土方歳三単語

ヒジカタトシゾウ

土方歳三(ひじかたとしぞう)とは、幕末の人物。
後に新撰組副長、幕臣の地位へと至り、動の時代を駆け抜けた生涯は後世の人々にされ、多くの創作が作られた。
今でもなお人気を集める歴史上の人物である。

平野耕太漫画ドリフターズの登場人物は土方歳三(ドリフターズ)を参照。

生涯

保6年5月5日(1835年5月31日)、武蔵多摩石田村(現:東京都日野石田)に生まれた。
実家は裕福な農家で、10人兄弟の末っ子だった。しかしは彼が生まれる前、も6歳の時にそれぞれ結核で亡くなっている。また長男盲目だった為にを継げず、次男とその妻によって育てられた。

少年期は粗暴な少年として有名だったようで「イバラのように、触ると怪をする」事からバラガキの異名を取った。丁稚奉公に出た店で暴力沙汰を起こした」「年上の女性妊娠させた」「番頭にアッーな関係を迫られてぶん殴った」ことで実家に返品されたという、結構アレな話が残っているが、どこまで本当かは定かではない。
その後は実家秘伝の石田を行商で売りながら、各地の剣道場に他流試合を挑んでは修行を積んだという。

その頃、土方ぎ先である日野の名佐藤五郎が様々な理由で命を狙われていた。身を守る術を必要とした五郎天然理心流入門し、自宅で場を開いていた。そしてこの場に導の為に訪れたのが、江戸天然理心流場・試衛館の近藤勇だった。
場にちょくちょく出入りしていた土方近藤に誘われ、正式に試衛館入門する。ちなみに試衛館にはその後の新撰組を結成するメンバーっており、9歳で入門した沖田総司のほか、井上源三郎山南敬助永倉新八原田左之助藤堂平助らがいたとされている。

文久3(1863)年2月将軍の上に合わせ、警護の為に「浪士組」の募集が行われた。
これは「腕に覚えがある者ならば、前歴・身分・年齢を問わずに参加できる」という、画期的な組織である。さっそく土方は試衛館の仲間とともにこれに応募し、京都へと赴いた。
ところが浪士組の発案者・清河八郎の意見で、将軍の警護よりも尊王攘夷を優先した者は江戸に引き返す事となる。
一方で近藤勇ら、同心しなかった者で結成されたのが、新撰組の前身・壬生浪士組である。当時は後ろがなかった為に身なりはひどく、京都の人は「壬生浪」を「身ぼろ」とかけて揶揄したという。

新撰組結成後、らの不品行を理由に、自らの手によって暗殺。以後は副長に就任し、局長近藤の右腕として辣腕を振るい、京都の警護に当たった。
組織造りの中心となり、実質的な揮命の多くは土方が発していたという。

元治元(1864)年5月山崎島田魁らが内偵を進め、尊王攘夷志士・古高俊太郎を捕縛する。商人を装って様々な場所に出入りしていた古高は武器や長州の密書を隠しており、厳しい詮議を受けた。
この時土方は、情報を引き出す為、古高に壮絶な拷問を加えた。
逆さりにし、両手の五寸釘打ち込み、さらに足の甲を釘で貫いて蝋燭を立てて火をつけるという責めの果てに、古高は遂に陰謀の存在を自。それは京都を火のにし、混乱に乗じて佐幕卿や大名を殺孝明天皇長州に連れ去る」という、大それた計画であった。
6月5日新撰組は土佐長州の尊王攘夷が潜伏していた館・池田屋を急襲し、多くの志士を殺、または捕縛した。これが世に名高い池田屋事件」である。

クーデターを未然に阻止した功績で、新撰組の名は下にいた。8月には禁門の変の鎮圧に参加し、朝廷・幕府・会津から感状と金子を下賜され、第二次隊員募集をかけて組織を拡大するなど、大きく躍進を遂げる。
しかし慶応3(1867)年、伊東甲子太郎らが思想の違いなどから「御陵衛士」を結成して脱退。その後、間諜を務めていた斎藤一から、伊東近藤暗殺を企てているという情報を得た為、伊東を襲撃・暗殺する「油小路事件」が起きた。
同年6月新選組は幕臣に取り立てられる。農家の子が、武士(さむらい)となった間だった。

