踊り子(ファイアーエムブレム)単語

オドリコ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

踊り子とは、みんなのアイドルである。
ここでは、ファイアーエムブレムにおける特殊補助ユニットについて扱う。

概要

味方に対して「踊る」ことによって味方を元気づけ、再行動を可にする特殊なユニット
作品によってはその他の補助技を使用できる場合もある。
攻撃はできる場合とできない場合があり、できる場合はを用いることが多い。

ステータスは基本的に戦闘向きではないためHPや守備が低く非常に脆いが、素さは高いことが多く割と回避が高い。攻撃できない作品の場合はと技は意味を為さないため最低値しかない。
初期状態では一撃で即死することもあるので、慎重な運用がめられる。
不安な場合は守備やHPドーピングで底上げするのもいいだろう。

他のクラスと異なり特殊なであるため論ずるのは難しいが、味方が再行動可になるということは味方ユニットを分身させるのとほぼ同義であるため非常に役に立つ。
特殊なユニットであるため現在までに上級職が存在したことは一度もない。
その救済措置のためか、LVが30まで上がるもの、回避関係のの上限値が上級職並になっているシリーズもある。
この職が2人以上登場する作品も結構あるが、2人同時に出ると無限ループが成立するため、ルート分岐で仲間になるキャラが変わったり、途中で交代したり、勢毎にバラバラにされたりして自軍に2人以上存在できないようにされている。

専用BGMがあったりと、戦闘面以外で優遇されていることも多い。

余談だが、子供を設ける展開や後日談のある作品の場合、何故か子供男の子が多く(息子のみor息子)、のみという踊り子はいない。

強さの変遷

可愛いだけで価値がある。実際便利なのだが。

作品によって再行動させることができるユニットの数が変動している。

暗黒竜と光の剣

クラス 特殊
コマンド() 変身

踊り子は登場しないが、他のユニット変身できる「コマンド」のチェイニーが仲間になる。
この当時はSFC版と違いHP最大値も上げられるため、運用が楽だった。

外伝

登場しない。

紋章の謎

クラス 特殊
コマンド() 変身
踊り子() 踊る

第1部は暗黒竜と光の剣リメイクのため、踊り子は登場せず「コマンド」のチェイニーのみが登場する。

コマンドはパラメータのほとんどが低く、特殊の「変身」で他のキャラ変身してそのステータスコピーして戦う。つまりコピーするユニットが分裂することになる。変身する際に経験値10を得ることができる。だが、変身したまま戦うと一切経験値が得られないうえにHPはチェイニーの値のままなのでオリジナル較して打たれ弱いという状態になってしまう。また、変身にはターン制限があるため敵に囲まれた際に変身が解けてしまうと大ピンチである。さらに、変身したユニットに合わせた武器が必要なためその調達に手間がかかる。あるいは変身しないまま素の状態の高い魔法防御を生かして魔道士系の敵ユニットをおびき出すのに使えないこともない。

第2部ではシリーズ初の踊り子であるフィーナと、第1部に引き続きコマンドのチェイニーが登場する。

チェイニーは導き手としてストーリーに大きく関わるものの性自体は第1部と変わりない。
フィーナはシリーズ初の踊り子として登場。特殊「踊る」(この作品のコマンドでは「おうえん」)で隣接した行動済みのユニット1名を再び行動できるようにしてくれる。
戦闘の他、踊るたびに経験値10を得ることができるためを振らなくてもレベル上げが可という特性デビュー作である本作から変わっていない。
また、この作品に限り本来マルス専用武器のレイピアを握ることができた。
村を巡らなくてはならないマルスの補助、闘技場などでの稼ぎの補助、隠された財宝探しの補助、1ターンで倒さなくてはならないボスとの戦いなど、直接戦闘以外の様々な場面で必須となってくるユニットである。
の成長率が良くある程度レベルが上がれば直接戦闘もこなせるようになるが、やはりクラス特性を活かしサポートに務めた方が軍全体の強化に貢献できるだろう。

聖戦の系譜

クラス 特殊
ダンサー(C) スキル「踊る」

前半で踊り子シルヴィア、後半でシルヴィアのリーン(代替キャラとしてレイリア)が仲間になる。
スキルシルヴィアが「祈り」「連続」、リーンは両親のスキルレイリアは「カリスマ」。
今回も踊るたびに経験値10を獲得する。

