Luxさんのページ

Luxユーザー

  • 4
  • 0pt
掲示板へ

内外問わず競馬を見てます。ニコ百に書いてるのは海外記事。極稀にMAD作者

作成した記事

競走馬

レース

その他

他、気になった記事(初版が古くてアバウトな記事だと特に)の加筆修正など……(アヌスミラビリスの記事はホントに酷かった)
以前編集々で(これを入れる入れないで)揉めたのを見たこともあるので、そういう議論にならないように下地だけは作ってある……つもりです

血統表



FNo.

クロス:

記事草稿

インヴァソール(Invasor)とは、2002年アルゼンチンまれの競走馬・種である。

ウルグアイデビューして同三冠を達成し、スペイン語で「侵略者」を意味する[1]その名を表すかのようにアメリカに移籍して大活躍を挙げた。

概要

Candy Stripes、QuendomInterpreteという血統。

キャンディトライプスはバブルガムフェローの11歳上の半で、競走成績は6戦2勝、重賞での最高成績はプール・デッセ・デ・プーラン(GI)での2着が最高というだったが、種として輸出されたアルゼンチンで大成功し、1995/96シーズン(南四季が逆なので1シーズンが年を跨ぎ、の繁殖期やシーズンの始まりは7~9月頃になる。以下同様)のリーディンサイアーとなった。
クェンドムアルゼンチンの土着系の出身で、不出走系祖先を遡っていくとプリティーポリーに行き着く。
インテルレテアルゼンチンで走り、同2000ギニーに該当するポージャ・デ・ポトリージョス大賞(GI)などGI4勝を含む8戦6勝。

アルゼンチンで生産され、2歳時にウルグアイ馬主に2万ドルで購入された。ウルグアイのアニバル・サン・マルティン調教師に預けられた。

ウルグアイ三冠

ウルグアイパートIIであるため、本節での競走格付けは内独自のもの

2005年2月ウルグアイ三冠競走全てを開催している競馬場であるマローニャス競馬場デビューし6身3/4差で圧勝した。

になってシーズンが変わると、始動戦のクラシコ・エンサージョ(GIII)を2身半差で楽勝して臨んだ一冠のポージャ・デ・ポトリージョス大賞(GI・1600m)も不良馬場の中を駆け抜け5身3/4差で圧勝した。続く二冠ジョッキークラブ大賞(GI・2000m)および三冠のナシオナル大賞(GI・2500m)もそれぞれ3身半・6身半差で他をあっさり一蹴し、危なげなくウルグアイ三冠を達成した。

三冠競走での圧倒的パフォーマンスにより、翌年1月に開催される古混合のウルグアイ最大のレースであるホセペドロ・ラミレス際大賞(GI)でも大本命とされたが、ここでドバイハムダン殿下140ドルという巨額で本を購入。同レースには出走せず、このシーズンウルグアイ年度代表・同最優秀3歳タイトルを手土産アメリカに移籍することとなった。ウルグアイ内で高まっていた本人気は移籍しても落ちることはなく、本が出走するレースの同時中継が行われるなど、変わらない支持を受け続けた。

南半球からの侵略者

キアラン・マクロリン調教師の元に転厩した本はまず2006年の初戦としてUAEダービー(GII)に出走したが、勝利した*ディスクリートキャットから大きく離され、2番手争いではテスティモニーと日本からヒヤシンスSを勝って遠征したフラムドパシオンの両に僅差で遅れ4着だった。

しかし、本はここから価を見せることになる。アメリカでの初戦・ピムリコスペシャルハンデキャップ(GI・9.5ハロン)では5頭中4番人気であったが、逃げワンダリンボーイを2番手から直線で交わすとこれに1身1/4差をつけて勝利。続くサバーバンハンデキャップ(GI・10ハロン)では以降の戦となる当時18歳の若手フェルナンド・ハラ騎手と初コンビを組み、先行集団から4で抜け出すと直線で後続を突き放して4身1/4差で勝利した。更にホイットニーハンデキャップ(GI・9ハロン)もハナ差で勝利した。

この後はジョッキークラブゴールドカップを予定していたがレース前週に熱発したため、ブリーダーズカップクラシックに直行することとなった。このレースでは初勝利からプリークネスSトラヴァーズSジョッキークラブゴールドカップのGI3勝を含めて全て圧勝で6連勝中、その途上で付けた着差は合計40身という強3歳バーナーディニが1番人気5歳を迎えて本格化し当年GI4勝を含む7戦7勝で挑んできたラヴマンが2番人気に推され、インヴァソールは3番人気となった。

レースラヴマンが先行してバーナーディニがその後ろの好位グループインヴァソールは中団からの競馬となった。バーナーディニは3から強気に進出して直線入口で先頭に立ったが、インヴァソールも4で外を回してこれを追撃。抜け出したバーナーディニに迫ると遂に残り1ハロン付近でこれを捉え、1身差を付けて勝利した。これにより、エクリプス賞最優秀古、そしてとして初となるエクリプス賞年度代表となった。騎乗したハラ騎手も当時のブリーダーズカップ最年少優勝記録を立した。

年が明けて2007年は、まずドンハンデキャップ(GI・9ハロン)を失速してきた逃げに進路を塞がれる場面を見せつつ2身差できっちり勝利。1年ぶりにドバイへ遠征し、今度はドバイワールドカップに出走した。前年のUAEダービーで本に勝った後に5ヶほど休養したが復帰後はシガーマイルハンデキャップ(GI)を含め3連勝し未だ6戦敗の*ディスクリートキャット、前年にウッドワードSを勝ちブリーダーズカップクラシックでは本の3着に入っていたプレミアムタップな対戦相手となった。

レースが始まるとプレミアムタップ先手を取り、出負けしてリズムに乗れない*ディスクリートキャットをに本は3番手外から追走。3~4コーナーからプレミアムタップの外キープするように仕掛けると直線では一騎討ちとなった。3番手をうかがうブリシュラックや終始番手にいたヴァーミリアンを大きく突き放していくインヴァソールプレミアムタップの争いがしばらく続いたが、残り150m地点からグンと伸びた本が前に出ると、そのままじわじわと差をつけて最後は1身3/4差で勝した。3番手に上がったブリシュラックはプレミアムタップから8身差、4着のヴァーミリアンがそこから5身1/4差、以下シンガリの*ディスクリートキャットまで2身半・2身3/4・2身3/4差と、上位2頭以外はバラけた態勢でのゴールとなった。

その後はサバーバンハンデキャップ連覇を狙うなどの現役続行の予定があったが、調教中に右後脚を折し、6月引退が発表された。通算成績は12戦11勝・際GI6勝で、UAEダービー4着以外は後にも先にも他に後れを取ったことがなかった。

引退後はハムダン殿下シャドウェルファームで種入りしたがイマイチな成績に終わり、2015年からはウルグアイで繋養されている。2013年アメリカ競馬殿堂入りを果たしている。

血統表

Candy Stripes
1982 栗毛
Blushing Groom
1974 栗毛
Red God Nasrullah
Spring Run
Runaway Bride Wild Risk
Aimee
*バブルカンパニー
Bubble Company
1977 栗毛
Lyphard Northern Dancer
Goofed
Prodice Prominer
Euridice
Quendom
1997 青毛
FNo.14-c
Interprete
1988 鹿毛
Farnesio Good Manners
La Farnesina
Inaccesible Liloy
Iliada
Queen of Victory
1990 黒鹿毛
Cipayo Lacydon
Tsarina
Twitch Crown Crown Thy Good
Twins

クロス:アウトブリード

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *スペイン語ではvとbの発音を区別しないため、厳密に原通りの発音を重視する場合の表記は「インソール」などとなる。

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/u/68017095

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

Lux

23 ななしのよっしん
2020/03/27(金) 18:20:11 ID: GBAyAypDIn
独り言:JCを勝った、あらかた記事できてると思ったら5頭残ってた。とりあえずケルソ書いてアメリカ競馬は結構食傷気味なのでどうしたもんかなぁ。あと単体動画すらニコニコルグロリューェ…
24 Lux
2020/03/27(金) 18:21:29 ID: GBAyAypDIn
>>23 と思ったらランドもいないのか。じゃあ残り6頭か
25 Lux
2020/03/31(火) 11:33:21 ID: /S5aW9wLvY
独り言:ルグロリュー動画、いつの間に上がったのかと思ったらあれ編集してる間か……
26 Lux
2020/04/01(水) 00:43:13 ID: GBAyAypDIn
JC勝ち残り
ベタールースンアップ
ランド(「ランド(競走馬)」で立てるべきかな)
ファルブラヴ
27 Lux
2020/04/01(水) 02:21:34 ID: GBAyAypDIn
>>26
28 Lux
2020/04/01(水) 02:22:40 ID: GBAyAypDIn
間違えたので訂正

>>26海外だけです。日本だとショウナンパンドラスワーヴリチャードシュヴァルグランがまだい(はずだ)けど、そこは詳しい人にお任せします
29 ななしのよっしん
2020/08/18(火) 19:33:25 ID: GBAyAypDIn
独り言:結局ショウナンパンドラを自分で書いてしまった
30 ななしのよっしん
2020/08/27(木) 18:58:04 ID: GBAyAypDIn
独り言:時間があったので海外記事巡りして気になった記事をドドドッと加筆修正。次は何書こうかな
31 ななしのよっしん
2020/12/08(火) 16:16:47 ID: GBAyAypDIn
独り言:色々思うところがあったので試験的にプレ取りました。諸般の編集とか、その他諸々やっていきたいと思います
32 ななしのよっしん
2021/05/27(木) 11:12:44 ID: GBAyAypDIn
独り言:いつの間にか>>14大分消化できてた

5.日本が遠征した凱旋門賞の勝ち
レヴモス、サンサン、マリエンバードバゴレイルリンクソレミア

6.日本が遠征したその他の海外レースのうち著名なものの勝ち・出走(独断と偏見による)
ハイランドリールサンダースノーインヴァソールディスクリートキャット、セントニコラアビーシルバーチャームキャプテンスティーヴアルファベットスープスキップアウェイレイヴンズパスブレイム