しかし慶応3(1867)年10月将軍徳川慶喜大政奉還を行い、変化した時代の流れは土方達に過酷な運命をもたらす。
新撰組は旧幕府軍に従い、戊辰戦争に参加する。しかし初戦の羽・伏見の戦いで敗北し、江戸に撤退。
その後甲陽鎮撫隊と名をめ、新政府軍の甲府進軍を阻止する任を与えられたが、甲州勝沼の戦いにおいて敗退。再起をかけて流山へと落ち延びた近藤勇が新政府軍に捕らえられて処刑され、結核のため戦線を離脱していた沖田総司江戸死亡した。

二の友を失った土方は、その後も残った隊士らと共に宇都宮会津と転戦する。
最後に夷地(現在北海道)・五稜にて榎本武揚と合流した土方は、二股口の戦いや宮古戦で活躍したが、明治2(1869)年5月11日、一本木関門の戦闘で揮を執っていた所を弾に倒れ、その生涯を閉じた。享年35(満34)。

鬼の副長

土方歳三をる上では、の副長」と呼ばれる所以となった様々なエピソードは欠かせないだろう。
厳しい中法度・局中法度を考案し、隊規に背いた者に対しては、たとえ山南敬助のような幹部であっても容赦なく切腹を命じた。また上述の通り池田屋事件に際してしい拷問を行うなど、苛で冷酷な人物として隊士からも恐れられていたとられている。

その一方、非常に面倒見のいい人物だったとも言われる。
新撰組剣術稽古ではいつも胴を着け汗を流して導をしていたほか、戦争の頃には若い隊士を連れて飲食に出かけ、相談に乗るなど「温和で、のように慕われていた」という言がある。
古くからの仲間を失い、遠からず敗北が見える戦局にあって、この地が自分の死に場所と悟り穏やかになったとも、明日の命を保できない隊士達の士気を上げようとした為とも考えられている。

その他

  • 色白で端正な顔立ちをしており、当時としては長身であったことも手伝って、非常にモテたという。
    京都にいる時、地元の仲間にモテ自慢をするため、芸者や舞達から貰った恋文の束に「報の心ころわするゝ婦人哉」という句をつけて送りつけたというエピソードは有名。
  • 実家で製造・販売していた「石田」は折や打ち身、創に効果があると言われていた。効果はさておき人気は高く、江戸中だけでも400軒近い得意先があったという。
  • 剣術の腕前については、天然理心流をベースに様々な流ミックスして使っていたとされる。中極意録止まりだったが、実戦となると恐ろしく強く、足元の砂を蹴り上げて相手がひるんだ隙にった、組みついて羽織の紐で絞殺したなどの話が残っている。
  • 較的柔軟な思考を持った合理義者であったとされ、新撰組の中ではい段階でを用いた戦闘の限界を感じ、洋式軍備を進めていた。戊辰戦争以後は好んで洋装をし、近代戦術を用いて戦果を挙げている。最も知られている肖像写真は、この頃撮影されたという。
  • 和歌や俳諧を嗜む流人でもあった。書き貯めた句は自ら「豊玉発句集」としてまとめている。良く言って技巧におもねらず素な、悪く言ってそのまんまの句が残されている。
  • 和泉守兼定大和守秀脇差堀川国広
    このうち和泉守兼定函館戦争後、遺と共に日野佐藤に帰っており、現在東京都日野の「土方歳三資料館」に所蔵。毎年土方命日などに合わせて開されている。
    また大和守秀会津戦争の折に会津士・秋月種明に託された一振が現存している。
  • 漫画家荒木飛呂彦と似ている事、全く年齢を感じさせない事から、たびたび同一人物としてネタにされている。

後世の創作

その波乱に満ちた生涯から、多くの作品に登場している。

最もよく知られるのは司馬遼太郎小説であろう。長編小説「燃えよでは主人公として描かれ、短編集新選組録」においても「の副長」としての姿が多く描かれている。
大島遺作となった映画「御法度」は「新選組録」の二編を原作としており、の副長として隊内で起きた不可解かつ淫な騒動に相対する土方を、ビートたけしが演じて話題となった。

変わり種では吉岡小説火星の土方歳三」が挙げられる。
戦争で命を落とした土方が、魂となって尚も戦をめた結果火星に転生、大冒険を描いたぶっとんだ内容……というかSF古典火星シリーズパロディである。

もう一つ変わり種としては、京極夏彦小説ヒトごろしも挙げられる。
りとしての狂気に煽られ、「合法的に人を殺せる組織」として新選組を作るという、従来にはない新な「人外」としての土方歳三を描いている。

NHK大河ドラマ新選組!では山本耕史土方を演じ、好評を博した。
香取慎吾演じる近藤勇の処刑をもって終わった本編に対し、視聴者から続編の要望が多数届き、後に特別編「土方歳三 最期の一日」制作・放送されている。

野田サトルの漫画ゴールデンカムイでは、戦争を生き延び、網走に収監されていたという設定で登場。老いてなお眼鋭い老人で、年齢からは信じがたい高い身体を持つ。
的は秘したまま、アイヌが秘匿した塊を手に入れんと再起、脱獄。手始めにウィンチェスターM1892を手に銀行を襲撃して和泉守兼定を取り戻し、第七師団の撃滅を論む。

乙女ゲーム薄桜鬼シリーズにおいては、攻略・重要人物として登場。独自の設定を取り入れた幕末において、ヒロインにして主人公雪村千鶴と関わりを持つ事となる。
後にアニメ化舞台化され、様々な物語が描かれる事となった。

ソーシャルゲームFate/Grand Orderにおいてはサーヴァント幕末バーサーカーとして登場。本来理性が飛んでいるバーサーカークラスにありながら、戦術としての理性を併せ持つ。
宝具「不滅の」は自身のHPが少ないほど威が増す単体攻撃で、リスクは高いがうまくやれば膨大なHPを誇る敵を1ターンキルできる高威と化す。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%9C%9F%E6%96%B9%E6%AD%B3%E4%B8%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

土方歳三

41 ななしのよっしん
2017/09/10(日) 19:16:02 ID: oU9l+Ce1fP
>>40
Fateとかゴールデンカムイでやたら沢あん喰ってるイメージだったけど、
実際、地元にはないのかあ。商機を逃してるぞー
42 ななしのよっしん
2017/09/12(火) 09:39:01 ID: nfiRnwKhzn
>>41
レスがついてからはたして本当にないのかと調べなおしたら、
年末~2月ごろだったら高幡不動でも売ってるらしいです
ttp://shinsenhino.com/archives/weekly/120110223338.php
なんでそんな時期だけかというと半端な土産物ではなくて
大根からして昔のままの伝統的なものが細々とだけど現存していての「東たくあん」だからということで…
ガチすぎる。そして尊敬に値すると思った
43 ななしのよっしん
2018/01/09(火) 21:28:50 ID: cPcnAiJkaa
所詮土木作業員
44 ななしのよっしん
2018/02/25(日) 23:23:03 ID: cRVsE9p/SX
>>43
殺ったぜ。 投稿者:変態糞土方(ひじかた)
45 ななしのよっしん
2018/06/26(火) 01:25:14 ID: qeS5T4Z0Bn
北方健三の「黒龍役)」「莽枯れ行く(要人物)」での描かれ方は実に良かった
描写自体はかなり開明的なのと破滅覚悟で保守的なので逆なんだがどっちもしっくりくる
46 ななしのよっしん
2018/10/31(水) 07:21:07 ID: HEmoOHx0VD
>>37
小説イメージは言い過ぎじゃないかな
の副長説のソース
・局中法度は当時としても過酷な掟であり、多くのメンバー切腹処分になった。その立案者が土方である
池田屋事件前に古高に行った凄惨な拷問
全部を小説創作できるか?それほどに数の不逞浪士から京都を守り、
かつ自らも武集団として堕落せず任務を果たすのは困難だったのだろう

はむしろ、副長としては苛だけど後輩に優しく女性や子供にも優しかった説を推す
人間って一面だけの存在じゃないっしょ
47 ななしのよっしん
2018/10/31(水) 20:12:17 ID: bzCs+yb2Li
「いくつになっても男子は、を振り回すのが好きだろう?」

中田=サン、「PEACE MAKER 鐡」の若ひ
48 ななしのよっしん
2018/10/31(水) 20:13:57 ID: bzCs+yb2Li
「いくつになっても男子は、を振り回すのが好きだろう?」

中田=サン、「PEACE MAKER 鐡」の土方よりもノリノリっぽく感じるのは自分だけだろうか?
49 ななしのよっしん
2018/12/02(日) 01:30:32 ID: P76CczqRBb
>>45
両方読んだけど北方先生西郷どんが嫌いなのだろうか?
いくら何でもあそこまで悪辣に西郷のことを描写する理由はいと思うが
50 ななしのよっしん
2019/04/03(水) 11:22:35 ID: zvZ9F+YHDc
たまにフィクションで「の時代が終わっての時代になった」ことにサムライとしての哀愁を感じる土方歳三が出てくるけど
この人絶対嬉々として撃ってたわ