魔道士(ファイアーエムブレム)単語

マージ
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

魔道士(ファイアーエムブレム)とは、魔法を操り敵を攻撃する者である。
魔法の系統は作品によってばらつきがあるが、ここではいわゆる「普通の魔法使い」について、他の魔法系と較しながら扱う。

概要

魔法で攻撃する者であり、物理攻撃系のクラスとは一味違った性を持つ。
原則として直間両用のユニットであり、やや打たれ弱い事が多い。

ファイアーエムブレムシリーズにおける重要なユニットの一つで、直間両用の魔法によって近接系には遠くから、アーチャーなら接近して有利に戦う事ができる。
また、魔法による攻撃は「守備」ではなく「魔防」によって決定されるため、頑丈な敵へも攻撃が通りやすく、特に守備が高いドラゴンナイト、アーマーナイト、マムクートに対して非常に有効。

同じように間接攻撃できるアーチャー系や「手」「手」が競合相手となり、作品毎の戦士系の魔防の伸びの影を受けるものの、その特異性からいないと困るのは確かで、メンバーに一人か二人は欲しい所である。

初期のころは魔道士だけであったが、聖戦の系譜から魔法属性による区分が付き、まず「炎」「」「」で三すくみとし、・闇はこの3属性に対し有利になる。GBAシリーズ以降では炎、などをめて「理」とし、「理」「光」「闇」で三すくみができている。

上級職は、以前は回復魔法を使うシスター僧侶と統合されても使える「祭」になっていたが、魔の使い手と職者が全く同じというのはやはりおかしいと思ったのか、こちらも作品が進むと分化し現在は「賢者」となりが使えるようになるのが一般的である。このが使えるという事は前衛職の使用武器が増えるのとはやや意味合いが異なり、「手がいたら回復役ができるようになる」という重要な意味がある。

男性のマージはなぜか太もも要員であることが多い。

また、作品によっては精霊加護などの理由でダークマージ系や僧侶系の魔法職と共に飛行系以外で砂漠で移動が落ちないという特性を持つ(ただしマージナイトなどに乗る職は対外)。特に砂漠マップは各作品のどこかしらで必ず出るほど定番となっているため、いるといないとでは行軍速度や範囲に大きな違いが出る。

強さの変遷

いないと困る、とにかく困る。けど魔道士ばっかりでも困る。
バランスが大事。

暗黒竜と光の剣

下級 CC 上級
まどうし(魔法) しさい(魔法)

魔法の回避率=幸運の値で、速さや地形効果は影しない仕様のため門や玉座に居座るボス相手にはかなり有効。ただし、威魔道書全に依存しているので、いくら鍛えても魔道書を変えなければ火力は変わらないことには注意。
また、ドーピングアイテム魔除けは魔防+7と。Mシールドまたは聖水と合わせることでトロン(威13)ですら効化も可
味方では以下の5人が仲間になる。

外伝

見習い Lv3 下級 Lv12 上級
村人(剣) 魔道士(黒魔法) 賢者(黒魔法・魔法)
官(黒魔法・魔法)

他の作品とは異なり、魔法自分のHPを消費して攻撃する仕様のため残りHPが少ないと発動できないことがなる。なお、他作品ではに相当する魔法リザイアを除いて全てHPを消費する
クラスチェンジは少々特殊で、男性賢者女性官にクラスチェンジ主人公であるセリカのみさらにそこからプリンセスクラスチェンジ
また、キャラクターによって覚える魔法や使える魔法が異なるのも特徴。魔道士賢者官は「ファイアー」(賢者官にクラスチェンジで「リカバー」も追加)、シスター女は「リザイア」を全員共通で使えるが、それ以外は覚える魔法も習得するレベルもてんでバラバラ

アルム軍にはリュートデューテセリカ軍にはメイボーイソニアノーマが加入する。

村人傭兵系のキャラクター魔道士になった場合の魔法の修得が個別に設定されているが、初期のファイアー以外に1つか2つ覚える程度と大したことはない。そんな中、クリフが特に魔法を多く覚え、男性一「オーラ」を使うことができるなど妙に優遇されている。

敵専用クラスとして回復や専用魔法を使う「妖術師」や、モンスターを召喚する「祈祷師」も登場する。

紋章の謎

下級 CC 上級
魔道士(魔法) 祭(魔法)

門に待ち構える防御が高いアーマーナイトやジェネラルに対し、安全な位置から攻撃するというシリーズの基本的な役割を持つ。また、魔道書バリエーションが増え、マムクートドラゴンに対しても魔道書を切り替えることにより弱点を突いた特効で常に有利に闘える。ただし、その分防御HPは低く、特にドラゴンに対してはやっつけ負けに気をつけなくてはならない。冒頭で記述したように砂漠ではなぜか他のクラスべて圧倒的な機動を誇る。敵として登場した場合は遠距離攻撃魔法を使ってくることも多い。

第一部では魔道士としてマリクリンダ祭としてウェンデルとボアが仲間になる。

  • マリク:威12必殺30と優秀すぎる専用武器エクスカリバーを持って登場。しかも飛行特効も入り、ほぼ確実に一撃で敵を葬ることができる。マリクだけクラスチェンジ時の上昇が大きく、専用グラフィックつきと優遇されている。
  • リンダ:登場が9章と遅く、しかもレベル1のため育てるのにはやや苦労するかもしれない。ただし、専用武器オーラ」は圧巻の威20。打たれ弱いので敵の攻撃には細心の注意を払う必要がある。
  • ウェンデルとボア:祭として登場するため最初から魔道書の両方が使える。序盤加入のウェンデルにはまだ成長の余地が残されているが、初期値がパッとせず成長率も低すぎるボアにはおとなしくトロンとリブロー渡してもらって隠居してもらうのが筋。序盤はともかくマリクシスターを育てられなかったときの補助程度に考えたほうがいいだろう。

第二部では魔道士としてリンダ・ユベロ・マリクエルレーンが、祭としてウェンデルが加わる。

聖戦の系譜

下級 CC 上級
マージ(炎C・C・C)
ファイアーマージ(炎B)
サンダーマージ(B)
ウインドマージ(B)

マージナイト(炎B・B・B・B)
マージファイター(女)(炎B・B・B・B・C スキル「連続」)
マージファイター(男)(炎B・B・B・C スキル「連続」)
バード(炎C・C・C・C) セイジ(炎B・B・B・B・B スキル「連続」)
クイーン(炎A・A・A・A スキルカリスマ」) ※敵専用

この作品からクラスによって使用できる魔道書属性が制限されるようになった。マージは3属性すべてが使えるが下級レベル魔道書しか扱えず、専業の魔道士たちは一属性魔道書しか扱えないが中級レベル魔道書を扱える。バードは3属性のほかにが扱える。

ただし仲間になるのはマージとサンダーマージとバードのみ(子世代代替ユニットとしてウィンドマージ)。
敵としてはファイアマージやウインドマージの登場が多く、遠距離攻撃魔法を放ってくることも多い。

前半では序章でアゼル、2章でレヴィン、3章でティルテュが仲間になる。

味方以外ではヴェルトマアルヴィス(セイジ、ファラ直系)などが登場。アルヴィスは序章でいきなり器「炎魔法ファラフレイム」の圧倒的な破壊を見せてくれる。

後半では6章にてティルテュの息子アーサー、7章で同じくティルテュのティニー、8章でフュリー息子セティ仲間になる。
上記の子供たちがいない(=母親ロストor独身)場合、アーサーアミッドティニーリンダ(暗・紋章のリンダとは別人)、セティホークとなる。子世代のユニットの強さは父親によっても変わる。

敵としてはフリージのイシュトー(マージファイタートード傍系)・イシュタル(セイジ、トード直系)兄妹や彼らのヒルダ(クイーンファラ傍系)などが登場。特にイシュタルの振るう器「魔法トールハンマー」は驚異的な威と命中率を誇る。こちらも器で対抗したい。

トラキア776

下級 CC 上級
マージ(炎・) セイジ(炎・ スキル「連続」)
マージナイト(炎・)
バード(炎・) セイジ(炎・ スキル「連続」)

この作品における魔道士の最大の特徴は、これまで敵のみが使用できた遠距離攻撃魔法を使えるようになったこと。これによりに乗って戦場を走り回りつつ遠距離攻撃で敵の部隊を安全圏から狙い打つという前代未聞の戦術が可になった。敵として登場した場合はシーフに魔道書を盗まれて化されることも多い悲しいクラスになっている。なお、この作品から武器レベル武器を使用した回数によって成長するようになった。他のクラスより不利な点もあり、魔法の重量は体格では補えない。

シナリオで二つのルートに分かれるため、どちらを選ぶかで仲間になる魔道士も変わってくる。共通で仲間になるのは4章外伝アスベル、11章外伝オルエン、14章でホメロス、23章でセティ(サイアスと二者択一)。ルート選択により16章Aでイリオス(ただしオルエンがいないことが条件)、16章Bでミランダが仲間になる。

敵ではオルエンラインハルト(マージナイト)が登場。今作での味方になりそうでならないキャラで、第22章で対決することになる。高いステータススキル「連続」「待ち伏せ」「突撃」「大」を持ち、連続攻撃可ダイムサンダとマスターソードを持つなど、まともに戦うとかなりの強敵。ただしオルエンには全く攻撃してこず、彼女に渡したなるで切り捨てられることも。
そのラインハルト嫉妬するオルエンの上官ケンプフ(マージナイト)も登場。ステータス面も人間性もラインハルト以下。何かにつけてオルエンパワハラしていたが、辱を果たせられるかはプレイヤー次第。

封印の剣

下級 CC 上級
魔道士(理) 賢者(理・)

GBAシリーズ魔道士過去作よりは打たれ強いため、うっかり前に出しても死なないことも多い。物理攻撃系ユニット魔法防御は高くないため、魔法は安定した攻撃手段になる。また、今作品から闇魔法を使う「シャーマン」が味方に登場し、僧侶の上級職「祭」が魔法を使うようになった。
僧侶(ファイアーエムブレム)ダークマージ

序盤で少年魔道士ルゥヒロインリリーナ、中盤で魔道士ヒュウ仲間になる。また、ベルン王女ギネヴィアトライアルマップ賢者として使用可
異常伸びるリリーナはもとより、男賢者CC補正が+4であることから、よほどヘタレない限り3人とも火力不足に陥ることはい。
敵としてはベルン三将の1人ブルーニャ、ナバタの里侵攻部隊を率いていた短パンじいちゃんことオーツた登場する。ブルーニャトライアルマップで使用可になる。
ルゥリリーナに限らず魔ユニットは全体的に体格が低いが、それに伴ってか魔道書が全体的に非常に軽く(ファイアーは重量1、遠距離魔法サンダーストームでも重さ10)、命中も高い。更に安価で、その上後半に大量に出現する飛行系に特効のエイルカリバーが店売りされているなど理魔法自体がかなり優遇されたバランス

烈火の剣

下級 CC 上級
魔道士(理) 賢者(理・)
賢者(理・・闇・)
※アトス専用

リン編序盤で魔道士エルクエリウッドヘクトル編中盤で魔軍将である賢者パント、さらにその後で魔道士ニノ仲間になる。そして八神将の一人である大賢者アトスもユニットとして使用できる。
前作の魔道書があまりにも高性過ぎたためかバランス調整がなされており、命中の増減、前作で猛威を振るったエイルカリバー削除、更に魔道書が軒並み重くなっている。ファイアー(重さ1→4)くらいならそれほど影はないがエルファイアー(重さ4→10)ほどになると影はかなり大きい。パントやアトスはともかく、エルクニノは体格が低いため速さが成長するまでは色々と気を使っての運用を強いられることになる。

敵としては、ストーリー上で暗躍する黒い牙リムステラとソーニャ賢者、「四牙」の一人『ウルスラヴァルキュリアとして登場。だが、烈火の敵魔道士で最も心に残るのは外伝に登場する黒い牙の『アイオンだろう。魔法を封じられた彼のセリフは必見。かずちよ! いかずちよ!

聖魔の光石

下級 CC 上級
魔道士(理) 賢者(理・)
マージナイト(理・)
見習い CC 下級 CC 上級
魔道士見習い(理) 魔道士見習い2(理) 魔道士見習い3(理・・闇)
賢者(理・)
魔道士(理)
マージナイト(理・)
シャーマン(闇) ドルイド(闇・理・杖)
サマナー(闇・杖 スキル「召喚」)

今作は敵に魔物がいるだけあって闇魔法使いが多く、理魔法はやや冷遇気味。
しかし魔は全体的に成長率が高いので、賢者がわざわざ魔法を使う状況は少ない。

序盤に魔道士ルーテ、中盤に魔道士見習いユアン、そしてユアン師匠賢者サレフ仲間になる。
敵としては帝国六将『石』のセライナがマージナイト、フレリアの同盟カルチノの元老院の1人で、フレリアを裏切ってグラドについたパブロ賢者で登場する。セライナクリア後に特定条件を満たすと使えるようになる。

蒼炎の軌跡

下級 CC 上級
魔道士(炎・)
武器レベル上限B(全属性)
賢者(炎・+or軽器)
のみ武器レベル上限B

グレイル傭兵団の軍師セネリオ()、行商人の一員のイレース()、少年魔道士トパック(炎)の他、上級加入ではおbお姉さんリル(炎)、クリミアの宰相ユリシーズ()が仲間になる。

今作では、理魔法・炎の三種類に再分類されている。魔道士賢者はその三種類を全て扱うことができるが、ユニットによって武器レベルに差がある為、三種類の魔道書を全て同じように扱うのは難しい(ボスチクで鍛えればこの限りではないが)。
今回の賢者クラスチェンジ時にか軽器(ナイフ)のどちらかが使えるようになるが、の低い魔道士系が低威の軽器を使っても仕方ないため、下級からの叩き上げは一択。
ちなみにはBまでしか上がらないため、リザーブなど一部のは使うことができない。

その一方、上級加入ユニットはどちらも軽器装備であるため、やや使用しにくくなっている(恐らく烈火パントのようになるのを防ぐため)。

なお今作から支援などによる回避ゲーでの魔道士無双を防ぐためか、魔道書の威が全体的に下がっていたり敵の魔防が全体的に上がっていたり、異常に高価(エル系で武器並みの値段)となっている。
特に最下級魔法インドの威2(細身のより弱い)など魔法は本当に冷遇されてしまっている。
それに加え特効倍率が武器2倍なため特効でも4。これは最下級のサンダーと同じ(一方でサンダー自体は下の動画にもあるように裏技があるためまだマシだが)。
流石にトルネードぐらいになれば少しはましにはなるが、同じ魔法魔法ソニックソードという威10(一方でトルネードは6)のがある上、特定ユニットCCするとが持ててしまう。
さらには飛行系特効のみであるためとも特効がかぶってしまい、とどめに魔法のS武器(最上魔法)が(炎も然り)のでをSにするのは(ちなみにデータ上は炎とのS武器は存在し、エフェクトもある。が、戦闘アニメーションがえらく重い)など、その冷遇ぷりは相当なもの。

しかしそれで魔道士が用済みになるのを防ぐためか理魔法の各属性で「ラグズ」というユニットに対して特効(炎:牙族、:鱗族、:族)ができた上、遠距離魔法の威だけは従来のままであるため、決して魔道士自体はそこまで不遇なクラスではない。

ドットから3Dになった結果

 

暁の女神

下級 CC 上級 CC 最上
ファイアーマージ
魔道士(炎)

ファイアーセイジ
炎の賢者()



アークセイジ
賢者
(炎・ 義:陽)
※得意属性のみ上限SSはA、他S
サンダーマージ
魔道士()

サンダーセイジ
賢者(炎・)

ウインドマージ
魔道士()

インドセイジ
賢者(炎・)

※得意属性のみ武器レベル上限S、他A カエサル
皇帝( 義:陽)

魔道士イレース、炎の賢者リル、炎の賢者トパック賢者セネリオ、大賢者()ユリシーズ仲間になる。クラスチェンジ先は同じ大賢者となっているが、自分の得意な属性武器レベルのみSSにできる。この仕様のため、SSクラス武器は使用者が極端に限定されている。
また、皇帝サナキも炎系魔道士ではあるが、が使えない代わりに魔法が使える。
魔道士系の義:陽魔防視+与ダメージHP回復義の例に漏れずかなり強

今作では「手」「手」が強く上位版まである上に、にすら「切りの」がある、アーチャーが割りと強い、前衛職がいもって魔防が高い(特に過去作では魔道士からすればカモであったアーマー系)、相変わらずの、まず速さの上限自体が低い等かなり不遇だが、肉弾系のみで殴りまくるわけにもいかないのでやはり一人二人使うことになる。
また、最上級になるまでが使えないため回復役に転用しにくいのも困ったところ。

ドットから3Dになった結果その2

 

新・暗黒竜と光の剣

下級 CC 上級 兵種タイプ
魔道士(魔法) 賢者(魔法)
魔道書武器レベルボーナス
A・C・D

魔道士マリクリンダ賢者のウェンデル、ガトー仲間になる。

暗黒竜と光の剣の影で近接ユニットの魔防が低く、魔を上げることで魔法の威を高めることができるため、うまく運用すればかなりものすごい火力を発揮することができる、半面やや打たれ弱い。

今回は、兵種変更システムによって多くのキャラ魔道士系になれるようになった。同じ魔法系である僧侶はもちろん、素くて魔の個人成長率があるマジシーザもダークマージとして悪くなく、「ダークマジ」等と言われる。
それに伴ってマリクリンダの専用武器エクスカリバーオーラはそれぞれ男性専用、女性専用かつ武器レベルB(本人のみB以下でも使用可)というように変更された。ただ本人らが相変わらず猛に強いため他人に渡ることはまずないだろう。
むしろ兵種変更が可になったことで僧侶系が割を食った感すらある。

また、今までの魔道士系の上級職が分化し、魔道士系は賢者僧侶系は祭になるようになるとともに兵種変更Bタイプのためにダークマージが追加された。とはいうものの、使用する魔法のほうが分化していないため3者とも「魔法が使えるユニット」であり、上限等が少し異なるだけであまり大きな差はい。
ただし、上級職では兵種毎に武器レベルに補正がかかる仕様上、賢者・ソーサラーでは魔法DE、祭なら魔法EDが最低値となるので兵種変更で上位武器が使えなくなることもあるので注意。
例:ウェンデル(魔BE)を賢者から祭に兵種変更した場合、武器レベルが魔C(正確にはCとBの間)Dというように変化する。

ただ、元々の「暗黒竜と光の剣」ではそもそも賢者祭がごっちゃになっているため、一部設定とクラスがかみ合っていない者もいる。また、大賢者ガトークラス賢者だが顔グラのになっている。
また、これによって「闇の祭」であるガーネフのクラスがソーサラーになったため、アーヴのような邪教祭的なイメージよりネルガルのような暗黒魔道士に近くなった。

新・紋章の謎

下級 CC 上級 兵種タイプ
魔道士(魔法) 賢者(魔法)
魔道書武器レベルボーナス
A・C・D

紋章の謎同様、魔道士のユベロ、マリクリンダエルレーンが、上級加入でウェンデルが仲間になる。そして、今作のメインヒロイン(影)ことカタリナ賢者である。

相変わらず敵味方とも魔防が低いため驚異的な破壊を発揮する。魔法による族への特効(飛行系の飛竜除く)はなくなったが魔以外に対しては魔法による攻撃は有効打になる。
今回は敵が殺到してきて回復が追いつかない場合が多々あるので、賢者回復要員に回される場合も多い。
特記する点としては、エクスカリバーオーラ仕様新暗黒竜同様となっているが、どちらも性的には錬成で再現できなくもないためリザイアが使える分女性のほうがのほうがやや有利である。なお、前作同様オーラエクスカリバー外伝でもう一個手に入る。今回はガーネフが作ったのだろうか?

兵種変更については、セシルマリス魔道士にすると結構魔が成長するが、代償として防御面は脆くなる。
なお、今回は前回と逆に僧侶系が強く、マリーシアやユミナを魔道士にしたほうが強いかもしれない(特に魔僧侶系のキャラクターの個人成長率の方が魔道士系を上回っている)。

敵の魔道士になっているユニットにとってかなりの脅威となり、前衛に混ざって殺到されると事故の元となる。
敵の上級職はほとんど祭かソーサラーのため敵の賢者はかなり少ない。
敵で印に残るのはプロローグ最後のボスである暗殺者アイネで、ノーマルからエルファイアーを持っており攻撃を集中する行動パターンで殺しに来る強敵。外伝で敵として再登場するが…

覚醒

下級 CC 上級
僧侶(杖) 賢者(魔法)
魔道士(魔法)
ダークナイト(魔法)
ダークマージ(魔法・闇魔法)

ショタ魔道士リヒトと、FE初のメガネキャラミリエル仲間になる。子世代ではミリエル息子ロランが加入する。
今作でも魔法全には分化しておらず、基本的に魔法属性こそあれど三すくみもない割に、ダークマージ系が専用の闇魔法も用いることができるという形になっているため種類が多く、若干ちぐはぐな感じを受ける。まだ、ペガサスナイト系上級職のダークベガサスも魔法を使用できる。
余談だが本作品ではシリーズ皆勤賞であった祭がリストラされたほか、魔法がなく(「聖書ナーガ」がではないかとも言われているが、エフェクトというより爆発?)、魔法系に「ダーク~」とつくものが多いなど魔法自体が若干陰気になっている。

魔道士系は通例通り魔や魔防が高く物理面が弱くなっているが、周りの環境変化によるバランス変化が大きい。
習得スキルは常に魔が+2される「魔+2」、周りに味方がいないと必殺+10される「集中」。
上級職の賢者はいつも通りが使用でき、周囲の味方の魔を+4する「魔の叫び」や、魔道書装備時に魔を+5する「魔の達人」など純に魔スペシャリストとなっている。
もう一つの上級職ダークナイトはこれまでのマージナイトに当たる騎ユニットで、一応も扱うことができる。賢者よりはある程度防御が高く、機動にも優れる。
習得スキルは少しずつ命中・回避が上がっていく「スロースタート」、自分から攻撃して敵を倒すとHPを大幅に回復できる「生命吸収」。

今作は魔法は刺さる相手と刺さらない相手の差がしいというこれまでにないバランスで、アーマーナイトやドラゴンナイトにはダメージを見込みやすいが、ペガサスナイトパラディン相手だとダメージが通りにくい。なるものには効きづらいようだ。
ちなみに敵としては、屍兵はダークマージのほうが圧倒的に多いため、相対的には数が少ない。

いつの間に通信では過去作のユニットを模した魔符が登場する。
この内、魔道士賢者ダークナイトのいずれかで登場するユニットニーナリンダマリクボーイリュートノーマ、セリカカタリナレヴィンアーサーセティユリアアレスオルエンサイアスルゥリリーナニノルーテ、セネリオサナキ、セフェラン、ミカヤ、イシュタルセライナ25人。

ちなみに今作では戦に登場した器(ファラフレイムトールハンマー、フォルセティ、ナーガ)とエクスカリバーが再登場している。いずれも器の名に恥じぬ強な性補正(さすがに戦ほどぶっとんでないが)があるため、使ってみるのも一
特にファラフレイムは魔を強化するスキル応援を使えば魔がとんでもないことになるので必見。

if

下級 CC 上級
呪い師(魔法) 陰陽師(魔法)
婆娑羅(槍・魔法)

今作では白夜和風の作、暗が西洋の作となっており、今までの魔道士系は白夜側の兵種となっている。そのためか名前も呪い師、陰陽師和風になった。一方ダークマージ系は暗側の兵種である。
通例通り魔や魔防が高く物理面が弱くなっているが、今作は魔道士に限らず全体的にHPの伸びがかなり低いため防御面が低い魔法系は結構苦労する。そのため防御が高い仲間と一緒に運用するなどして補おう。

スキル呪い師は「魔+2」と、自分から敵を倒した時幸運%経験値が2倍になる「おみくじ」。
上級職の陰陽師スキルは前作の賢者同様「魔の叫び」と「魔の達人」。
ただし「魔の達人」は「魔道書装備時魔+5」から「魔道書で与えるダメージ+5」に変更になっているため、魔を底上げして回復を上げるという戦術は取れない。
婆娑羅についてはソルジャー(ファイアーエムブレム)の項を参照。

白夜仲間になるのは笑い上戸で露出度がかなり高いオロチと、なんか偉そうな口調の子供っぽい見たツクヨミの2人。子世代では前作のサーリャそっくりのシャラが加入する。

Echoes

見習い Lv3 下級 Lv12 上級 Lv20 オーバークラス
村人(剣) 魔道士
(黒魔法)
賢者(黒魔法・魔法)
スキル「練磨」
ソロモン(黒魔法・魔法)
スキル「練磨」

(Lv14)

(黒魔法・魔法)
モルガーナ
(黒魔法・魔法)

外伝仕様を引き継いでおり、HPを消費して各種魔法を使用する。
クラスチェンジは少々特殊で、男性賢者女性官にクラスチェンジする。
主人公であるセリカの初期クラスも「官」だが名前が同じだけの別物で、そこからプリンセスクラスチェンジする。
また、キャラクターによって覚える魔法や使える魔法が異なるのも特徴。全員ファイアー」、上級職では「リカバー」を覚えるがそれ以外は覚える魔法も習得するレベルもてんでバラバラ
賢者官の一部のキャラには外伝にはなかった魔法が追加されており、リカバー以外のに移動関係や敵に作用するタイプ魔法を習得できる。

官ではを扱えるようになり、様々な「戦技」を用いて戦うことも可に。今作では魔ATKとして統一されているため、魔女など魔法の通りにくい相手にはで殴って大ダメージを与えるという戦術も可

また、DLCにて賢者/官Lv20になった状態からオーバークラスソロモン/モルガーナにクラスチェンジできるようになった。
これにより、ソロモンではゾンビなどの魔物を召喚して使役する「レメゲトン」、モルガーナでは敵の祈祷師などが使っていた射程3の「スライム」「デス」を習得できるようになった。闇堕ち
また、「グリモワール」というアイテムを装備して「レメゲトン」を用いると、白竜マミーといった上級魔物を召喚するようになる。

アルム軍にはリュートデューテセリカ軍にはメイボーイソニアノーマが加入する。またサイファコラボDLCでユズを仲間にする事ができる。

村人傭兵系のキャラクター魔道士になった場合の魔法の修得が個別に設定されているが、黒魔法は「ファイアー」+1,2個程度。一方で「フリーズ」(カムイエフィ(官))、「レスキュー」(アトラス)、「リブロー」(ロビン、セーバー)、「サイレス」(ディーン)、「アゲイン」(エフィ(女))と最初から魔道士ユニットは習得できない魔法を習得できるなどユニークな部分も。

そんな中、クリフが特に黒魔法を多く覚え、男性一「オーラ」を使うことができるなど妙に優遇されている他、コンラートも「村人のフォーク」で村人に戻してから魔道士にするとリュート及びノーマと同じ魔法を習得する。

敵専用クラスとして回復や専用魔法を使う「妖術師」、「メサイア」によって魔物を召喚する「祈祷師」も登場する。

風花雪月

初期 Lv.5 初級 Lv.10 中級 Lv.20 上級 Lv.30
導C以上
最上
平民/貴族
最大HP+5
修道士
(理学・
信仰
いずれかD)
魔力+2
引き寄せ
メイ
(理学C)
ファイア
魔人の一撃
ウォーロック
(理学A)
黒魔法の達人
黒魔法回数×2
殺し
ダークナイト
(C・
理学B+・
術A)
再移動
黒魔法の達人
魔法の達人
魔防封じ
グレモリィ※
(理学A・
信仰A)
黒魔法回数×2
魔法回数×2
魔法回数×2
覚醒

括弧内は資格試験に推奨される技レベル
斜字…兵種マスターで習得できるスキル 太字…兵種スキル ※…女性専用職

なぜか日本語表記が「マージ」ではなく「メイジ」となった。
使用可
武器が兵種依存でなくなった今作だが、例外的に魔法魔法ユニットとごく一部の兵種しか使うことが出来ない。外伝Echoesと同じくスキルとして魔法を覚えるシステムであり、使用時にHPを消費しなくなった代わりにマップ内での使用回数制限が設けられたため、技レベル(武器レベル)を上げるのがやや面倒になった。
また、技レベルシステムにより、技経験値ボーナス回復量の面で僧侶系に劣るもののメイジも回復魔法を使うことが出来る。

最上級職は機動が高くある程度の物理を持つダークナイト魔法特化のグレモリィ。
ちなみにグレモリィは女性限定なので、男性の場合はダークナイト一択となる。
ただし、ダークナイトの場合、魔法回数x2のスキルがなくなっているのでウォーロック止まりにするという手も。

味方としては各学級に最初から攻撃魔法を覚えており魔も高い生徒が1~2人ずつ所属しているほか、他学級の担任教師であり紋章学者でもあるメイジのハンネマンスカウトにより味方にすることが可である。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%AD%94%E9%81%93%E5%A3%AB%28%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%83%A0%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%A0%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

魔道士(ファイアーエムブレム)

70 ななしのよっしん
2017/06/12(月) 21:32:52 ID: G7gOxDe1tR
話変わるが……
概要の「初期の頃は」の段落なんだけどさ、戦の頃は魔法三竦みは炎>>炎だけで、この三つはにも闇にも不利(と闇は相性し)だったと思うんだ
だから『さらに「炎・「光」「闇」で三すくみを形成している。』ってのは誤りなんじゃないかなって
・闇」>「炎・」は三竦みとは言わないっしょ

戦ではまず「炎」「」「」で三竦みを形成し、「光」「闇」に不利が付いていた。GBAの作品では炎・が理でめられて、「理」「光」「闇」の三竦みを形成している。

とかそんな感じでどなたか編集してはもらえんでしょうか
71 ななしのよっしん
2017/06/12(月) 22:52:30 ID: SUuPDk1If4
全然初期じゃないなそれ
72 ななしのよっしん
2017/06/12(月) 23:05:03 ID: O89nFtqBqW
ルナ何週かしたけど特別ソーサラーが弱いとは思わなかったぞ
逆神ライトニングの3種の器を使い分けてるだけで
十分エースアタッカーになれる
成長率補正低なのはちょい痛いが上限値の低さは通常プレイの範疇なら
大して気にならん
IFカンストまで伸びるキャラは少なめだし肝心の魔は流石に
高く設定されてある
リザイア地雷覚醒べると大分難しくなったけどスキル整える等
やろうと思えばできなくもない(ニュクスや純魔法オフェリアは厳しいが)
スキルも呪縛が
73 ななしのよっしん
2017/06/13(火) 00:39:02 ID: SUuPDk1If4
ジェネラル潰すのに便利
ライトニングが特に
まあストラテジストエリーゼでもできなくはない
74 ななしのよっしん
2017/06/13(火) 08:18:46 ID: G7gOxDe1tR
>>71
段落言うとるがな
まあいいや全文抜き出すよ

初期のころは魔道士だけであったが、聖戦の系譜から魔法属性による区分が付き、まず「炎」「」「」で三すくみとし、さらに「炎・「光」「闇」で三すくみを形成している。GBAシリーズでは炎、などをめて「理」としている。

この部分よ
75 ななしのよっしん
2017/07/08(土) 00:58:49 ID: dAEXwFqdEQ
ヒーローズでは射程2で隣接した敵には攻撃出来ない仕様に変更
代わりにキャラによっては魔道士寄りの攻撃・速さに優れるものからダークマージ系のような守備高め・魔防低めのものまで様々な種類の魔道士が登場するようになった

ってところだっけな
76 ななしのよっしん
2019/01/04(金) 03:36:16 ID: 90D6pFloYt
ニノ好き
この子のためだけに烈火始めたまである
今7周だけど毎回育ててるし、アフアもボディリング×2もブーツニノにしか使った事ない
4周以降からステも毎周フルカンさせてる
77 ななしのよっしん
2019/03/25(月) 22:15:10 ID: tXJR0AMzAt
タフなアーサーになってしまった場合は、負け調整ができる戦の闘技場のシステムを生かして勇者
持たして、ガラス物理職マージナイトとして運用したほうが良いのかもしれんね
78 ななしのよっしん
2019/06/10(月) 16:55:21 ID: BZLfk2nCrd
echoesのソニアエンジェルアローは覚えないよ
79 ななしのよっしん
2020/04/18(土) 15:16:45 ID: xRYy0SbbUE
の幸運をカンストさせると回避100%って書いてあるけど
そんなに影でかかったっけ?