紋章の謎では再行動できるようにすることができるのは隣接した行動済みユニット1名だけだったが、今作では隣接した4ユニットを再行動できるようになっている。また、本内で踊った場合は内にいる全ての行動済みユニットが再行動可になる。この作品では騎兵ユニットの攻撃後再移動の概念が加わったため、ダンサーを安全圏に置いたまま『攻撃→ダンサーの隣に再移動orダンサーが中央に来るようにユニットを配置→踊る』といった運用法などで前作よりも積極的に踊りが使えるようになっている。
今作ではマップが非常に広いため、ナイトリングやレッグリング騎兵に追いつけるようにカスタマイズするとさらに便利になる。

シルヴィアは一応を使えるもののが低く「追撃」もい、さらにレベルCなため戦闘は非常に低い。
リーン父親によってはそれなりの強化は可。特殊スキルをはじめとした様々なスキルを付与することで戦闘もある程度こなすこともできる。
代替ユニットレイリアは個人スキルとして「カリスマ」を持っている、イベント非売品のバリアを入手できる、シャルローも概ね優秀、とステータスこそリーンには及ばないものの参戦のメリットは多く、支援要員としては優秀なユニットである。

トラキア776

クラス 特殊
ダンサー() スキル「踊る」「盗む」 開錠

盗賊(シーフorシーファイター)のラーライベントによってダンサークラスチェンジする。クラスチェンジ後も盗賊としてのを残すという変わったユニットである。踊るたびに経験値10を獲得。

今作から再び再行動させられるユニット数が1に戻った。騎兵ユニットの再移動は健在なので聖戦の系譜と同様の運用もできないこともないが、マップが復帰したこともあり、あまり使われることはないと思われる。むしろ紋章の謎と同様の運用や今作から導入された救出システムでのユニット上げ下ろしの補助が多いと思われる。

ラーラシーフ→シーファイターダンサーシーファイターと最大3回クラスチェンジが可という特殊なユニットでもある。成長率補正アイテムと組み合わせれば最強ユニットを作ることもできるが、ダンサーシーファイタークラスチェンジでは「踊る」が消えてしまうのでしないほうがオススメ。ダンサークラスチェンジした際にはユニットの基礎ステータス分のステータスダウンしてしまうことにも注意。

敵側にもダンサーが登場。なぜか重なアイテムを持っていることが多いので確実に捕獲してアイテムを奪っておきたい。

封印の剣

クラス 特殊
バード(なし) 奏でる
踊り子(なし) 踊る

西方三島レジスタンスに協しているバードのエルフィン踊り子ララムが一緒に仲間になるが、ユニットとして戦闘に参加するのは片方のみで、北ルートだとエルフィン、西ルートだとララムが参加する。
余ったもう片方は自軍の戦績評価を教えてくれる「占い」の担当になる。

今回から踊り子バードは攻撃はできなくなり、専ら味方の再行動のためのユニットとなっている。
しかし、再行動だけでも効果は抜群であり、最後の一人をにするか迷ったら出してよい。
今回はクラスチェンジができない下級職扱いでステータス上限値が低めだが、ヘタレなければ普通にプレイする分には追撃を受けることは稀なので問題ない。
成長率の差はエルフィンの方が耐久若干伸びやすい程度でさほど大きなものではないので、支援や他の仲間や入手できるアイテムとの兼ね合いで選ぶといいだろう。
ララム主人公ロイとのペアエンドに繋がる支援会話があること、あるの重要人物であるエルフィン物語の裏側の掘り下げを行えることが売り。

烈火の剣

クラス 特殊
踊り子(なし) 踊る・踊る(指輪使用)
バード(なし) 奏でる・奏でる(指輪使用)

踊り子ニニアンバードのニルスの姉弟仲間になるが、支援関係以外は事実上同一のユニットである。
リン編ではバードのニルスが仲間になり、エリウッド編及びヘクトル編ではニルスのステータスを引き継いだ状態で踊り子ニニアン仲間になり、両編の終盤で再びニルスと交代する。

今回仲間になるニニアン事実エリウッド編のメインヒロインであり、のニルスと共にストーリーにもかなり関わる他、前作『封印の剣』の「理由づけ」になると思われるある秘密を持っている。
今までの踊り子タイプが異なりげで物静かな性格をしているなど、色々例外的。
ステータス面は若干ながら強化されており速さの上限値が上がっているが、基本的な運用はそこまで変わらない。
今回からクラスチェンジしない踊り子バードもステータス上限値が上級職並になり育て上げた際の恩恵が大きくなったが、敵も強くなっているので育てても油断は禁物である。

封印の剣での再行動に加え、特殊なアイテムを使用することで味方の特定を1ターンだけを上げる特殊を使うことができるようになった。持続時間が短いためせいぜいボス戦で使うぐらいなのだが、「救出で担がれた状態のユニットは特殊状態のターンが経過しない」というバグ(仕様かも?)があるため、闘技場で
味方Aを強化する→Aが闘技場で戦う、楽勝→行動済みのAを担ぐ→ターン終了→(この時、Aは強化されたまま)
→Aを降ろす→「踊る」でAを再行動させる→闘技場でまた戦う→担ぐ→終了→降ろす→再行動→戦う→担ぐ…
とすることで闘技場で楽々勝利することができるという裏技がある。

聖魔の光石

クラス 特殊
踊り子(なし) 踊る

ジスト傭兵団所属の踊り子テティス仲間になる。
砂漠ジャハナ出身だけあって、本人も「踊る」のBGMも所謂アラビアンな大人女性である。
基本的な特性や成長率は烈火と同じだが、強化アイテムを使用することはできなくなっている。

蒼炎の軌跡

クラス 特殊 化身 クラス 特殊
族/ 呪歌(1人)・飛行 呪歌(隣接4人)・飛行

争いを好まず、戦闘手段を持たないラグズであるの民のリュシオン仲間になる。
今回は仲間になる際に選択肢が出て参戦するかどうかを選ぶことができるが、しないメリットスキル「回復」を習得できるようになる程度なので普通にプレイする場合は仲間にした方がいいだろう。
化身していない状態でも呪歌(ガルドル)によって仲間を再行動させることができ、化身状態になると自身の周囲4マス仲間全てを再行動させることができるようになる。
化身時はステータスの底上げも行われるので非常に強だが、ゲージには注意。クラスの性質上、前線に出しづらくは低くてもいいため「ナイトリング」と相性が良い。

暁の女神

クラス 特殊 化身 クラス 特殊
プリンスイーグレット
王子(ラフィエル)

呪歌(隣接4人)

イーグレット

呪歌(隣接4人)
プリンセスイーグレット
(リアーネ)

呪歌(隣接直線2人)・飛行

イーグレット

呪歌(隣接直線2人)・飛行
プリンスイーグレット
王子(リュシオン)

呪歌(1人)・飛行

イーグレット

呪歌(隣接4人)・飛行

前作同様、の民が再行動を担うことになる。
前作より引き続き登場のリュシオンが第三部、そのリアーネが第二部、新キャラで彼らのラフィエルが第一部でそれぞれ仲間になる。
2名以上いると限行動が可になってしまうため、1勢には必ず1名だけが割り振られるようになっている。
今作ではレベルが上がると再行動以外にも敵や味方のバイオリズムを操作したり、化身ゲージを回復したりできるようになる。
仲間になるユニットは3人とも呪歌(ガルドル)の有効範囲が異なっている。
フェニキスのティバーンに憧れ強くなろうと理をするリュシオンは前作同様化身前は1人、化身後は周り4人に効果がある。
キルヴァスの王ネサラ幼馴染であるリアーネは化身前も化身後も前後or左右の2人に効果がある安定した性
ハタリの女王ニケの伴侶であるラフィエルは化身前も化身後も周囲4人に効果がある最強の性だが、事故によって飛べなくなっているため飛行がない。

新・暗黒竜と光の剣

クラス 特殊 兵種
コマンド(なし) 変身・Lv上限30 特殊

暗黒竜と光の剣同様、謎の男(というか男かどうかも少し迷う)チェイニーが仲間になる。
コマンドとしての性紋章の謎に近いが、が使えず全な変身専用ユニットになっている。
HPまで変身先と同じ値(現在値はそのまま)になるため一回回復すれば暫くコピーとして使用できる。戦闘時の経験値はチェイニー本人に入り成長するがあまり意味はない。
また、チキと会話させるとチキ変身してからかうイベントがあり、そこで見た変身できてもには変身できないという話が出てくる。実際、本人に変身しても神竜石をはじめとする専用武器は使用できない。

なお、このチェイニーにはごく稀にフリーズするバグがあるため(Lv20をえると確率が上がる)使うのがやや怖く、チェイニートなんて呼び名がついてしまったりする。

新・紋章の謎

クラス 特殊 兵種
踊り子() 再行動・Lv上限30 特殊
コマンド(なし) 変身・Lv上限30 特殊

紋章同様踊り子のフィーナが仲間になるが、大分キャピ分が抜けて落ち着いた感じになっている。
また、今回は仕様モーションがいため、「踊る」のモーションと曲がない。このことは、「再行動」という機質な特殊名にも表れている。
しかしユニット自体は強で、闘技場で、ボス戦で、村の訪問、行軍速度の向上などあらゆる場面で大活躍する。レイピアは使えないが防御面以外の成長率は高く、レディソードを持たせると強
またマイユニットナバールとの会話が追加されているが、少なくとも男二人はかなりストイックなためちょっかい出そうとしても誘惑してもなかなかつれないようである。

前作から引き続き登場のチェイニーはやはり導き手として関わるが、初登場時にマルスの緊をほぐすためにという名で物凄い方法で登場する。また、前作の件があるため肝心な時に何もしなかったという旨の台詞がなんとも情けなく見えてしまったりする。
ユニットとしての仕様新暗黒竜同様だが、フリーズバグがなくなりユニットコピーとして活躍できる他、強い自軍ユニット変身して闘技場で戦うと敵が弱くなるというバグ仕様か良く分からない性質がありチェイニートの汚名を返上しても尚数十万Gのお釣りがくるほど物凄く働いてくれる普通に入ろうとするとまず勝てないルナティックでも役立つが、過労死にだけは注意。

覚醒

クラス 特殊
踊り子() 踊る・Lv上限30

フェリア王踊り子オリヴィエ仲間になる。
ピンク髪でグラマー系で恥ずかしがり屋と今までにないタイプである。
烈火以降キャピロリ系をめっきり見なくなったが、露出度最大のロリクートがいるため規制の影ではいらしい。

初期状態ではステータスが貧弱極まりなく、攻撃耐久共に低いためHPや守備はドーピングしたほうが良い。
例によって技と速さに偏った成長をし、「幸運+4」や再行動させた仲間パワーアップする効果を自動的に付与する「特別な踊り」などのしいスキルを入手できる。
特殊クラスなのでレベル30までの育成が可になっているほか、チェンジプルフで士とペガサスナイトになれるため、足りないステータス戦闘で育てたり「回避+10」「流星」「疾風」などを入手してくれば盤石の態勢で運用できる。ただし、踊り子でなければ「踊り」は使用できないので注意。
特に「疾風」は自身の再行動で「踊り」を用いることで他の味方を再行動させるため強

踊り子彼女の専用兵種のため、クロムマイユニット結婚してが生まれても踊り子になることはできない。
親世代・子世代に分かれている戦や2人が交互で登場する烈火等と違い彼女が登場から最後まで闘い抜くため仕方ないところだが、母親としての彼女の影息子の会話から読み取ることができる。

余談だが、彼女クロム結婚なのだが登場時期の問題でクロム恋愛を成立させることは非常に難しく、ギリギリまでクロムを野郎とダブルし続けるか、全員結婚させてクロムを意図的に「売れ残り」にするなど意図してやらないと難しい。(支援会話は後にエクストラから閲覧可
正攻法で成立させるのはまず不可能なので、プレイに慣れてから試してみるといいだろう。

if

クラス 特殊
歌姫() 歌う・Lv上限40

今作のメインヒロインアクア仲間になる。
PVが出たころはニニアンのようない系だともが思っていたが、いざ蓋を開けてみるとダウナー系かつ大変サバサバとしたクールな性格でユーザーを驚かせた。
覚醒同様、専用兵種であるため他のキャラに遺伝させることはできない。

技と速さに偏った成長をするのは従来通りであるが、その偏り方が非常に極端で、すさまじい勢いでこの2つがガンガン成長していき、またの成長率も高い。その一方HPと守備はほとんど伸びないという、重篤なコンウォル病患者である。マイキャッスル訪問で戦闘した際に所詮は踊り子だと高を括ってたら刺殺されたとか、歌うより自分で殴ったほうが速いなんてこともある。
スキルは「幸運+4」、歌の効果を上げる「特別な歌」に加え、周囲の敵の物理攻撃を下げる「平和の歌」と周囲の透魔王の敵を弱体化する「異邦の王女」。アクア個人の固有スキルターン開始時に周囲の味方のHPを回復する「癒し」。
もう一つの資質は天馬武者。再行動がいらないというならば、そちらで槍術を極めるのも良いかもしれない。

Echoes

リメイク前同様踊り子は登場しないが、村人エフィシスター女にクラスチェンジさせると、再行動効果のある魔法『アゲイン』を習得する。

風花雪月

クラス 専用スキル
踊り子(得意技剣、揮。魔法使用可) 踊る(クラス専用)・特別な踊り(クラスマスター時)
回避+20、剣の舞

本作では、特定踊り子ユニットはおらず、1部の中盤・作中での12月に行われる舞踊対抗戦「杯」の優勝者がクラスチェンジ資格を得ることになる。杯を優勝するためには「魅」パラメータが13をえる必要があるが、杯前の探索で行うことのできるダンス特訓により魅を+5することができるので、普通に育てていればまず勝てるはず。それよりも、このイベント自体を取りそこねる方にこそ注意すべき。

この杯の代表者には男性名することも可だが…

ユニットとしては、MOV:6と一般的な上級職・最上級職前衛歩兵と同じ移動範囲を持ち、更に魔法も使え、値補正も悪くはない。キャラクターの適正に応じて様々な役を持たせられるという柔軟な運用が可である(ただし、踊り子資格は他のキャラに移せないので、よく考える必要がある)。また、踊り子クラスチェンジ資格と同時にスキル回避+20」(装備時、回避+20)という強スキルも得る。

ヒーローズ

スキル 仕様
歌う・踊る・奏でる など 補助スキル扱い
ユニットへ引継ぎ不可
持ちの再行動不可

今作にクラスはないが「歌う」「踊る」を持ったユニットが存在し、味方を再行動できる。
また、再行動させた味方をパワーアップするスキルもいくつか存在している。
それ以外は通常のユニットと特に違う所はないため全色に存在し、マムクートの民も登場している。
使用する武器もキャラクターによって全く異なっており、原作で武器を持っていなかったキャラにも武器が支給されている。ただし、は同種のキャラよりも低めに設定される傾向がある。

踊り子に対する制限は「同を持つキャラは再行動できない」のみと非常に緩いが、移動が低い環境のため思ったように味方に追従できない、パーティが4人しかいないため踊り子を入れるとパーティバランスが崩れ気味になる、といった本篇にはないリスクがある。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%B8%8A%E3%82%8A%E5%AD%90%28%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%83%A0%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%A0%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

踊り子(ファイアーエムブレム)

42 ななしのよっしん
2019/08/10(土) 00:31:10 ID: lmPnDahh2N
絶対笑ってはいけないファイアーエムブレム
似合っていない野郎ども踊り子集団
43 ななしのよっしん
2019/08/10(土) 14:29:59 ID: AOSj8QSB7B
今回の仕様は割と初見殺しだよなあ。
まず舞踏祭の代表に選んだキャラ踊り子になれるというのに気付きにくいし、その後の選択で一部キャラが離脱するというもあるし。
44 ななしのよっしん
2019/08/11(日) 00:19:43 ID: o60uLpOAOV
仕様の勘違いでエーデルガルト踊り子にしてしまったが最終的に味方を最行動させつつ軍トップ38で寄ってきた敵を叩き潰すというゴリムキ踊り子になって案外扱いやすかったのでみんなも試してみるといいぞ
一言で言うとHPと守備もモリモリ伸びるアクアネキ
45 ななしのよっしん
2019/08/19(月) 12:12:32 ID: j6VTOXlG3Y
お前踊り子にしてやろうか
46 ななしのよっしん
2019/08/21(水) 18:49:57 ID: Z/OFBSpyyu
踊り子選ぶの周回するたび迷う
そのキャラに適していると思った職に育てたいけど踊り子にすると成長にマイナス補正かかるし再行動ばかりさせてしまう
ヌエ先生踊り子にしたかったなぁ
47 ななしのよっしん
2019/08/23(金) 14:00:01 ID: +HOvAaYwOm
個人スキルサポート
レスキューワープ等の重な魔法を覚える
HP速さ守備が高めで耐久に優れる
自軍のトップエースではない
ステータスの伸びが悪くて二軍落ちしそうだけど一軍に起用したい
この中から3箇所以上に当てはまるキャラ踊り子向きだな。

48 匿名1
2019/08/24(土) 23:08:08 ID: sDdBCKFJTp
戦える踊り子にするかサポート踊り子にするか。

は前者を選ぶ、なんなら回避の為だけもある。
49 ななしのよっしん
2019/09/16(月) 00:31:31 ID: Tyoj+EDqFf
>>42
でも実際いろいろな人を踊り子にしてみると、致命的に似合わない人ってそんなにいない気がする
元々の衣装デザインがいいのと、衣装キャラによって色が変わるからかな
個人的にラフィエルなんかは割とアリだと思ったな、逆にベルは可愛いけど衣装の色が地味でちょっともったいない気がしたよ
50 ななしのよっしん
2020/03/01(日) 19:08:11 ID: avWtJASEP5
ええーっ、そりゃないですよ、先生
を選んだ責任、取ってくださいよお!
51 ななしのよっしん
2020/03/22(日) 16:50:31 ID: hS6/aEJvPp
戦闘の勝敗回数が見れる『魔』で、攻撃できないテティスに「勝ち1」があるというすごい人の話を聞いたことがある。

バグでもエミュでもなく、相手のバーサーカーデビルアクス自爆して死亡したからだと⒲

急上昇ワード

おすすめトレンド