獣人(ファイアーエムブレム)単語

ジュウジン
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

ここではファイアーエムブレムに登場する、などに変身して戦うユニットクラスを紹介する。
作品毎に設定や名称・性質が異なり、ゲーム内では種族名で呼称されるので、獣人という表現は公式ではないことに注意。

変身するユニットについてはマムクートを参照。

概要

FE世界には、通常の人の他に「人ならざる者」と言える種族が存在している。
元々は伝説族であるマムクートのごく少数のみがその位置にあったが、蒼炎の軌跡および暁の女神で従来の人間にあたる「べオク」と変身するを持つ「ラグズ」の大きく分けて2種族が入り混じった世界観が描かれ、これ以降の作品である覚醒ifにて少数ながら変身するユニット仲間になるようになった。
覚醒ifに登場する種族はマムクートラグズとは違いストーリーの本館には関わらない。
また、獣人系の種族は作品毎に種族名や性質・設定が異なり、共通点は「変身すること」のみで、覚醒ifだけでも石で変身するという点しか共通点はない。

作品毎に変身システムは異なるが、いずれにおいてもその作品のマムクートと共通のシステムが採用されている。
通常のユニット較すると全体的に高いステータスを持っており、三すくみの影を受けないという安定性も武器となる。しかし、武器が使えないため特効や間接攻撃ができず、器に相当するものがなく極まった最大火力では負けやすいなど全体的に見て不器用さが弱点となる。
同じ変身ユニットであるマムクート較すると、意図的に強く作られているが鈍重なマムクートに対して素ユニットが多い傾向にある。

あまり敵として戦う機会はないだろうが、何かしらの特攻がある場合が多く対処はしやすい。
また、間接攻撃が苦手なため遠距離から攻撃するのが有効。

蒼炎の軌跡

テリウス大陸人間には「ベオク」と「ラグズ」の2種族があり、ラグズはヒトの姿から動物の姿へ「化身」するを備えており、牙族・族・鱗族の3つに分類される。
FEシリーズにはマムクートと言うの種族が存在するが、ラグズはあくまで人間の一種であり、ヒトの姿が本来の状態である。(マムクートを封印し、世界に適合した形をとるとヒトの姿になる)
ヒトの姿でも尻尾など種族の特徴が表れているが、戦闘皆無である。化身した場合の身体はベオク(ヒト)を駕するが、化身には体を消費するため極戦闘以外での化身は避けている。
基本的に同族以外で子供は一切出来ないが、例外としてベオクとの間には稀に生まれる。しかし、その子供にはラグズの特徴(容姿・化身)が一切なく親側のラグズにも影が出るため、この混血に関しては根深い問題が発生している。

化身している間は高いを誇るが、化身解除している間はステータスが低下し攻撃もできないため、ゲージの値には常に注意する必要がある。
例外的に終章で援軍に呼べるティバーン・ネサラ・ジフカは化身の腕輪を装備しており常時化身を維持できる。またアイクラグネル同様アシュナードダメージを与えられる。

獣牙族

クラス 化身 クラス 変身形式
牙族() 化身ゲージ(ゲージMAXで強制化身)
牙族(虎) 化身ゲージ(ゲージMAXで強制化身)
牙族(獅子) 獅子 化身ゲージ(ゲージMAXで強制化身)

に化身する種族で獅子・虎・の民が存在し、多くはガリア王に住む。ヒトの姿はその種族の尻尾が生え、種族によっては独特な文様がある。
種族全体の傾向としては同胞意識が強くまた好戦的で、策よりも任せの戦法を好む。
寿命はベオクの5〜6倍で、ラグズのなかでは一番寿命が短い。

序盤にガリア王戦士であるレテ()とモゥディ(虎)が加入し、中盤でベグニオンの『ラグ奴隷解放軍』の一員であるムワリム(虎)が加わる。序盤から登場していたライ()はクリミア帰還時に参戦する。
ガリア王カイネギスは本作では参戦しないが、終章の選択で獅子王の影ジフカ(獅子)を援軍に呼ぶことができる。

鳥翼族

クラス 化身 クラス 変身形式
族(タカ) タカ 化身ゲージ(ゲージMAXで強制化身)
族(カラス) カラス 化身ゲージ(ゲージMAXで強制化身)

に化身する種族で、タカカラスサギの民が存在する。ヒトの姿でも背中を持ち、飛行がある。サギの民に関しては踊り子(ファイアーエムブレム)を参照。
かつては牙族と同様一つので共存していたが、現在タカの民はフェニキス王カラスの民はキルヴァス王に住んでいる。
寿命タカカラスがベオクの10倍、サギ1000年以上。

タカの民はセリノスのでベオクと和解し、18章でウルキ・ヤナフが加入する。フェニキス王ティバーンは終章の援軍に呼べるほかに2回友軍として参戦し圧倒的な強さを見せてくれる。

カラスの民は中盤に敵として多く登場する。キルヴァス王ネサラとは19章で敵対するがかなりの強敵なのでリュシオンと会話させて撤退させたい。終章では選択で援軍に呼べる。

竜鱗族

に化身する種族で、白竜が存在する。基本的に他族と関わらない結果ベオク側では書物上の伝説の様な存在となっており、ヒトの姿はベオクとほとんど容姿が変わらない事(肌色位)も合わさり、ほとんど区別がつかない。
他の種族より負の気に飲まれやすく、一度戦い始めると決着が付くまで止められない一面がある(他族と関わらない要因の一つ)。
滅多に子が生まれず個体数も少ない。また、時間感覚もベオクと大幅にズレている。ラグズのなかでも最も長寿で、2000年以上の寿命を持つ。

詳細はマムクートの項を参照のこと。

なりそこない

ラグズの戦闘力を付けたベオクによる人体実験の産物である。
劇薬により精を破壊され、化身状態のまま「命に忠実」かつ「強大な戦闘」を持つ戦い続ける奴隷となる。化身状態は先述したように体を消耗し続けるため、「なりそこない」にされた者はその負担により、寿命が大幅に削らてゆく。
この状態から元に戻るには精を回復させる特別なが必要となり、その手段が判明するまで打つ手はかった。ちなみに使用する劇薬は、ベオクにも同様に効果がある。

暁の女神

前作と同様化身ゲージMAXになると化身できるが、ステージ開始時のゲージ全員0になった。オリウイや化身の石によってゲージ調整が可になったものの運用はやや困難になったといえる。
そんな中ラグズ王達は専用スキル「王者」で常時化身可義などの強スキルを初期習得、そもそもステータスが鍛え上げたラグズを余裕で上回るなどの反則的な性を誇る。

獣牙族

クラス 化身 クラス 変身形式
ビーストトライブ/キャット
牙族/

キャット

化身ゲージ(ゲージMAXで任意に化身)
ビーストトライブ/タイガー
牙族/虎

タイガー

化身ゲージ(ゲージMAXで任意に化身)
ビーストトライブ/ウルフ
牙族/

ウルフ

化身ゲージ(ゲージMAXで任意に化身)
ビーストトライブ/ライオン
牙族/獅子

ライオン
獅子

化身ゲージ(ゲージMAXで任意に化身)
クィーンウルフ
女王

ウルフ

常時化身可
キングライオン
獅子王

ライオン
獅子

常時化身可

今作では・虎・獅子に加え、過去の大洪水により滅びたと伝えられていたの民が登場する。

第一部中盤でオルグ()が加入する。スキル「半化身」によりゲージの心配は不要だが値は控えめ。その後にムワリムが加わる。終盤では女王ニケが参戦し、ラグズ王のをこれでもかと見せつけてくれる。
第二部でレテモゥディが加入し、第三部ではライ・キサ(虎)・リィレ()が加入する。
第四部開始時にスクリミル(獅子)が加入する他、終章でジフカと共に獅子王カイネギスが参戦する。

鳥翼族

クラス 化身 クラス 変身形式
バートライブ/ホーク
族/

ホーク

化身ゲージ(ゲージMAXで任意に化身)
バートライブ/クロウ
族/

クロウ

化身ゲージ(ゲージMAXで任意に化身)
キングホーク

ホーク

常時化身可
キングクロウ

クロウ

常時化身可

武器特効が2→3倍になったため、魔法には注意が必要。特にティバーンやネサラですら落とされる可性がある。

第一部中盤で『ラグ奴隷解放軍』の一員のビーゼ()が加入する。
第二部開始時に前作でもイベントで登場していたニアルチ()がリアーネに付き添って加入する。
第三部中盤でヤナフとウルキがリュシオンを護衛するために参戦する。
第四部では王ネサラティバーンが参戦する。

覚醒

特殊 変身形式
タグエル 石:補正付き武器扱い(補充可)

タグエルはの姿に変身する戦士であり、「石」というアイテム(作中では武器扱い)を使用することで変身し戦う。変身前は人間に近いが所々毛深く、ウサギを垂らしている。
本編時点で純なタグエルはベルベットを残し絶滅している。過去に何があったのかは本編でほとんど触れられず、支援会話などから断片的に知るしかない。
ゲームシステム上はクラスとして扱われるがあくまでも種族であるため、マイユニットや配信ユニットなどシステム上全職の資質を持つユニットであっても職業には含まれず、なれるものは限られる。

技・速さが高く傭兵などに近いステータスで、武器は射程1の専用装備「石」、上位の「超獣石」の2種類。どちらも店売り(石と共に宝石として売られている)。
他のクラスと大差ない上限値に石の大きな補正が乗るものの、攻撃があまり高くない上にその点を錬成武器や勇者武器で補うことができないため打点が低く、また遠距離に対する対抗手段がいという点もかなり辛い
や○殺し、回避系スキルでの対策必須。スキル偶数ターンに強くなる「バイオリズム偶数」、タグエル時に騎に特効が付く「特効」を覚える。
上級職は存在せず、他のクラスクラスチェンジはできるが常に属性が付く。

ベルベットはイーリスに受けた恩を返すためと、何の前触れもなく突然登場する。
シャンブレー未来から来たベルベットの子で、ベルベット支援Sになると登場する。人間とのハーフで、種族の絶滅を恐れている。
また、ベルベットルフレ結婚する事で子供マークにもタグエルの血が流れることになる。

if

下級 CC 上級 変身形式
妖狐 九尾の狐 石:補正付き武器扱い(制限)
ガル マーナガル 石:補正付き武器扱い(制限)

白夜内には人を化かすという長寿のである「妖狐」、暗内には人を喰らうと伝えられる人狼の「ガルー」と、両に1種づつ変身できる種族がいる。習得スキルは発動条件が異なるだけで効果は同じだが、ステータスの成長傾向が異なる。
覚醒と同様、石や石は補正つきの武器扱いとなっているが、本作では全ての武器が使用回数制限になったことで、結果的に初代暗マムクートと同じシステムに回帰した。
また、分岐こそしないが通常のクラスチェンジに組み込まれ下級と上級に分けられた。
今回は素のが高い分、石の補正が減少し下がるもあるが、石によって補正が異なるため敵と状況によってを変化させて戦うことができる。
また、この兵種は種族なので遺伝はするが親友や配偶者に渡すことはできず、親友や配偶者にはそのキャラの持つもう一方の素質がいくようになっている。

妖狐は見たまんまであり、恩返し大好きなニシキ、そのである遊び大好きなキヌ仲間になる。
簡単に言うと魔防が高い士系というべきキャラで、回避率は高いが物理防御がかなり低いので気をつけよう。スキルは自分がガルーか妖狐なら攻撃が特効になる「特効」、そして偶数ターンに相手に与えるダメージが増える「偶像の幻」の2つ。
上級職は九尾の狐で、強い霊が備わり2つの狐火を携え、変身時の体毛がくなる。スキル偶数ターンHPを回復する「偶然のまどろみ」、戦闘後相手のHPを2割削る「四牙」を習得する。

ニシキ妖狐の長なのだが、恩返しのをしており白夜側ではカムイ達に助けられた恩返しの為仲間になる。個人スキルもそのまま「恩返し」でありで回復してもらうと回復した分のHPを相手も回復するというものになっている。素さが高いので回避としての運用となる。もう一つの資質は呪術師クラス自体はニシキとあまり合わないが、「おみくじ」や「破」など覚えておくと便利なスキルがある。
キヌ父親よりも技・素さ・幸運・魔防が伸びやすいがHP・守備はやや低め。個人スキル「じゃれつき」は隣接する敵のHPを5下げる。

ガルーは人狼で、狼男イエティを足したようなもふもふでマッシブな見たをしている。子供っぽいが素直じゃないフランネル、そのである父親大好きなベロア仲間になる。
HP速さ・守備がバランス良くまとまっており、石の補正によって素くも重戦車にもなれるため、物理での殴り合いには滅法強い。スキル妖狐と同じ「特効」、奇数ターンに敵に与えるダメージが大増える「奇襲の牙」の2つ。
上級職はマーナガルムで、変身時の体色がくなり、一が生える。スキル奇数ターン開始時にHPを回復する「奇妙な鳴き」、九尾の狐と同じ「四牙」を習得できる。

フランネルガルーの群れのリーダーなのだが、暗側だと迷子になってた所を拾われて仲間になる。
HP・守備と物理面で高いステータスに加え、スキル特効や回復がつくため物理での殴り合いなら圧倒的に強く、魔法特効に気をつければ活躍できる。個人スキルは7ターンまで幸運で食材や鉱石を3つ拾う「拾いもの」で、戦闘には直接は関係ないが育成面(武器強化)では必須のキャラである。もう一つの資質はアクスファイター。つまり狼男なのに自で「太陽」を覚え、「月光」は覚えないわけである。
ロアバランスの良い成長をする。個人スキルターン開始時に幸運%HPが10回復する「ひろい食い」。

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%8D%A3%E4%BA%BA%28%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%83%A0%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%A0%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

獣人(ファイアーエムブレム)

13 不明
◆LD/Mo133GA 2016/07/30(土) 15:14:52 ID: E7RTGMiuHZ
>>10で示したような「排斥」をな理由とするならば納得できない。
が、今のように「でない変身するユニット」についてきちんと書かれ記事として十分な記述になるならば、ペガサスナイトドラゴンナイトぐらい差もありますので分割するに足るかと思います。
(以前分割を企ては人は、過去作にいたラグズについて追記する気がまるでなく、排除的だったのがに見えてたし)

ところで、記事名が代表的なクラス名になっている他の記事名の慣例に則り、この記事名をラグズ(ファイアーエムブレム)として良いでしょうか。いはタグエルか。
14 ななしのよっしん
2016/07/30(土) 16:25:17 ID: mYSMW6vmpV
その慣例とやらを当たり前のように出されるのに違和感があるが……

まあ、実際にゲーム上での名称に合わせる方が好ましくはあるだろうし、その際初出のものに統一するのは妥当ではあるだろうけど

記事名変えるんなら記事冒頭か概要に「作品により名称が異なり、その内の一つで便宜統合して扱う」旨を載せて欲しい
15 ななしのよっしん
2016/07/30(土) 17:43:53 ID: mSA32RUO5X
その慣例(記事名とユニット区分)を大体あなた一人でしか運用・通用してないから話がこんがらがっているわけで・・・。

騎士とか士とかの人間の『職業』と違って、「種族=ユニット名」なんだから
もうちょいなんだろうね?上手く言葉が思いつかないけど。

あと一応言っておくけど、「ひとならざるもの」自体は、エレブ大陸(封印・烈火)だけで使われた言葉だからな~
16 ななしのよっしん
2016/08/17(水) 04:11:32 ID: h0OHywhnnQ
記事名が獣人なのになぜ記事冒頭説明がラグズとは~で始まるんだ
ラグズはFEシリーズ共通用ではなく炎との用。勘違いしないでほしい

あと勝手に「慣例」とか言ってるけど他のFE関連記事でもこの編集方針は猛反発されてるからね
これだけ自分の編集基準がブーイング受けてるのに何で懲りないんだ
17 ななしのよっしん
2017/05/21(日) 20:51:59 ID: j/++GA/wPd
テリウス大陸では人間って言葉に重要な意味が含まれてるから、少し修正してほしい
18 ななしのよっしん
2017/09/12(火) 13:41:34 ID: LGVWlmtwEX
記事名をラグズにするのもおかしいがラグズでリダイレクトしないのもおかしい
19 ななしのよっしん
2017/09/13(水) 06:08:33 ID: mYSMW6vmpV
おかしいと思うならお前さんがリダイレクトさせるんじゃよ
でなければかに頼むなり
20 ななしのよっしん
2019/03/26(火) 16:48:24 ID: 6axAnMnLp4
ファイアーエムブレムにおける格闘クラスという立ち位置かな?
21 ななしのよっしん
2019/03/28(木) 09:23:39 ID: 9aP/mHGwCn
まあや牙を格闘とするならとか
や牙で攻撃しないなとかあるけど
たぶんそんな感じの差別化だよね

武器限回が嬉しい
強すぎると思ったのは炎じゃゲージ管理しんどすぎたけど
22 ななしのよっしん
2019/06/10(月) 08:47:39 ID: 6axAnMnLp4
でもドラクエみたいに必殺の一撃を連発したり、FFみたいに攻撃回数が多い訳ではないからイマイチパッとしない。

FE世界観的に格闘ミスマッチだからか?

急上昇ワード

2019/12/06(金)22時更新