスプリンターズステークスに出走。この頃は既に気持ちが切れて調教で手を抜いていたと言われ(実際太っていた)、タイムしではあるが生涯最低の3着に敗れた。この1戦のせいで生涯連対の達成を逃してしまう。逆に、もしここで2着以内に入れていれば日本調教の生涯連対記録で不動の単独2位2021年現在2位ダイワスカーレットの12戦)になっていたのだが。

それでも通算戦績は13戦11勝日本競馬トップクラス較しても、4歳まで走ったうえで勝率で上回るとなるとディープインパクト(14戦12勝)くらい、というほどの驚異的な戦績である。
この年(98年)の年度代表馬にいわゆる短距離としては初めて選出、さらにはフランスでまで古年度代表馬に選出され、翌年には短距離初の顕彰馬入りを果たした。

競走生活を通じて1600mより長い距離には出走しなかったが、的には2000m戦でも通用すると言われていた。しかし当時は天皇賞(秋)外国産馬が出られないため標になるレースがなく、サイレンススズカが勝った伝説GII毎日王冠1800m)に出走する案もあったが実現しなかった。

引退後は種牡馬入り。ウインクリューガーNHKマイルカップメイショウボーラーフェブラリーステークスを制し、芝とダートマイルGIウィナーを輩出した。

2017年種牡馬引退した後はNPO法人引退馬協会に譲渡され、支援者に支えられてメイショウドトウと共に余生を送りつつ、同協会の顔役「フォスターホース」としてその活動を広める役割を担った。

晩年は新型コロナウイルスパンデミックで見学が一切出来ない状況の中、管理調教師だった藤沢和雄から飼料のプレゼントが贈られる程、多くのファンや関係者にされていた。
2022年8月17日に老衰による心不全で死去。享年28歳。
など多くの動物と共にあった、穏やかな晩年であった。

詳細は当該記事へ→タイキシャトル

関連動画

関連静画

関連立体

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/10/07(金) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2022/10/07(金) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP